「Retroid Pocket 3+」と人気のAndroid携帯ゲーム機を徹底 比較!


2022年11月18日に発売される「Retroid Pocket 3+」と人気のAndroid携帯ゲーム機を徹底 比較!価格や収録ゲーム数、対応エミュレーター、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※現在、予約販売中です。

「Retroid Pocket 3+」の特徴

Retroid Pocket 3+」の特徴をまとめてみました。

Unisoc T618&4GBメモリ・Android 11

Retroid Pocket 3+」はUnisoc Tiger T618 オクタコアプロセッサを搭載。12nmプロセスで製造された8コアプロセッサで、Antutuベンチマーク総合で約20万を記録しています。また、4GB LPDDR4メモリを搭載し、スムーズに動作。OSはAndroid 11で、「原人」や「Honor Of Kings」などの人気オンラインゲームも快適にプレイできます。

4.7型IPS液晶・4500mAhバッテリ・ 128GB eMMC 5.1

Retroid Pocket 3+」は4.7インチ解像度750×1334ドットIPSディスプレイを搭載。最大輝度450nitの明るい画面で、タッチ操作にも対応しています。また、前モデルよりも500mAh多い4500mAhバッテリーを搭載。Type-Cポート利用して急速充電も利用できます。そのほか、前モデルよりも4倍多い128GB eMMC 5.1ストレージを搭載。別売のmicroSDカードで容量を増やすこともできます。

Wi-Fiリモートプレイ・HDMI映像出力・新カラー追加

Retroid Pocket 3+」はWi-Fi 5デュアルバンドに対応し、PS5やXBOXのリモートプレイも利用可能。Androidアプリ「Moonlight Streaming」や「Steam Link」を使い、「Forza Horizon 5」などのPCゲームもリモートプレイできます。また、microHDMIポートを搭載し、テレビや外部モニターに映像出力が可能。迫力ある大画面で、快適にゲームを楽しめます。そのほか、新たにクリアブルー、クリアパープル、16bitの新色カラーを追加。ホワイト、ブラック、オレンジ、レトロ、16bit US、インディゴの合計8色から選択できます。

公式ページ:Retroid Pocket 3+ Handheld Retro Gaming System

価格を比較

Retroid Pocket 3+」と「GPD XP Plus」、「ANBERNIC RG353P」、「Powkiddy X18S」(2022)の価格を比較してみました。

「Retroid Pocket 3+」

Retroid Pocket 3+」は、Retroid Pocket公式サイトで$149.00で販売されています(11/18発売)。

「GPD XP Plus」

GPD XP Plus」は、Amazonで66,999円(日本版)、楽天市場で66,999円 (税込・送料無料・日本版)、ヤフーショッピングで84,748 円 (税込・日本版)、天空公式サイトで税込68,200円(日本版)、AliExpressでUS $429.88(海外版)、米国 Amazon.comで$499.95(海外版)で販売されています。

「ANBERNIC RG353P」

ANBERNIC RG353P」は、Amazonで19,999円、AliExpressでUS $110.19、Banggoodで24,316円、米国 Amazon.comで$149.99で販売されています。

「Powkiddy X18S」(2022)

Powkiddy X18S」(2022)は、AliExpressでUS $154.92、Powkiddy公式サイトで$172.99 USDで販売されています。

収録ゲーム数・対応エミュレーターを比較

Retroid Pocket 3+」と「GPD XP Plus」、「ANBERNIC RG353P」、「Powkiddy X18S」(2022)の収録ゲーム数・対応エミュレーターを比較してみました。

「Retroid Pocket 3+」

収録ゲーム数 数千以上 ※ダウンロード必須

対応エミュレーター

CPS1/CPS2/CPS3,PSP,PS2,PS1,GENESIS,Dreamcast,Mame,GBA/GBC/GB、Wii、N64、NDS,3DS,FC,FBA,SFC,NES,GC、NEOGEO,NEOGEO Poket,NEOGEO Poket Color,PCE,SMS、MSX,SegaCD,Sega Saturn,Saga Genesis,SMS,SGG,Sega 32x,Sega SG-1000,WS,WSC,Atari Lynx,Atari 7800,Atari 2600,VirtuaBoy,3DOなど41種類以上

