爆速で超高速「motorola edge 40」5Gスマホの性能を解説!

motorola edge 40 top
爆速で超高速「motorola edge 40」5Gスマホの性能を解説!Antutuベンチマークやゲーミング性能、カメラ性能、評価も合わせて紹介します。

※2024年5月24日、「motorola edge 40 neo」が発売されました。

※本ページはプロモーション(広告)を含んでいます。

「motorola edge 40」の特徴

motorola edge 40 main

2023年7月6日、日本で 中国 Lenovo傘下 のmotorola(モトローラ)が開発した「edge 40」が発売されました。

Dimensity 8020を搭載した高性能なSIMフリー スマートフォンです。

モトローラからは2022年6月にSnapdragon 8 Gen 1を搭載した「edge30 PRO」が発売され、

これまでにないほど超高速で動作するハイエンドなスマートフォンとして話題になりました。

新モデルは前モデルの性能を受け継ぎつつ、さらに高性能でコスパが高いと評判になっています。

もちろん、国内版なのでおサイフケータイ (Felica)とIP68相当の防水・防塵も使えますよ。

それでは早速、どんな特徴があるのか、確認していきましょう。

6.55の有機EL液晶・リフ144Hz・68W急速充電

motorola edge 40」は6.55インチで解像度2400 x 1080 pxのpOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。アスペクト比 20:9、最大 輝度 1200 nitの明るくワイドなフルHD+液晶で、高コントラストで見やすいHDR10+や豊かな色再現が可能なDCI-P3にも対応しています。

また、リフレッシュレート 144Hzに対応し、より滑らかな映像再生が可能。タッチサンプリングレート 360Hzに対応し、より高速なタッチ入力も利用できます。

そのほか、4400mAh バッテリーを搭載し、一度の充電で330時間の駆動が可能。TurboPower チャージャーによる68W急速充電とQi対応の15Wワイヤレス充電も利用できます。

Dimensity 8020・8GB+256GB・Android 13

motorola edge 40」はMediaTek Dimensity 8020 オクタコア プロセッサを搭載。6nmプロセスで製造された8コア、最大2.6GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約70万を記録し、人気ゲーム「原神」も快適に動作します。

また、8GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作。ストレージは高速なUFS3.1規格で、256GBを搭載しています(※microSDカードは利用できません)。

そのほか、Android 13 OSを搭載。テーマ別の新しいアイコンデザイン、不要なアプリもすぐに停止できる新しいクイック設定、音楽でデザインが変化する新しいメディアコントロール機能、アプリごとの言語設定などの新機能が利用できるようになっています。

50MP 2眼カメラ・ステレオスピーカー・FeliCa & 防水

motorola edge 40」は背面に50MP+13MPの2眼カメラを搭載し、高速オートフォーカス「PDAF」、光学手ブレ補正、超高解像度 ポートレート、自動ナイトビジョン、4K動画撮影などの機能を利用できます。

前面カメラは32MPで、デュアル撮影やポートレート、スポットカラー、フェイスビューティーなどの機能を利用できます。

また、ステレオスピーカー搭載で、Dolby Atmosによる臨場感のあるサウンドを再生することが可能。Bluetooth 5.2によるワイヤレス再生も利用できます。

そのほか、NFC (FeliCa)対応でおサイフケータイによるキャッシュレス決済が利用可能。IP68防水防塵に対応するほか、デザリング、Google アシスタント、Wi-Fi 6による超高速で安定した通信、物理カードを必要としないeSIM、5G通信、セキュリティ機能「ThinkShield」にも対応しています。

公式ページ: 耐水性スマートフォン | motorola edge 40 | motorola JP 

Antutuベンチマークを比較

motorola edge 40」は6nmプロセスで製造された8コア、最大2.6GHz駆動のMediaTek Dimensity 8020 オクタコア プロセッサを搭載し、Antutu V10 ベンチマーク総合で約70万 前後を記録しています。

Antutu総合で約700,000

例: Antutu V10 総合で「674175」、CPUで「161019」、GPUで「232340」、MEMで「131585」、UXで「149231」。

例:Antutu V10 総合で「675325」、CPUで「193896」、GPUで「164395」、MEMで「150405」、UXで「166629」。

<CPU> MediaTek Dimensity 8020

同じプロセッサを搭載するスマートフォンはまだありません。

他のCPUと比較

Google Tensor G2搭載の「Google Pixel 7a」と比較すると、スコアが約3万低くなります。

1.Google Tensor G2・・・Antutu 総合で「788985」、CPUで「205532」、GPUで「317549」、MEMで「129424」、UXで「136480」

Snapdragon 8+ Gen 1搭載の「POCO F5 Pro」と比較すると、スコアが約34万低くなります。

2.Snapdragon 8+ Gen 1・・・AnTuTu V9.5 総合で「1063241」、CPUで「237606」、GPUで「469250」、MEMで「179542」、UXで「176843」。

Snapdragon 778G+搭載の「Nothing Phone (1)」と比較すると、スコアが約17万高くなります。

3.Snapdragon 778G+・・・Antutu 総合で「586239」、CPUで「165708」、GPUで「177952」、MEMで「113169」、UXで「129410」

ゲーミング性能

Qualcomm Snapdragon 865 (Antutu 72万)に近い性能を持っているため、ゲーミング性能もほぼ同じになります。

各ゲームタイトルのフレームレートを測定すると、以下のようになります。

原神 Genshin Impact・・・60 FPS

PUBG Mobile・・・60 FPS

Call of Duty: Mobile・・・61 FPS

フォートナイト Fortnite・・・30 FPS

World of Tanks Blitz・・・60 FPS

Mobile Legends: Bang Bang・・・59 FPS

原神」は画質「低」設定なら60 FPSで動作します。画質「中 」以上設定に変えると、40FPS 前後で動作します。画質「上」は30 FPS になるので、あまりおすすめはしません。

総合的な性能

性能的には負荷の高いAndroidの3Dゲームや動画編集アプリもサクサクと快適に動作します。

また、PS2を含めてPSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

もちろん、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

「motorola edge 40」のスペック

  • ディスプレイ 6.55インチ、解像度2400 x 1080 pxのpOLED(有機EL)
    ※20:9/FHD+/402ppi/最大輝度 1200nit/HDR10+/8-bit/DCI-P3
  • リフレッシュレート 144Hz
  • タッチサンプリングレート 360Hz
  • プロセッサ MediaTek Dimensity 8020
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.6GHz
  • CPU Arm Cortex-A78 @ up to 2.6GHz + Cortex-A55 @ up to 2GHz
  • GPU Arm Mali-G77 MC9
  • RAM(メモリ)8GB LPDDR4X
  • ストレージ 256GB UFS3.1
  • バッテリー 4400 mAh
  • 駆動時間 330時間
  • 充電 68W急速充電(TurboPowerチャージャー対応)、15Wワイヤレス充電 (Qi対応)
  • 背面カメラ 50MP+13MP
  • 前面カメラ 32MP
  • ワイヤレス通信 Wi-FI 6 (802.11a/b/g/n/ac/ax 2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.2、GPS (GPS A-GPS GLONASS Galileo)
  • NFC FeliCa、おサイフケータイに対応
  • テザリング 対応
  • インターフェース USB Type-C (USB 2.0)
  • センサー 近接センサー、環境照度センサー、加速度計、ジャイロセンサー、eコンパス
  • スピーカー Dolby Atmos対応のステレオスピーカー
  • マイク 内蔵
  • 防水防塵 IP68
  • 音声認識 Google アシスタント
  • 筐体 フロント:曲面3Dガラス (56°)、指紋防止コーティング フレーム:サンドブラストアルミニウム 背面:曲線形インレイ。 ヴィーガンレザー加工(イクリプスブラック)・マットアクリル(ルナブルー)
  • 生体認証 指紋認証、顔認証
  • セキュリティ ThinkShield (マルウェアやフィッシングなどの脅威から保護)、Moto Secure
  • OS Android 13
  • サイズ イクリプスブラック 約158.43mm x 71.99mm x 7.58mm(最薄部)、ルナブルー 約158.43mm x 71.99mm x 7.49mm(最薄部)
  • 重量 イクリプスブラック 約171g、ルナブルー 約167g
  • カラー ルナブルー、イクリプスブラック
  • 附属品 TurboPower 68Wチャージャー、USB Type-Cケーブル、ガイド類、LG(法令/安全/規制)、SIM取り出しピン、背面保護カバー
  • SIMカード eSIM、Nano SIM(デュアルSIM/DSDV)

対応バンド

motorola edge 40」は5G通信に対応しています。

SIMフリー仕様なので、楽天モバイルやauのSIMも利用できます。

SIMはNanoSIMと物理的なカードを必要としないeSIMに対応しています。

対応バンドは以下の通りです。

5G: n1/n3/n28/n41/n77/n78
4G: LTE B1/B2/B3/B4/B7/B8/B11/B12/B17/B18/B19/B26/B28/B38/B39/B40/B41/B42
3G: W-CDMA B1/B2/B4/B5/B8

5G通信はSub-6に対応しています。Sub-6はn78(国際的に主要な5G通信の周波数帯)、n79(ドコモのみが対応している周波数帯)の2つがありますが、その両方に対応しています。

4Gの対応バンドは豊富で、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au、楽天モバイル回線に対応しています。

ただし、モバイル通信を利用するには、自分のSIMがスマホ側のバンドに対応している必要があります。

こちらのページで対応しているかどうかを確認できます。

ドコモ、ソフトバンク、au、楽天モバイル回線の「対応バンド」を詳細にチェック! – 秋葉原ぶらり

カメラ性能

motorola edge 40」は、背面カメラは50MP(f/1.4)+13MP (超広角)の2眼構成で、光を多く取り込んで明るく映すクアッドピクセルテクノロジーに対応しています。

カメラの仕様

背面カメラ 50MP(f/1.4)+13MP (超広角)
前面カメラ 32MP (f/2.4)
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応

機能面ではOmni-directional PDAF、光学手ブレ補正、超高解像度 ポートレート(24mm/35mm/50mm) 、プロ (長時間露出可能) 、360°パノラマ ナイトビジョン などが利用できます。

背面カメラの機能

クアッドピクセルテクノロジー、Omni-directional PDAF、光学手ブレ補正、超高解像度 ポートレート(24mm/35mm/50mm) 、プロ (長時間露出可能) 、360°パノラマ ナイトビジョン 、デュアル撮影 、スキャン 、スポットカラー 、AI: 自動スマイルキャプチャ^10 、Google レンズ™連携 、スマート構図 、撮影の最適化 、自動ナイトビジョン、その他の機能: 連射 タイマー 補助グリッド 水平マーカー メータリングモード 透かし RAW写真出力 QR/バーコードスキャナー HDR 超解像ズーム アクティブフォト ライブフィルター クイック撮影

前面カメラは32MP (f/2.4)のシングル構成で、タイムラプス (ハイパーラプス可能)、ポートレート、スポットカラー、ナイトビジョン(ポートレート)などの機能が使えるようになっています。

前面カメラの機能

(前面)クアッドピクセルテクノロジーデュアル撮影、タイムラプス (ハイパーラプス可能)、ポートレート、スポットカラー、ナイトビジョン(ポートレート): その他の機能: 手ぶれ補正機能 フェイスビューティー ビデオスナップショット ライブフィルター 外部マイクサポート

動画撮影は背面と前面の両方で4K UHD (30fps)に対応し、スローモーション撮影(240/120fps)や手ぶれ補正機能、ビデオスナップショット、ライブフィルター、オーディオズームも利用できます。

動画撮影の機能

動画撮影(背面) 4K UHD (30fps)、FHD (60/30fps) スローモーション: FHD (240/120fps) 超広角/マクロ: 4K UHD (30fps)、FHD (30fps)、タイムラプス (ハイパーラプス可能) スローモーション ポートレート デュアル撮影 マクロ スポットカラー その他の機能: 手ぶれ補正機能、ビデオスナップショット、ライブフィルター、オーディオズーム、外部マイクサポート(前面)4K UHD (30fps)、FHD (30fps) ポートレート動画: HD (30fps)

「motorola edge 40」のメリット

motorola edge 40」のメリットを紹介します。

6.55の有機ELでHDR10+、DCI-P3対応

motorola edge 40」は6.55インチで解像度2400 x 1080 pxのpOLED(有機EL)ディスプレイを搭載。アスペクト比20:9、大輝度 1200nitの明るくワイドなフルHD+液晶で、高コントラストで見やすいHDR10+や豊かな色再現が可能なDCI-P3にも対応しています。

一方、「Google Pixel 7a」は6.1インチで解像度1080×2400 pxのOLED(有機EL)ディスプレイを搭載しています。「POCO F5 Pro」は6.67インチで解像度3200 x 1440 pxのAMOLEDディスプレイを搭載しています。「Nothing Phone (1)」は6.55インチで解像度2400×1080pxのフレキシブルOLED (有機EL)液晶を搭載しています。

リフレッシュレート 144Hzとタッチ360Hz対応

motorola edge 40」はリフレッシュレート 144Hzに対応し、より滑らかな映像再生が可能です。また、タッチサンプリングレート 360Hzに対応し、より高速なタッチ入力も利用できます。

一方、「Google Pixel 7a」はリフレッシュレート最大90Hzに対応しています。「POCO F5 Pro」はリフレッシュレート 120Hzとタッチサンプリングレート 最大480Hzに対応しています。「Nothing Phone (1)」はリフレッシュレート最大120Hzとタッチサンプリングレート240GHzに対応しています。

8GB LPDDR4Xメモリでスムーズに動作

motorola edge 40」は8GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「Google Pixel 7a」は8GB LPDDR5メモリ搭載でスムーズに動作します。「POCO F5 Pro」は8/12GB LPDDR5メモリ搭載で最大13~19GB まで拡張できます。「Nothing Phone (1)」は8GB LPDDR5メモリ搭載でスムーズに動作します。

高速な256GB UFS3.1ストレージで快適

motorola edge 40」は高速なUFS3.1規格のストレージを256GB 搭載しています。読み取り速度が速くて快適に利用できます。

一方、「Google Pixel 7a」は高速なUFS 3.1規格のストレージを128GBを搭載しています。「POCO F5 Pro」は高速なUFS3.1規格のストレージを128/256GB/512GB搭載しています。「Nothing Phone (1)」は 128/256GBストレージを搭載しています。

4400 mAhで68W急速充電・15Wワイヤレス

motorola edge 40」は4400mAhバッテリーを搭載し、一度の充電で330時間の駆動が可能。TurboPowerチャージャーによる68W急速充電とQi対応の15Wワイヤレス充電も利用できます。

一方、「Google Pixel 7a」は4385 mAhバッテリー搭載でワイヤレス充電、急速充電に対応しています。「POCO F5 Pro」は5160 mAhバッテリー搭載で、30Wワイヤレス充電、67W急速充電に対応しています。「Nothing Phone (1)」は4500mAhバッテリー搭載で33W急速充電、15Wワイヤレス充電、5Wリバースチャージに対応しています。

Wi-FI 6、Bluetooth 5.2、GPSに対応

motorola edge 40」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応しています。また、Bluetooth 5.2、GPSも利用できます。

一方、「Google Pixel 7a」はWi-Fi 6eとBluetooth 5.3、GPSに対応しています。「POCO F5 Pro」はWi-Fi 6とBluetooth 5.3、GPSに対応しています。「Nothing Phone (1)」はWi-Fi 6、Bluetooth 5.2、GPSに対応しています。

5G通信に対応

motorola edge 40」は5G通信に対応し、わずか数秒で動画ファイルをダウンロードできます。

一方、「Google Pixel 7a」、「POCO F5 Pro」、「Nothing Phone (1)」は5G通信に対応しています。

おサイフケータイ (Felica)に対応

motorola edge 40」はNFC (FeliCa)対応でおサイフケータイによるキャッシュレス決済が利用できます。

一方、「Google Pixel 7a」はNFC(Felica)対応でおサイフケータイによるキャッシュレス決済が利用できます。「POCO F5 Pro」はおサイフケータイに対応していません。「Nothing Phone (1)」はディスプレイ内指紋認証に対応し、画面にタッチするだけで安全かつスピーディにログインできます。

Dolby Atmosのステレオスピーカーで音がいい

motorola edge 40」はステレオスピーカー搭載で、Dolby Atmosによる臨場感のあるサウンドを再生できます。

一方、「Google Pixel 7a」はステレオスピーカー搭載で高音質なサウンドを再生できます。「POCO F5 Pro」はデュアル スピーカー搭載で、Dolby Atmosに対応した臨場感のあるサウンドが楽しめます。「Nothing Phone (1)」はデュアルステレオスピーカー搭載で高音質なサウンドが楽しめます。

IP68防水防塵に対応

motorola edge 40」はIP68の防水防塵に対応し、深さ1.5mまでの水没に30分耐えられるほか、埃を完全にシャットアウトすることもできます。

一方、「Google Pixel 7a」はIP67防水防塵と耐傷に対応しています。「POCO F5 Pro」と「Nothing Phone (1)」はIP53の防滴に対応し、雨や水しぶきに耐えることができます。

指紋認証と顔認証に対応

motorola edge 40」は指紋認証と顔認証に対応し、安全かつスピーディにログインできます。

一方、「Google Pixel 7a」はディスプレイ内指紋認証、顔認証に対応しています。「POCO F5 Pro」は画面内指紋認証、AI顔認証に対応しています。「Nothing Phone (1)」はディスプレイ内指紋認証に対応しています。

厚さ7.58mm、重さ約171gの薄型軽量デザイン

motorola edge 40」は厚さ7.58mm、重さ約171gの薄型軽量デザインで、ルナブルー、イクリプスブラックの2色カラーを用意しています。

一方、「Google Pixel 7a」は厚さ9.0mmで重さ193.5gの薄型軽量デザイン・4色カラーを用意しています。「POCO F5 Pro」は厚さ8.59mmで重さ204gの薄型軽量デザインで、ブラック、ホワイトの2色カラーを用意しています。「Nothing Phone (1)」は厚さ8.3mmで重さ193.5gの薄型軽量デザインで、ホワイト、ブラックの2色カラーを用意しています。

Android 13の新機能が使える

motorola edge 40」はAndroid 13搭載で新機能も使えるようになっています。

Android 13には、

テーマ別アイコンデザイン(サードパーティ製アプリを含む)、クイック設定の変更(ボタンの位置変更・タイル数の増加・不要な実行中アプリを停止)、ホーム画面のカスタマイズ、メディアコントロール(音楽でデザインが変化)、テキストのコピーツール、アプリごとの言語設定、おやすみ時間モードのカスタマイズ(設定項目が増加)、「バイブレーションとハプティクス」(通話のバイブレーションなどの設定項目が追加)、

通知の制御(ユーザーに許可を求める)、クリップボード履歴の自動消去、特定の写真や動画のみにアクセスを許可、空間オーディオ、Bluetooth LE Audio(音楽を他のユーザーと共有)、Chromebookとの連携、端末間でコピー&ペースト、タブレットのマルチタスク、手のひらとスタイラスペンの別タッチ登録

などの機能が追加されています。

一方、「Google Pixel 7a」はOSにAndroid 13を採用し、5年間のセキュリティ アップデートが提供されます。また、Android 13の新機能も利用できます。「POCO F5 Pro」はAndroid 13ベースのMIUI 14 for POCOを搭載し、新機能も使えるようになっています。「Nothing Phone (1)」はAndroid 12ベースのNothing OSを搭載しています。

「motorola edge 40」のデメリット

motorola edge 40」のデメリットを紹介します。

メモリを拡張できない

motorola edge 40」は仮想メモリ機能でメモリ容量を増やすことができません。

一方、「POCO F5 Pro」は最大13~19GBまでメモリ容量を増やせます。「Google Pixel 7a」と「Nothing Phone (1)」はメモリ容量を増やすことができません。

microSDカードが使えない

motorola edge 40」はmicroSDカードのスロットがないため、microSDカードでストレージ容量を増やすことができません。

一方、「Google Pixel 7a」、「POCO F5 Pro」、「Nothing Phone (1)」もmicroSDカードでストレージ容量を増やせません。

「motorola edge 40」の評価

motorola edge 40」の評価を紹介します。

スペック:★★★★★

通信:★★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2022年4月に発売された「motorola edge30 PRO」の後継モデルになります。OSをAndroid 12からAndroid 13に変更し、スペックも強化されています。

プロセッサはMediaTek Dimensity 8020で、Antutuベンチマーク総合で約70万ほど。前モデルが搭載していたSnapdragon 8 Gen 1よりも低いスコアですが、Google Tensor G2搭載の「Google Pixel 7a」とほぼ同じくらいのスコアになり、かなりパワフルに動作します。

また、8GBメモリ、256GB UFS3.1ストレージ、4400 mAhバッテリーを搭載。おサイフケータイやテザリング、Wi-Fi 6、68W急速充電、15Wワイヤレス充電に対応するなど、「Nothing Phone (1)」にも負けないぐらい機能性に優れています。

そのほか、背面に50MP+13MPカメラ、前面に32MPカメラを搭載しており、4K画質でブレの少ない動画撮影も利用可能。リフレッシュレート 144Hzやタッチサンプリングレート 360Hzに対応するなど、操作性も優れています。

motorola edge 40」の発売時の価格は64,800円。

Snapdragon 8+ Gen 1搭載の「POCO F5 Pro」よりも約1~2万円ほど安い価格で非常にお買い得。パワフルに動作するハイスペックなAndroid 13スマホを探している人におすすめします。

「motorola edge 40」の価格・販売先

motorola edge 40」は、

Amazonで52,700円 (税込・PAY50000JP/A)、

楽天市場で51,891円(送料無料)、

ヤフーショッピングで51,597円、

モトローラ公式ストアで64,800円(税込)、

米国 Amazon.comで $454.50 (日本円で約67860円)、

で販売されています。

Amazonで「motorola edge 40」をチェックする

楽天市場で「motorola edge 40」をチェックする

ヤフーショッピングで「motorola edge 40」をチェックする

モトローラ公式ストアで「motorola edge 40」をチェックする

米国 Amazon.comで「motorola edge 40」をチェックする

 

他のモトローラ スマホと比較

他にもモトローラのスマートフォンが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Motorolaスマホ 日本でシェアを拡大 全機種 ラインナップ まとめ

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ

超ハイスペックなスマホをまとめて紹介しています。

5万円台のハイスペックスマホ ラインナップ 機種 一覧

5万円前後のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

2万円前後のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

<ゲーミングスマホ>

最強ゲーミングスマホの本当の選び方・最新 比較