VRヘッドセットのおすすめはコレ!スマホ&PC用 全機種を比較


2018年から2019年にかけてVRヘッドセット・VRゴーグルの新製品が続々と登場している。「VIVE Pro」などの本格派や「Windows Mixed Reality」対応モデル、そしてPC不要のスタンドアロン型のラインナップが充実。ここではそうした最新のモデル全機種を全体的に振り返ってみる。

新世代のVRヘッドセットが続々と登場

HTCから新型の「VIVE Pro」が発売されたことで再びハイスペックなVRヘッドセットに注目が集まっている。旧モデルからディスプレイ解像度、装着感、サウンドが大幅に改善され、よりリアルなVR世界を楽しむことが可能になっている。また、新たにPCなしでも使える「Oculus Go」、レノボ「Mirage Solo」「Oculus Quest」などが日本で発売。より手軽に、かつ実体験に近いバーチャル空間を味わえることで注目を集めている。これから「HTC Vive Focus」なども日本で一般販売される予定でさらにVR市場は盛り上がっていきそうだ。

高級モデルが6万円台に値下げ・プレステVRは3万円台に

一方、旧モデルの「HTC VIVE」や「Oculus Rift 」は値下げされ、現在は6万円台で購入可能になっている。発売から時間が経っているものの、ハイスペックな性能は未だに健在。専用コントローラーやワイヤレスキットなどの新しいオプションも続々と登場し、新しい楽しみ方ができるようになっている。また、ソニーの「プレイステーションVR」は税別3万4980円に値下げ。人気漫画「ワンピース」などの新作ゲームも登場予定になっている。

Windows Mixed Realityのラインナップ充実・3万円台モデルも

マイクロソフトのWindows Mixed Realityに対応したMRヘッドセットも続々と登場している。デル、Acerのほかにも、レノボ、HP、富士通、サムスン製のものが発表され、すでに販売がスタートしている(※ASUS製のものはまだ発売されていない)。

これらの製品はすべて「Oculus Rift」や「HTC Vive」で必要だった外部GPU(ディスクリートGPU)不要で利用でき、セットアップ時に外部センサーを設置する手間も必要ない。値段も3〜4万円台から購入でき、PCのスペックさえクリアすれば、手軽に導入することが可能だ。Windows10 搭載のPCで本格的なVRを体験したいのなら、やはりWindows Mixed Realityに対応したMRヘッドセットを購入すべきだろう。

最新スタンドアローン型VRヘッドセット&HMD ラインナップ 一覧

ここでは最新のスタンドアローン型VRヘッドセット&HMDをまとめて紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

「Oculus Quest 2」

Oculus Quest 2」はPC不要で使えるスタンドアロン型のVRヘッドセット。重さ503gのボディに解像度1,832×1,920ドットのLCDディスプレイを搭載。 Qualcomm Snapdragon XR2プロセッサ、6GBメモリ、64/256GBストレージを備えるほか、

6DoF(体の前後・左右・上下の動きを認識)、90Hzリフレッシュレート(アップデートでに対応)、ハンドトラッキング機能(バーチャル空間でのジェスチャー操作)、Oculus Link機能(PCと接続)、PCゲーム・Steamゲーム(対応するゲームのみ)、VRゲーム、動画の視聴(YouTube、DMM、Netflix、Amazonプライム・ビデオなど)、Oculus Questストア、Oculus Riftストア、通話・メール、USB Type-C、Wi-Fi 6、Bluetoothにも対応している。

続きを読む

Amazonで「Oculus Quest 2」をチェックする

ビックカメラで「Oculus Quest 2」をチェックする

Banggoodで「Xiaomi X OCULUS VR Glasses」をチェックする

AliExpressで「Oculus」をチェックする

「Oculus Quest」

Oculus Quest」は6DoF(頭・体の6方向)の検知に対応のスタンドアロン型(PC不要で使える)のVRヘッドセット。重さ571gのボディに解像度は3,200×1,440(単眼1,600×1,440)のOLED液晶(有機EL)を搭載。2〜3時間ほど駆動するバッテリー、 64GB or 128GBストレージ、6DoF対応のコントローラー「Oculus Touch」(付属)、USB Type-Cポート、3.5mmオーディオジャックを備えるほか、リフレッシュレート 72Hz、ルームスケールトラッキング、ポジショントラッキングにも対応する。