「GPD XP Plus」

収録ゲーム数 なし

対応エミュレーター

ARCADE、MAME Plus、PCE、PSP、GBC、DC、ONS、NGP、NDS、Wii、N64、PS、MAME、GBA、PS2、SFC、MD、FC,WSC,NGCなど21種類以上
※Android ゲームにも対応

「ANBERNIC RG353P」

収録ゲーム数 数千以上 ※ゲームは16GB/64GB TFカードに収録※ゲームのダウンロードに対応

対応エミュレーター

PSP,DC,SS,PS1,NDS,N64,SPS1,CPS2,FBA,NEOGEO,GBA,GBC,GB,SFC,FC,MD,SMS,GG,MSX,PCE,WSC,WIN,NGGなど20種類以上

「Powkiddy X18S」(2022)

収録ゲーム数 数千以上 ※ダウンロード必須・Androidアプリに対応(APKで追加)

対応エミュレーター

GAMECUBE、PS、DC、MAME、SFC、GBA、PCE、MD、PSP、WSC、N64、GBCなど

スペックを比較

Retroid Pocket 3+」と「GPD XP Plus」、「ANBERNIC RG353P」、「Powkiddy X18S」(2022)の価格を比較してみました。

「Retroid Pocket 3+」のスペック

  • ディスプレイ 4.7インチ、解像度750×1334 ドットのIPSタッチスクリーン
    ※16:9/60fps/バックライト/最大輝度450nits
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU: 2×A75@2.0GHz + 6×A55@2.0GHz
  • GPU Mali G52 MC2@850MHz
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4x@1866MHz(3733Mbps)
  • ストレージ 128GB eMMC 5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 4500mAh
  • 充電 急速充電に対応・Type-C
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microHDMI(720p)、TFカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー (1W×2)
  • ボタン アナログジョイスティックR3/L3、D-Pad、A/B/X/Yボタン、R1/L1、R2/L2、スタートボタン、セレクトボタン
  • 冷却 パッシブ
  • 筐体の素材 メタルフレーム+アルミニウム ヒートシンク
  • Google playストア 対応
  • OS Android 11 ※OTAアップデート対応
  • サイズ 184.65 × 81.38 × 24.23 mm(最薄部14.6mm)
  • 重量 235g
  • カラー クリアブルー、クリアパープル、ブラック、オレンジ、レトロ、16bit、16bit US、インディゴ

関連記事海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2022 まとめ

Retroid Pocket公式サイトで「Retroid Pocket 3+」をチェックする

AliExpressで「Retroid Pocket 3+」をチェックする

米国 Amazon.comで「Retroid Pocket 3」をチェックする

Amazonで「Retroid Pocket」をチェックする

楽天市場で「Retroid Pocket」をチェックする

ヤフーショッピングで「Retroid Pocket」をチェックする

「GPD XP Plus」のスペック

  • ディスプレイ 6.81インチ、解像度1080 x 2400 ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ/Corning Gorilla glass 5/TFT LCD/388ppi/60Hz/OGS/画面比率87.10%/輝度500nits/コントラスト比1500:1
  • プロセッサ MediaTek Dimensity 1200 オクタコア
    ※6nm/64bit/8コア/最大3.0 ※QualcommSnapdragon870と同等のパフォーマンスを発揮
  • GPU ARM Mali-G77 MC9
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4x
  • ストレージ 256GB UFS 3.1 ※読み取りおよび書き込み速度1800MB/秒、700MB/秒
    ※海外版は128GBモデルもあり
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで ※exFATフォーマット対応
  • バッテリー 7000mAh ポリマーリチウム電池
  • 駆動時間 最大12時間
  • 充電 20W PD急速充電 (PD2.0、充電器)
  • カメラ 5.0 MP (フロント)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6 (802.11 a/b/g/n/ac/ax)、Bluetooth 5.2、GPS (A-GPS,GLONASS,Beidou,Galileo)、4G通信
    ※Wi-Fiディスプレイ対応
  • 4G通信 対応
  • インターフェース USB Type C (OTG/DisplayPort 1.2映像出力) ×1、microSDカードスロット ×1、マイク×2、3.5mmイヤホンジャック ×1、Nano SIMスロット×1
  • スピーカー AACリニアステレオスピーカー ×2
  • マイク 2つのマイクポートあり
  • 冷却システム アクティブ冷却・純銅製ヒートシンク搭載(47×58mmの純銅製ヒートシンクと40×37mmのアクティブクーリングファン)
    ※「エクストリームパフォーマンス」モード、「パワーモード」、ファンのオフ・弱・強の切り替えが可、ターボ周波数100%
  • 筐体の素材 LG-DOW 121H(ABS合成樹脂)+UVコーティング
  • OS Android 11
  • サイズ 205~233×83×18~41mm(幅×奥行き×高さ、モジュールにより幅が異なる)
  • 重量 330g~370g
  • カラー グレイ

関連記事「GPD XP Plus」と最新のAndroid携帯ゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「GPD XP Plus」をチェックする

楽天市場で「GPD XP Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「GPD XP Plus」をチェックする

AliExpressで「GPD XP Plus」をチェックする

Banggoodで「GPD XP Plus」をチェックする

米国 Amazon.comで「GPD XP Plus」をチェックする

「ANBERNIC RG353P」のスペック

  • ディスプレイ 3.5インチ、解像度640 x 480 pxのIPS液晶
    ※4:3/マルチタッチ対応
  • プロセッサ Rockchip RK3566 クアッドコア
  • GPU Mali-G52-2EE
  • RAM(メモリ) 2GB LPDDR4
  • ストレージ Android:32GB eMMC、Linux: 16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで拡張可能
  • バッテリー 3500 mAh
  • 駆動時間 6時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース Type-C x2 (OTG/電源用)、microSDカードスロット x2、miniHDMI、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルステレオスピーカー
  • システム言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • OS Android 11 + Linux
  • サイズ  174 × 84 × 21mm
  • 重量 210g
  • カラー ブラック、グレー

関連記事「ANBERNIC RG353P」と最新のAndroidゲーム機を徹底 比較!

Amazonで「RG353P」をチェックする

楽天市場で「ANBERNIC」をチェックする

ヤフーショッピングで「RG353P」をチェックする

AliExpressで「RG353P」をチェックする

Banggoodで「ANBERNIC  RG353P」をチェックする

米国 Amazon.comで「RG353P」をチェックする

「Powkiddy X18S」(2022)のスペック

  • ディスプレイ 5.5インチ、解像度720 x 1280 pxのIPS液晶
    ※折り畳み式/スリープ対応
  • プロセッサ UNISOC T618 オクタコア
  • GPU ARM Mali G52
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 5000 mAh
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C、miniHDMI
  • センサー Gセンサー、P/Lセンサー、ジャイロスコープ、ホールセンサー、GPSセンサー
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • マイク 搭載
  • バイブレーション 対応
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • 筐体の素材 ABS樹脂
  • ゲームの追加 対応
  • Google Play 対応
  • OS Android 11
  • サイズ 152 x 92 x 22.5 mm
  • 重量 307g
  • カラー ブラック ※旧モデルはホワイト

関連記事「Powkiddy X18S」と超人気の携帯ゲーム機を徹底 比較!

AliExpressで「Powkiddy X18S」をチェックする

Powkiddy公式サイトで「Powkiddy X18S」をチェックする

Amazonで「Powkiddy X18S」をチェックする

楽天市場で「Powkiddy」をチェックする

ヤフーショッピングで「Powkiddy X18S」をチェックする

Banggoodで「Powkiddy X18S」をチェックする

米国 Amazon.comで「Powkiddy X18S」をチェックする

「Retroid Pocket 3+」のメリット・デメリット

Retroid Pocket 3+」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・4.7インチのIPS液晶・最大輝度450nitsでタッチ操作に対応

Retroid Pocket 3+」は4.7インチで解像度750×1334ドットのIPSディスプレイを搭載。最大輝度450nitの明るい画面で、タッチ操作にも対応しています。

