ディスプレイゴーグルでスマホ・PC画面を超巨大化


スマホ・PC画面を超巨大化するディスプレイゴーグルをまとめて紹介! 自宅・外出先で使えるプロジェクターも合わせて紹介しています。

ディスプレイゴーグルの特徴

ディスプレイゴーグル特徴についてまとめてみました。

動画・ゲームの迫力が大幅にアップ

ディスプレイゴーグルを装着することで、スマホやタブレット、パソコン、ゲーム機、DVDプレーヤーなどの画面を巨大化させることができます。画面サイズは24インチのディスプレイを使っていた場合でおよそ5倍に。動画視聴やゲームもこれまで以上に迫力がアップします。

狭い場所でも使える

ディスプレイゴーグルはプロジェクターのように一定の間隔を設ける必要がありません。そのため、狭い部屋の中でも大画面の映像を楽しむことができます。また、ゴーグルの上下に隙間があるモデルもあり、映像と周囲の状況を同時に見ながら作業することもできます。

ピント調整で眼鏡なしでも使える

ディスプレイゴーグルの中にはピント調整機能が利用できるものがあります。この機能を利用すると、ふだん眼鏡をかけている人でも眼鏡なしでクリアな映像を見ることができます。また、ディスプレイゴーグルの中には眼鏡をかけたまま使用できるものもあります。

ディスプレイゴーグル おすすめ 機種 一覧

ここではおすすめのディスプレイゴーグルをまとめて紹介していきます。

EYE THEATER FOCUS WFHDHDET

サンコーから発売されたmini HDMI対応したディスプレイゴーグルです。対応機器と接続することで、120インチの巨大なスクリーンで映像が楽しめます(4m離れた状態)。接続可能な機器はスマホやタブレット、iPhoneやiPad、パソコン、DVDプレーヤー、ゲーム機などHDMI対応機器(※変換アダプターが必要)。

解像度は1280×800ドットでピント調整機能付き。眼鏡をしたままでも装着できます。また、本体にバッテリーを内蔵。microUSBの電源に接続しながら使用することもできます。製品にはステレオイヤホンが付属します。

楽天市場で「EYE THEATER FOCUS WFHDHDET」をチェックする

ヤフーショッピングで「NoonVR PRO」をチェックする

Amazonで「NoonVR PRO」をチェックする

Avegant Glyph

microHDMI接続に対応したディスプレイゴーグルです。画面は24型液晶モニターが1メートル先に設置した状態と同じであまり大きくありませんが、画質が非常に良く、液晶ではありえない高コントラストの映像を楽しむことができます。

また、本体がヘッドホンのような形状で、装着後に視線の上下部分に隙間ができるため、画面とキーボードを同時に確認しながらタイピングすることもできます。本体にはバッテリーを内蔵し、4時間ほど駆動することが可能です。入力解像度は720pのみ。対応する機器はスマホやタブレット、iPhoneやiPad、パソコン、DVDプレーヤー、ゲーム機などHDMI対応機器(※変換アダプターが必要)になります。

Amazonで「Avegant Glyph」をチェックする

楽天市場で「Avegant Glyph」をチェックする

ヤフーショッピングで「Avegant Glyph」をチェックする

NEW ACCUPiX Mybud

HDMI接続に対応したディスプレイゴーグルです。接続後は100インチの迫力ある映像が楽しめます(4m離れた状態)。また、2Dを3Dに変える機能を搭載し、普通のDVDも3Dのような映像に変換することが可能です。ただし、解像度が852×480と低いため、細かい字などは見えません(※画質の発色は良好です)。

調整は画質の明るさ、音声の大小のみ。製品にはイヤホンが付属します。対応する機器はスマホやタブレット、iPhoneやiPad、パソコン、DVDプレーヤー、ゲーム機などHDMI対応機器(※変換アダプターが必要)になります。

Amazonで「NEW ACCUPiX Mybud」をチェックする

楽天市場で「DPVR」をチェックする

ヤフーショッピングで「DPVR」をチェックする

DPVR パーソナルシネマ 16GBモデル ブラック [DPVR-P1-16G]

価格:
27,500円

(2020/04/19 16:05時点 )

感想:1件

EPSON MOVERIO BT-30C

USB Type-C DP Alternate Mode対応のAndroidスマートフォンと接続できるディスプレイゴーグルです。接続すると、40インチほどの大画面で映像が楽しめます(2.5m離れた状態)。また、解像度1,280×720ドットのシリコンOLED(有機EL)ディスプレイを採用し、高コントラストで豊かな色彩表現が可能になっています。

そのほか、画面の明るさや音量調整、画面ロック(誤動作防止)などの操作ができるAndroid用アプリ「MOVERIO Link」も用意されています。本体の電源はスマートフォン側から供給し、バッテリーは非搭載です。なお、対応するスマートフォンはSONYのXperia 1、LGのG5、SamusungのGalaxy S10+、HuaweiのP20、ZonePone AR、HTC U11などハイスペックなスマートフォンになります。

Amazonで「EPSON MOVERIO BT-30C」をチェックする

楽天市場で「EPSON MOVERIO BT-30C」をチェックする

ヤフーショッピングで「EPSON MOVERIO BT-30C」をチェックする

BT-30C エプソン スマートグラス EPSON MOVERIO (モベリオ)

価格:
47,710円

(2020/04/19 15:53時点 )

感想:0件

GOOVIS

HDMI接続に対応したディスプレイゴーグルです。接続後は最大800インチの迫力ある映像が楽しめます。

また、ソニー有機ELマイクロディスプレイを採用。3147PPIの高解像(1920 x 1080 x 2のフルHD)な映像を出力することができます。
OSにはAndroid7.0を採用し、Netflix, Hulu, Youtube,amazon primeビデオなどのアプリも利用可能。WiFi接続でケーブル不要で使用することも可能です(※HDMIケーブルも使用可)。

そのほか、視度調整機能付きで、メガネがなくてもクリアな映像を楽しむことが可能(左右個別の調整が可能)。バッテリー内臓で最大5時間再生することもできます。対応する機器はスマホやタブレット、iPhoneやiPad、パソコン、DVDプレーヤー、ゲーム機などHDMI対応機器(※変換アダプターが必要)になります。

Amazonで「GOOVIS」をチェックする

楽天市場で「GOOVIS」をチェックする

ヤフーショッピングで「GOOVIS」をチェックする

ディスプレイゴーグルとプロジェクターの違い

ディスプレイゴーグルプロジェクターの違いについてまとめてみました。

プロジェクターの方が安い

ディスプレイゴーグルは小型軽量で場所を選ばずに使えるというメリットがありますが、その分価格が高くなってしまいます。プロジェクターは低価格でも性能が高いものが多いです。

プロジェクターの方が大画面

ディスプレイゴーグルでも100インチ以上の映像を出力できるものがありますが、中には100インチ以下のものもあります。プロジェクターの場合や最低でも100インチ以上で、200インチや300インチ以上が一般的になっています。

プロジェクターの方が目が疲れづらい

ディスプレイゴーグルは数メートル離れた状況で映像を見られますが、それでも目の負担は大きくなります。それに対してプロジェクターの場合は光が目に直接入ってこないため、その分目の負担は軽減できます。長時間 スマホやPCの画面を見たくない人にはプロジェクターの方をおすすめします。

プロジェクターおすすめ 機種 一覧

ここではおすすめのプロジェクターをまとめて紹介します。

VANKYO Leisure 470 HD

HDMI接続に対応した激安プロジェクターです。接続後は最大250インチの迫力ある映像が楽しめます。また、AndroidやiPhoneなどのスマートフォンと接続可能。Androidスマートフォンとの接続はWi-Fi経由のミラーリングと有線接続(MHL対応のみ・開発者オプションのデバッグモードをオン)の両方に対応します。

そのほか、輝度 4000ルーメン、コントラスト比 3500:1対応でで画質は想像以上にキレイだと評判です。3Wスピーカーを内蔵しているため、別途スピーカーを用意する必要もなく、臨場感のあるサウンドも楽しめます。

