「UMIDIGI BISON 2」と最新の注目タフネススマホを徹底 比較!


2022年6月に発売された「UMIDIGI BISON 2」と最新の注目タフネススマホを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「UMIDIGI BISON 2」の特徴

UMIDIGI BISON 2」の特徴をまとめてみました。

フルHD+液晶・最大256 UFS 2.1・6150mAhバッテリ

UMIDIGI BISON 2」は6.5インチで解像度2400x1080pxのフルHD+液晶を搭載。アスペクト比20:9のワイドな画面で、マルチタッチ操作にも対応しています。また、スタンダード版で128GB UFS 2.1、Pro版で256GB UFS 2.1ストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大512GBまで拡張できます。そのほか、6150mAhバッテリーを搭載。18W急速充電も利用できます。

Helio P90&最大8GBメモリ・Android 12

UMIDIGI BISON 2」はMediaTek Helio P90 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約257,629を記録し、高速に動作します。また、スタンダード版で6GB LPDDR4X、Pro版で8GB LPDDR4Xメモリを搭載。OSはカスタマイズされていないAndroid 12で、新機能も使えるようになっています。

48MP3眼カメラ・2つのカスタムキー・IP68/IP69K

UMIDIGI BISON 2」は背面に48MP+16MP+5MPのAIトリプルカメラを搭載。超広角撮影やマクロ撮影、ナイトモードなども利用できます。また、本体に両サイドに2つのカスタマイズキーを搭載。トランシーバー(PTT)、SOS、フラッシュライト、水中撮影、スクリーンショット、録音、アプリなどに割り当てることができます。そのほか、IP68/IP69Kの防水防塵に対応。アメリカ規格MIL-STD-810G対応で、耐衝撃、耐寒、耐熱性能なども備えています。

公式ページ UMIDIGI BISON 2 Series

価格を比較

UMIDIGI BISON 2」と「OUKITEL WP15S」、「Blackview BV8800」、「IIIF150 Air1 Pro」の価格を比較してみました。

「UMIDIGI BISON 2」

UMIDIGI BISON 2」は、AliExpressでUS $164.99、Banggoodで34,595で販売されています。

「OUKITEL WP15S」

OUKITEL WP15S」は、Amazonで28,900円(2000円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで33,966 円、AliExpressでUS $169.99、Banggoodで23,524円、米国 Amazon.comで$249.99で販売されています。

「Blackview BV8800」

Blackview BV8800」は、Amazonで35,910円(7000円OFFクーポン付き)、楽天市場で53,467円 (税込)、ヤフーショッピングで40,800 円、AliExpressでUS $221.99、Banggoodで34,595円、米国 Amazon.comで$369.99で販売されています。

「IIIF150 Air1 Pro」

IIIF150 Air1 Pro」は、AliExpressでUS $148.18で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

UMIDIGI BISON 2」と「OUKITEL WP15S」、「Blackview BV8800」、「IIIF150 Air1 Pro」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「UMIDIGI BISON 2」

Antutuベンチマーク総合で約257,629

<CPU> MediaTek Helio P90

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたMediaTek Helio P90 オクタコアプロセッサ搭載で、Antutuベンチマーク総合で約257,629を記録しています。同じプロセッサは「BLACKVIEW BV9900」や「Ulefone Armor 7」にも搭載されています。

Helio P22搭載の「OUKITEL WP15S」と比較すると、スコアが約167000高くなります。

Helio G96搭載の「Blackview BV8800」と比較すると、スコアが約43000低くなります。

Helio G37搭載の「IIIF150 Air1 Pro」と比較すると、スコアが約137000高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。また、Androidの3Dゲームもほとんど快適に動作します。また、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「OUKITEL WP15S」

Antutuベンチマーク総合で約90,000

<CPU>MediaTek Helio P22
※「moto e6s」、「OUKITEL C23 Pro」と同じプロセッサ

「Blackview BV8800」

Antutu総合で「301167」、CPUで「86402」、GPUで「75264」、MEMで「57659」、UXで「81842」。

<CPU> MediaTek Helio G96

「IIIF150 Air1 Pro」

Antutu総合で約120,000

<CPU> MediaTek Helio G37

スペックを比較

UMIDIGI BISON 2」と「OUKITEL WP15S」、「Blackview BV8800」、「IIIF150 Air1 Pro」のスペックを比較してみました。

「UMIDIGI BISON 2」のスペック

  • ディスプレイ 6.5インチ、解像度2400 x 1080 pxの液晶
    ※20:9/FHD+/マルチタッチ
  • プロセッサ MediaTek Helio P90 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2xCortex-A75 + 6xCortex-A55, up to 2.2GHz
  • GPU PowerVR GM 9446
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4X ※Pro版は8GB LPDDR4X
  • ストレージ 128GB UFS 2.1 ※Pro版は256GB UFS 2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 6150mAh
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 48MP+16MP+5MP
  • 前面カメラ  24MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5Ghz)、Bluetooth 5.0、GPS (Glonass/Beidou/Galileo)
  • NFC&Google Pay 対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー シングルスピーカー(背面)
  • マイク デュアルマイク
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810G、耐衝撃、耐寒、耐熱
  • FMラジオ ヘッドセットフリー&データフリーワイヤレスFMラジオ
  • 生体認証 サイド指紋認証、AI顔認証
  • 冷却システム 対応・Liquid Cooling System 2.0
  • ショートカットキー(カスタムキー) 両サイドに2つ搭載
  • アウトドアツール あり
  • 温度計(赤外線) あり
  • OS Android 12
  • サイズ 172.07 x 83.82 x 12.9mm
  • 重量 280g
  • カラー グレー
  • SIMカード NanoSIM(デュアルSIM)
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au、楽天モバイル回線に対応
    4G:LTE-FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/66 LTE-TDD: B34/38/39/40/41
    3G:WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19 CDMA: BC0/BC1
    2G:GSM: B2/B3/B5/B8

関連記事UMIDIGIスマホがデザイン良すぎて人気! 日本の全機種を比較

AliExpressで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

Amazonで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI BISON」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

「OUKITEL WP15S」のスペック

  • ディスプレイ 6.52インチ、解像度720×1600 pxの液晶
    ※18:9/HD+/水滴ノッチ/scratch-resistant/Gorilla glass
  • プロセッサ MediaTek Helio P22 MT6762 オクタコア
  • GPU PowerVR GE8320
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ 別売のmicroSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 15600mAh
  • 駆動時間 スタンバイで1300時間、通話で130時間、オンライン動画再生で35時間、MP3音楽再生で247時間
  • 充電  18W急速充電、9V2A・Type-C ※リバースチャージ機能あり
  • 背面カメラ 20MP+2.0MP+0.3MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4Ghz+5GHz)、Bluetooth 5.1、GPS (GLONASS, BEIDOU, Galileo)、4G通信
  • NFC&Google Pay 対応・利用できます
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • センサー Gセンサー、Mセンサー、ライトセンサー、近接センサー、コンパス(地磁気)、ジャイロスコープ
  • スピーカー 底面スピーカー
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810G対応、耐寒・耐熱・耐衝撃
  • ショットカットキー(カスタムキー) 対応
  • アウトドアツール 対応
  • ゲームモード 対応
  • 生体認証 サイド指紋認証、顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 178.2 x 86.2 x 23.8mm
  • 重量 485g
  • カラー ブラック

関連記事「OUKITEL WP15S」日本発売! 2万円台タフネススマホと徹底 比較 

Amazonで「OUKITEL WP15S」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL WP15」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL WP15S」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL WP15S」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL WP15S」をチェックする

米国 Amazon.comで「OUKITEL WP15S」をチェックする

「Blackview BV8800」のスペック

  • ディスプレイ 6.58インチ、解像度2408 x 1080 pxのIPS液晶
    ※18:8/FHD+/画面比率85%/輝度400nit/水滴ノッチ/強化ガラス
  • リフレッシュレート 90Hz
  • プロセッサ MediaTek Helio G96 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU ARM Mali-G57
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X
  • ストレージ 128GB UFS2.1
  • バッテリー 8380mAh
  • 駆動時間 スタンバイで720時間(30日間)、通話で32時間、動画再生で12時間、音楽で34時間、ゲームで10時間
  • 充電 33W急速充電 (1.5時間でフルチャージ・30分で31%まで回復)、リバースチャージ対応
  • 背面カメラ 50MP+20M+8MP+2MP
  • 前面カメラ 16MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS/Beidou/Galileo)、4G通信
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • 防水防塵 IP68/ IP69K
  • 耐久性 MIL-STD-810G対応/耐衝撃・耐寒・耐熱・完全防水
  • OS Android 11ベースのDoke-OS 3.0
  • サイズ 176.2 x 83.5 x 17.7mm
  • 重量 365 g
  • カラー ブラック、グリーン、イエロー

関連記事「Blackview BV8800」と最新の注目タフネススマホを徹底 比較!

Amazonで「Blackview BV8800」をチェックする

楽天市場で「Blackview BV8800」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview BV8800」をチェックする

AliExpressで「Blackview BV8800」をチェックする

Banggoodで「Blackview BV8800」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview BV8800」をチェックする

「IIIF150 Air1 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 6.5インチ、解像度1080 x 2400 pxのLCD IPS液晶
    ※20:9/FHD+/405ppi/1.1mm Corning Gorilla Glass
  • プロセッサ MediaTek Helio G37 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU PowerVR GE832
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 5000mAh
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 48MP+20MP+2MP ※ナイトビジョン機能あり
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/Beidou/AGPS)、4G通信
  • NFC&Google Pay 対応
  • インターフェース USB Type-C(OTG)、3.5mmジャック
  • センサー 加速度、近接、ライト、コンパス、ジャイロ、指紋、歩数計
  • スピーカー モノラル ※大音量で聞こえやすい
  • 防水防塵 IP69K/IP68
  • 耐久性 MIL-STD-810Gに対応・耐寒、耐熱、耐衝撃
  • アウトドアツール あり
  • 生体認証 サイド指紋認証、顔認証
  • OS Android 12 ※Google playストア対応
  • サイズ 81.6 x 171 x 11.35 mm
  • 重量 272g
  • カラー オレンジ(Fall for Maple)、ブラック(Black Rocks)

関連記事「IIIF150 Air1 Pro」(6GBメモリ)と激安タフネススマホを徹底 比較!

AliExpressで「IIIF150 Air1 Pro」をチェックする

Amazonで「IIIF150」をチェックする

楽天市場で「IIIF150」をチェックする

ヤフーショッピングで「IIIF150」をチェックする

米国 Amazon.comで「IIIF150」をチェックする

カメラ性能を比較

UMIDIGI BISON 2」と「OUKITEL WP15S」、「Blackview BV8800」、「IIIF150 Air1 Pro」のカメラ性能を比較してみました。

「UMIDIGI BISON 2」

背面カメラ  48MP+16MP+5MP ※AI対応
前面カメラ  24MP
水中撮影 対応
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能(背面)超広角モード、安定した手持ちの夜の写真撮影、マクロモード、ポートレートモード、パノラマモード、HDR、AIビューティ、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、顔認識

(前面)F/2.0

(動画撮影)背面:1080p, 720p, 480p video recording, 30fps、前面:1080p, 720p, 480p video recording, 30fps

<カメラ性能を解説>

背面はAI対応のトリプルカメラです。4800万画素の超高解像度撮影のほか、超広角撮影やマクロ撮影、ナイトモードなどが利用できます。夜景撮影は手持ちでもブレなく撮影できます。前面カメラは2400万画素で、F2.0の明るいレンズを採用しています。

「OUKITEL WP15S」

背面カメラ   20MP+2.0MP+0.3MP
前面カメラ   8MP
水中撮影 対応
超広角 非対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 マクロ撮影、ナイトモード、4つのLEDフラッシュ、HDR、モノクロームモード、水中撮影、オートフォーカス、顔認識、デジタルズーム、タッチフォーカス、パノラマ、ジオタグなど

「Blackview BV8800」

背面カメラ 50MP+20M+8MP+2MP
前面カメラ 16MP
超広角 対応・117度
望遠 非対応(望遠レンズなし) ※ズーム機能はあり
マクロ撮影 対応
水中撮影 対応
機能(背面) ナイトビジョン(暗視撮影・2つのIR LED)、117度の超広角撮影、マクロ撮影、5000万画素の超高解像度撮影、HDR2.0、ナイトモード2.0、ポートレートカラー、ポートレート、水中モード、プロモード、モノクロ、パノラマ、Googleレンズ、写真の編集(露出補正・コントラスト・明るさの調整、切り抜き、フィルター効果)、オートフォーカス、LEDフラッシュ、顔認識、デジタルズーム、タッチフォーカス、パノラマ、ジオタグなど(前面)テトラピクセル(動画)2K/30fps動画撮影

「IIIF150 Air1 Pro」

背面カメラ  48MP+20MP+2MP
前面カメラ  8MP
水中撮影  対応
超広角   非対応
望遠 非対応 ズーム機能あり
マクロ撮影 対応 ※
機能
4800万画素の超高解像度撮影、ナイトビジョン、マクロ撮影、AIシーン認識
撮影モード(動画、カメラ、夜間視力、縦向き、水中、QRスキャン、SelfiePanorama、タイムラプス、マクロレンズ、パノラマ、夜景、プロフェッショナル)

「UMIDIGI BISON 2」のメリット・デメリット

UMIDIGI BISON 2」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・6.5インチのフルHD+液晶・マルチタッチ操作に対応

UMIDIGI BISON 2」は6.5インチで解像度2400x1080pxのフルHD+液晶を搭載。アスペクト比20:9のワイドな画面で、マルチタッチ操作にも対応しています。

一方、「OUKITEL WP15S」は6.52インチで解像度720×1600pxの液晶を搭載しています。「Blackview BV8800」は6.58インチで解像度2408x1080pxのIPS液晶を搭載しています。「IIIF150 Air1 Pro」は6.5インチで解像度1080x2400pxのLCD IPS液晶を搭載しています。

・6/8GBメモリ&128/256GBストレージ搭載で快適に使える

UMIDIGI BISON 2」はスタンダード版で6GB LPDDR4X、Pro版で8GB LPDDR4Xメモリを搭載し、スムーズに動作します。また、スタンダード版で128GB UFS 2.1、Pro版で256GB UFS 2.1ストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大512GBまで拡張できます。

一方、「OUKITEL WP15S」は4GBメモリ&64GBストレージを搭載しています。「Blackview BV8800」は8GB LPDDR4Xメモリと128GB UFS2.1ストレージを搭載しています。「IIIF150 Air1 Pro」は6GBメモリと128GBストレージを搭載しています。

・6150mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応

UMIDIGI BISON 2」は6150mAhバッテリーを搭載し、長時間動作できます。また、18W急速充電に対応し、短時間で充電を完了できます。

一方、「OUKITEL WP15S」は15600mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「Blackview BV8800」は8380mAhバッテリー搭載で33W急速充電、リバースチャージに対応しています。「IIIF150 Air1 Pro」は5000mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

UMIDIGI BISON 2」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「OUKITEL WP15S」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1に対応しています。「Blackview BV8800」と「IIIF150 Air1 Pro」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。

・厚さ12.9mmで重さ280gのタフボディ

UMIDIGI BISON 2」は厚さ12.9mmで重さ280gのタフボディになっています。

一方、「OUKITEL WP15S」は厚さ23.8mmで重さ485gになっています。「Blackview BV8800」は厚さ17.7mmで重さ365gになっています。「IIIF150 Air1 Pro」は厚さ11.35mmで重さ272gになっています。

・IP68/IP69K防水防塵&MIL-STD-810Gに対応

UMIDIGI BISON 2」はIP68/IP69K防水防塵に対応し、高温・高水圧・スチームジェットでも耐えられるほか、粉塵の内部侵入を完全に防ぐことができます。また、アメリカ規格MIL-STD-810Gに対応し、耐衝撃、耐寒、耐熱性能も備えています。

一方、「OUKITEL WP15S」、「Blackview BV8800」、「IIIF150 Air1 Pro」もIP68/IP69K防水防塵&MIL-STD-810Gに対応しています。

・2つのカスタムキーが使える

UMIDIGI BISON 2」は本体に両サイドに2つのカスタマイズキーを搭載し、トランシーバー(PTT)、SOS、フラッシュライト、水中撮影、スクリーンショット、録音、アプリなどに割り当てることができます。

一方、「OUKITEL WP15S」はショートカットキーを1つ搭載しています。「Blackview BV8800」と「IIIF150 Air1 Pro」はカスタムキー(ショートカットキー)を搭載していません。

・冷却システムが使える

UMIDIGI BISON 2」はLiquid Cooling System 2.0テクノロジー採用の冷却システムを搭載し、長時間のゲームプレイでも安定して動作します。

一方、「OUKITEL WP15S」、「Blackview BV8800」、「IIIF150 Air1 Pro」は冷却システムを搭載していません。

・サイド指紋認証&顔認証が使える

UMIDIGI BISON 2」はサイド指紋認証と顔認証に対応しています。

一方、「OUKITEL WP15S」と「IIIF150 Air1 Pro」はサイド指紋認証、顔認証に対応しています。「Blackview BV8800」はサイド指紋認証に対応しています。

・Android 12の新機能が使える

UMIDIGI BISON 2」はカスタマイズされていないAndroid 12を搭載しています。

Android 12には、

「Material You」(新UI・壁紙の色を抽出)、新しいウィジェットデザイン、拡大鏡機能、Extra dim(夜間の輝度を抑制)、盗撮・盗聴の防止機能(マイク&スピーカーの有効化ボタン)、Scrolling Screenshot(ページ・画面全体をスクリーンショット)、スクリーンショットの編集機能、Wi-Fiパスワードのかんたん共有設定、「クイックタップ」(2回タップで撮影)、位置情報の精度を選択(正確・アバウトから選択)

などの機能が追加されています。

一方、「OUKITEL WP15S」はAndroid 11を搭載しています。「Blackview BV8800」はAndroid 11ベースのDoke-OS 3.0を搭載しています。「IIIF150 Air1 Pro」はAndroid 12を搭載しています。

デメリット

・高リフレッシュレートに対応していない

UMIDIGI BISON 2」は高リフレッシュレートに対応していないため、より滑らかに映像を再生することができません。

一方、「Blackview BV8800」は90Hzリフレッシュレートに対応しています。「OUKITEL WP15S」と「IIIF150 Air1 Pro」は高リフレッシュレートに対応していません。

・リバースチャージ機能が利用できない

UMIDIGI BISON 2」は他のスマホやUSB機器に給電できるリバースチャージ機能に対応していません。

一方、「OUKITEL WP15S」と「Blackview BV8800」はリバースチャージ機能が利用できます。「IIIF150 Air1 Pro」はリバースチャージ機能が利用できません。

「UMIDIGI BISON 2」の評価

UMIDIGI BISON 2」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

UMIDIGI BISONシリーズの最新モデルになります。

すでに「UMIDIGI BISON GT2 5G」も発売されていますが、このモデルはGTシリーズよりもスペックを抑え、その分価格も安くなっています。

モデルはスタンダード版の「UMIDIGI BISON 2」と上位版の「UMIDIGI BISON 2」の2種類。

違いはメモリとストレージで、スタンダード版が6GB LPDDR4X&128GB UFS 2.1、Pro版が8GB LPDDR4X&256GB UFS 2.1の組み合わせになります。

プロセッサは共通して MediaTek Helio P90 オクタコアで、Antutu25万ほどの性能を発揮します。冷却システムもあるのでゲーム用としても使えそうです。

そのほか、6150mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応。

カメラは背面48MP+16MP+5MP、前面24MPになっています。

発売時の価格は$164.99 (AliExpress)。

セール価格のようで信じられないくらい安くなっています。後で買うと高くなってしまうかもしれないので、購入するなら早めの方がいいでしょう。コスパの高い4G対応のタフネススマホを探している人におすすめです。

「UMIDIGI BISON 2」の販売・購入先

UMIDIGI BISON 2」は、

AliExpressでUS $164.99、

Banggoodで34,595、

で販売されています。

AliExpressで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

Amazonで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI BISON」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI BISON 2」をチェックする

 

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

OUKITEL WP15S

Blackview BV8800

IIIF150 Air1 Pro

Blackview BL5000 5G

OUKITEL WP20

Blackview BV6600E

UMIDIGI BISON GT2 5G

OUKITEL WP13

Blackview BL8800 5G

他のUMIDIGIスマホと比較

他にもUMIDIGIスマホが販売されています。ぜひ比較してみてください。

UMIDIGIスマホがデザイン良すぎて人気! 日本の全機種を比較

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページでまとめています。ぜひ比較してみてください。

【2022】激安で買えるタフネススマホ 最新モデルを比較

激安タフネススマホをまとめて紹介しています。

【2022】タフネススマホの最新モデル 全機種 ラインナップ 一覧 

ハイスペックなタフネススマホをまとめて紹介しています。

【2022年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

海外製の激安スマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2022年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

2021最新の格安スマホをまとめて紹介しています。