一方、「GPD XP Plus」は6.81インチで解像度1080×2400ドットのIPS液晶を搭載しています。「ANBERNIC RG353P」は3.5インチで解像度640x480pxのIPS液晶を搭載しています。「Powkiddy X18S」(2022)は5.5インチで解像度720 x 1280 pxのIPS液晶を搭載しています。

・4GBメモリ&128GBストレージ搭載で快適に使える

Retroid Pocket 3+」は4GB LPDDR4メモリを搭載し、スムーズに動作します。また、前モデルよりも4倍多い128GB eMMC 5.1ストレージを搭載。別売のmicroSDカードで容量を増やすこともできます。

一方、「GPD XP Plus」は6GB LPDDR4xメモリと256GB UFS 3.1ストレージを搭載しています。「ANBERNIC RG353P」は2GBメモリと16/32GBストレージを搭載しています。「Powkiddy X18S」(2022)は4GBメモリと64GBストレージを搭載しています。

・41種類以上のエミュレーターに対応・PS2も動作

Retroid Pocket 3+」はPSPやN64、DCなどを含む41種類以上のエミュレーターに対応しています。また、一部のPS2ゲームもプレイできます(※Retroid Pocket公式動画を参照)。

一方、「GPD XP Plus」は21種類以上のエミュレーターに対応しています。「ANBERNIC RG353P」は20種類のエミュレーターに対応しています。「Powkiddy X18S」(2022)は数十種類以上のエミュレーターに対応しています。

・4500mAhバッテリー搭載で急速充電に対応

Retroid Pocket 3+」は前モデルよりも500mAh多い4500mAhバッテリーを搭載しています。また、Type-Cポート利用して急速充電も利用できます。

一方、「GPD XP Plus」は7000mAhバッテリー搭載で20W PD急速充電に対応しています。「ANBERNIC RG353P」は3500mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Powkiddy X18S」(2022)は5000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンド対応でリモートプレイ・Bluetooth 5.0にも対応

Retroid Pocket 3+」は高速で途切れづらいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応し、PS5やXBOXのリモートプレイも利用可能。Androidアプリ「Moonlight Streaming」や「Steam Link」を使い、「Forza Horizon 5」などのPCゲームもリモートプレイできます。また、Bluetooth 5.0に対応し、ワイヤレスゲームパッドやイヤホン、スピーカーなどともスムーズに接続できます。

一方、「GPD XP Plus」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.2に対応しています。「ANBERNIC RG353P」は5GHz高速Wi-FiとBluetooth 4.2に対応しています。「Powkiddy X18S」(2022)はWi-Fi 5のデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。

・厚さ24.23mm(最薄部14.6mm)で重さ235gの薄型軽量ボディ・新色カラーを追加

Retroid Pocket 3+」は厚さ24.23mm(最薄部14.6mm)で重さ235gの薄型軽量ボディを採用しています。また、新たにクリアブルー、クリアパープル、16bitの新色カラーを追加。ホワイト、ブラック、オレンジ、レトロ、16bit US、インディゴの合計8色から選択できます。

一方、「GPD XP Plus」は厚さ18~41mmで重さ330g~370gになっています。「ANBERNIC RG353P」は厚さ21mmで重さ210gになっています。「Powkiddy X18S」(2022)は厚さ22.5 mmで重さ307gになっています。

・microHDMIポートで映像出力できる

Retroid Pocket 3+」はmicroHDMIポート搭載で、テレビや外部モニターに映像出力できます。

一方、「GPD XP Plus」はUSB Type CポートでDP映像出力できます。「ANBERNIC RG353P」はminiHDMIポートで映像出力できます。「Powkiddy X18S」(2022)はminiHDMIで映像出力できます。

・デュアルスピーカー搭載で音がいい

Retroid Pocket 3+」はデュアルスピーカー搭載で高音質なサウンドが楽しめます。

一方、「GPD XP Plus」は2つのAACリニアステレオスピーカーを搭載しています。「ANBERNIC RG353P」はデュアルステレオスピーカーを搭載しています。「Powkiddy X18S」(2022)はデュアルスピーカーを搭載しています。