インターフェースはHDMIポート x 2、USBポート x 1、VGAポート x 1、AVポート x 1。スマートフォンの他にタブレット、パソコン、ゲーム機、DVDプレーヤー、Amazon Fire Stick TV、Chromecastにも接続できます。

Amazonで「VANKYO Leisure 470 HD」をチェックする

楽天市場で「VANKYO Leisure 470 HD」をチェックする

ヤフーショッピングで「VANKYO Leisure 470 HD」をチェックする

こちらもおすすめ

vankyo V600-NEW

HDMI / USB / VGA接続にに対応したプロジェクターです。2万円台の低価格ながらも最大300インチの迫力ある映像が楽しめます(※投写距離3m推奨)。また、明るさ6500ルーメン、コントラスト比 5000:1の最新LCD技術を採用し、部屋が明るいままでも映像をくっきりと鮮やかに投写することが可能。解像度は1920 x 1080ドットで 4KフルHDで(1080PフルHD)の出力にも対応します。

Amazonで「vankyo V600-NEW」をチェックする

楽天市場で「vankyo V600-NEW」をチェックする

ヤフーショッピングで「vankyo V600-NEW」をチェックする

Toumei C800S

HDMI接続に対応したモバイルプロジェクターです。接続後は最大150インチの迫力ある映像が楽しめます。また、OSにはAndroid 7.1を採用し、Google Playストアからアプリをダウンロードすることが可能。Youtube、Hulu、Netflixなどの動画アプリも利用できます。

そのほか、4200mAhバッテリーを内蔵し、連続で2.5時間の駆動が可能。Wi-Fiデュアルバンド、Bluetoothを利用した接続に対応するほか、Airplay 、Miracast 、DLNAを利用したミラーリングも利用できます。

Amazonで「Toumei C800S」をチェックする

楽天市場で「Toumei C800S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Toumei C800S」をチェックする

こちらもおすすめ

Anker Nebula Capsule

HDMI接続に対応したモバイルプロジェクターです。接続後は最大100インチの迫力ある映像が楽しめます。OSはAndroid 7.1で、YouTubeやAmazonプライム・ビデオ、Netflixなどのアプリで動画を視聴することが可能(ChromecastやGoogle Play ストアは非対応)。

解像度854×480ドット、輝度100ルーメン、DLPの先進的なIntelliBrightアルゴリズムにより、驚くほどクリアで鮮やかな映像を映し出します。通信はWi-Fi 802.11a/b/g/n、Bluetooth 4.0をサポート。360°全方位スピーカーも搭載し、音楽も快適に楽しめます。そのほか、バッテリー内蔵で、動画視聴で連続 4時間の駆動が可能。MicroUSB経由での充電にも対応します。

Amazonで「Anker Nebula Capsule」をチェックする

楽天市場で「Anker Nebula Capsule」をチェックする

ヤフーショッピングで「Anker Nebula Capsule」をチェックする

Z6 Polar Meets popIn Aladdin

HDMIとUSBの2系統出力に対応した小型プロジェクターです。接続語に180インチの大迫力映像が楽しめるようになっています。また、0.45型のDMDパネルを採用し、解像度1920×1080のフルHD出力が可能。3W×2の内蔵スピーカーを搭載し、Harman/Kardonチューニングによる高音質な音楽再生にも対応します。

そのほか、Android 6.0ベースの独自OSを搭載。クアッドコアプロセッサ、2GB メモリ、8GBストレージも搭載します。輝度は最大700ルーメンになります。

Amazonで「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」をチェックする

楽天市場で「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」をチェックする

ヤフーショッピングで「Z6 Polar Meets popIn Aladdin」をチェックする

そのほかのおすすめHMDは?

そのほかのおすすめHMD(ヘッドマウントディスプレイ)は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

VRヘッドセットのおすすめはコレ! スマホ&PC用 全機種を比較

人気の高い最新VRヘッドセットをまとめて紹介しています。

スタンドアローン型のレアなVRヘッドセット おすすめ 比較

Android OSを搭載したレアなVRヘッドセットをまとめて紹介しています。