中華ゲーム機で盛り上がれ! Whatsko シュミ 最新2019を比較


2019年から新たな中華ゲーム機が続々と登場している。新モデルは新たにセーブ機能を搭載し、スペックも強化。モバイルバッテリー機能やAndroid、Linux OSを搭載するもの、プログラミング対応のものまで販売されている。

目次

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

「Whatsko Androidアーケード用互換機」「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」「Whatsko 16700種 Open Source Linux」「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」「Whatsko 2600種 5.1インチ」

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅡ

「シュミ 14000in 1 Open Source Linux」「シュミ アップグレード Open Source Linux 14000種」「シュミ 300種 モバイルバッテリー」「シュミ HDMIゲーム機 800種」

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅢ

「レトロビット ゴーレトロ! ポータブル」「Bittboy V3」「Whatsko パンドラボックス 9S  2200 in 1」「GameShell」「Whatsko スーパーパンドラボックス 7S+14000」「ポータブル 多機能 レトロゲーム機」

2018年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

2017年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

 

Android7.0搭載の物理コントラーラ付きゲーム機が登場!

2019年に入ってからさまざまな中華ゲーム機が登場しているが、中でも注目なのがAndroid7.0搭載の折りたたみ式ゲーム機「Whatsko Androidアーケード用互換機」だ。このゲーム機はAndroid OSを搭載した「GPD XD Plus」や「GPD XD」にそっくり。17種類のゲームフォーマットが入っており、5インチ液晶と5000mAhバッテリーで快適にゲームがプレイできるようになっている。価格は2万円ほどで、「GPD XD Plus」より1万円も安い。

今まで中華ゲーム機は独自OSにエミュレーション機能を入れたものが多く、Android OSを採用したものは少なかった(かつてはAndroid4.4が主流。くわしくはこちらを参照)。スマホ用ゲームも遊べるようになることで、中華ゲーム機に興味をもつ人も増えそうだ。

セーブ機能は当たり前?! モバイルバッテリー付きモデルも

中華ゲーム機はこれまで「スムーズに動かない」、「セーブができない」といった弱点が存在していた。しかし、2019年から登場したモデルの中にはオートセーブ機能が搭載されており、自動でゲームの進行状況を保存。64ビットのクアッドコアCPUを搭載するモデルも増え、アクションゲームなどもキビキビ動作するように改善されている。また、モバイルバッテリーとしてスマホに給電できるモデルや4K画質で外部ディスプレイに出力できるゲーム機も登場。あらかじめ、4つのコントラーラが付属し、4人で楽しめるゲーム機も販売されている。

ラズパイ&レトロパイゲーム機も  プログラミングでカスタマイズも可

2019年に登場している中華ゲーム機の特徴はまだある。それはラズパイ(Raspberry Pi)やレトロパイ(Retoro Pie)OSを使ったゲーム機が増えていることである。「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」はその名の通り15,000以上のゲームが遊べる携帯型のラズパイゲーム機で、18種類以上のエミュレーションに対応する。また、「Whatsko スーパーパンドラボックス 7S+14000」は20種以上のエミュレーションに対応する据え置き型のラズパイゲーム機で、14,000以上のゲームが遊べるようになっている。

その他にも5つのモジュール(パーツ)を組み合わせてプログラミングすることで、オリジナルゲーム機が作れる「GameShell」が登場。オープンソースのLinuxシステムを搭載し、機能モジュールとUIをカスタマイズできる 「Whatsko Linux ミニレトロゲーム機」も販売される。

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

ここでは最も人気が高い2019年の携帯型の中華ゲーム機をまとめて紹介する。Android OSを搭載するもの、Raspberry Piを採用したもの、自動セーブ機能付きのもの、5.1インチの液晶を搭載するものなどがある。

Android7.0搭載の折りたたみ式ゲーム機「Whatsko Androidアーケード用互換機」

Whatsko Androidアーケード用互換機」はAndroid7.0 OSを搭載したポータブルゲーム機。ドリームキャスト、ネオジオポケット、PSP、ニンテンドーDSなど(DC/ ONS/NGP/PSP/ NDS /PS /N64/ MAME/FBA/GBA /GBC/WS/FC/SFC/MD/PCE)17種類のゲームフォーマットをサポートする。

液晶サイズは5インチで本体は折りたたみ式。ジョイスティックや十字キーなどの物理ボタンを搭載する。また、本体に5000mAhバッテリーを搭載し、長時間プレイすることも可能。HDMI 出力に対応し、テレビや外部ディスプレイに接続して大画面でプレイできる。そのほか、Wi-Fi通信に対応。本体にはSDカードスロットも備えている。

