「Meta Quest 2」とスタンドアロンVRヘッドセットを徹底 比較!


2020年10月13日に日本で発売された「Meta Quest 2」とスタンドアロンVRヘッドセットを徹底 比較して紹介! 価格、できること・機能、スペックに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※「Oculus Quest 2」はFacebookの社名変更により、「Meta Quest 2」に名称変更しました。また、ストレージ容量は128GB/256GBになりました。

「Meta Quest 2」の特徴

Meta Quest 2」の特徴をまとめてみました。

ディスプレイ解像度が1.5倍に・ボディは小型軽量化

Meta Quest 2」(第3世代)は解像度1,832×1,920ドットのLCDディスプレイを搭載。1,440✕1,600ドットだった初代モデルよりも1.5倍高解像度になったことで、よりリアルな映像が楽しめるようになっています。

また、ボディは前モデルより一回り小さくなり、重量は初代モデルと比べて10%、 第2世代モデルと比べても10%以上軽量化しています。そのほか、頭部に固定するためのストラップ部分を衝撃性に優れたセミハード素材から、肌触りの良い布製ソフトストラップへと変更。コントローラーはRiftコントローラに近い握りやすい形状になり、よりスムーズに操作できるようになっています。

Snapdragon XR2&6GBメモリでより高速に動作

Meta Quest 2」(第3世代)はQualcomm Snapdragon XR2プロセッサを搭載。Snapdragon 865と同等の性能を発揮し、前モデルよりも高速に動作するようになっています。また、大容量6GBメモリを搭載。リフレッシュレートは72Hz(※アップデートで90Hzに対応)で、動きの激しいゲームでも滑らかに再生できます。そのほか、128/256GBストレージを内蔵。ゲームアプリ(一本で2GBほど)を大量にインストールしできる容量を搭載しています。

従来アプリも利用可能・PC接続でRiftストアのゲームも

Meta Quest 2」(第3世代)は従来モデルと互換性を持ち、Oculus Questストアの動画コンテンツやゲーム、バーチャルな旅・冒険・観光アプリなどが利用できます。また、ヘッドセットと互換性のあるPCを接続することで、RiftストアのゲームやSteamで配信されているVRゲームがプレイ可能。レーシング、FPS、シューティング、RPGなどのゲームもより現実に近い世界でプレイできます。

公式ページ
https://www.oculus.com/quest-2/

価格を比較

Meta Quest 2」と、「Mirage Solo」、「Oculus Go」、「Pico G2 4K」の価格を比較してみました。

「Meta Quest 2」

Meta Quest 2」は、Amazonで36,950円(64GBモデル)、楽天市場で59,400円(128GB・税込・送料無料)、ヤフーショッピングで65,800 円(128GB・税込)、ビックカメラで59,400円 (税込)、米国 Amazon.comで$399.99で販売されています。

「Mirage Solo」

Mirage Solo」は、Amazonで39,100円、楽天市場で22,700円 (税込)、ヤフーショッピングで22,200円 (税込)で販売されています。

「Oculus Go」

Oculus Go」は、Amazonで16,800円(中古Aランク)、楽天市場で35,463円 (税込)、ヤフーショッピングで32,000 円(税込)で販売されています。

「Pico G2 4K」

Pico G2 4K」は、Amazonで33,000円、楽天市場で32,890円 (税込・中古・ほぼ新品)、ヤフーショッピングで36,300円(税込・送料無料)、ビックカメラで33,000円 (税込)、Banggoodで47,230円、AliExpressでUS $461.34 – 593.34で販売されています。

できること・機能を比較

Meta Quest 2」と、「Mirage Solo」、「Oculus Go」、「Pico G2 4K」のできること・機能を比較してみました。

Meta Quest 2

できること

VRゲーム、対応するPCゲーム、Steamゲーム、動画の視聴(YouTube、DMM、Netflix、Amazonプライム・ビデオなど)、Oculus Questストア・Riftストアからのアプリダウンロード、通話・メール(Facebookアカウントを利用)、バーチャル空間でのコミュニケーション(「バーチャルキャスト」など)、チャット(「VRChat」など)、リモートワーク(「Infinite Office」など)、バーチャル空間での観光・旅行 など

機能

ハンドトラッキング機能(バーチャル空間でのジェスチャー操作)、Oculus Link機能(PCと接続)、6DoF対応

「Mirage Solo」

できること

Daydream対応のコンテンツ、ゲーム(250以上)、動画の視聴(NetflixやdTVなどオンデマンド型有料動画の視聴・スポーツ観戦、コンサート、ドキュメンタリー)、Google Play ストアからのアプリダウンロード

機能

「6DOF」(体の前後・左右・上下の動きを認識する)、Googleのトラッキング技術「WorldSense」(センサーの設置なしで周囲の空間を認識)、Wi-Fi通信

「Oculus Go」

できること

VRゲーム、動画の視聴(YouTube、DMM、Netflix、Amazonプライム・ビデオなど)、Oculus Questストアからのアプリダウンロード、通話・メール(Facebookアカウントを利用)、バーチャル空間でのコミュニケーション(「バーチャルキャスト」など)、チャット(「VRChat」など)、BR会議(「Oculus Rooms」など)、VRライブ視聴(「VARK」、「Cluster」など)

機能
「3DoF」(3軸方向の回転だけを検出するトラッキング)、キャスト機能(モバイル機器に映像を映し出す)、Oculusアプリ(スマホから設定)

「Pico G2 4K」

できること

4K動画の視聴、VRゲーム、動画視聴(TSUTAYA TV、Amazonプライムビデオ、360チャンネル、RehaVR、VeeR VR、PICMO VRなど)
Pico Store(https://www.pico-interactive.com/jp/store.html)・VIVEPORT(https://www.viveport.com/)からのアプリダウンロード

機能

4K(3840×2160)解像度での出力、アイプロテクトモード(目の負担を軽減)、Pico UI 3.0(分かりやすく操作しやすいUI)、3DoF(3軸方向の回転だけを検出するトラッキング)

スペックを比較

Meta Quest 2」と、「Mirage Solo」、「Oculus Go」、「Pico G2 4K」のスペックを比較してみました。

「Oculus Quest 2」のスペック

  • ディスプレイ 解像度1,832×1,920ドットの高速スイッチLCDディスプレイ
    ※メガネの上から着用可
  • 最大リフレッシュレート 72Hz ※アップデートで90Hzに対応
  • トラッキング 6DoF
    ※外部センサー不要/PC接続不要で動作
  • IPD(瞳孔間距離) 58、63、68mmで調整
  • CPU  Qualcomm Snapdragon XR2
    ※Qualcomm Snapdragon 865と同等の性能を発揮
  • GPU  不明
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 128GB、256GB
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤフォンジャック、電源ボタン、LEDインジケータ
  • オーディオ スピーカーはヘッドセットに内蔵・ヘッドフォンなしで使用可能
  • ボディの素材  布のソフトストラップ(頭部固定)
  • 対応アプリ  従来モデルと互換性あり
    ※ヘッドセットと互換性のあるPCを接続することで、Riftストア(https://www.oculus.com/experiences/rift/?locale=ja_JP)のソフトがプレイ可能
  • アプリストア Oculus Questストア (https://www.oculus.com/experiences/quest/)
  • コントローラー 2本・サイズ:9×12cm・重量126g・電源 単3電池×2
  • バッテリー駆動時間 ゲームで約2時間、動画視聴で約3時間
  • 充電 約2.5時間
  • ACアダプター 製品に付属
  • サイズ
    ストラップ折りたたみ状態:191.5×102×142.5mm(同)
    ストラップ展開状態:191.5×102×295.5mm(同)
  • 重量 503g
  • カラー  ライトグレー

関連記事VRヘッドセットのおすすめはコレ!スマホ&PC用 全機種を比較

Amazonで「Meta Quest 2」をチェックする

楽天市場で「Meta Quest 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Meta Quest 2」をチェックする

ビックカメラで「Meta Quest 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Meta Quest 2」をチェックする

「Mirage Solo」のスペック

  • トラッキング 6DoFサポート
  • ディスプレイ 解像度2560×1440ドットの IPS液晶
  • IPD(瞳孔間距離) 固定
  • メガネ(眼鏡) 装着したまま使用できる
  • リフレッシュレート  75Hz
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 835
  • RAM(メモリ)4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 4,000mAh 駆動時間 約3時間
  • 充電 USB type-C
  • インターフェース USB type-C端子、3.5mmヘッドフォン端子、microSDカードスロット
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac
  • サイズ 約204.01×269.5×179.86mm
  • 重さ 約645g
  • OS Daydream 2.0
  • アプリ    Google Play ストアからダウンロード(※Googleアカウントが必要)
  • 発売日   2018年5月11日
  • 付属品 コントローラ(1つ)、USB Type-Cケーブル、ACアダプター、ヘッドホン

関連記事レノボ「Mirage Solo」スペック、性能、アプリ、Steam、価格、比較 

Amazonで「Mirage Solo」をチェックする

楽天市場で「Mirage Solo」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mirage Solo」をチェックする

米国 Amazon.comで「Mirage Solo」をチェックする

「Oculus Go」のスペック

  • ディスプレイ 5.5インチ、解像度 2560×1440(WQHD)のLCD画面 / 538ppi
  • 最大リフレッシュレート 72Hz
  • トラッキング 3DoF(3 Degrees of Freedom)対応
  • IPD(瞳孔間距離)   固定
  • 眼鏡 メガネの上から着用可
  • プロセッサ  Qualcomm Snapdragon 821
  • GPU  Adreno 530
  • RAM(メモリ)  3GB
  • ストレージ  32GB、64GB
  • インターフェース マイクロUSB端子 3.5mmのオーディオ端子 /スピーカー マイク内蔵
  • ボディの素材 通気性に優れた素材 / フェイスパッド部分は取り外しが可
  • 対応アプリ 起動時に1000アプリ / ヘッドセット用にアップデートされたアプリ100
  • アプリストア  Oculus Goストア
  • コントローラー 3DoF対応(製品に付属・1つ・電源:単3電池×2)
  • バッテリー駆動時間 ゲームの使用で2時間程度 / 動画再生で約2時間30分
  • ACアダプター 最大出力10W(5V2A)※別売
  • サイズ 190×105×115mm
  • 重量 467g
  • カラー  グレイ(シルバー)

関連記事「Oculus Go」レビュースペック以上の極上HDM 

Amazonで「Oculus Go」をチェックする

楽天市場で「Oculus Go」をチェックする

ヤフーショッピングで「Oculus Go」をチェックする

米国 Amazon.comで「Oculus Go」をチェックする

「Pico G2 4K」のスペック

  • ディスプレイ   解像度:3840×2160 5.5インチ
  • ブルーライトカット   対応・アイプロテクトモードを搭載
  • リフレッシュレート:75Hz、Fast-Switch
  • トラッキング 3DoF
    ※外部センサー不要/PC接続不要で動作
  • レンズ:フルネルレンズ
  • 視野角:101°
  • 眼鏡 装着したまま快適に使用可能なデザイン
  • プロセッサ Qualcomm社のSnapdragon835 8 core
    ※最大2.45GHz、64bit、10nmプロセス技術
  • GPU Adreno 540
  • DSP Hexagon 682
  • RAM(メモリ): 4GB LPDDR4X 1866MHz
  • ROM(ストレージ): 32GB UFS2.1
  • 外部ストレージ マイクロSDカードで最大256GBまで
  • センサー 9軸ジャイロセンサー
  • アプリストア Pico Store、VIVEPORTストア
  • ボディの材質
    ヘッドマウンド:航空機にも使われている軽くて丈夫な素材を利用
    ウェアラブル:通気性が高く、肌触りの良い素材を使用しており、掃除も簡単。頭頂部の自動調整により、最適位置でフィット
  • サイズ  93 x 172 x 89mm
  • 重量 276g
  • 公式ページ:https://www.pico-interactive.com/jp/G2_4K.html

関連記事スタンドアローン型のレアなVRヘッドセット おすすめ 比較

Amazonで「Pico G2 4K」をチェックする

楽天市場で「Pico G2 4K」をチェックする

ヤフーショッピングで「Pico G2 4K」をチェックする

ビックカメラで「Pico G2 4K」をチェックする

Banggoodで「Pico G2 4K」をチェックする

AliExpressで「Pico G2 4K」をチェックする

「Meta Quest 2」のメリット・デメリット

Meta Quest 2」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・解像度1,832×1,920ドットのLCDディスプレイが見やすい

Meta Quest 2」は解像度1,832×1,920ドットのLCDディスプレイを搭載。現実に近いリアルで高精細な映像が楽しめます。

一方、 「Mirage Solo」は解像度2560×1440ドットの IPS液晶を搭載、「Oculus Go」は5.5インチ、解像度 2560×1440ドットのLCD液晶を搭載、「Pico G2 4K」は5.5インチ、解像度解像度3840×2160ドットの液晶を搭載しています。

・PCゲーム&Steamゲームも遊べる

Meta Quest 2」はOculus Link機能でPCと接続することで対応するPCゲーム&Steamゲームも遊べるようになっています。

一方、 「Mirage Solo」、「Oculus Go」、「Pico G2 4K」はPCゲーム&Steamゲームはプレイできません。VRゲームはプレイできます。

・128/256GBストレージでアプリを大量に保存できる

Meta Quest 2」は128/256GBストレージを搭載。ゲームなどのアプリ(一本2GBほど)も大量に保存できます。

一方、 「Mirage Solo」は64GBストレージを搭載、「Oculus Go」は32/64GBストレージを搭載、「Pico G2 4K」は32GB UFS2.1ストレージを搭載しています。

・Oculus Questストア・Riftストアからアプリをダウンロードできる

Meta Quest 2」はOculus QuestストアとOculus Riftストアからアプリをダウンロードすることができます。

一方、 「Mirage Solo」はGoogle Playストア(Daydream対応のコンテンツ)に対応、「Oculus Go」はOculus Questストアのみ対応、「Pico G2 4K」はPico Store、VIVEPORTストアからのアプリダウンロードに対応しています。

・小型軽量デザインで頭からズレにくい

Meta Quest 2」は展開時サイズ191.5×102×295.5mmで、重さ503gの小型軽量デザインで、多少動いても頭からズレにくいというメリットがあります。

一方、 「Mirage Solo」はサイズ約204.01×269.5×179.86mmで重さ約645g、「Oculus Go」はサイズ190×105×115mmで重さ467g、「Pico G2 4K」はサイズ93 x 172 x 89mmで重さ276gになっています。

・6DoFに対応

Meta Quest 2」は体の前後・左右・上下の動きを認識する「6DoF」に対応しています。

一方、 「Oculus Go」と「Pico G2 4K」は3軸方向の回転だけを検出するトラッキング「3DoF」に対応しています。「Mirage Solo」は「6DoF」に対応しています。

・90リフレッシュレートに対応

Meta Quest 2」はアップデートすることで90リフレッシュレートに対応し、より滑らかに映像を再生できます。

一方、 「Oculus Go」は60Hzリフレッシュレートに対応しています。「Mirage Solo」と「Pico G2 4K」は75Hzリフレッシュレートに対応、しています。

デメリット

・Facebookのアカウントが必須

Meta Quest 2」はFacebookのアカウントが必須です。これがないと遊べません。

一方、 「Mirage Solo」、「Pico G2 4K」はFacebookのアカウントが不要で使用できます。

「Oculus Go」はFacebookのアカウントが必要です。

・常に2つのリモコンで操作しなければならない

Meta Quest 2」は寝転んで動作を視聴するときでも2つのリモコンコントローラーを持って操作しなければなりません。

一方、 「Mirage Solo」、「Oculus Go」、「Pico G2 4K」は一つのコントローラーで操作できます。

「Meta Quest 2」の販売・購入先

Meta Quest 2」は、

Amazonで36,950円(64GBモデル)、

楽天市場で59,400円(128GB・税込・送料無料)、

ヤフーショッピングで65,800 円(128GB・税込)、

ビックカメラで59,400円 (税込)、

米国 Amazon.comで$399.99、

で販売されています。

Amazonで「Meta Quest 2」をチェックする

楽天市場で「Meta Quest 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「Meta Quest 2」をチェックする

ビックカメラで「Meta Quest 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「Meta Quest 2」をチェックする

 

ビックカメラ.com

 

 

 

他のVRヘッドセットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「PICO 4」(VRヘッドセット)

★「Rokid Air」(ARグラス・視度調整・音声操作)

★「Nreal Air」(ARグラス)

★「Pico Neo3 Link

Mirage Solo

Oculus Go

Pico G2 4K

Oculus Rift S

Oculus Quest

VIVE Pro

Oculus Rift

Galaxy Gear VR

その他のおすすめ動画製品

その他のおすすめ動画製品は以下のページでまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

VRヘッドセットのおすすめはコレ!スマホ&PC用 全機種を比較

最新のVRヘッドセットをまとめて紹介しています。

スタンドアローン型のレアなVRヘッドセット おすすめ 比較

あまり知られていないレアなVRヘッドセットをまとめて紹介しています。

ディスプレイゴーグルでスマホ・PC画面を超巨大化

スマホ・PC画面を超巨大化するディスプレイゴーグルを紹介しています。

スマホ画面を巨大化する激安ミラキャスト ドングル まとめ

スマホ画面を巨大化するミラキャスト ドングルを紹介しています。

Android TV BOXが急激にハイスペック化! 最新 モデル 比較

Android TV BOXをまとめて紹介しています。