「Dragon Touch K10 2019」Android 8.1に進化した人気タブレット


AmazonにAndroid 8.1 を搭載した10.1型のタブレット「Dragon Touch K10 2019」が販売されている。一万円ほどで購入できる10.1型の激安タブレットとして注目の製品。日本語説明書や1年間の保証もつく。

「Dragon Touch K10 2019」の魅力

Dragon Touch K10 2019」は前モデル「Dragon Touch X10 2018」の後継となるタブレットである。OSがAndroid7.0からAndroid 8.1に変更され、さまざまな機能が使えるようになったのが大きな違いである。

例えば、通知のスヌーズ機能やグーグルのファイル管理アプリが使えるようになったり、Wi-Fiネットワークのスピードの推測を表示できたりする。また、バッテリーの省電力性も向上しており、より長時間駆動できるように。オーディオ機能やBluetoothコーデックも強化されてワイヤレスで音楽を楽しみやすくなっている。

「Dragon Touch K10 2019」はAndroid 8.1 を搭載したことで、より使いやすいタブレットになったことは間違いない。しかし、同じ10.1型の低価格なタブレットと比べてどのくらい差があるのかは気になるところだ。

できるならばなるべく性能の高いタブレットを手に入れた方がいい。そこで、同じ10.1型の「Teclast A10S」(旧モデル)と比較して、「Dragon Touch K10 2019」のメリット・デメリットを明らかにしてみよう。その詳細は後で詳しく述べる。

「Dragon Touch K10 2019」の価格は?

Amazonでの「Dragon Touch K10 2019」の価格は現在 15,520円。「Teclast A10S」は最安で13,900円となっており、「Dragon Touch K10 2019」の方が1600円ほど高くなっている。果たして両者にはどのくらいの差があるのだろうか? 以下で詳しくその違いを見てみよう。

公式製品紹介ページはこちら

目次

「Dragon Touch K10 2019」の概要

「Dragon Touch K10 2019」の詳細なスペック情報

前モデル「Dragon Touch X10 2018」との違いについて

「Dragon Touch K10 2019」VS「Teclast A10S」

中華タブレットのまとめ記事こちら

初心者でも使いやすいAndroid 8.1搭載タブレット「Dragon Touch K10 2019」

Dragon Touch K10 2019」はAndroid 8.1 を搭載した10.1型のタブレット。厚さ10mmのボディにMediaTek MTK8163クアッドコアCPUと2GB RAMを搭載。HD画質のIPS液晶、5〜6時間ほど駆動するバッテリー、16GBストレージ、背面200万画素、前面200万画素カメラを備えるほか、Google Play、FMラジオ機能、Mini HDMI経由での外部出力にも対応している。

続きを読む

「Dragon Touch K10 2019」のスペック

  • ディスプレイは10.1インチ解像度1280×800ドットのIPS液晶
  • プロセッサはMediaTek MTK8163 Quad-core 最大1.3 GHz
  • RAMは2GB
  • ストレージ容量は16GB eMMC
  • バッテリーは5000mAh
  • カメラは背面200万画素、前面200万画素
  • 通信はWi-Fi 802.11/b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth 4.0、GPSをサポート。
  • インターフェースはmini HDMI、Micro USB、MicroSD カード、3.5mm ヘッドホンジャック
  • OSはAndroid 8.1

Amazonで「Dragon Touch K10 2019」をチェックする

楽天で「Dragon Touch S8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch Y88X PLUS」をチェックする

7インチの「Dragon Touch Y88X PLUS」も発売中!

「Dragon Touch Y88X PLUS」のスペック

  • ディスプレイは7インチ、解像度1024×600の液晶
  • プロセッサはAllwinner A33クアッドコア1.3GHz
  • RAMは1GB
  • ストレージは8GB
  • バッテリーは2500mAh
  • カメラは背面200万画素、前面30万画素
  • 通信はWi-Fi 802.11/b/g/n (2.4GHz)、Bluetooth 4.0、GP
  • インターフェースはMicro USB、MicroSD カード、3.5mm ヘッドホンジャック
  • OSはAndroid8.1

Amazonで「Dragon Touch Y88X PLUS」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch Y88X PLUS」をチェックする

前モデル「Dragon Touch X10 2018」との違いについて

Dragon Touch K10 2019」と前モデル「Dragon Touch X10 2018」はどのように違っているのだろうか? スペックや機能を比較して違いを明らかにしてみよう。スペックを比較して分かることは以下の通り。

続きを読む

「Dragon Touch K10 2019」VS「Teclast A10S」

Dragon Touch K10 2019」は「Teclast A10S」と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのだろうか? 価格は「Dragon Touch K10 2019」が15,520円で、「Teclast A10S」が 13,900円。「Dragon Touch K10 2019」の方が約1600円ほど高くなるが、果たしてそれだけのメリットがあるのだろうか? 両者のスペック・機能を比較して、その疑問を解き明かしてみよう。

続きを読む

Amazonで「Teclast A10S」をチェックする

楽天で「Teclast A10S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast A10S」をチェックする

GearBestで「Teclast A10S」をチェックする

目次

「Dragon Touch K10 2019」の概要

「Dragon Touch K10 2019」の詳細なスペック情報

前モデル「Dragon Touch X10 2018」との違いについて

「Dragon Touch K10 2019」VS「Teclast A10S」

中華タブレットのまとめ記事こちら

<関連記事>

<コスパのいいタブレット>

安くなきゃヤダ!1万円前後の激安Androidタブレット まとめ 

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

<SIMフリーで使えるタブレット>

外でも快適! SIMフリーで使えるAndroidタブレット まとめ 

型落ち&激安で買えるSIMフリータブレット まとめ 

<ハイスペックなタブレット>

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ

<中華タブレット>

中華タブレットに新モデル続々! 2018 & 2019 全機種を比較