中華ゲーム機で盛り上がれ! Whatsko シュミ 最新2019を比較


2019年から新たな中華ゲーム機が続々と登場している。新モデルは新たにセーブ機能を搭載し、スペックも強化。モバイルバッテリー機能やAndroid、Linux OSを搭載するもの、プログラミング対応のものまで販売されている。

目次

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

「Whatsko Androidアーケード用互換機」「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」「Whatsko 2600種 5.1インチ」

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅡ

「シュミ 300種 モバイルバッテリー」「シュミ HDMIゲーム機 800種」「Whatsko スーパーパンドラボックス 7S+14000」「ポータブル 多機能 レトロゲーム機」

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅢ

「レトロビット ゴーレトロ! ポータブル」「Whatsko 四人ゲーム機」「GameShell」「Whatsko Linux ミニレトロゲーム機」

2018年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

2017年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

 

Android7.0搭載の物理コントラーラ付きゲーム機が登場!

2019年に入ってからさまざまな中華ゲーム機が登場しているが、中でも注目なのがAndroid7.0搭載の折りたたみ式ゲーム機「Whatsko Androidアーケード用互換機」だ。このゲーム機はAndroid OSを搭載した「GPD XD Plus」や「GPD XD」にそっくり。17種類のゲームフォーマットが入っており、5インチ液晶と5000mAhバッテリーで快適にゲームがプレイできるようになっている。価格は2万円ほどで、「GPD XD Plus」より1万円も安い。

今まで中華ゲーム機は独自OSにエミュレーション機能を入れたものが多く、Android OSを採用したものは少なかった(かつてはAndroid4.4が主流。くわしくはこちらを参照)。スマホ用ゲームも遊べるようになることで、中華ゲーム機に興味をもつ人も増えそうだ。

セーブ機能は当たり前?! モバイルバッテリー付きモデルも

中華ゲーム機はこれまで「スムーズに動かない」、「セーブができない」といった弱点が存在していた。しかし、2019年から登場したモデルの中にはオートセーブ機能が搭載されており、自動でゲームの進行状況を保存。64ビットのクアッドコアCPUを搭載するモデルも増え、アクションゲームなどもキビキビ動作するように改善されている。また、モバイルバッテリーとしてスマホに給電できるモデルや4K画質で外部ディスプレイに出力できるゲーム機も登場。あらかじめ、4つのコントラーラが付属し、4人で楽しめるゲーム機も販売されている。

ラズパイ&レトロパイゲーム機も  プログラミングでカスタマイズも可

2019年に登場している中華ゲーム機の特徴はまだある。それはラズパイ(Raspberry Pi)やレトロパイ(Retoro Pie)OSを使ったゲーム機が増えていることである。「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」はその名の通り15,000以上のゲームが遊べる携帯型のラズパイゲーム機で、18種類以上のエミュレーションに対応する。また、「Whatsko スーパーパンドラボックス 7S+14000」は20種以上のエミュレーションに対応する据え置き型のラズパイゲーム機で、14,000以上のゲームが遊べるようになっている。

その他にも5つのモジュール(パーツ)を組み合わせてプログラミングすることで、オリジナルゲーム機が作れる「GameShell」が登場。オープンソースのLinuxシステムを搭載し、機能モジュールとUIをカスタマイズできる 「Whatsko Linux ミニレトロゲーム機」も販売される。

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

ここでは最も人気が高い2019年の携帯型の中華ゲーム機をまとめて紹介する。Android OSを搭載するもの、Raspberry Piを採用したもの、自動セーブ機能付きのもの、5.1インチの液晶を搭載するものなどがある。

Android7.0搭載の折りたたみ式ゲーム機「Whatsko Androidアーケード用互換機」

Whatsko Androidアーケード用互換機」はAndroid7.0 OSを搭載したポータブルゲーム機。ドリームキャスト、ネオジオポケット、PSP、ニンテンドーDSなど(DC/ ONS/NGP/PSP/ NDS /PS /N64/ MAME/FBA/GBA /GBC/WS/FC/SFC/MD/PCE)17種類のゲームフォーマットをサポートする。

