「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」Android9.0の激安タブレット


AmazonでAndroid 9.0を搭載した10.1型のタブレット「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」が販売されている。1万円台で購入できるAndroid9.0のタブレットとして注目の製品。「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」に迫る性能を持っている。

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」はDragon Touch・ファーウェイよりもお買い得?!

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は、低価格タブレットして人気があった前モデル「Cube iPlay 10」のスペックを強化した最新モデルだ。

フルHDのIPS液晶や32GBストレージを搭載し、メモリは2GBから3GBへ強化。カメラは背面200万画素、前面30万画素から背面500万画素、前面200万画素になり、通信面では高速かつ途切れにくい通信が可能なWi-Fiデュアルバンドにも対応した。

また、OSがAndroid6.0からAndroid9.0にアップグレード。ボディはフルメタル仕様で高級感があり、より薄く、軽くなっている。

ALLDOCUBE iPlay10 Pro」の価格はAmazonで16,800円(GearBestで12066 円)。Android 8.1 を搭載した10.1型のタブレット「Dragon Touch K10 2019」(2GB・16GB・HD液晶)よりも少々高くなるが、性能面で上回っていることを考慮するとむしろ圧倒的に安い(※ALLDOCUBE iPlay10 ProはフルHDのIPS液晶、3GBメモリ、32GBストレージを搭載)。

HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」(Wi-Fi・3GB・32GB)の価格は28,000円ほどなので、1万円以上安いのも魅力的だ。Android9.0で使えるコスパの高い10.1型のタブレットを探している人におすすめしたい。

公式製品紹介ページはこちら
https://www.alldocube.com/en/products/mtk/iplay10pro.html/

非公式レビュー動画 ディスプレイやボディの質感・操作の様子が分かる

Amazonで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

GearBestで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

Banggoodで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

AliExpressで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

このページ内の目次

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」の概要

3GBメモリ・32GBストレージ・Android9.0 搭載

ALLDOCUBE iPlay10 Pro」はAndroid 9.0を搭載した10.1型のタブレット。厚さ 8.9mmのボディに MediaTek MTK8163 クアッドコア CPUと3GB RAMを搭載。フルHD画質のIPS液晶、6600mAhバッテリー、32GBストレージ、背面500万画素、前面200万画素カメラを備えるほか、Google Play ストア、Wi-Fiデュアルバンド、GPS、OTG、Wi-Fi Direct、Wi-Fi Display にも対応している。

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」 スペック 一覧

  • ディスプレイ10.1インチ解像度1920 x 1200のIPS液晶
    ※10点マルチタッチ / 225 ppi / 自動明るさ調整モード / 目の保護(アイケア)モード /リーディングモード
  • プロセッサ MediaTek MTK8163 Quad Core 1.5GHz
  • GPU ARM Mali-720
  • RAM(メモリ) 3 GB
  • ストレージ容量 32GB
  • バッテリー 6600mAh
  • 背面カメラ 500万画素
  • 前面カメラ 200万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0
  • インターフェース MicoUSB 2.0 、Micro HDMI、microSDカードスロット、3.5mmジャック
  • OS Android 9.0
  • サイズ  24.13 x 17.17 x 0.89 cm (L x W x H)
  • 重量  約510g
  • カラー  グレイ

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」のベンチマーク

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「45367」、CPUで「21138」、GPUで「2780」、UXで「17661」、MEMで「3788」。

参考資料「Teclast P80 Pro」のベンチマーク

参考資料として「Teclast P80 Pro」のベンチマークを紹介します。

「Teclast P80 Pro」のAnTuTu ver.7 アプリによるベンチマークスコアは総合で「44713」、CPUで「21713」、GPUで「2706」、UXで「15916」、MEMで「4378」。

参考資料「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のベンチマーク

参考資料として「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のベンチマークを紹介します。

「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のAnTuTu ver.7 アプリによるベンチマークスコアは総合で「89427」、CPUで「41583」、GPUで「13208」、UXで「24199」、MEMで「10437」。

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」スペック 詳細

以下、「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」の詳細なスペック 情報を掲載していきます。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶を搭載。ピクセル密度 225 ppi の明るく色鮮やかな液晶で、快適にアプリや動画を楽しめる。また、10点マルチタッチに対応し、快適に操作することが可能。周囲の明るさに合わせて最適な明るさに調整する「自動明るさ調整モード」、 目の負担を軽減する「アイケアモード」 、読書に最適な「リーディングモード」も備えている。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドット のIPS液晶を搭載。独自の映像最適化技術 ClariVuを採用し、ブルーライト軽減機能も備えていた。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサは MediaTek MTK8163 Quad Core 1.5GHz 、RAM(メモリ)は3 GBを搭載。グラフィック(GPU)は ARM Mali-720 を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のプロセッサはHiSilicon Kirin 659 オクタコア 、RAMは3GB、グラフィック(GPU)はMali-T830 MP2を採用していた。

バッテリー容量・駆動時間はどれくらい?

バッテリー容量は6600mAh。動画再生時で6時間駆動する。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のバッテリー容量は7500 mAh で、動画再生時で約13時間、音楽再生時で 約56時間 駆動できた。また、急速充電(9V/2A)に対応し、約2.9時間でフル充電することができた。

ストレージ容量はどれくらい?

ストレージ容量は32GB。microSDカードで最大 128GBまで拡張できる。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のストレージ容量は32GBで、microSDXCカードで最大256GBまで拡張できた。

カメラはどうなってる?

カメラは背面500万画素、前面200万画素。オートフォーカスやフラッシュも利用できる。また、MP4形式で動画を録画できる。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のカメラは背面800万画素、前面800万画素だった。

通信・Wi-Fi・Bluetooth は?

通信はWi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0をサポート。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10」のWiFi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2をサポートしていた。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはMicoUSB 2.0 、Micro HDMI、microSDカードスロット、3.5mmジャック。デュアルスピーカーとマイクも内蔵する。搭載センサーは重力センサー、光センサー、距離センサー、ホールエフェクタ。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のインターフェースはUSB Type-C、3.5mmステレオジャックで、搭載センサーは指紋認証、加速度、照度、電子コンパス、ホール、距離だった。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは24.13 x 17.17 x 0.89 cm (L x W x H)で、重量は約510g。カラーはグレイをラインナップする。

なお、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」のサイズは約243.4×162.2×7.6mmで、重量は約480gだった。

Amazonで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

GearBestで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

Banggoodで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

AliExpressで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」と「Cube iPlay 10」の違い

ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は前モデルの「Cube iPlay 10」とどのように違っているのだろうか? スペックや機能を比較しながら、その違いを明らかにしてみよう。

ディスプレイの違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は10.1インチ、解像度1920 x 1200のIPS液晶
※「Cube iPlay 10」は10.6インチ、解像度1920 x 1080のIPS液晶

メモリの違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は 3GB
※「Cube iPlay 10」は 2GB

バッテリーの違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は6600mAh
※「Cube iPlay 10」は6000mAh

カメラ性能の違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は 背面500万画素、前面200万画素
※「Cube iPlay 10」は 背面200万画素、前面30万画素

通信性能の違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」はWi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0をサポート
※「Cube iPlay 10」はWiFi 802.11 a/b/g/n/(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.0をサポート。5GHzの高速Wi-Fiに対応していたが、Wi-Fiデュアルバンドには対応していなかった。

OSの違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は Android9.0
※「Cube iPlay 10」は Android6.0

サイズ&重さの違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は24.13 x 17.17 x 0.89 cm (L x W x H)で、重量は約510g
※「Cube iPlay 10」は267.7 x 168 x 9.53mmで、重量は600g

機能の違い

※「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は「自動明るさ調整モード」、 「アイケアモード」 、「リーディングモード」を搭載
※「Cube iPlay 10」は上記の機能がない

プロセッサ、ストレージ容量、インターフェースは同じ

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」と「Cube iPlay 10」は共通するスペックもあり、プロセッサ(MediaTek MTK8163)、ストレージ容量(32GB)、インターフェース(MicoUSB 2.0 、Micro HDMI、microSDカードスロット、3.5mmジャック)は同じになっている。

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」VS 「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」

ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は 「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」(Wi-Fi・3GB・32GB)とどのように違っているのだろうか? スペックや機能を比較しながら、その違いを明らかにしてみよう。

リーディングモードがある

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は、周囲の明るさに合わせて最適な明るさに調整する「自動明るさ調整モード」、 目の負担を軽減する「アイケアモード」 、読書に最適な「リーディングモード」が使えるようになっている。一方、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」はディスプレイに独自の映像最適化技術 ClariVuを採用。目の負担を軽減するブルーライト軽減機能も備えている。

動作スピードで劣る

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」はMediaTek MTK8163 クアッドコア CPUと 3 GB メモリを搭載し、ベンチマークスコアは総合で4万以上。一方、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」は HiSilicon Kirin 659 オクタコア CPUと3GBメモリを搭載し、ベンチマークスコアは総合で「89427」。「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」の方が約4〜5万ベンチマークスコアが高いことから、より高速に動作することが分かる。

バッテリー容量で差あり 急速充電に非対応

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は6600mAhで、動画再生時で6時間駆動できる。 一方、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」は 7500 mAh バッテリーを搭載し、動画再生時で約13時間、音楽再生時で 約56時間 駆動できた。バッテリー容量は「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」の方が900mAh多いだけだが、動画再生時間は2倍以上の差がある。また、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」には急速充電(9V/2A)に対応し、約2.9時間でフル充電できるというメリットもある。