Amazonで「Whatsko Androidアーケード用互換機」をチェックする

楽天で「Whatsko ゲームパッド ステレスコピック」をチェックする

15,000以上のゲームが遊べるラズパイゲーム機「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」

Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」は合計15,000以上のゲームを収録した5インチのポータブルゲーム機。ラズベリーパイ モデルメインボ—ドを採用し、64ビット対応のクアッドコア(4 core 1.2GHz)CPUを搭載。FC、FDS、SFC、PCE、MD、GG、GB、GBA、GBC、セガマスターシステム、MSX、N64、PS、32X、SG1000、ATARI系、NEOGEO、CPS(FBA系)、MAME系などのエミュレーションに対応している。カードを入れ替えて新しいゲームを追加することも可能。ゲームによっては英語から日本語に言語を変更することもできる。

ディスプレイ解像度は800 x 480。HDMI出力をサポートし、テレビや外部ディスプレイにも出力できる。また、USBキーボードと マウスを接続することも可能。KODI搭載でビデオ再生、音楽再生、画像ファイルなどの閲覧などもサポートしている。サイズは20cm x 13cm x 3.5cmで、重量は600g。

Amazonで「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」をチェックする

Amazonで「パンドラボックス8S 15000種類 MicroSDカード 」をチェックする

18台のシミュレーターをサポートする「Whatsko 16700種 Open Source Linux」

Whatsko 16700種 Open Source Linux」は16700種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。18台のシミュレーターをサポートし、Arcade、NEOGEO、CPS、GB、MD、GG、SMSなど18種類のゲームフォーマットをサポートする(※16 GBの本体は2700種のゲームを内蔵し、32 GBの内蔵SDカードには14000種類のゲームを収録)。また、PCエンジンのシミュレータ「temper」も利用可能。デュアルコア CPU、DDR2 SDRAM(64M)を搭載し、軽快に動作する。そのほか、AV出力(720P)に対応し、外部ディスプレイやTVに出力することが可能。ディスプレイは4.3インチ(16:9)のIPS液晶で、十字キーの下に360度レバーを備える。

Amazonで「Whatsko 16700種 Open Source Linux」をチェックする

 

<レビュー記事を追加済み。リンク先からさらに詳細な情報が分かるようになっています。>

自動セーブ機能付き「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」

Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」は3000種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。Arcade \ NEOGEO \ CPS \ GBA \ GBC \ GB \ SFC \ FC \ MD \ GG \ SMSなど11種類のゲームフォーマットをサポートしている。

ディスプレイは4.3インチで、16:9のTFTフルスクリーン液晶を採用。64ビット対応のデュアルコアのCPUとDDR2 SDRAM(64M)メモリでサクサクと動作する。また、「GameSave Manager」搭載で進行状況を自動で保存。microSDカードスロット搭載なほか、外部出力にも対応する(アナログTV出力/RCA・4端子ジャック)。なお、ゲームタイトル名は全て英語もしくはローマ字表示。言語は一応 日本語設定が可能になっている。バッテリー駆動時間は2時間ほど。レビューによると、収録ゲームは全部で2,660本。内訳はNEOGEO=117本、GBA=744本、SFC=270本、MD=638本、FC=713本、GBC=178本となっている。

続きを読む

Amazonで「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」をチェックする

Amazonで「シュミ RS-97Plus版 3022種」をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種」をチェックする

楽天で「Portable Handheld Game Players 3 」をチェックする

2600種類のゲームが遊べる「Whatsko 2600種 5.1インチ」

Whatsko 2600種 5.1インチ」は2600種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。Arcade・GBA・NES・FC・GB・GBC・MD・SFCなどゲームフォーマットをサポートしている。ディスプレイは5.1インチの大画面(解像度:640 x 360)。AV出力に対応するほか、動画ファイル:RMVB / FLV/MP4 / 3GP、 音楽ファイル:MP3/WMA/WAVもサポートする。

本体のレバーは滑り止め仕様で正確なコントロールが可能。物理ボタンは500万次以上のテストを通過し、頑丈に出来ている。また、8GBのストレージを内蔵し、32GBのmicroSDカードにも対応する。言語は日本語設定が可能。収録ゲームには中国語のみのものも含まれる。ゲーム中のセーブ機能はあり。

Amazonで「Whatsko 2600種 5.1インチ」をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅡ

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅢ

2018年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

2017年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら