中華ゲーム機で盛り上がれ! Whatsko シュミ 最新2019を比較


2019年から新たな中華ゲーム機が続々と登場している。新モデルは新たにセーブ機能を搭載し、スペックも強化。モバイルバッテリー機能やAndroid、Linux OSを搭載するもの、プログラミング対応のものまで販売されている。

目次

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

「Whatsko X15」「RG350」「Whatsko Androidアーケード用互換機」「JXD 5.1インチ 9500 ゲーム」「Whatsko 16700種 Open Source Linux」「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」「Whatsko 2600種 5.1インチ」

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅡ

「シュミ 14000in 1 Open Source Linux」「シュミ アップグレード Open Source Linux 14000種」「シュミ 300種 モバイルバッテリー」「シュミ HDMIゲーム機 800種」

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅢ

「DIKDOC Raspberry Pi 3 Model B」「Whatsko Raspberry Pi ポータブルゲーム機 15000種」「GameShell」「Whatsko スーパーパンドラボックス 7S+14000」

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅣ

「レトロビット ゴーレトロ! ポータブル」「Bittboy V3」「ポータブル 多機能 レトロゲーム機」「Whatsko パンドラボックス 9S  2200 in 1」

2018年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

2017年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

 

Android7.0搭載の物理コントラーラ付きゲーム機が登場!

2019年に入ってからさまざまな中華ゲーム機が登場しているが、中でも注目なのがAndroid7.0搭載の折りたたみ式ゲーム機「Whatsko Androidアーケード用互換機」だ。このゲーム機はAndroid OSを搭載した「GPD XD Plus」や「GPD XD」にそっくり。17種類のゲームフォーマットが入っており、5インチ液晶と5000mAhバッテリーで快適にゲームがプレイできるようになっている。価格は2万円ほどで、「GPD XD Plus」より1万円も安い。

2019 中華ゲーム機の現状について

ここでは2019年 最新の 中華ゲーム機の現状について説明していきます。

Android7.0搭載の物理コントラーラ付きゲーム機が登場!

2019年に入ってからさまざまな中華ゲーム機が登場しているが、中でも注目なのがAndroid7.0搭載の折りたたみ式ゲーム機「Whatsko Androidアーケード用互換機」だ。このゲーム機はAndroid OSを搭載した「GPD XD Plus」や「GPD XD」にそっくり。17種類のゲームフォーマットが入っており、5インチ液晶と5000mAhバッテリーで快適にゲームがプレイできるようになっている。価格は2万円ほどで、「GPD XD Plus」より1万円も安い。

今まで中華ゲーム機は独自OSにエミュレーション機能を入れたものが多く、Android OSを採用したものは少なかった(かつてはAndroid4.4が主流。くわしくはこちらを参照)。スマホ用ゲームも遊べるようになることで、中華ゲーム機に興味をもつ人も増えそうだ。

セーブ機能は当たり前?! モバイルバッテリー付きモデルも

中華ゲーム機はこれまで「スムーズに動かない」、「セーブができない」といった弱点が存在していた。しかし、2019年から登場したモデルの中にはオートセーブ機能が搭載されており、自動でゲームの進行状況を保存。64ビットのクアッドコアCPUを搭載するモデルも増え、アクションゲームなどもキビキビ動作するように改善されている。また、モバイルバッテリーとしてスマホに給電できるモデルや4K画質で外部ディスプレイに出力できるゲーム機も登場。あらかじめ、4つのコントラーラが付属し、4人で楽しめるゲーム機も販売されている。

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

ここでは最も人気が高い2019年の携帯型の中華ゲーム機をまとめて紹介する。Android OSを搭載するもの、大容量ストレージを搭載するもの、複数のエミュレーターを搭載したポータブルゲーム機などがある。

ジョイスティックレバー搭載の携帯用Androidゲーム機「Whatsko X15」(PowKiddy X15)

Whatsko X15」(PowKiddy X15)はAndroid7.0を搭載した ポータブルゲーム機。DC/ONS/NGP/PSP/NDS/PS/N64/MAME/FBA/GBA/GBC/WS/FC/SFC/MD/PCEなど16種類のゲームフォーマットをサポートする。

ディスプレイは5.5インチ、解像度1280 x 720 pxのIPS液晶を搭載。5点タッチに対応するほか、本体に搭載したジョイスティックレバーと物理ボタンでスムーズにコントロールできる。CPUは4コアA53 64ビットプロセッサ1.3GHzで、2GB DDR3メモリ、32GB EMMCストレージを搭載する。また、バッテリー容量は3000mAh。HDMI出力をサポートし、外部ディスプレイやテレビに出力できる。

追記:中身は「Whatsko Androidアーケード用互換機」とほぼ同じで設定方法もほぼ同じです(※ワンダドロイドが入ってます)。言語設定はデフォルトで中国語ですが、設定から日本語に変更可能。microSDカードからゲームROMを内蔵HDの所定の場所にコピーすることで手持ちのPS1ゲームなども遊べるようになります。

続きを読む

Amazonで「Whatsko X15」をチェックする

Amazonで「LUCKY 7インチ 10000in1 デュアルレバー」をチェックする

AliExpressで「PowKiddy X15」をチェックする

14000ゲーム&360度レバー搭載「RG350」

RG350」は14000以上のゲームを内蔵した中華ポータブルゲーム機。Linuxシステムを採用し、PS1,CPS1,FBA,NEOGEO,POCKET,GBA,GBC,GB,SFC,MDなど20種以上のエミュレーターに対応している。液晶ディスプレイは3.5インチのIPS液晶を採用。JZ4770デュアルコア プロセッサと 512M DDR2メモリとの組み合わせでスムーズに動作するほか、16GBストレージも搭載する。また、本体には十字キーやボタンのほかに360度のジョイスティックレバーを搭載。最大128GBのストレージ拡張や音楽再生・電子書籍の閲覧にも対応する。

続きを読む

Amazonで「RG350」をチェックする

楽天市場で「RG350」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG350」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG350」(※日本への発送はできません)をチェックする

Geekbuyingで「RG350」をチェックする

AliExpressで「RG350」をチェックする

Android7.0の折りたたみ式ゲーム機「Whatsko Androidアーケード用互換機」(PowKiddy X18)

Whatsko Androidアーケード用互換機」(PowKiddy X18)はAndroid7.0 OSを搭載したポータブルゲーム機。ドリームキャスト、ネオジオポケット、PSP、ニンテンドーDSなど(DC/ ONS/NGP/PSP/ NDS /PS /N64/ MAME/FBA/GBA /GBC/WS/FC/SFC/MD/PCE)17種類のゲームフォーマットをサポートする。

液晶サイズは5インチで本体は折りたたみ式。ジョイスティックや十字キーなどの物理ボタンを搭載する。また、本体に5000mAhバッテリーを搭載し、長時間プレイすることも可能。HDMI 出力に対応し、テレビや外部ディスプレイに接続して大画面でプレイできる。そのほか、Wi-Fi通信に対応。本体にはSDカードスロットも備えている。

Amazonで「Whatsko Androidアーケード用互換機」をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko Androidアーケード用互換機」をチェックする

楽天市場で「携帯ゲーム機」をチェックする

AliExpressで「PowKiddy X18」をチェックする

10000種ゲーム内蔵の「シュミ X19青春版ポータブルゲーム機 」(PowKiddy X19)

「シュミ X19青春版ポータブルゲーム機」(PowKiddy X19)は10000種のゲームを内蔵した7インチの携帯ゲーム機。MD/アーケード/PSなど9種類のシミュレータがサポートされている。また、1800mAhバッテリを搭載。microSDカードで32GBまで拡張できる。そのほか、コントローラにダブルレバージョイスティックを搭載。カスタマイズも可能になっている。

Amazonで「シュミ X19 7インチ 10000in1 ダブルレバー付き」をチェックする

ヤフーショッピングで「シュミ X19 7インチ 10000in1 ダブルレバー付き」をチェックする

AliExpressで「PowKiddy X19」をチェックする

48GBストレージ&9500種のゲームを内蔵する「JXD 5.1インチ 9500 ゲーム」

JXD 5.1インチ 9500 ゲーム」は9500種のゲームを内蔵したポータブルゲーム機。NEOGEO / CPS FC / NES、SFC / SNES / GB / GBC / GBA / SMC / SMD / SEGA のゲームフォーマットをサポートする。ディスプレイは5.1インチLCDカラー液晶を採用。AV出力に対応し、画面を外部ディスプレイやテレビに映し出すことができる。バッテリーは充電式リチウム電池を採用。ストレージは48GB(ホスト:16GB + 32GB TFゲームカード)。セーブ機能搭載で、進行状況を6つまで保存できる。サイズは19.5 x 8.5 x 1.8cm 、 重量は 180g 。カラーはグレイを採用する。

AliExpressで「JXD 5.1 inch video game console 48GB build in 9450」をチェックする

Amazonで「JXD 4.3インチ 3000ゲーム」をチェックする

Amazonで「JXD 4.3インチ 1200 + ゲーム」をチェックする

GearBestで「JXD S192K」をチェックする

AliExpressで「JXD S192K」をチェックする

 

18台のシミュレーターをサポートする「Whatsko 16700種 Open Source Linux」

Whatsko 16700種 Open Source Linux」は16700種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。18台のシミュレーターをサポートし、Arcade、NEOGEO、CPS、GB、MD、GG、SMSなど18種類のゲームフォーマットをサポートする(※16 GBの本体は2700種のゲームを内蔵し、32 GBの内蔵SDカードには14000種類のゲームを収録)。また、PCエンジンのシミュレータ「temper」も利用可能。デュアルコア CPU、DDR2 SDRAM(64M)を搭載し、軽快に動作する。そのほか、AV出力(720P)に対応し、外部ディスプレイやTVに出力することが可能。ディスプレイは4.3インチ(16:9)のIPS液晶で、十字キーの下に360度レバーを備える。

Amazonで「Whatsko Open Source Linux 14000種」をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko 16700種 Open Source Linux」をチェックする

AliExpressで「2019 Upgraded Double system Linux 13000 Games」をチェックする

<レビュー記事を追加済み。リンク先からさらに詳細な情報が分かるようになっています。>

セーブ機能付き「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」

Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」(PAP-KⅢ)は3000種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。Arcade \ NEOGEO \ CPS \ GBA \ GBC \ GB \ SFC \ FC \ MD \ GG \ SMSなど11種類のゲームフォーマットをサポートしている。

ディスプレイは4.3インチで、16:9のTFTフルスクリーン液晶を採用。64ビット対応のデュアルコアのCPUとDDR2 SDRAM(64M)メモリでサクサクと動作する。また、「GameSave Manager」搭載で進行状況を自動で保存。microSDカードスロット搭載なほか、外部出力にも対応する(アナログTV出力/RCA・4端子ジャック)。なお、ゲームタイトル名は全て英語もしくはローマ字表示。言語は一応 日本語設定が可能になっている。バッテリー駆動時間は2時間ほど。レビューによると、収録ゲームは全部で2,660本。内訳はNEOGEO=117本、GBA=744本、SFC=270本、MD=638本、FC=713本、GBC=178本となっている。

続きを読む

Amazonで「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種 64ビット」をチェックする

Amazonで「シュミ RS-97Plus版 3022種」をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko ポータブルゲーム機 3000種」をチェックする

楽天市場で「CZT 4.3インチ ハンドヘルドゲーム 1200」をチェックする

AliExpressで「PAP-KⅢ」をチェックする

2600種類のゲームが遊べる「Whatsko 2600種 5.1インチ」

Whatsko 2600種 5.1インチ」は2600種類のゲームが遊べるポータブルゲーム機。Arcade・GBA・NES・FC・GB・GBC・MD・SFCなどゲームフォーマットをサポートしている。ディスプレイは5.1インチの大画面(解像度:640 x 360)。AV出力に対応するほか、動画ファイル:RMVB / FLV/MP4 / 3GP、 音楽ファイル:MP3/WMA/WAVもサポートする。

本体のレバーは滑り止め仕様で正確なコントロールが可能。物理ボタンは500万次以上のテストを通過し、頑丈に出来ている。また、8GBのストレージを内蔵し、32GBのmicroSDカードにも対応する。言語は日本語設定が可能。収録ゲームには中国語のみのものも含まれる。ゲーム中のセーブ機能はあり。

Amazonで「Whatsko 2600種 5.1インチ」をチェックする

楽天市場で「Goolsky Retromini」をチェックする

ヤフーショッピングで「Whatsko 2600種 5.1インチ」をチェックする

AliExpressで「X9s For PSP Game Player」をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅠ

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅡ

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅢ

中華ゲーム機 Whatsko シュミ 2019 パートⅣ

2018年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら

2017年の中華ゲーム機  まとめ記事はこちら