カメラ性能で劣る

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は背面500万画素、前面200万画素。 一方、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」は背面800万画素、前面800万画素。「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」の方が全体的に画素数が高く、より高精細な写真が撮影できることが分かる。

Bluetooth 4.0を採用

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」はBluetooth 4.0をサポートしている。 一方、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」はより高速で途切れづらい通信のBluetooth 4.2をサポートしている。

厚さ・重さで差あり

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」のサイズは24.13 x 17.17 x 0.89 cm (L x W x H)で、重量は約510g。 一方、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」はのサイズは約243.4×162.2×7.6mmで、重量は約480g。厚さは「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」の方が1.3mm薄く、重さは30g軽くなる。

ディスプレイサイズ・解像度、メモリ、ストレージ容量、Wi-Fiは同じ

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」と「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」(Wi-Fi・3GB・32GB)は共通するスペックもあり、ディスプレイサイズ(10.1インチ)・解像度(解像度1920 x 1200 ドット)、メモリ(3GB)、ストレージ容量(32GB)、Wi-Fi(Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac ・2.4GHz/5GHz)は同じになる。

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は買うべきか

ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は本当に買うべきタブレットなのだろうか? メリットやデメリット、前モデル「Cube iPlay 10」、「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」(Wi-Fi・3GB・32GB)との比較を参考にしながら、その是非を明らかにしてみよう。

<メリット>

・フルHDのIPS液晶で画面が見やすい

※解像度1920 x 1200 ドット

・リーディングモードで読書しやすい

※「自動明るさ調整モード」、 「アイケアモード」もあり

・実用的な動作スピード

※ベンチマークスコアは総合で4万以上

・3GBメモリ&32GBストレージ搭載

※通常の低価格タブレットは2GBメモリ&16GBストレージになる

・動画再生で6時間駆動する

※「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」は動画再生時で約13時間 駆動

・Wi-Fiデュアルバンド対応

※高速かつ途切れにくい

・ボディが薄く軽い

※厚さ8.9mmで重さ約510g
※前モデル「Cube iPlay 10」は厚さ9.53mmで、重さ600g

・カメラが実用的な性能

※背面500万画素、前面200万画素
※※前モデル「Cube iPlay 10」は背面200万画素、前面30万画素

・Google Playストアに対応

・価格が安い

※Amazonで現在 16,800円
※ GearBestで12066 円
※「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」(Wi-Fi・3GB・32GB)の価格は28,000円ほど

<デメリット>

・負荷の高いゲームは不可

※ベンチマークスコアは総合で4万以上

・急速充電に非対応

※「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」は対応している

・Bluetooth のバージョンが古い

※Bluetooth 4.0

※「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」はBluetooth 4.2を採用

・USB Type-Cを採用していない

※「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」は採用している

・SIMフリーで4G LET通信が使えない

総合 評価

動画レビューを見ると、「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は低価格タブレットながらもボディの質感が高いことが分かる。フルメタル仕様で高級感もあり、厚さも厚さ8.9mmと薄い。前モデル「Cube iPlay 10」は厚さ9.53mmだったので、0.63mmも薄型化していることになり、重さも90g軽くなっている。

また、動作面では3GBメモリになったことで、ベンチマークスコアも4万以上になり、軽めの3Dゲームやレーシングゲーム、2Dアクションゲームなども軽快に動作するようになった。動画再生時でも連続して6時間駆動するバッテリーを持っているので、実用的に使えるレベルにまで進化しているといえるだろう。

動画レビューを見る限り、背面の500万画素カメラもかなり実用的になっている。高精細とはいえないものの、メモやちょっとした記念撮影レベルなら全く問題なく使えるレベルだ。フルHD画質のIPS液晶は前モデル「Cube iPlay 10」と同様に見やすく、リーディングモードが使えるようになるなど使い勝手も向上している。

動作スピードは「HUAWEI MediaPad M5 lite 10.1」(ベンチマーク 総合 8万以上)には敵わないが、Webでの調べものやSNSアプリ、YouTubeなどの動画視聴、音楽再生、軽めのゲームなどの用途であれば、十分な性能を発揮するだろう。Android9.0で使える低価格なタブレットを探している人におすすめしたい。

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」の価格は?

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」は、

Amazonで12,900円、

GearBestで12152 円、

Banggoodで13,238円、

AliExpressでUS $109.99、

で販売されています。

Amazonで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

GearBestで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

Banggoodで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

AliExpressで「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」をチェックする

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」のセール・クーポン情報は?

 

「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」のセール・クーポン情報はまだありませんが、大規模なセール期間中にクーポンが配布され、さらに安くなることがあります。頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。