「X12 Plus」と高コスパ携帯ゲーム機を徹底 比較!


5千円前後で販売されている「X12 Plus」と高コスパ携帯ゲーム機を徹底 比較して紹介! 価格や収納ゲーム数、対応エミュレーター、スペックなどの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

「X12 Plus」の特徴

X12 Plus」の特徴をまとめてみました。

7インチの大型液晶・ダブルジョイスティックレバー

X12 Plus」は7インチ、解像度800 x 400 pxのTFT液晶を搭載。3~5インチが多い中華ゲーム機よりも大きな画面でゲームが楽しめるようになっています。また、本体の左右に2つのジョイスティックレバーを搭載。ストリートファイターやKOFシリーズ、鉄拳などの格闘ゲームもスムーズに操作できます。

10種類以上のエミュレーター・ゲーム追加もOK

X12 Plus」はネオジオ、プレイステーション1、カプコンアーケード、スーパーファミコンなどのゲームが遊べる10種類以上のエミュレーターに対応。自分で吸い出したROMファイルを追加することもできます。

初心者でも使いやすいUI・AV出力に対応

X12 Plus」は初心者にも使いやすいグラフィカルなユーザーインターフェースを採用。各エミュレーターやゲームが画像で表示され、操作に迷うことなく選択できるようになっています。また、テレビやディスプレイに出力できるAV端子を搭載。大画面でゲームを楽しむこともできます。

価格を比較

X12 Plus」と、「POWKIDDY X21」、「RGB10」、「RK2020」の価格を比較してみました。

「X12 Plus」

X12 Plus」は、Amazonで7,099円(5%OFFクーポン付き)、Banggoodで5,137円、AliExpressでUS $37.05 – 54.76 、米国Amazon.comで $63.99 (+日本発送は+ $11)で販売されています。

※Amazonで購入する場合は販売先をよく確認してください。海外発送の場合は一ヶ月以上かかることもあります。海外ショップで注文した方が早い場合があります。

「POWKIDDY X21」

POWKIDDY X21」は、Banggoodで8,448円、AliExpressでUS $59.99 で販売されています。

「RGB10」

RGB10」は、楽天市場で13,199円 (税込)、ヤフーショッピングで17,455円 (税込)、Banggoodで8,976円、AliExpressでUS $83.82 – 103.73、Gearbestで9158 円で販売されています。

「RK2020」

RK2020」は、楽天市場で14,990円 (税込)、ヤフーショッピングで17,903 円、Amazonで28,742円、Banggoodで10,032円、AliExpressでUS $62.34 – 99.18 、Gearbestで8093 円 で販売されています。

収録ゲーム数・対応エミュレーターを比較

X12 Plus」と、「POWKIDDY X21」、「RGB10」、「RK2020」の収録ゲーム数・対応エミュレーターを比較してみました。

「X12 Plus」

収録ゲーム数

3000種以上 ※販売先によって異なります。ゲームはmicroSDカードに収録されています。

動画レビューから、「ストリートファイター」、「メタルスラッグ」、「KOF」、「サムライスピリッツ」、「Fatfuy2」、「ロックマン」、「魔界村」などが入っていることを確認しました。その他のゲームもYoutube動画で確認できます。初心者でも分かりやすい操作画面で好感が持てます。

対応エミュレーター

PS1,GBA,GBC,GB,MD,CPS,NES,GG,SFC,NEOGEO

「POWKIDDY X21」

収録ゲーム数

3000種 ※販売先によって異なります

対応エミュレーター

CPS, FC, GB, GBA, GBC, MD, SFC, PS1,MAME,OTHER

動画レビューから「KOF」、「スーパーマリオ」、「メタルスラッグ」などが入っていることを確認しました。こちらは十字キーもあるので操作しやすそうです。また、USBポートから別のコントローラーを接続することができ、2人対戦プレイもできます。操作画面はグラフィカルで初心者にも扱いやすいようです。

「RGB10」

収録ゲーム数 3000/5000+/10000+ ※モデルによって異なっています

対応エミュレーター PSP, N64, DC, NDS,PS1, CPS1, CPS2, FBA, NEOGEO, NEOGEO POCKET, GBA, GBC, GB, SFC, FC, MD, SMS, GG, HANDY, MSX, ST, WSC, POKEMINI, transfer gamesなど20種類以上

「RK2020」

収納ゲーム数 2000+

対応エミュレーター

PSP、DC、NDS、PSX(PS1)、CPS(1,2,3)、N64、MAME、GBA、GBC、GB、MD、NES、SNES、PCE、ATARI 5200 、SFC、FC、MD、SMS、GG、HANDY、MSX、WSC、POKEMINI、NEOGEO、NEOGEO POCKET

スペックを比較

X12 Plus」と、「POWKIDDY X21」、「RGB10」、「RK2020」のスペックを比較してみました。

「X12 Plus」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ、解像度800 x 400 pxのTFT液晶
  • プロセッサ ATJ2279
  • GPU 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 16GB(システム用)
  • 外部ストレージ 32GB microSDカードにゲームを収録
  • バッテリー 2500 mAh
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 なし
  • インターフェース 充電端子、AV端子、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • セーブ機能 対応・利用できます
  • ゲーム追加 対応・利用できます
  • OS 独自OS
  • サイズ 192 x 82 x 18mm
  • 重量 不明
  • カラー ブルー&レッド

関連記事海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2023 まとめ

Amazonで「X12 Plus」をチェックする

AliExpressで「X12 Plus」をチェックする

Banggoodで「X12 Plus」をチェックする

米国 Amazon.comで「X12 Plus」をチェックする

「POWKIDDY X21」のスペック

  • ディスプレイ 7インチ
  • プロセッサ G20 デュアルコア
  • GPU 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 16GB(システム用)
  • 外部ストレージ 32GB(ゲーム収録)
  • バッテリー 5400 mAh
  • カメラ あり・利用できます
  • ワイヤレス通信 なし
  • インターフェース USB x2 、充電端子、microSDカードスロット、AV端子、3.5mmイヤホンジャック
  • セーブ機能 あり・利用できます
  • ゲームの追加 対応・利用できます
  • 2人対戦プレイ 対応・コントローラーをもう一つ追加することで利用できます
  • OS 独自OS
  • サイズ 280  x 145  x  50mm
  • 重量 不明
  • カラー ブラック

関連記事中華ゲーム機で盛り上がれ! Whatsko シュミ 最新2019を比較

Amazonで「POWKIDDY」をチェックする

ヤフーショッピングで「POWKIDDY」をチェックする

Banggoodで「POWKIDDY X21」をチェックする

AliExpressで「POWKIDDY X21」をチェックする

米国 Amazon.comで「POWKIDDY」をチェックする

「RGB10」のスペック

  • ディスプレイ 3.5インチ、解像度480×320 pxのIPS液晶
  • プロセッサ RockChip RK3326 クアッドコア
  • CPU  ARM Cortex-A35 Quad Core 1.5Ghz
  • GPU Mali-G31 Dvalin
  • RAM(メモリ)  1GB DDR3
  • 内蔵ストレージ なし・搭載していません
  • 外部ストレージ microSDカード 32GB / 64GB / 128GB ※いずれかが付属します
  • バッテリー 2800 mAh
  • 充電 5V/2A
  • 駆動時間 8時間
  • 充電時間 2.5時間
  • カメラ なし
  • インターフェース USB Type-C (OTG対応) 、USB(充電)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー 1W
  • ボタン ボタン:A、B、X、Y、L1 / L2、R1 / R2、アナログジョイスティック、選択、開始、電源オン
  • 消費電力 2W
  • ゲームの追加 可能
    ※追加するゲームはあらかじめROMを吸い出しておく必要があります。
    ※新しいゲームを追加するには、あらかじめ用意されているゲームROMフォルダーの下に新しいゲームをコピーして追加し、Ctrl + Vを押します。
  • OS  Open Source Linux
  • サイズ  14.4 x 6.3 x 1.6 cm
  • 重量  340 g
  • カラー イエロー
  • 付属品 説明書、Type-C ケーブル、ボタンカバー

関連記事「RGB10」と最新ポータブルゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「RGB10」をチェックする

楽天市場で「RGB10」をチェックする

ヤフーショッピングで「RGB」をチェックする

Banggoodで「RGB10」をチェックする

AliExpressで「RGB10」をチェックする

米国 Amazon.comで「RGB10」をチェックする

「RK2020」のスペック

  • ディスプレイ 3.5インチ、解像度320×480 pxのIPS液晶
  • プロセッサ RockChip RK3326 (Quad-Core ARM Cortex-A35 1.3GHz)
  • GPU Mali-G31 Dvalin
  • RAM(メモリ) 32GB/64GB/128GB (DDR3L 786Mhz, 32 Bits bus width)
  • ストレージ SPIフラッシュ(16Mバイトブート)
    ※ファームウェアがインストールされた外部マイクロSDカード
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 2600mAh
  • 駆動時間 4〜6時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 別売のWi-Fiドングルを挿すことで可能
  • インターフェース USB Type-C(充電用)、USB Type-A(WiFiドングル/外部コントローラー用)、microSDカードスロット
  • ボタン:高感度ボタン、Dパッド、A、B、X、Y、ショルダーボタン:L1 / L2、R1 / R2、アナログジョイスティック、選択、開始、電源オン
    ※コントローラマッピング設定はSettings → Controls → Control mapping。ニンテンドー64、PSP、ドリームキャストは設定が必要。
  • OS Retro Arch  (Open Source Linux)
  • サイズ 14.1 x 6.2 x 1.6cm
  • 重量  147g
  • カラー スケルトンブラック
  • 付属品 マイクロSDカード32GB、マイクロSDカードリーダーx 1、充電ケーブル×1、ユーザーマニュルx 1

