「realme Band 2」が激安でいい? 低価格スマートバンドと徹底 比較!


5千円台で販売されている「realme Band 2」と低価格スマートバンドを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「realme Band 2」の特徴

realme Band 2」の特徴をまとめてみました。

1.4インチTFT液晶・輝度500nit・50種文字盤

realme Band 2」は1.4インチで解像度167x320pxのTFT液晶を搭載。輝度500nitの明るいスクリーンで、LINEやTwitter、メールなどの通知も見やすく表示できます。また、50種類の文字盤を用意。その日の気分に合わせてデザインを変更することができます。

血中酸素・ストレス・90種スポーツモード

realme Band 2」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応。体の異常をすばやく確認できます。また、ストレスレベルの計測に対応。心拍数や睡眠のモニタリングにも対応し、専用のrealme Linkアプリで確認できます。そのほか、90種類のスポーツモードに対応。ウォーキング、ヨガ、クリケット、サイクリング、バスケット、水泳などのアクティビティを計測することができます。

最大12日間・5気圧防水・音楽コントロール

realme Band 2」は最大12日間駆動する204mAhバッテリーを搭載。マグネット式の充電も利用できます。また、5気圧防水に対応。シャワーや水泳でも利用できます。そのほか、Bluetooth 5.0に対応。スマホの音楽やカメラをウォッチ上でコントロールすることができます。

公式ページ realme Band 2 – realme (日本)

価格を比較

realme Band 2」と「HUAWEI Band 6」、「OPPO Band Style」、「Mi Band 6」の価格を比較してみました。

「realme Band 2」

realme Band 2」は、Amazonで5,880円、楽天市場で5,880円 (税込)、AliExpressでUS $34.97で販売されています。

「HUAWEI Band 6」

HUAWEI Band 6」は、Amazonで7,878円、楽天市場で8,580円 (税込)、ヤフーショッピングで7,280円 (税込)、ビックカメラで8,580円 (税込・858ポイント)、AliExpressでUS $43.75、米国 Amazon.comで$72.99で販売されています。

「OPPO Band Style」

OPPO Band Style」は、Amazonで4,073円、楽天市場で4,480円 (税込)、ヤフーショッピングで4,480円 (税込)、ビックカメラで4,480円 (税込・448ポイント)で販売されています。

「Mi Band 6」

Mi Band 6」は、Amazonで5,990円(10%OFFクーポン付き)、楽天市場で5,990円 (税込)、ヤフーショッピングで5,869円、Banggoodで4,305円、AliExpressでUS $34.09 – 40.96、米国Amazon.comで$44.00 で販売されています。

計測できること・機能を比較

realme Band 2」と「HUAWEI Band 6」、「OPPO Band Style」、「Mi Band 6」の計測できること・機能を比較してみました。

「realme Band 2」

計測できること

血中酸素レベル、心拍数(24時間モニタリング・休息時・運動時)、睡眠、ストレス、消費カロリー、移動距離(※スマホ必須)、女性の健康管理

90種類のスポーツモードに対応

(屋外らインニング、屋外ウォーキング、屋外サイクリング、屋内サイクリング、屋内ランニング、屋外ウォーキング、サッカー、バスケットボール、ウエイトトレーニング、ローイングマシン、エリプティカル、ヨガ、フリートレーニング、卓球、バトミントンなど)

機能

心拍数アラート、水分補給リマインダー、座りすぎ防止リマインダー、音楽再生コントロール、カメラコントロール、スマホ探索、呼吸トレーニング、天気予報、カスタム文字盤、多言語対応、着信通知、メッセージ通知、イベントリマインダー、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、おやすみモード

「HUAWEI Band 6」

計測できること

血中酸素濃度(SpO2・24時間モニタリング)、心拍モニタリング(HUAWEI TruSeen™ 4.0)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSleep™ 2.0)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™)、歩数、消費カロリー、活動時間、中~高強度の活動、月経周期トラッキング

最大96種類のワークアウトモード(ランニング、水泳、サイクリングなど)

機能

ウォッチフェイスの変更(HUAWEI Watch Face Store)、心拍アラート、血中酸素アラート、リマインダー、スマートフォンの通知受信、着信やメッセージの確認、天気情報、音楽再生コントロール(Androidのみ)、遠くから写真撮影ができるリモートシャッター機能

「OPPO Band Style」

計測できること

血中酸素濃度(SpO2)、睡眠モニタリング、心拍数モニタリング(24時間リアルタイム)、呼吸運動、歩数、消費カロリー、

12種類のスポーツモード(屋外ランニング、屋内ランニング、有酸素運動、ウォーキング、屋外サイクリング、屋内サイクリング、エリプティカル、ローイング、クリケット、バトミントン、スイミング、ヨガ)

機能

脂肪燃焼ランニング(心拍数に応じてより効率的なランニングをサポート)、ウォッチフェイスの変更(40種類以上)、座りすぎ防止リマインダー、メッセージ通知、着信通知、呼び出し拒否、タイマー/ストップウォッチ、アラーム、天気予報、音楽再生コントロール、カメラコントロール、スマホ探索(Androidのみ・iOS非対応)、時計(時刻)

「Mi Band 6」

計測できること

血中酸素濃度 SpO2測定、ストレス、歩数、消費カロリー、移動距離、心拍数、睡眠(24時間・血中酸素と心拍と連動)、女性の健康状態

30種類のスポーツモード(※追加されたもの:ダンス、屋内フィットネス、体操、HIIT、コアトレーニング、ストレッチ、ステッパー、ピラティス、バスケットボール、バレーボール、卓球、バドミントンなど、19のスポーツモード。元からあったもの:クリケット、ボウリング、ボクシング、フリーファイティング、ストリートダンス、ズンバ、屋内スケート)

機能

PAI健康評価システム、エクササイズ自動検出(6種類・屋外ランニング、トレッドミル、ウォーキング、屋外サイクリング、エリプティカルマシン、ローイングマシン)、ジェスチャー操作、ウォッチフェイスの変更(130種以上)、赤外線オフザリスト検出機能(NFCモデルのみ)、心拍アラート(異常を知らせる)、

リモートシャッター機能(スマホカメラを操作)、磁気充電(ストラップをつけたまま充電可能)、NFC、Google Pay(グローバル版のみ)、目覚まし時計、タイマー機能、天気や時計の表示、リマインダー機能、ストレスモニタリング機能、深呼吸や休息を勧める機能

スペックを比較

realme Band 2」と「HUAWEI Band 6」、「OPPO Band Style」、「Mi Band 6」のスペックを比較してみました。

「realme Band 2」のスペック

  • ディスプレイ 1.4インチ、解像度167 x 320 pxのTFT液晶
    ※最大輝度500nit
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 204mAh
  • 駆動時間 最大で12日間
  • 充電   時間:約2時間、マグネット式
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.1
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 3軸加速度センサー、心拍センサー、血中酸素レベルセンサー、装着検知センサー
  • 材質 ポリカーボネート
  • ストラップ  幅約18mm、タイプ:取り外し可能なリストストラップ、調節可能な長さ150mm-220mm
  • アプリ realme Linkアプリ
  • 対応OS Android 5.1以上、iOS11.0以上
  • OS 独自OS
  • サイズ 約259.9mm x 約24.7mm x 約12.1mm(ストラップを含む)
  • 重量 約27.3g(ストラップ含む)
  • カラー グレー
  • 付属品 充電台、ユーザーマニュアル

関連記事スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

Amazonで「realme Band 2」をチェックする

楽天市場で「realme Band 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「realme」をチェックする

AliExpressで「realme Band 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「realme smartwatch」をチェックする

「HUAWEI Band 6」のスペック

  • ディスプレイ 1.47インチ、解像度194 x 368 pxのAMOLED(有機EL)液晶
    ※282PPI/画面占有率64%/4WAYタッチスクリーン(直観的に操作)/画面表示領域148%拡大
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 通常使用で14日間
  • 充電 5V 0.5A/1A/1.5A/2A ※マグネット式充電器によるわずか5分の充電で2日間使用可能
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE
  • NFC 非対応・利用できません
  • インターフェース 充電端子(磁気充電ポート)
  • ボタン スクリーンタッチ+サイドボタン
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー
  • 材質 耐久性のあるポリマー
  • 防水 5 ATM(5気圧防水・50m防水) ※プール、海の浅瀬で使用可能
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 9.0以上
  • サイズ 約25.4(W)x 約43(H)x 約10.99(D、最薄部)mm
  • 重量 約18 g(ベルトを含まず)
  • カラー グラファイトブラック,フォレストグリーン,アンバーサンライズ,サクラピンク

関連記事「HUAWEI Band 6」の実力は? 新世代スマートバンドと徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI Band 6」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI Band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI Band 6」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI Band 6」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI Band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「HUAWEI Band 6」をチェックする

「OPPO Band Style」のスペック

  • ディスプレイ 1.1 インチ、解像度126 x 294 pxのAMOLED液晶
    ※DCI-P3色域100% / 最大50文字表示 / 2.5D強化ガラス/タッチ対応
  • プロセッサ Apollo3
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 16 MB
  • バッテリー 100mAh
  • 駆動時間 最大で12日間
  • 充電 マグネット
  • 電源 5V 200mA以上
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 3軸加速度センサー、光学式心拍センサー、光学式SpO2センサー
  • 防水 5ATM(5気圧防水・50m防水)
    ※水泳時の消費カロリー、泳いだ距離、ペースを記録
  • 本体の素材 フロント: 2.5D曲面スクラッチ耐性強化ガラス バック: PC
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android™6.0以上iOS 12.0以上
  • サイズ 約40.4mm x 約17.6mm
    ※心拍センサーを含めて約11.95mm
  • 重量 約10.3g (本体のみ)
  • カラー ブラック、バニラ(別途スポーツストラップを同梱)

関連記事「OPPO Band Style」は魅力的か? 人気5千円スマートバンドと徹底 比較!

Amazonで「OPPO Band Style」をチェックする

楽天市場で「OPPO Band Style」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Band Style」をチェックする

ビックカメラで「OPPO Band Style」をチェックする

「Mi Band 6」のスペック

  • ディスプレイ 1.56インチ、解像度152 x 486 pxのAMOLED液晶
    ※326PPI/450nit/指紋防止コーティング/強化ガラス/フルスクリーン/ジェスチャー操作
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 125 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで14日間、通常使用で7日間
  • 充電 マグネット式
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • GPS  なし・センサーを内蔵していません
  • NFC  対応・グローバルモデルのみ
  • インターフェース 充電端子
    ※画面上のボタンは廃止されました。
  • センサー Gセンサー、心拍数センサー、睡眠センサー、PPGバイオセンサー※GPSセンサーは搭載していません
  • 防水 5気圧 防水(水深50mまで)
    ※水泳、水しぶき、雨や雪、シャワー、シュノーケリングで使用可能
  • 音声アシスタント 非対応(グローバル版)
  • アプリ MiSports
  • 言語 日本語を含む38のマルチ言語に対応
  • 対応OS  Android 5.0以上、もしくはiOS10.0以上
  • OS 独自OS
  • サイズ 47.4×18.6×12.7mm
  • 重量 12.8g
  • ストラップ 肌にやさしいプラスチック素材
  • カラー ストラップ色がブラック、オレンジ、イエロー、オリーブ、アイボリー、ブルーの6種類

関連記事「Mi Band 6」と最新スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Mi Band 6」をチェックする

楽天市場で「Mi Band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Band 6」をチェックする

Banggoodで「Mi Band 6」をチェックする

AliExpressで「Mi Band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「Mi Band 6」をチェックする

「realme Band 2」のメリット・デメリット

realme Band 2」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.4インチのTFTディスプレイが見やすい

realme Band 2」は1.4インチで解像度167 x 320 pxのTFT液晶を搭載しています。最大輝度500nitの明るいディスプレイで通知やメッセージも見やすく表示できます。

一方、「HUAWEI Band 6」は1.47インチで解像度194 x 368 pxのAMOLED(有機EL)液晶を搭載しています。「OPPO Band Style」は1.1 インチで解像度126 x 294 pxのAMOLED液晶を搭載しています。「Mi Band 6」は1.56インチで解像度152 x 486 pxのAMOLED液晶を搭載しています。

・血中酸素&ストレスの計測に対応

realme Band 2」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応し、体の異常をすばやく確認できます。また、ストレスレベル、心拍数、睡眠のモニタリングにも対応し、専用のrealme Linkアプリで確認できます。

一方、「HUAWEI Band 6」と「Mi Band 6」は血中酸素&ストレスに対応しています。「OPPO Band Style」は血中酸素に対応しています。

・90種類のスポーツモードに対応

realme Band 2」は90種類のスポーツモードに対応し、ウォーキング、ヨガ、クリケット、サイクリング、バスケット、水泳などのアクティビティを計測することができます。

一方、「HUAWEI Band 6」は最大96種類のワークアウトモードに対応しています。「OPPO Band Style」は12種類のスポーツモードに対応しています。「Mi Band 6」は30種類のスポーツモードに対応しています。

・204mAhバッテリー搭載で最大で12日間駆動できる

realme Band 2」は204mAhバッテリー搭載で最大で12日間駆動できます。

一方、「HUAWEI Band 6」は通常使用で14日間駆動するバッテリーを搭載しています。「OPPO Band Style」は最大で12日間駆動する100mAhバッテリーを搭載しています。「Mi Band 6」は通常使用で7日間駆動する125mAhバッテリーを搭載しています。

・Bluetooth 5.1に対応

realme Band 2」はBluetooth 5.1に対応し、スマートフォンともスムーズに接続できます。

一方、「HUAWEI Band 6」、「OPPO Band Style」、「Mi Band 6」はBluetooth5.0に対応しています。

・5気圧防水に対応

realme Band 2」は5気圧防水に対応し、シャワーや水泳でも利用できます。

一方、「HUAWEI Band 6」、「OPPO Band Style」、「Mi Band 6」は5気圧防水に対応しています。

・厚さ約12.1mmで重さ約27.3gの軽量ボディ

realme Band 2」は厚さ約12.1mmで重さ約27.3gの軽量ボディになっています。

一方、「HUAWEI Band 6」は厚さ約10.99mmで重さ約18 g(ベルトを含まず)になっています。「OPPO Band Style」は重さ約11.95mmで重さ約10.3g (本体のみ)になっています。「Mi Band 6」は厚さ12.7mmで重さ12.8gになっています。

デメリット

・GPSセンサーが内蔵されていない

realme Band 2」はGPSセンサーが内蔵されていないため、移動距離・ペース・ルートを計測するためにはスマートフォンが必ず必要になります。

一方、「HUAWEI Band 6」、「OPPO Band Style」、「Mi Band 6」もGPSセンサーが内蔵されていません。

・急速充電に対応していない

realme Band 2」は急速充電には対応していません。マグネット式の充電には対応しています。

一方、「HUAWEI Band 6」は急速充電に対応し、5分の充電で2日間使用できます。「OPPO Band Style」と「Mi Band 6」は急速充電に対応していません。

「realme Band 2」の評価

realme Band 2」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★★

<総合評価>

realmeから発売されている低価格なスマートバンドです。人気の高い「Mi Band 6」よりもディスプレイの横幅が広く、通知やメッセージがより見やすく表示できます。ディスプレイのデザインは「HUAWEI Band 6」に似ていますが、「realme Band 2」の方が価格が2~3千円ほど安くなります。

また、90種類のスポーツモードに対応し、さまざまなスポーツアクティビティを計測できるというメリットもあります。「Mi Band 6」は30種類なので「realme Band 2」の方がより多くのスポーツ・フィットネスアクティビティを計測できます。

さらに最大で12日間駆動できる204mAhバッテリーを搭載。「Mi Band 6」は125 mAhバッテリー搭載なので約2倍多い容量になります。

ただし、他の低価格スマートバンド同様にGPSセンサーが内蔵されていません。血中酸素レベル、心拍数、睡眠、ストレスなどの基本的な測定機能はあるので、シンプルに使えればいいと考えている人は問題ないでしょう。

価格は税込5,880円。かなり安いので初めてスマートバンドを使う人におすすめ。もちろん、低価格で高性能なスマートバンドが欲しい人にもおすすめです。

「realme Band 2」の販売・購入先

realme Band 2」は、

Amazonで5,880円、

楽天市場で5,880円 (税込)、

AliExpressでUS $34.97、

で販売されています。

Amazonで「realme Band 2」をチェックする

楽天市場で「realme Band 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「realme」をチェックする

AliExpressで「realme Band 2」をチェックする

米国 Amazon.comで「realme smartwatch」をチェックする

 

 

 

他のスマートバンドと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

HUAWEI Band 6

OPPO Band Style

Mi Band 6

Honor band 6

Amazfit Band 5

HUAWEI Band 4e

Amazfit Bip S Lite

TicWatch GTH

OPPO Watch Free

Redmi Watch 2 lite

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のスマートバンドをまとめて紹介しています。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新スマートウォッチをまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較

Garminのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ

<Apple / アップル>

Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較