液晶サイズは5インチで本体は折りたたみ式。ジョイスティックや十字キーなどの物理ボタンを搭載する。また、本体に5000mAhバッテリーを搭載し、長時間プレイすることも可能。HDMI 出力に対応し、テレビや外部ディスプレイに接続して大画面でプレイできる。そのほか、Wi-Fi通信に対応。本体にはSDカードスロットも備えている。

Amazonで「Whatsko Androidアーケード用互換機」をチェックする

ヤフーショッピングで「シュミ RETRO GAME RS-97Plus版 3022種」をチェックする

楽天で「Whatsko ゲームパッド ステレスコピック」をチェックする

15,000以上のゲームが遊べるラズパイゲーム機「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」

Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」は合計15,000以上のゲームを収録した5インチのポータブルゲーム機。ラズベリーパイ モデルメインボ—ドを採用し、64ビット対応のクアッドコア(4 core 1.2GHz)CPUを搭載。FC、FDS、SFC、PCE、MD、GG、GB、GBA、GBC、セガマスターシステム、MSX、N64、PS、32X、SG1000、ATARI系、NEOGEO、CPS(FBA系)、MAME系などのエミュレーションに対応している。カードを入れ替えて新しいゲームを追加することも可能。ゲームによっては英語から日本語に言語を変更することもできる。

ディスプレイ解像度は800 x 480。HDMI出力をサポートし、テレビや外部ディスプレイにも出力できる。また、USBキーボードと マウスを接続することも可能。KODI搭載でビデオ再生、音楽再生、画像ファイルなどの閲覧などもサポートしている。サイズは20cm x 13cm x 3.5cmで、重量は600g。

Amazonで「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」をチェックする

Amazonで「パンドラボックス8S 15000種類 MicroSDカード 」をチェックする

ヤフーショッピングで「KINHANK Raspberry Pi HDMI出力ゲーム機」をチェックする

 

<レビュー記事を追加済み。リンク先からさらに詳細な情報が分かるようになっています。>

自動セーブ機能付き「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」

Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」は3000種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。Arcade \ NEOGEO \ CPS \ GBA \ GBC \ GB \ SFC \ FC \ MD \ GG \ SMSなど11種類のゲームフォーマットをサポートしている。

ディスプレイは4.3インチで、16:9のTFTフルスクリーン液晶を採用。64ビット対応のデュアルコアのCPUとDDR2 SDRAM(64M)メモリでサクサクと動作する。また、「GameSave Manager」搭載で進行状況を自動で保存。microSDカードスロット搭載なほか、外部出力にも対応する(アナログTV出力/RCA・4端子ジャック)。なお、ゲームタイトル名は全て英語もしくはローマ字表示。言語は一応 日本語設定が可能になっている。バッテリー駆動時間は2時間ほど。レビューによると、収録ゲームは全部で2,660本。内訳はNEOGEO=117本、GBA=744本、SFC=270本、MD=638本、FC=713本、GBC=178本となっている。

続きを読む

Amazonで「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」をチェックする

Amazonで「シュミ RS-97Plus版 3022種」をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種」をチェックする

楽天で「Portable Handheld Game Players 3 」をチェックする

2600種類のゲームが遊べる「Whatsko 2600種 5.1インチ」

Whatsko 2600種 5.1インチ」は2600種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。Arcade・GBA・NES・FC・GB・GBC・MD・SFCなどゲームフォーマットをサポートしている。ディスプレイは5.1インチの大画面(解像度:640 x 360)。AV出力に対応するほか、動画ファイル:RMVB / FLV/MP4 / 3GP、 音楽ファイル:MP3/WMA/WAVもサポートする。

本体のレバーは滑り止め仕様で正確なコントロールが可能。物理ボタンは500万次以上のテストを通過し、頑丈に出来ている。また、8GBのストレージを内蔵し、32GBのmicroSDカードにも対応する。言語は日本語設定が可能。収録ゲームには中国語のみのものも含まれる。ゲーム中のセーブ機能はあり。

Amazonで「Whatsko 2600種 5.1インチ」をチェックする

Amazonで「Whatsko 16700種 Open Source Linux」をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko 2600種 5.1インチ」(ブラック)をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko 2600種 5.1インチ」(ブラック)をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko 2600種 5.1インチ」(ホワイト)をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅡ

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅢ

2018年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

2017年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら