「X96 S400」と最新TV Stickを徹底 比較!


2020年11月に発売された「X96 S400」と最新TV Stickを徹底 比較して紹介! 価格 や 機能・できること、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「X96 S400」の特徴

X96 S400」の特徴をまとめてみました。

Allwinner H313&Android 10で快適に動作

X96 S400」はAllwinner H313クアッドコアプロセッサを搭載。内蔵のG31 OPenGL3.2 GPUグラフィックスと2GB LPDDR3メモリで動画アプリも快適に動作します。また、最新のAndroid 10 OSに対応。前モデル「X96S」よりも高速に動作するほか、「スマートリプライ」や「フォーカスモード」、「Live Caption」などの新機能が使えるようになっています。

4K/60fps出力に対応・HDR機能で色鮮やか

「X96 S400」は4K/60fpsの動画再生に対応。細部を忠実に再現できるほか、よりリアルで滑らかな映像が楽しめるようになっています。また、より広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できるHDR機能を搭載。圧縮率が2倍に向上した動画圧縮コーデック「VP9」、次世代の映像圧縮技術「H.265」にも対応し、動画映像を安定して再生することができます。

Google Playストアに対応・Netflix&Huluアプリも

X96 S400」はAndroid 10 OSを搭載し、Google Playストアからアプリをダウンロードすることができます。人気の高いNetflixやYoutube、Hulu、Amazonプライムビデオなどのアプリは最初からインストール済み。Chromeブラウザアプリや音楽アプリも利用できます。

価格を比較

X96 S400」と、「Chromecast with Google TV」、「Fire TV Stick」(2020)、「MINISFORUM S40」の価格を比較してみました。

「X96 S400」

X96 S400」は、楽天市場で 6,150円(税込)、ヤフーショッピングで4,890円、Banggoodで4,441円、AliExpressでUS $22.82 で販売されています。

「Chromecast with Google TV」

Chromecast with Google TV」は、楽天市場で7,538円(税込)、ヤフーショッピングで7,600円 (税込)、ビックカメラで7,600円(税込・送料無料・76ポイント)で販売されています。

「Fire TV Stick」(2020)

Fire TV Stick」(2020)は、Amazonで4,980円、楽天市場で5,540円 (税込)、ヤフーショッピングで5,464円 (税込)、米国 Amazon.comで$59.98 で販売されています。

「MINISFORUM S40」

MINISFORUM S40」は、Amazonで19,280円、楽天市場で24,313円 (税込)、ヤフーショッピングで21,407円 (税込)、Banggoodで17,872円、米国 Amazon.comで$139.90 (日本発送は+$10.31) で販売されています。

機能・できることを比較

X96 S400」と、「Chromecast with Google TV」、「Fire TV Stick」(2020)、「MINISFORUM S40」の機能・できることを比較してみました。

「X96 S400」の機能・できること

4K/60p(3840×2160ピクセル)の動画再生、HDR機能、動画圧縮コーデック「VP9」、次世代の映像圧縮技術「H.265」

Google Playストア(Androidアプリのダウンロード)、Hulu やNetflixやYoutube、Hulu、Amazonプライムビデオなどの動画視聴、16GBのストレージ保存、音楽再生(MP3, AAC, WMA, RM, FLAC, Ogg)、赤外線リモコン、家電操作(赤外線)、ミラーリング(ミラキャスト)、DLNA、Wi-Fi(2.4GHz)、OTAアップデート、USB機器の接続(キーボード、マウス、コントローラーなど)、最大64GBまでのストレージ拡張

「Chromecast with Google TV」の機能・できること

4K/60p(3840×2160ピクセル)の動画再生、HDR10、HDR10+、Dolby Vision、Googleアシスタント(ワイヤレスリモコン)、
レコメンド機能(おすすめ・提案)、ショートカットボタン(リモコンでYouTube、Netflixのアプリを起動)、Chromecast built-in機能(ミラーリング)、スマートディスプレイとの連携、8GBストレージの保存(ユーザー使用容量:4.4GB)、Netflix、YouTube、Hulu、Amazon Prime Video、ABEMA、TVer、dTV、U-NEXTなどの動画配信サービスの視聴、Spotify、、AWAなどのストリーミング音楽の視聴、Dolby Digital、Dolby Digital Plus、Dolby Atmos (パススルー)、Wi-Fi(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth、Chromecast・Google Nestデバイス同士での連携、Google Playストア、家電操作(赤外線)

「Fire TV Stick」(2020)の機能・できること

HDR機能、720p・1080P・最大60fpsの出力、Dolby Audio(ドルビーオーディオ)、8GBのストレージ保存、クラウドストレージに保存、Amazon Alexa 音声認識、ワイヤレスリモコン、Amazonプライムビデオ、Hulu (フールー)、Netflix、dTV、U-NEXTなどの動画視聴、プライムミュージック」(Prime Music)、Spotify、、AWA、dヒッツ、Appleミュージックなどのストリーミング音楽、ミラーリング機能(スマホ・タブレット)、Webブラウザ(silk&FireFox)、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0 + LE

「MINISFORUM S40」の機能・できること

4K出力(2画面同時出力)、Mini DisplayPort出力、64GBストレージ(内蔵)最大128GBまでのストレージ拡張、Windowsアプリ(ゲーム エミュレーターも利用可能)、Netflix、YouTube、Hulu、Amazon Prime Video、ABEMA、TVer、dTV、U-NEXTなどの動画配信サービスの視聴、Spotify、、AWAなどのストリーミング音楽の視聴
冷却ファン、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、USB機器の接続(キーボード、マウス、コントローラーなど/USB 3.0 Port×2)

スペックを比較

X96 S400」と、「Chromecast with Google TV」、「Fire TV Stick」(2020)、「MINISFORUM S40」のスペックを比較してみました。

「X96 S400」のスペック

  • プロセッサ Allwinner H313 クアッドコア
  • CPU  ARM Cortex A53
  • GPU G31 OPenGL3.2
  • RAM(メモリ) 2GB LPDDR3
  • ストレージ 16GB eMMC
  • 外部ストレージ 最大64GBまで
  • 電源 Micro USB 5V/0.6A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n (2.4GHz)
  • インターフェース 1 x HDMI、1 x USB、1 x Micro USB、1 x IR、1 x TF Card
  • ビデオでコード VP9 Profile-2 up to 4K@30fps, H.265 Main10@L5.1 up to 4K@60fps
  • オーディオファイル MP3, AAC, WMA, RM, FLAC, Ogg
  • 画像ファイル HD JPEG, BMP, GIF, PNG, TIF
  • 対応言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • DLNA /ミラキャスト機能 対応
  • Google Play 対応
  • OS Android 10.0
    ※OTAアップデートをサポート
  • サイズ 93.6 x 33 x 13
  • 重量 不明
  • カラー Black & Red
  • 付属品 IRケーブル、microUSBケーブル、HDMIケーブル、USB充電器、リモコン(赤外線)、ユーザーマニュアル

関連記事Android TV BOXが急激にハイスペック化! 最新モデル 比較

楽天市場で「X96 S400」をチェックする

ヤフーショッピングで「X96 S400」をチェックする

Amazonで「X96 S400」をチェックする

Banggoodで「X96 S400」をチェックする

AliExpressで「X96 S400」をチェックする

米国Amazon.comで「X96 S400」をチェックする

「Chromecast with Google TV」のスペック

  • プロセッサ Amlogic S905X2
  • GPU  Mali-G31 MP2 with OpenGL ES 3.2
  • メモリ 2GB
  • ストレージ  8GB(ユーザー使用容量:4.4GB)
  • クラウドストレージ 対応
  • インターフェース  充電用のUSB-C端子、HDMI端子
  • オーディオ・サウンド  「Dolby Digital」「Dolby Digital Plus」「Dolby Atmos(パススルー)」の3規格のサラウンド音声に対応
    ※Dolby対応のBluetooth スピーカーが必要
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi、Bluetooth
    ※Wi-Fi 5(IEEE 802.11ac)/Wi-Fi 4(IEEE 802.11n:5GHz帯および2.4GHz帯)
  • 有線LAN通信 非対応 ※別売「Chromecast(Google TV)用イーサネットアダプター」接続で可能
  • 機能 レコメンド機能(おすすめ・提案)・HDR10、HDR10+、Dolby Vision、ショートカットボタン(リモコンでYouTube、Netflixのアプリを起動)、Chromecast built-in機能、スマートディスプレイとの連携
  • 出力解像度 最大で4K/60p(3840×2160ピクセル)まで対応
  • ビデオフォーマット 不明
  • 音声認識 Googleアシスタント
  • 対応テレビ HDMI端子を搭載しているモデル
  • OS Google TV
  • 対応アプリ Netflix、YouTube、Hulu、Amazon Prime Video、ABEMA、TVer、dTV、U-NEXTなど
    ※Android TV向けのアプリがほぼすべて動作可能
  • リモコン ワイヤレスリモコン付属・音声リモコンは、本体および、テレビとサウンドバーのコントロール、音量の調整、入力切り替えなどの操作
  • サイズ 61×162×12.5mm(幅×奥行き×高さ)
  • 重量 55g
  • カラー Snow、Sunrise、Sky
  • 付属品 電源ケーブル、電源アダプター、音声リモコン、単 4 形電池 x 2

関連記事「Chromecast with Google TV」と最新TV Stickを徹底 比較!

楽天市場で「Chromecast with Google TV」をチェックする

ヤフーショッピングで「Chromecast with Google TV」をチェックする

ビックカメラで「Chromecast with Google TV」をチェックする

Amazonで「Google Chromecast 第三世代」をチェックする

米国 Amazon.comで「Roku Ultra 2020」(4K)をチェックする

「Fire TV Stick」(2020)のスペック

  • プロセッサ クアッドコア 1.7 GHz
    ※前のモデルよりも50%高速化
  • GPU IMG GE8300
  • メモリ 1GB
  • ストレージ 8GB
  • クラウドストレージ Amazon のコンテンツはすべて無料でクラウドに保存可能
  • インターフェース  HDMI 1.4b(出力)、 Micro USB(電源用)
  • サウンド Dolby Audio 対応
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4 / 5 GHz)、Bluetooth 5.0 + LE + LE、MIMO
  • 有線LAN通信 非対応 ※別売アダプター接続で可能
  • 機能 音声検索 Alexa 付属のリモコン利用
  • 出力解像度 1080p、720p、最大60fps
  • ビデオフォーマット ビデオ: H.265、H.264、Vp9、HDR10、HDR10+、HLG
  • オーディオ: Dolby Atmos、Dolby Digital、Dolby Digital+ のサラウンド対応。Dolby Atmos、Dolby Digital, Dolby Digital+のHDMIオーディオパススルー
  • 音声認識 Alexa対応・リモコンで利用可能(本体は不可)・または、無料のFire TVリモコンアプリで対応(Fire OS、Android OS、iOSで利用可能)
  • 対応テレビ 1080pまたは720p、60/50Hzに対応したHDMI端子付HDテレビ
  • OS Fire OS
  • サイズ 86 mm x 30 mm x 13 mm
  • 重量 32.0g

関連記事「Fire TV Stick」(2020)と人気TV Stickを徹底 比較!

Amazonで「Fire TV Stick」(2020)をチェックする

楽天市場で「Fire TV Stick」(2020)をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire TV Stick」(2020)をチェックする

米国 Amazon.comで「Fire TV Stick」(2020)をチェックする

「MINISFORUM S40」のスペック

  • プロセッサ Gemini Lake世代のIntel Celeron N4000 デュアルコア 1.10 GHz
    ※14 nmプロセス / 64bit / 2コア / 2スレッド / 最大2.60 GHz
  • GPU  Intel UHD Graphic 600
  • RAM(メモリ) 4GB DDR4
    ※オンボードで増設不可
  • ストレージ 64GB eMMC
    ※オンボードで増設不可
  • 拡張ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • 電源 USB Type-C (DC ジャック)から給電
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz + 5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB 3.0 x 2、 USB Type-C (DC ジャック)、Mini Display Port (4k@60Hz) x 1、HDMI (4k@60Hz) x 1、microSDカードスロット、音声出力
  • 冷却ファン あり
  • OS Windows 10 Pro
    ※Chromium/Linux OSサポート
  • サイズ 13.00 x 4.60 cm
  • 重量 30g
  • カラー ブラック

関連記事「MINISFORUM S40」と大容量スティックPCを徹底 比較!

Amazonで「MINISFORUM S40」をチェックする

楽天市場で「MINISFORUM S40」をチェックする

ヤフーショッピングで「MINISFORUM S40」をチェックする

Banggoodで「MINISFORUM S40」をチェックする

米国 Amazon.comで「MINISFORUM S40」をチェックする

「X96 S400」のメリット・デメリット

X96 S400」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・4K/60p対応でよりリアルな映像が楽しめる

X96 S400」は4K/60p(3840×2160ピクセル)の動画再生に対応しています。HDR機能にも対応しているので映像が美しく、見やすいです。

一方、「Fire TV Stick」(2020)は4K出力には対応せず、720p・1080Pに対応しています。「Chromecast with Google TV」は4K/60p(3840×2160ピクセル)に対応、「MINISFORUM S40」は4K出力(2画面同時出力)に対応しています。

・2GBメモリ&16GBストレージで快適に使える

X96 S400」は2GB LPDDR3メモリ&16GB eMMCストレージを搭載し、快適に使えるようになっています。

一方、「Chromecast with Google TV」は2GBメモリと8GBストレージ(※クラウド保存も可)を搭載、「Fire TV Stick」(2020)は1GBメモリと8GBストレージ(※クラウド保存も可)を搭載、「MINISFORUM S40」は4GB DDR4メモリと64GB eMMCストレージを搭載しています。

・microSDカードでストレージ容量を増やせる

X96 S400」は別売のmicroSDカードでストレージ容量を最大64GBまで増やせるようになっています。

一方、「Chromecast with Google TV」と「Fire TV Stick」(2020)はmicroSDカードスロットがないため、外部ストレージで容量を増やすことはできません(※クラウドストレージは利用できます)。「MINISFORUM S40」はmicroSDカードで最大128GBまでストレージを拡張できます。

・USB機器と接続できる

X96 S400」はUSB端子を一つ搭載しているため、キーボードやマウス、コントローラー、スピーカーなどのUSB機器と接続することができます。

一方、「Chromecast with Google TV」と「Fire TV Stick」(2020)はフルサイズのUSB端子がないため、USB機器と接続することはできません。「MINISFORUM S40」はUSB 3.0端子を2つ搭載し、USB機器との接続も可能になっています。

・Google Playストアからアプリをダウンロードできる

X96 S400」はGoogle Playストアに対応し、豊富なアプリを自由にダウンロード・インストールすることができます。

一方、「Fire TV Stick」(2020)はGoogle Playストアに非対応でAmazonアプリストアを利用することになります。「Chromecast with Google TV」はGoogle Playストアに対応しています。「MINISFORUM S40」はWindowsのマクロソフトストアに対応し、Windowsアプリが使えるようになっています。

・スマホの画面をテレビに映せるミラキャスト機能が使える

X96 S400」はスマホの画面をワイヤレスでテレビに映せるミラキャスト機能が搭載されています。

一方、「Chromecast with Google TV」、「Fire TV Stick」(2020)はミラーリング機能が使えるようになっています。「MINISFORUM S40」は一般的にミラキャストドングルなど他の周辺機器と接続することでミラーリング機能が使えるようになります。

デメリット

・リモコンで音声認識が利用できない

X96 S400」のリモコンには音声認識機能が搭載されていません。

一方、「Chromecast with Google TV」はGoogleアシスタントに対応、「Fire TV Stick」(2020)はAmazon Alexaに対応しています。「MINISFORUM S40」はリモコンがありませんが、単体ではWindows10の音声認識に対応しています。

・Dolby Atmosの高音質サウンドに対応していない

X96 S400」はDolby Atmosなどの高音質サウンドに対応していません。

一方、「Chromecast with Google TV」は「Dolby Digital」「Dolby Digital Plus」「Dolby Atmos(パススルー)」の3規格のサラウンドサウンドに対応、「Fire TV Stick」(2020)はDolby Audioに対応、「MINISFORUM S40」はDolby Atmosなどの高音質サウンドに対応していません。

「X96 S400」の販売・購入先

X96 S400」は、

楽天市場で 6,150円(税込)、

ヤフーショッピングで4,890円、

Banggoodで4,441円、

AliExpressでUS $22.82 、

で販売されています。

楽天市場で「X96 S400」をチェックする

ヤフーショッピングで「X96 S400」をチェックする

Amazonで「X96 S400」をチェックする

Banggoodで「X96 S400」をチェックする

AliExpressで「X96 S400」をチェックする

 

 

 

他のTV Stickと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★Anker「Nebula 4K Streaming Dongle

★「Fire TV Stick 4K Max

Chromecast with Google TV

Fire TV Stick」(2020)

Air Stick 4K

MINISFORUM S40

Xiaomi Mi TV Stick

X96S

Fire TV Cube

Apple TV 4K」(2021)

A95X Max Plus

Echo Show 8」(8インチ・スマートディスプレイ)

Google Nest Hub」(7インチ・スマートディスプレイ)

Google Nest Hub Max」(10インチ・スマートディスプレイ)

その他のおすすめAndroid TV Stick &動画製品は?

その他のAndroid TV Stick & 動画製品は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

Android TV BOXが急激にハイスペック化! 最新モデル 比較

最新のAndroid TV BOXをまとめて紹介しています。

スマホ画面を巨大化する激安ミラキャスト ドングル まとめ

スマホ画面を巨大化するミラキャストドングルをまとめて紹介しています。

海外製のスティック型ゲーム機に熱視線!人気機種 まとめ

動画視聴もできるスティック型ゲーム機を紹介しています。

Amazonタブレット&Fire TV Stickが激安で人気 全機種を比較

Amazonから発売されたタブレット、Fire TV Stickなどをまとめて紹介しています。

大容量メモリ&ストレージの激安スティックPCを探せ! 

4GBメモリ&64GBストレージのハイスペックなTVスティックをまとめて紹介しています。

<Android プロジェクター>

Android プロジェクターが激安に! 最新モデル 全機種 まとめ

<ディスプレイゴーグル>

ディスプレイゴーグルでスマホ・PC画面を超巨大化

<モバイルディスプレイ>

デカくて薄い最新モバイルディスプレイ まとめ