・Android 11搭載でGoogle Play対応・人気オンラインゲームもプレイできる

Retroid Pocket 3+」はAndroid 11搭載でGoogle Playストアも利用できます。また、「原人」や「Honor Of Kings」などの人気オンラインゲームも快適にプレイできます。

一方、「GPD XP Plus」と「Powkiddy X18S」(2022)はAndroid 11を搭載しています。「ANBERNIC RG353P」はAndroid 11 + LinuxのデュアルOSを搭載しています。

デメリット

・Wi-Fi 6に対応していない

Retroid Pocket 3+」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応していません。

一方、「GPD XP Plus」はWi-Fi 6に対応しています。「ANBERNIC RG353P」と「Powkiddy X18S」(2022)はWi-Fi 6に対応していません。

・4G通信が利用できない

Retroid Pocket 3+」は4G LET通信が利用できません。

一方、「GPD XP Plus」は4G LET通信に対応しています。「ANBERNIC RG353P」と「Powkiddy X18S」(2022)は4G LET通信が利用できません。

「Retroid Pocket 3+」の評価

Retroid Pocket 3+」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2022年8月に発売された「Retroid Pocket 3」のスペック強化版になります。全体的にスペックが向上したことで、前モデルよりも快適に使えるようになっています。

プロセッサをUnisoc Tiger T310からUnisoc Tiger T618に変更し、高速化を実現。PS2でプレイできるゲームも増加しているようで、公式動画として多数公開されています。また、メモリを2GB/3GBから4GBへ、ストレージを32GBから128GBへ、バッテリー容量を4000mAhから4500mAhにそれぞれ増強しています。

4.7インチのIPS液晶やHDMI映像出力、Wi-Fi通信に対応している点は前モデルと同じです。Androidのゲームは従来よりも快適に動作するようです。

Retroid Pocket 3+」の発売時の価格は$154.00。かなり安いので、Android搭載の携帯ゲーム機を探している人におすすめです。

※YouTube動画でも紹介しています。「Retroid Pocket 3+」あの名機ゲーム機がPS2も快適になって復活! 性能をざっくり解説

「Retroid Pocket 3+」の販売・購入先

Retroid Pocket 3+」は、

Retroid Pocket公式サイトで$149.00、

で販売されています(11/18発売)。

Retroid Pocket公式サイトで「Retroid Pocket 3+」をチェックする

AliExpressで「Retroid Pocket 3+」をチェックする

米国 Amazon.comで「Retroid Pocket 3」をチェックする

Amazonで「Retroid Pocket」をチェックする

楽天市場で「Retroid Pocket」をチェックする

ヤフーショッピングで「Retroid Pocket」をチェックする

 

 

他の携帯ゲーム機と比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「ANBERNIC RG505」(Android 12/Unisoc T618)

GPD XP Plus

ANBERNIC RG353P

Powkiddy X18S」(2022)

ANBERNIC RG353M

ANBERNIC RG353V/VS

RG552

RG503」(有機EL)

Logitech G CLOUD」(7インチ・Android 11)

Razer Edge

ANBERNIC WIN600

その他のおすすめ携帯ゲーム機は?

その他のおすすめ携帯ゲーム機は以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

海外のレアすぎる携帯ゲーム機 2022 まとめ

海外製のレアな携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

Androidゲーミングタブレット コントローラ一体型 まとめ

Android搭載の携帯ゲーム機をまとめて紹介しています。

超極小サイズの携帯ミニゲーム機 最新 まとめ

超極小サイズの携帯ミニゲーム機を紹介しています。

中華ゲーム機で盛り上がれ! Whatsko シュミ 最新2019を比較

2019年の中華ゲーム機をまとめて紹介しています。

<据え置き型>

2022 最新レトロゲーム機 据え置き型 ラインナップ 一覧

海外製のスティック型ゲーム機に熱視線!人気機種 まとめ

<レトロゲーム互換機機>

レトロゲーム互換機がじわりと人気! FC・MD・GBなど 2021 最新 まとめ

HDD&TFカード

懐かしの名作がぎっしり! レトロゲーム収録HDD&TFカード まとめ