続きを読む

Amazonで「Oculus Quest」をチェックする

「Mirage Solo」

レノボ「Mirage Solo」は6DOFに対応したスタンドアロン型のVRヘッドセット。645gのボディに5.5インチ、解像度2560×1440ドットの液晶を搭載。4,000mAhバッテリー、USB type-Cポート、ジャイロセンサーを備えるほか、Googleのトラッキング技術「WorldSense」、リフレッシュレート75Hz、Daydream 2.0、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Mirage Solo」をチェックする

米国 Amazon.comで「MARVEL Dimension of Heroes (Lenovo Mirage AR)」をチェックする

「Oculus Go」

Oculus Go」はパソコンとの接続を必要とせずスタンドアロンで動作するVRヘッドマウントディスプレイ。トラッキング・コントローラーを装備し、3DOFヘッドトラッキングに対応するため、パソコンやケーブルに接続せず使用できる。

続きを読む

Amazonで「Oculus Go」をチェックする

米国 Amazon.comで「Oculus Go」をチェックする

「VIVE Pro」

VIVE Pro」はPCと接続して使用するVRヘッドマウントディスプレイ。解像度2880×1600ドットのデュアル有機ELディスプレイを搭載した。2眼式の前面カメラや着脱可能なハイレゾ対応ヘッドフォン、アクティブノイズキャンセルに対応したデュアルマイクを備えている。

続きを読む

Amazonで「VIVE Pro」をチェックする

ツクモで「VIVE Pro HMD」をチェックする

Windows Mixed Reality対応 MRヘッドセット おすすめ まとめ

ここではマイクロソフトのWindows Mixed Realityに対応したMRヘッドセットをまとめて紹介します。デル、Acer、レノボ、HP、富士通、サムスン製のもの(「Dell Visor」「Acer AH101」「Lenovo Explorer 」「HP Windows Mixed Reality Headset」「Samsung HMD Odyssey」「FMVHDS1」)は販売中です。

「Dell Visor」

Dell Visor」はWindows Mixed Reality プラットフォームを採用したデル製のMRヘッドセット。Microsoft HoloLensテクノロジーを活用したインサイドアウト方式のトラッキングカメラを搭載。没入感あふれる360度のパノラマビューが楽しめる。

続きを読む

Amazonで「Dell Visor」をチェックする

ビックカメラで「Dell Visor」をチェックする

「Acer AH101」

Acer AH101」はWindows Mixed Reality対応のMRヘッドセット。外部センサーを必要としないインサイドアウト方式のトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵。視界の広い複合現実の体験を手軽に楽しめる。

続きを読む

Amazonで「Acer AH101」をチェックする

「Lenovo Explorer 」

Lenovo Explorer」(with Motion Controllers)は現実と仮想の空間を複合させるというMicrosoftによる「複合現実(Mixed Reality)」技術に対応したヘッドセット。重さ380gの超軽量ボディに6軸の6DoFを搭載。外部センサーなしで本格的なVR体験が楽しめる。モーションコントローラも2個付属する。

続きを読む

Amazonで「Lenovo Explorer」をチェックする

レノボ公式ショップで「Lenovo Explorer」をチェックする

「HP Windows Mixed Reality Headset」

HP Windows Mixed Reality Headset」(コントローラー付き)は現実と仮想の空間を複合させるというMicrosoftによる「複合現実(Mixed Reality)」技術に対応したヘッドセット。映像表示などを行なうゴーグル型のヘッドセットとつの「モーションコントローラー」がセットになっている。

