「SOYES XS」レビュー以上に使える3インチの極小スマホ


AmazonでAndroid 6.0を搭載した3.0型のスマートフォン「SOYES XS」が販売されている。3インチの極小スマホとして注目の製品。前モデルの「Soyes 7S」から大幅に性能が強化された。

手のひらよりも小さい「SOYES XS」は意外と使える

「SOYES XS」は決してハイスペックなスマホではない。MediaTek MTK6737 クアッドコア CPUと2 GB RAMの組み合わせはエントリークラスのスマホに相当し、1580mAhバッテリーは他のスマホと比べて圧倒的に少ない容量だといえるだろう。

しかし、3インチのスマホには4インチ以上のスマホにはないメリットも数多くあり、そのことを考慮すると一概に低スペックなスマホとして切り捨てるわけにはいかない。

手のひらよりも小さいボディの重さはわずか100gで、シャツのポケットにも余裕で入るサイズ。バッグに入れる必要もなく、いつでもどこでも気軽に取り出してメールやSNSをチェックできる。また、ボディが小さいため、さっと取り出して写真や動画を撮るのもラク。ウォークマン代わりにストリーミング音楽を楽しむこともできる。

「SOYES XS」は2.54インチの「Soyes 7S」、2.45インチの「Jelly Pro」など、2〜3インチ程度のスマホの中では比較的性能が高く、使い勝手に優れる面もある。その詳細は後で詳しく説明しよう。

SOYES Technologyの公式サイトはこちら

極小サイズのスマホ  まとめ記事こちら

3インチの極小Androidスマホ「SOYES XS」

SOYES XS」はAndroid 6.0を搭載した3.0型のスマートフォン。厚さ10 mmのボディにMediaTek MTK6737 クアッドコア CPUと2 GB RAMを搭載。解像度480×854 ピクセルの液晶や1580mAhバッテリー、16GBストレージ、背面500万画素、前面500万画素カメラを搭載。4Gと2GのSIMを同時に挿せる「DSSS」、デザリング、USB Type-C接続にも対応している。

非公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・操作・写真撮影の様子が分かる

Amazonで「SOYES XS」をチェックする

AliExpressで「SOYES XS」をチェックする

「SOYES XS」のスペック  一覧

  • ディスプレイ  3.0インチ、解像度480×854 ピクセルの液晶
  • プロセッサ  MediaTek MTK6737 クアッドコア 1.1G
  • GPU  Mali T720 MP2
  • RAM(メモリ)2 GB
  • ストレージ 16GB
  • 外部ストレージ micro SDカードで最大64GBまで増設可能
  • バッテリー 1580mAh
  • 背面カメラ 500万画素
  • 前面カメラ 500万画素
  • インターフェース  USB Type-C
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0
  • OS Android 6.0
  • サイズ  91mm×47mm×10 mm
  • 重量 100 g
  • カラー ホワイト、ブラック
  • SIMカードサイズ Nano SIM+Micro SIM
  • 対応バンド  4G LET B1 / B8 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41、2G 900 / 1800

「SOYES XS」のベンチマーク

SOYES XS」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「35785」、CPUで「19938」、GPUで「1521」、MEMで「3257」、UXで「11069」。

「SOYES XS」 のスペックを「Soyes 7S」と比較

以下、「SOYES XS」の詳細なスペック情報を、前モデルの「Soyes 7S」と比較しながら掲載していきます。

ディスプレイを比較

SOYES XS」のディスプレイは3.0インチ、解像度480×854 ピクセルの液晶を搭載。画面は小さいが、ベゼル幅が狭いため比較的見やすい。また、高精細ではないものの、発色は良く快適にアプリを使用できる。

なお、前モデルの「Soyes 7S」は2.54インチで解像度は240×432ピクセル。3点マルチタッチに対応していた。

プロセッサ・メモリ・グラフィックを比較

SOYES XS」のプロセッサはMediaTek MTK6737 クアッドコア 1.1G 、RAMは2 GB を搭載。28 nmプロセスで製造された64ビット対応の4コアプロセッサで、最大1.3GHzの周波数で駆動。

グラフィック(GPU)はMali T720 MP2を採用し、YouTube動画を滑らかに再生する(※もちろん、FacebookやTwitter、LINEなどのSNS系アプリも快適に動作する)。

なお、前モデルの「Soyes 7S」は32ビットのMediaTek MTK6580 クアッドコアCPUと、1GB RAM、Mali-400 GPUを採用していた。

バッテリーを比較

SOYES XS」のバッテリー容量は1580mAh。4G LET通信で使用すると、一日持たないレベル。一日もたすためには4G LET通信をOFFにして2Gの通話のみで使用するしかない。モバイルバッテリーは携帯した方が良い。充電時間は3時間ほど。

ストレージ容量を比較

SOYES XS」のストレージ容量は16GBで、micro SDカードで最大64GBまで増設できる。

なお、前モデルの「Soyes 7S」はバッテリー容量が600mAhで、ストレージ容量が8GBだった。

カメラを比較

SOYES XS」のカメラは背面500万画素、前面500万画素。

手ブレ補正、顔検出、スマイルショット、自動シーン検出、セルフタイマー、オートフォーカス、フラッシュ、タッチフォーカス、HDR、パノラマ、ジオタグなどの機能が利用できる。

