「Blackview Tab 8 WiFi」は超激安か? 最新の低価格タブレットと徹底 比較!


2023年5月に発売された「Blackview Tab 8 WiFi」と最新の低価格タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年11月、10.1型「Blackview Tab 80」(T606)が発売されました。

※2023年6月12日、「Blackview Tab 11 WiFi」(MT8183) が発売されました。

「Blackview Tab 8 WiFi」の特徴

Blackview Tab 8 WiFi」の特徴をまとめてみました。

HD IPS液晶・ワイヤレス投影・6580mAhバッテリ

Blackview Tab 8 WiFi」は10.1インチで解像度1280 x 800ドットのIPSディスプレイを搭載。アスペクト比16:9、輝度300nitの明るくワイドな画面で、動画も快適に視聴できます。また、Wi-Fiディスプレイに対応し、テレビやモニターにタブレットの画面をワイヤレスで映し出すことが可能。画面分割モードで複数のアプリを同時に使うこともできます。そのほか、6580mAhバッテリーを搭載し、ビデオ再生で5.5時間、Webで6.4時間駆動することが可能。Tyep-Cポートを介した10W充電も利用できます。

RK3566・最大7GBメモリ・最大128GBストレージ

Blackview Tab 8 WiFi」はRockchip RK3566プロセッサを搭載。12nmプロセスで製造された4コア最大1.8GHz駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約10万を記録しています。また、4GBメモリを搭載し、合計で最大7GBまで拡張することが可能。ストレージは64GB/128GBで、別売のmicroSDカード最大1TBまで拡張できます。

そのほか、Android 12ベースの Doke OS 3.0を搭載し、Google Playストアが利用可能。ゲームモードやスマートフローティングウインドウ、マルチレイヤーダークモード、コールドルーム(使わないアプリをフリーズさせる)、ノート機能などの機能も利用できます。

13MP/8MPカメラ・Wi-Fi 6・PCモード

Blackview Tab 8 WiFi」は背面に13MPカメラを搭載し、オートフォーカスフラッシュ撮影が利用可能。前面には8MPカメラを搭載し、HDビデオ通話が利用できるようになっています。また、Wi-Fi 6の高速で安定したインターネット接続が可能。Bluetooth 5.0対応で、マウスやキーボードなどのワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

そのほか、PCモードに対応し、デスクトップPCのように複数のウインドウを開いて作業することが可能。ペアレントコントロール機能や顔認証デュアルスピーカーによる高音質な再生も利用できます。

公式ページ: Blackview Pad | Blackview 

価格を比較

Blackview Tab 8 WiFi」と「UMIDIGI G3 Tab」、「OSCAL Pad 60」、「Teclast P25T」(2023)の価格を比較してみました。

「Blackview Tab 8 WiFi」

Blackview Tab 8 WiFi」は、Amazonで13,899円 (64GBモデル・税込・1999円 OFFクーポン付き・128GBモデルは14,900円+1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で15,900円(送料無料)、ヤフーショッピングで15,640円(送料無料)、米国 Amazon.comで $84.97 (日本円で約12050円) で販売されています。

「UMIDIGI G3 Tab」

UMIDIGI G3 Tab」は、Amazonで12,665円 (税込・特選タイムセール価格)、楽天市場で15,785円(送料無料)、ヤフーショッピングで14,117円、AliExpressでUS $77.88、米国 Amazon.comで$109.99で販売されています。

「OSCAL Pad 60」

OSCAL Pad 60」は、Amazonで14,800円 (税込・3500円 OFFクーポン付き)、AliExpressでUS $108.39で販売されています。

「Teclast P25T」(2023)

Teclast P25T」(2023)は、Amazonで11,920円 (税込・4GB+64GB・Android 12)、楽天市場で14,200円(税込・送料無料・1000円OFFクーポン付き・ポイント10倍あり・4GB+64GB)、ヤフーショッピングで13,058円(税込・4GB+64GB)、AliExpressでUS $98.27 (4GB+64GB)、米国 Amazon.comで$89.99 (4GB+64GB)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Blackview Tab 8 WiFi」と「UMIDIGI G3 Tab」、「OSCAL Pad 60」、「Teclast P25T」(2023)のAntutuベンチマーク を比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Blackview Tab 8 WiFi」

AnTuTu総合で「109138」、CPUで「29211」、GPUで「19686」、MEMで「37985」、UXで「22256」。

<CPU> Rockchip RK3566

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造された4コア、最大1.8GHz駆動のプロセッサ「Rockchip RK3566」を搭載し、Antutuベンチマーク総合で約10万を記録しています。

同じプロセッサは「Teclast P25T」(2023)、「BMAX MaxPad I9 Plus」(2023)、「FFF-TAB10B1」などにも搭載されています。

MediaTek MT8766搭載の「UMIDIGI G3 Tab」と比較すると、スコアが約2万高くなります。

Rockchip RK3326S搭載の「OSCAL Pad 60」と比較すると、スコアが約3万高くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

プロセッサ性能がそれほど高くはないので、ゲーム用には適していません。一応、プレイは可能ですが、負荷が高いゲームで遅延が生じることがあります。PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

「UMIDIGI G3 Tab」

Antutu総合で約80,000前後

<CPU> MediaTek MT8766

「OSCAL Pad 60」

Antutu総合で「69381」

<CPU> Rockchip RK3326S

「Teclast P25T」(2023)

Antutu総合で約10,000前後

<CPU> Rockchip RK3566

スペックを比較

Blackview Tab 8 WiFi」と「UMIDIGI G3 Tab」、「OSCAL Pad 60」、「Teclast P25T」(2023)のスペックを比較してみました。

「Blackview Tab 8 WiFi」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280 x 800ドットのIPS
    ※16:9/HD/輝度300nit/画面分割/Wi-Fiディスプレイ
  • プロセッサ Rockchip RK3566
    ※12nm/64bit/4コア/最大1.8GHz
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ)4GB LPDDR3
  • メモリ拡張 +3GB 合計で最大7GB
  • ストレージ 64GB/128GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 6580mAh
  • 駆動時間 ビデオ再生で5.5時間、ゲームで5.1時間、音楽で16時間、Webで6.4時間、
  • 充電 Tyep-C充電(5V/2A)
  • 背面カメラ 13MP ※AF、フラッシュ対応
  • 前面カメラ 8MP ※HD ビデオ通話 対応
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11a/b/g/n/ac/ax 2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • キーボード Blackview ワイヤレス Bluetooth キーボード(※別売)
  • PCモード 対応
  • ペアレントコントロール 対応
  • 生体認証 顔認証
  • Google Playストア 対応・GMS認証
  • OS Android 12 ベースの Doke OS 3.0
  • サイズ 246.5×163×9.9mm
  • 重量 520g
  • カラー ブルー、グレー
  • 付属品 充電器 × 1 、Type-Cケーブル× 1 、取扱説明書 × 1

関連記事Blackview タブレットが高コスパで使いやすい! 2023 最新 機種 まとめ

Amazonで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

「UMIDIGI G3 Tab」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280 × 800 ドットのTFT
    ※HD+/16:10/画面比率84%/輝度360nit
  • プロセッサ MediaTek MT8766 クアッドコア
    ※28 nm/64bit/4コア/最大2.0GHz
  • CPU Quad-Core, 4*ARM Cortex-A53, Up to 2.0GHz
  • GPU IMG PowerVR GE8300
  • RAM(メモリ)3GB LPDDR4X
  • ストレージ 32GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 駆動時間 スタンバイで480時間、通話で23時間、音楽再生で20時間、ビデオ再生で7時間
  • 充電 10W急速充電、5V/2A、Type-C
  • 背面カメラ 8MP F2.2
  • 前面カメラ 8MP F2.2
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 5 (802.11 b/g/n/ac,2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GPS, GLONASS, Galileo)
  • インターフェース Type-C (OTG/USB 2.0)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 重力センサー、地磁気センサー、ホールセンサ、Gセンサー
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • マイク 内蔵
  • 筐体 指紋防止、汚れ防止など
  • 生体認証 AI顔認証
  • OS Android 13
  • サイズ 244.8 x 162.2 x 10.7 mm
  • 重量 570g
  • カラー グラファイトブラック、ダークグリーン、ミッドナイトブルー
  • 4G通信 対応

関連記事「UMIDIGI G3 Tab」が最安なのか? 最新の激安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「UMIDIGI G3 Tab」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI G3 Tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI G3 Tab」をチェックする

AliExpressで「UMIDIGI G3 Tab」をチェックする

米国 Amazon.comで「UMIDIGI G3 Tab」をチェックする

「OSCAL Pad 60」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280 × 800 ドットのIPS
    ※HD/16:10/画面比率79%/輝度300nit/画面分割/アイプロテクション(目の保護)/リーディングモード
  • プロセッサ Rockchip RK3326S クアッドコア
    ※28nm/4コア/最大1.5GHz
  • GPU Mali-G31MP2
  • RAM(メモリ)3GB LPDDR3
  • 拡張メモリ +2GBで合計 最大5GBまで
  • ストレージ 64GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 6580mAh
  • 駆動時間 スタンバイで312時間、ビデオ再生で5時間、ゲームで4.5時間、ウェブで6時間、音楽再生で15時間
  • 充電 10W充電、Type-C
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.1
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー デュアルBOXスピーカー with Smart PA (1217 2PCS)
  • マイク 内蔵
  • キーボード Blackview ワイヤレス Bluetooth キーボード(※別売)
  • Officeアプリ WPS Office Suite プリインストール
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • OS Android 12 ベースの Doke OS 3.0 Go
  • サイズ 246.5 x 163.0 x 9.9 mm
  • 重量 537g
  • カラー ミスティブルー、メテオライトグレー

関連記事「OSCAL Pad 60」コスパいい? 最新の激安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「OSCAL Pad 60」をチェックする

AliExpressで「OSCAL Pad 60」をチェックする

楽天市場で「OSCAL Pad」をチェックする

ヤフーショッピングで「OSCAL Pad」をチェックする

米国 Amazon.comで「OSCAL Pad 60」をチェックする

「Teclast P25T」(2023)のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶
    ※16:10/狭額縁ベゼル/ダークモード
  • プロセッサ Rockchip RK3566
  • GPU Mail-G25
  • RAM(メモリ)4GB
  • 拡張メモリ +4GB で合計 最大8GBまで
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 5000 mAh
  • 充電 Type-C
  • 背面カメラ 5MP ※AF、LEDフラッシュ対応
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax/2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
    ※Wi-Fiディスプレイ対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • オーディオ Teclast ピュアサウンドオーディオシステム
  • マイク 内蔵
  • 筐体の素材  フルメタル(金属)
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 12
    ※Google Playストア対応・GMS認証・技適取得済み
  • サイズ 244.0 x 169.0 x 9.3mm
  • 重量  543g
  • カラー スカイブルー、シルバーグレー

関連記事「Teclast P25T」(Wi-Fi 6対応)と人気の低価格タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast P25T 2023」をチェックする

楽天市場で「Teclast P25T 2023」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast P25T 2023」をチェックする

AliExpressで「Teclast P25T」(2023)をチェックする

米国 Amazon.comで「Teclast P25T 2023」をチェックする

「Blackview Tab 8 WiFi」のメリット・デメリット

Blackview Tab 8 WiFi」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.1インチのHD IPS液晶・明るくワイドで見やすい

Blackview Tab 8 WiFi」は10.1インチで解像度1280 x 800ドットのIPSディスプレイを搭載。アスペクト比16:9、輝度300nitの明るくワイドな画面で、動画も快適に視聴できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は10.1インチで解像度1280×800ドットのTFTディスプレイ(輝度360nit)を搭載しています。「OSCAL Pad 60」は10.1インチで解像度1280 × 800 ドットのIPSディスプレイ(輝度300nit)を搭載しています。「Teclast P25T」(2023)は10.1インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶(ダークモード)を搭載しています。「

・Wi-Fiディスプレイ対応でワイヤレス投影できる

Blackview Tab 8 WiFi」はWi-Fiディスプレイに対応し、テレビやモニターにタブレットの画面をワイヤレスで映し出せます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」、「OSCAL Pad 60」、「Teclast P25T」(2023)はWi-Fiディスプレイ(キャスト)に対応しています。

・4GBメモリ搭載で合計で最大7GBまで拡張できる

Blackview Tab 8 WiFi」は4GBメモリを搭載し、合計で最大7GBまで拡張できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は3GB LPDDR4Xメモリを搭載し、スムーズに動作します。「OSCAL Pad 60」はは3GB LPDDR3メモリを搭載し、+2GBのメモリ拡張機能で合計 最大5GBまで容量を増やせます。「Teclast P25T」(2023)は4GBメモリ搭載でスムーズに動作します。

・64GB/128GBストレージ搭載で最大1TBまで拡張できる

Blackview Tab 8 WiFi」は64GB/128GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は32GB eMMC 5.1ストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大256GBまで拡張できます。「OSCAL Pad 60」は64GB eMMC 5.1ストレージを搭載し、別売のmicroSDカードで最大1TBまで拡張できます。「Teclast P25T」(2023)は64GBストレージ搭載で最大1TBまで拡張できます。

・6580mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

Blackview Tab 8 WiFi」は6580mAhバッテリーを搭載し、ビデオ再生で5.5時間、Webで6.4時間駆動できます。また、Tyep-Cポートを介した10W充電も利用できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は6000mAhバッテリー搭載でType-Cの10W充電に対応しています。「OSCAL Pad 60」は6580mAhバッテリー搭載で10W Type-C充電に対応しています。「Teclast P25T」(2023)は5000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面13MPカメラ(AF、フラッシュ対応)と前面8MPカメラ(HD ビデオ通話 対応)が使える

Blackview Tab 8 WiFi」は背面に13MPカメラを搭載し、オートフォーカスやフラッシュ撮影が利用できます。また、前面に8MPカメラを搭載し、HDビデオ通話を利用できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は背面8MPカメラと前面8MPカメラを搭載しています。「OSCAL Pad 60」は背面5MPカメラと前面2MPカメラを搭載しています。「Teclast P25T」(2023)は背面5MP (AF、LEDフラッシュ対応)と前面2MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fi 6、Bluetooth 5.0に対応

Blackview Tab 8 WiFi」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」(IEEE 802.11ax)に対応しています。また、Bluetooth 5.0対応で、マウスやキーボードなどのワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」はWi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0、GPSに対応しています。「OSCAL Pad 60」はWi-Fi (2.4Ghz)とBluetooth 4.1に対応しています。「Teclast P25T」(2023)はWi-Fi 6とBluetooth 5.0に対応しています。

・デュアルスピーカー搭載で音がいい

Blackview Tab 8 WiFi」はデュアルスピーカー搭載で高音質なサウンドを再生できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」はデュアルスピーカーを搭載し、高音質なサウンドを再生することができます。「OSCAL Pad 60」は本体にデュアルBOXスピーカーとSmart PAアンプ内蔵で臨場感あふれる高音質なサウンドを再生できます。「Teclast P25T」(2023)は高音質なデュアルスピーカーを搭載しています。

・オプションで Blackview ワイヤレス Bluetooth キーボードを用意

Blackview Tab 8 WiFi」はオプションで「Blackview ワイヤレス Bluetooth キーボード」(別売)を用意しています。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は純正キーボードを用意していません。「OSCAL Pad 60」はオプションでBlackview ワイヤレス Bluetooth キーボードを用意しています。「Teclast P25T」(2023)はプションでTECLAST K10 Bluetoothキーボードを用意しています。

・PCモードに対応

Blackview Tab 8 WiFi」はPCモードに対応し、デスクトップPCのように複数のウインドウを開いて作業できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」、「OSCAL Pad 60」、「Teclast P25T」(2023)はPCモードに対応していません。

・ペアレントコントロール機能に対応

Blackview Tab 8 WiFi」はペアレントコントロール機能に対応し、子供のアプリ使用を制限できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」、「OSCAL Pad 60」、「Teclast P25T」(2023)はペアレントコントロール機能に対応していません。

・厚さ9.9mm、重さ520gのメタルボディ・2色カラーを用意

Blackview Tab 8 WiFi」は厚さ9.9mm、重さ520gのメタルボディで、ブルー、グレーの2色カラーを用意しています。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は厚さ10.7mmで重さ570gのスタイリッシュなデザインで、グラファイトブラック、ダークグリーン、ミッドナイトブルーの3色カラーを用意しています。「OSCAL Pad 60」は厚さ9.9mmで重さ537gの薄型軽量デザインで、ミスティブルー、メテオライトグレーの2色カラーを用意しています。「Teclast P25T」(2023)は厚さ9.3mmで重さ543gの薄型軽量ボディでスカイブルー、シルバーグレーの2色カラーを用意しています。

・Android 12 ベースの Doke OS 3.0搭載で新機能も使える

Blackview Tab 8 WiFi」はAndroid 12ベースの Doke OS 3.0を搭載し、Google Playストアを利用できます。また、ゲームモードやスマートフローティングウインドウ、マルチレイヤーダークモード、コールドルーム(使わないアプリをフリーズさせる)、ノート機能などの機能も利用できます。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」はOSにAndroid 13を採用し、新機能も使えるようになっています。「OSCAL Pad 60」はAndroid 12 ベースの Doke OS 3.0 Goを搭載し、新機能も使えるようになっています。「Teclast P25T」(2023)はAndroid 12搭載で新機能も使えるようになっています。

デメリット

・4G LET通信やGPSに対応していない

Blackview Tab 8 WiFi」は4G LET通信やGPSに対応していません。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」は4G LET通信とGPSに対応しています。「OSCAL Pad 60」と「Teclast P25T」(2023)は4G LET通信とGPSに対応していません。

・Android 13の新機能が使えない

Blackview Tab 8 WiFi」はAndroid 13の新機能を利用できません。

一方、「UMIDIGI G3 Tab」はAndroid 13の新機能が使えます。「OSCAL Pad 60」と「Teclast P25T」(2023)はAndroid 13の新機能が使えません。

「Blackview Tab 8 WiFi」の評価

Blackview Tab 8 WiFi」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★★

<総合評価>

2022年7月に発売されたエントリー向けタブレット「Blackview Tab 7」(WiFi)の後継モデルになります。プロセッサ性能は高くはありませんが、他の低価格タブレットよりもスペックが高く、機能性にも優れています。

最大のメリットはWi-Fi 6に対応していることです。「Teclast P25T」(2023)もWi-Fi 6に対応していますが、「UMIDIGI G3 Tab」と「OSCAL Pad 60」はWi-Fi 5対応で通信速度で大きな差があります。

また、4GBメモリ搭載で合計 最大7GBまで拡張できる点も大きなメリットです。「OSCAL Pad 60」は3GBメモリ搭載で合計5GBまで、「Teclast P25T」(2023)は4GBメモリ搭載で合計8GBまで拡張できますが、「UMIDIGI G3 Tab」はメモリを拡張できません。

さらにカメラ性能が高いことも大きなメリットです。背面の13MPカメラはオートフォーカスやフラッシュ撮影が利用でき、前面の8MPカメラではHDビデオ通話が利用できます。

そのほかにもPCモードゲームモードが使えたり、高音質なデュアルスピーカーを搭載していたりと、エントリー向けとは思えないほど使いやすい機能が充実しています。

Blackview Tab 8 WiFi」の発売時の価格は13,900円 (64GBモデル・税込・1000円 OFFクーポン付き)。128GBモデルは16,064円+2000円OFFクーポン付きで、実質14,064円という驚きの価格になります。低価格でも機能性に優れたタブレットを探している人におすすめです。

「Blackview Tab 8 WiFi」の販売・購入先

Blackview Tab 8 WiFi」は、

Amazonで13,899円 (64GBモデル・税込・1999円 OFFクーポン付き・128GBモデルは14,900円+1000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で15,900円(送料無料)、

ヤフーショッピングで15,640円(送料無料)、

米国 Amazon.comで $84.97 (日本円で約12050円) 、

で販売されています。

Amazonで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

米国 Amazon.comで「Blackview Tab 8 WiFi」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Blackview Tab 80」(10.1インチ・T606・最大16GB+128GB)

★「Blackview Tab 11 WiFi」(MT8183・最大14GBメモリ)

★「CHUWI Hi10 X Pro」(UNISOC T606・Android 13)

★「Teclast P40HD」(UNISOC T606・最大12GBメモリ)

UMIDIGI G3 Tab

OSCAL Pad 60

Teclast P25T」(2023)

BMAX MaxPad I9 Plus」(2023)

FFF-TAB10B1」(日本メーカー)

HEADWOLF WPad 3

N-One NPad S」(Android 12・MT8183)

Lenovo Tab B10 HD (2nd Gen)

Alldocube iPlay 50 Pro」(Helio G99)

他のBlackviewタブレットと比較

他にもBlackviewタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Blackview タブレットが高コスパで使いやすい! 2023 最新 機種 まとめ

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

Android 11 OS搭載のタブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10 OS搭載のタブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

超ハイスペックなタブレットをまとめて紹介しています。