ディスプレイは2.89インチ×2で、解像度はそれぞれ1440×1440ドット)。視野角は最大100度。前方にはトラッキングカメラ×2も装備する。接続はHDMI 2.0およびUSB 3.0。

トラッキング用の外部センサーは不要。ヘッドセットの内蔵センサーによりコントローラーがトラッキングされるため、動きに対してより自然に反応する。

Amazonで「HP Windows Mixed Reality Headset」をチェックする

ビックカメラで「HP Windows Mixed Reality Headset」をチェックする

「Samsung HMD Odyssey」

Samsung HMD Odyssey」はWindows Mixed Reality対応のMRヘッドセット。インサイドアウト方式のトラッキングを採用しているため、外部センサーなしで本格的なVR体験が楽しめる。

ディスプレイは3.5インチ(1440×1600ピクセル)のAMOLED(アクティブマトリクス有機EL/ 2眼デュアル)を搭載。明るく鮮明な画像で没入感を高めることができる。リフレッシュレートは60/90Hz。水平視野角は110度。

Harman Internationalの「AKG」ブランドのヘッドフォン、アレイマイクを内蔵し、360度の完全なサラウンド体験が可能。製品にはMicrosoftのモーションコントローラも付属する。

Amazonで「Samsung HMD Odyssey」をチェックする

「FMVHDS1」

富士通「FMVHDS1」はWindows Mixed Reality対応のMRヘッドセット。製品はヘッドマウントディスプレイとモーションコントローラーのセットで、CyberLinkの「Power Media Player MR for FUJITSU」を同梱。動画サイトYouTube上の360度コンテンツを楽しめる。

ディスプレイは2.89インチ×2、解像度は2880×1440ドット(1440×1440ドット×2)。リフレッシュレートは最大90Hz。加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、トラッキングカメラを備えるほかUSB 3.0とHDMIを装備。本体のサイズはW182×D138×H290mmで、重量は415g。ケーブル長は4mでカラーはブラックを用意する。

なお、左手用、右手用各1個のモーションコントローラーは、Windows、メニュー、サムスティック、トリガー、グラブ、タッチパッドなどのボタンを装備。Bluetooth v4.0によるワイレス接続が可能で、単3形乾電池×2(※コントローラー1個)で動作する。サイズはW119×D153×H119mmで、重量は約135g。

Amazonで「FMVHDS1」をチェックする

ビックカメラで「FMVHDS1」をチェックする

型落ち VRヘッドセット&HMD おすすめ まとめ

ここでは型落ち VRヘッドセット&HMDを紹介していきます。「Oculus Rift」「プレイステーションVR」 「HTC Vive」などがあります。

「Oculus Rift」

Oculus Rift」はOculus社が開発・発売している本格的なVRヘッドセット。製品版は試作機であるCrescent Bayを改良し、解像度が2160×1200になり、オーディオシステムの統合も図られている。

続きを読む

Amazonで「Oculus Rift」をチェックする

米国 Amazon.comで「Oculus Rift」(日本への発送も可)をチェックする

「プレイステーションVR」

プレイステーションVR」はPlayStation 4専用のVRシステム。仮想空間の迫力のスクリーンでPS4用ソフトがプレイできる。PlayStation 4のソフト以外にも、映像コンテンツ、シェアプレイやLive from PlayStationなどのソーシャル機能が楽しめるシネマティックモードも搭載。全天球カメラなどで撮影された360度全方向を見渡せる写真や動画も再生できる。

続きを読む

Amazonで「プレイステーションVR」をチェックする

HTC Vive」

HTC Vive」はPCゲームプラットフォーム「Steam」を運営するValveとHTCが共同開発したVRヘッドセット。「Steam」上で公開されている250を超えるVive用のゲームタイトルで360度の迫力ある映像が楽しめる。

2つのベースステーション、2つのワイヤレスコントローラを搭載。外部センサーや両手コントローラーとの併用で没入感を高めている。ヘッドマウントディスプレイは、解像度2,160×1,200ドット(両眼)、視野角110度。リフレッシュレート90Hz。フロントカメラと32個のセンサーも内蔵する。

Amazonで「HTC Vive」をチェックする

スマホで使えるVRゴーグル&HMD おすすめ まとめ

スマホで使えるVRゴーグル&HMDのおすすめモデルをまとめて紹介します。「Galaxy Gear VR」「Daydream View」「Xiaomi Mi VR Play2」「ZEISS VR ONE Plus」エレコム「P-VRGR03」「docooler Magicsee M1」などがあります。

<サムスン Galaxyシリーズ対応>

「Galaxy Gear VR」

Galaxy Gear VR 」はスマートフォン「Galaxy」シリーズをヘッドセットに装着するだけでVRコンテンツを体験できるVRヘッドセット。前モデルよりもより高い没入感と快適な着け心地を感じられるように改善されている。

続きを読む

Amazonで「Galaxy Gear VR 」をチェックする

ビックカメラで「Galaxy Gear VR」をチェックする

<Daydream対応スマートフォンで使用できるもの>

「Daydream View」

Daydream View」はスマートフォンを装着して使用するVRヘッドセット。YouTubeやGoogle Playムービーなどに用意されたVRコンテンツが臨場感豊かに楽しめる。

続きを読む

Amazonで「Daydream View」をチェックする

米国 Amazon.comで「Daydream View」(日本への発送も可)をチェックする

<スマートフォンをセットして使用するもの>

「Xiaomi Mi VR Play2」

Xiaomi Mi VR Play2」はスマートフォンと接続してバーチャル動画を再生するVRグラス。対応スマートフォンであれば、VRヘッドセットとしてXiaomiのVRプラットフォーム「MIUI VR」の動画、ゲームが楽しめる。

続きを読む

AliExpressで「Xiaomi Mi VR Play2」をチェックする

「ZEISS VR ONE Plus」

ZEISS VR ONE Plus」はスマートフォンに対応したVRヘッドセット。独自の設計で装着時のピント位置調整が不要なほか、眼鏡をかけたままでも使用することができる。

続きを読む

Amazonで「ZEISS VR ONE Plus」をチェックする

「P-VRGR03」

エレコム「P-VRGR03」はスマートフォンを取り付けて仮想世界が楽しめるVRグラス。専用VRアプリをインストールするだけで360度の臨場感あふれる映像が体験できる(※別途スマホが必要)。

レンズには新たに開発した「デュアルレンズ」を採用。通常の球面レンズでは異なる光の波長がレンズを通ることで発生する色収差(ボケ)を補正し、高精細な映像を楽しめる。また、色収差(ボケ)によるVR酔いを軽減。本体上部のダイヤルで、左右の目の幅に合わせて見やすい位置に調節ができる「目幅調節機構」、焦点距離の調節ができる「視界距離ダイヤル」を備えている。

Amazonで「P-VRGR03」をチェックする

「docooler Magicsee M1」

docooler Magicsee M1」はNibiru OS(Android 4.4ベース)を搭載したVRヘッドセット。スマートフォンやPCを使用することなく、3D対応の動画やゲームが楽しめる。

続きを読む

その他のおすすめVRヘッドセット&動画製品

その他のおすすめVRヘッドセット&HMDは以下のページにまとめてあります。Android OS搭載モデルや4K対応モデルもあるので、ぜひ比較してみてください。

スタンドアローン型のレアなVRヘッドセット おすすめ 比較

あまり知られていないレアなVRヘッドセットをまとめて紹介しています。

ディスプレイゴーグルでスマホ・PC画面を超巨大化

スマホ・PC画面を超巨大化するディスプレイゴーグルを紹介しています。

スマホ画面を巨大化する激安ミラキャスト ドングル まとめ

スマホ画面を巨大化するミラキャスト ドングルを紹介しています。

Android TV BOXが急激にハイスペック化! 2019 モデル 比較

Android TV BOXをまとめて紹介しています。