なお、前モデルの「Soyes 7S」のカメラは背面500万画素、前面30万画素だった。

通信・対応バンドを比較

SOYES XS」の通信は4G、2Gに対応。

対応バンド・ネットワーク(周波数)は 4G LET B1 / B8 / B34 / B38 / B39 / B40 / B41、2G 900 / 1800。

SIMカードサイズはNano SIM+Micro SIM。MicroSim側がSimスロット1、NanoSim側がSimスロット2として認識され、MicroSim側のSimスロット1だけが4G LETに対応する。

Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0もサポートする。

なお、なお、前モデルの「Soyes 7S」は3G(4G HSPA+をサポート)と2Gに対応していた。

格安SIMは使えるの?

SOYES XS」はドコモ、ソフトバンク、ワイモバイルの通信網に対応。楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなどの格安SIMも利用できる。なお、通信は途中で途切れることはないことを確認済み。

インターフェースを比較

SOYES XS」のインターフェースは USB Type-C。イヤホンはBluetoothでワイヤレス接続して使用する。また、本体下部にスピーカーも内蔵する。搭載センサーは加速度計。

なお、前モデルの「Soyes 7S」のインターフェースはMicroUSB2.0、micro SDカードスロット、3.5mmイヤホンジャックだった。

「SOYES XS」の魅力

SOYES XS」にはどのような魅力があるのだろうか? スペックや機能、2.54インチの「Soyes 7S」、2.45インチの「Jelly Pro」と比較しながら、その魅力を探っていきたい。

Jelly Proよりも液晶サイズが大きい

SOYES XS」には3.0インチ(解像度480×854)の液晶が搭載されており、2.54インチの「Soyes 7S」、2.45インチの「Jelly Pro」よりも見やすくなっている。2.45インチの場合は文字入力がかなりきつくなるが、3インチは意外なほど快適に文字入力できる。LINEやTwitterなどの文字も2.45インチのスマホよりも見やすい。

大容量1580mAhバッテリーを搭載している

SOYES XS」には大容量1580mAhバッテリーが搭載されている。これは4G LET通信で使用すると一日持たないレベルだが、2Gの通話のみで使用するとガラケー携帯並みに長持ちする。そもそも3インチサイズのスマホは主な用途が「通話」なことがほとんど。4G LET通信は必要なときだけONにすればいい。なお、「Jelly Pro」の場合は950mAhバッテリー搭載で、交換可能。前モデルの「Soyes 7S」はバッテリー容量が600mAhしかなかった。

前面にも500万画素カメラを搭載している

SOYES XS」には背面だけでなく前面にも500万画素カメラが搭載されている。高精細な写真は無理なものの、ちょっとしたセルフィー写真やプロフィール用の写真撮影なら十分活用できる。前モデルの「Soyes 7S」の前面カメラは30万画素で、「Jelly Pro」は前面200万画素カメラ。いずれもセルフィー写真やプロフィール用の写真撮影は無理だったことを考えると、「SOYES XS」はカメラ性能において使いやすくなっていることが分かる。

64ビット対応クアッドコアCPUで快適に動作する

SOYES XS」にはMediaTek MTK6737 クアッドコアCPUと2 GB RAMが搭載されており、「Jelly Pro」とほぼ同じスピードで動作する。前モデルの「Soyes 7S」は32ビットのMediaTek MTK6580 クアッドコアCPUと1GB RAM搭載だったため、動作スピードは遅く使いづらい面もあった。「SOYES XS」はパワフルに動作するわけではないが、YouTube動画もスムーズに動作し、軽いゲームであれば問題なく動作するようになっている。

USB Type-Cで高速転送できる

SOYES XS」にはUSB Type-Cポートが搭載されており、高速なデータ転送と大電力の供給が可能になっている。前モデルの「Soyes 7S」と「Jelly Pro」はmicro USBポートであるため、「SOYES XS」と比べるとデータ転送の速度が遅い。充電スピードも「SOYES XS」の方が速く、フル充電までに時間がかからない。USB Type-Cポートを搭載したパソコンとのデータのやり取りも「SOYES XS」の方がスムーズに行える。

ただし、「Jelly Pro」は4G、3G、2Gの全てに対応し、5GHzの高速Wi-Fi通信も利用できる。また、交換可能なバッテリーやジャイロスコープセンサーも搭載しているなど、「SOYES XS」にはないメリットも存在する。Android7.0で使えるというメリットもある。

「SOYES XS」の価格は?

SOYES XS」は、

Amazonで11,900円、

AliExpressでUS $73.88 – 100.79、

で販売されています。

Amazonで「SOYES XS」をチェックする

AliExpressで「SOYES XS」をチェックする

「SOYES XS」のセール・クーポン情報は?

 

SOYES XS」のセール・クーポン情報はまだありませんが、大規模なセール期間中にクーポンが配布され、さらに安くなることがあります。頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。

 

AliExpressセールでSOYESスマホが激安価格に!

AliExpressセールでSOYESスマホが激安価格になっています。「SOYES XS」はUS $73.88 – 100.79の大幅値下げ中です。