関連記事「RK2020」と人気 携帯ゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「RK2020」をチェックする

AliExpressで「RK2020」をチェックする

米国 Amazon.comで「RK2020」をチェックする

「X12 Plus」のメリット・デメリット

X12 Plus」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・7インチの大画面が見やすい

X12 Plus」は7インチ、解像度800 x 400 pxのTFT液晶を搭載。RPGやシュミレーションゲームの文字も見やすく表示できます。

一方、「POWKIDDY X21」は7インチの液晶を搭載、「RGB10」は3.5インチで解像度480×320 pxのIPS液晶を搭載、「RK2020」は3.5インチで解像度320×480 pxのIPS液晶を搭載しています。

・多数のゲームが収録されている

X12 Plus」は最初から多数のゲームが収録されています。ネット環境やダウンロードは不要です。

一方、「POWKIDDY X21」、「RGB10」、「RK2020」も最初から多数のゲームが収録されています(※販売先によって異なる場合もあります)。

・スーパーファミコン、カプコンアーケード、ネオジオなど10種類以上のエミュレーターに対応

X12 Plus」はPS1,GBA,GBC,GB,MD,CPS,NES,GG,SFC,NEOGEOのゲームに対応しています。ゲーム選択の画面も分かりやすく、初心者でも操作しやすくなっています。

一方、「POWKIDDY X21」は「X12 Plus」と同様のエミュレーターに対応しています。「RGB10」と「RK2020」は「X12 Plus」よりも多くのエミュレーターに対応しています。

・AV端子で外部出力できる

X12 Plus」はAV端子でテレビ・ディスプレイに出力できるようになっています。AV端子用のケーブルは付属します。

一方、「RGB10」と「RK2020」は外部出力に対応していません。「POWKIDDY X21」はAV出力に対応しています。

・ゲームを追加できる

X12 Plus」は自分で吸い出したゲームのROMを追加することができます。

一方、「POWKIDDY X21」、「RGB10」、「RK2020」もゲームの追加に対応尾しています(※ゲーム機によってゲーム追加の難易度が変わってきます)。

・2つのジョイスティックレバーが使える

X12 Plus」は左右に2つのジョイスティックレバーが搭載されています。

一方、「RGB10」と「RK2020」は1つのジョイスティックレバーを搭載しています。「POWKIDDY X21」は2つのジョイスティックレバーを搭載しています。

デメリット

・最新モデルと比べて動作がやや遅い

X12 Plus」は7インチの大型液晶を搭載しているため、3.5インチの携帯ゲーム機よりもCPUに負荷がかかってしまいます。そのため、動作がやや遅くなります。

一方、「RGB10」と「RK2020」はかなり高速に動作します。

「POWKIDDY X21」は「X12 Plus」とあまり変わらない動作スピードです。

・HDMI出力に対応していない

X12 Plus」はAV出力のみに対応し、HDMI出力には対応していません。画質はHDMIよりも粗くなります。

一方、「POWKIDDY X21」、「RGB10」、「RK2020」もHDMI出力に対応していません。

・コントローラーを追加できない

X12 Plus」はフルサイズのUSBポートがないため、他のコントローラーを追加することができません。

一方、「POWKIDDY X21」はフルサイズのUSBポートを搭載し、コントローラーも追加できます。「RGB10」と「RK2020」はコントローラーを追加することはできません。

N64・PSP・DCゲームが遊べない

X12 Plus」はN64・PSP・DCゲームには対応していません。

一方、「RGB10」と「RK2020」はN64・PSP・DCゲームが遊べるようになっています。「POWKIDDY X21」はN64・PSP・DCゲームには対応していません。

「X12 Plus」の販売・購入先

X12 Plus」は、

Amazonで7,099円(5%OFFクーポン付き)、

Banggoodで5,137円、

AliExpressでUS $37.05 – 54.76 、

米国Amazon.comで $63.99 (+日本発送は+ $11)、

で販売されています。

Amazonで「X12 Plus」をチェックする

AliExpressで「X12 Plus」をチェックする

Banggoodで「X12 Plus」をチェックする

米国 Amazon.comで「X12 Plus」をチェックする

 

 

 

他のゲーム機と比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「X20

★「PowKiddy RGB20

POWKIDDY X21

RGB10

RK2020

RG351P

RG280V

Powkiddy A13

RG280M

RG350」(M)

Powkiddy V90

Super Console X」(据え置き型)

その他のおすすめゲーム機は?

その他のおすすめゲーム機は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2023 まとめ

海外製のレアな携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

中華ゲーム機で盛り上がれ! Whatsko シュミ 最新2019を比較

2019年の中華ゲーム機をまとめて紹介しています。

2020 最新レトロゲーム機 据え置き型 ラインナップ 一覧

2020 最新レトロゲーム機(据え置き型)をまとめて紹介しています。

GPD WIN&XDでゲームが超快適!  全機種を比較

GPD製品をまとめて紹介しています。