「OUKITEL RT1」はタフで頑丈? 人気2万円タブレットと徹底 比較!


2021年11月25日に発売された「OUKITEL RT1」と人気2万円タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「OUKITEL RT1」の特徴

OUKITEL RT1」の特徴をまとめてみました。

フルHD液晶・グローブタッチ・ペン入力

OUKITEL RT1」は10.1インチで解像度1200 x 1920 ドットの液晶を搭載。画質は高精細なフルHDで動画も快適に視聴できます。また、手袋をしたままでもタッチ操作できるグローブタッチに対応。別売のスタイラスペンを利用して手書き入力することもできます。

Helio P22&4GBメモリ&Android 11

OUKITEL RT1」はMediaTek Helio P22オクタコア プロセッサを搭載。Antutu総合で約100,000点を記録しています。また、大容量4GBメモリを搭載。ストレージは64GBで最大128GBまで拡張できます。そのほか、OSにAndroid 11を採用。バブルなどの新機能も使えるようになっています。

10000mAh・16MPカメラ・IP68/IP69K防水防塵

OUKITEL RT1」は10000mAhバッテリーを搭載。スタンバイで350時間、動画で22時間駆動できます。また、サムスン製の16MPカメラを背面と前面の両方に搭載。Hi-Fiサウンドに対応したクアッドスピーカーも搭載しています。そのほか、IP68/IP69K防水防塵に対応。本体は落下の衝撃に耐えられるようにゴムラバーで保護されています。

公式ページ OUKITEL RT1

価格を比較

OUKITEL RT1」と「Alldocube iPlay 40H」、「MatePad T10s」、「Fire HD 10 Plus」の価格を比較してみました。

「OUKITEL RT1」

OUKITEL RT1」は、Amazonで31,900円(2600円OFFクーポン付き)、楽天市場で42,470円 (税込)、ヤフーショッピングで44,319 円、AliExpressでUS $244.79、Banggoodで27,780円 で販売されています。

「Alldocube iPlay 40H」

Alldocube iPlay 40H」は、Amazonで22,399円(ブラックフライデーセール)、楽天市場で26,950円 (税込)、ヤフーショッピングで26,950円 (税込)、AliExpressでUS $189.99 – 212.16(セール価格)、Banggoodで21,092円で販売されています。

「MatePad T10s」

MatePad T10s」は、Amazonで22,800円、楽天市場で20,800円 (税込・中古Aランク品)、ヤフーショッピングで21,980円 (税込)、ビックカメラで29,480円 (税込・2,948ポイント)、AliExpressでUS $269.00で販売されています。

「Fire HD 10 Plus」

Fire HD 10 Plus」は、Amazonで13,280円~(※特選タイムセール・純正キーボードは5,980円、Ankerワイヤレス充電スタンドは5,980円)、楽天市場で18,980円 (税込)、ヤフーショッピングで18,980円で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

OUKITEL RT1」と「Alldocube iPlay 40H」、「MatePad T10s」、「Fire HD 10 Plus」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「OUKITEL RT1」

Antutu総合で約100,000

<CPU> MediaTek Helio P22
※Lenovo Tab M8 (FHD) と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたMediaTek Helio P22 MT8768WA オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約10万点を記録しています。
同じプロセッサは「Lenovo Tab M8 (FHD)」 も搭載されています。

UNISOC T618搭載の「Alldocube iPlay 40H」と比較すると約14万スコアが低くなります。

Kirin 710 A搭載の「MatePad T10s」と比較するとスコアが約8万低くなります。

MediaTek Kompanio 500 (MT8183) 搭載の「Fire HD 10 Plus」と比較するとスコアが約7万低くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍などでも快適に動作します。3Dゲームはプレイできますが、負荷の高いゲームには適していません。

「Alldocube iPlay 40H」

Antutu総合で「245531」、CPUで「69815」、GPUで「52107」、MEMで「47063」、UXで「76546」。

<CPU> UNISOC T618

「MatePad T10s」

Antutu総合で「187630」、CPUで「61171」、GPUで「32886」、MEMで「38906」、UXで「54667」。

<CPU> Kirin 710 A
※「HUAWEI P30 lite」、「HUAWEI nova lite 3」とほぼ同じプロセッサ

「Fire HD 10 Plus」

Antutu総合で「175587」、CPUで「57581」、GPUで「30273」、MEMで「32699」、UXで「55034」。

<CPU> MediaTek Kompanio 500 (MT8183)

スペックを比較

OUKITEL RT1」と「Alldocube iPlay 40H」、「MatePad T10s」、「Fire HD 10 Plus」のスペックを比較してみました。

「OUKITEL RT1」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1200 x 1920 ドットの液晶
    ※FHD/16:10/グローブタッチ/ペン入力対応
  • プロセッサ MediaTek Helio P22 MT8768WA オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU GE8320 650MHz
  • RAM(メモリ)4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 10000 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで350時間、通話で21時間、ゲームで7時間、動画で22時間
  • 背面カメラ 16MP ※Samsung製
  • 前面カメラ 16MP ※Samsung製
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4Ghz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS, BEIDOU, Galileo)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • 防水防塵 IP68/IP69K
  • 耐久性 耐衝撃(背面をゴムラバーで保護)
  • スピーカー クアッドスピーカー (Hi-Fiサウンド対応)
  • OS Android 11
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • カラー ブラック、オレンジ
  • SIMカード NanoSIM
  • 対応バンド  ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル回線に対応
    4G FDD: D1/B3/B7/B8/B19/B20
    3G WCDMA: 1/8
    2G GSM: 2/3/5/8

関連記事Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

Amazonで「OUKITEL RT1」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL RT1」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL RT1」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL RT1」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL RT1」をチェックする

「Alldocube iPlay 40H」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶
    ※2Kフルビュー/極細ベゼル/フルラミネーション
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU 2xA75 + 6xA55  Octa Core
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 6200mAh /3.8V
  • 充電 Type-C充電に対応
  • 背面カメラ 8MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (Beidou/Galileo/Glonass)、4G通信に対応
  • インターフェース Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • オーディオ 4つのBOXステレオスピーカー
  • OS Android 11
  • サイズ 248.1 x 157.9 x 8.3mm
  • 重量 474g
  • カラー ブラック

関連記事「Alldocube iPlay 40H」(新OS版)と次世代タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Alldocube iPlay 40H」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 40H」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 40H」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 40H」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 40H」をチェックする

「MatePad T10s」のスペック

  • ディスプレイ  MatePad T10s: 約10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶
    ※ブルーライト低減 TUVラインランド認証 / eBookモード
  • プロセッサ HUAWEI Kirin 710 A オクタコア
    ※12nm / 8コア
  • CPU  4 x 2.0 GHz + 4 x 1.7 GHz
  • GPU ARM Mali G51
  • RAM(メモリ) 2 GB LPDDR4
  • ストレージ 32 GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512 GBまで
  • バッテリー  約5100 mAh
  • 充電    Type-C高速充電
  • 背面カメラ 5MP(オートフォーカス対応)
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS, BeiDou)
  • インターフェース USB 2.0 Type-C
  • センサーMatePad T10s: 加速度センサー、照度センサー、近接センサー
  • スピーカー 内蔵ステレオスピーカー×2
  • マイク あり
  • オーディオ  MatePad T10s: Harman Kardonチューニング&HUAWEI Histen 6.1サウンドテクノロジー
  • 機能 HUAWEIアプリマルチプライヤー(画面2分割でアプリを2つのウインドウに表示)
  • キッズモード 対応
  • キッズアラート  MatePad T10s: 近距離アラート、明るさアラート、市政アラート、オフロードアラート
  • 材質 アルミ合金・サンドブラスト加工でマットな質感
  • OS EMUI 10.1 (Android 10ベース)
  • Google Play ストア デフォルトでは非対応・導入は可能です。また、新機能「Petal検索」でGoogle系アプリやサードパーティ製のアプリをインストールできます。
  • サイズ 約240 x 159 x 7.9 mm
  • 重量 約450 g
  • カラー ディープシーブルー

関連記事「MatePad T10/T10s」は買いか? 最新の注目タブレットと徹底比較!

Amazonで「MatePad T10s」をチェックする

楽天市場で「MatePad T10s」をチェックする

ヤフーショッピングで「MatePad T10s」をチェックする

ビックカメラで「MatePad T10s」をチェックする

AliExpressで「MatePad T10s」をチェックする

「Fire HD 10 Plus」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶
    ※フルHD/224ppi/強化アルミノシリケートガラスのスクリーン/2画面表示機能
  • プロセッサ MediaTek Kompanio 500 (MT8183) 2.0GHz オクタコア
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 32/64GB (使用可能領域 24.2/55.0GB)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー駆動時間 最大12時間
  • 充電 Qi規格のワイヤレス充電に対応・USB-Type-C(2.0)ケーブルを使用・9W充電アダプタで約4時間
    ※別売りのAnker製のワイヤレス充電スタンドでワイヤレス充電が可能
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ     2MP
  • 動画撮影 720pのHDビデオ録画
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C(2.0)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー アクセロメータ、環境光センサー
  • 音声認識 対応 Alexa搭載
  • スピーカー Dolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカー
  • キッズモード 設定で機能を制限できます
  • OS Fire OS
  • Google Play 非対応 ※アプリはAmazon アプリストアなどからダウンロード可能
  • サイズ 247 x 166 x 9.2mm
  • 重量 468 g
  • カラー スレート (濃い灰色)

関連記事「Fire HD 10 Plus」を選んで正解? 人気の定番タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Fire HD 10 Plus」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10 Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10 Plus」をチェックする

米国Amazon.comで「Fire HD 10 Plus」をチェックする

Amazonで「Made for Amazonキーボード付きカバー」をチェックする

Amazonで「Fire HD 10 Plus 用 Anker ワイヤレス充電スタンド」をチェックする

「OUKITEL RT1」のメリット・デメリット

OUKITEL RT1」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.1インチのフルHD液晶・ペン入力に対応

OUKITEL RT1」は10.1インチで解像度1200 x 1920 ドットの液晶を搭載。画質は高精細なフルHDで動画も快適に視聴できます。また、別売のスタイラスペンを利用して手書き入力することもできます。

一方、「Alldocube iPlay 40H」は10.4インチで解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶を搭載しています。「MatePad T10s」は約10.1インチで解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶を搭載しています。「Fire HD 10 Plus」は10.1インチで解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶を搭載しています。

・グローブタッチに対応

OUKITEL RT1」はグローブタッチに対応し、濡れた手でも操作できます。

一方、「Alldocube iPlay 40H」、「MatePad T10s」、「Fire HD 10 Plus」はグローブタッチに対応していません。

・4GBメモリ&64GBストレージ搭載で快適に使える

OUKITEL RT1」は4GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、64GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。

一方、「Alldocube iPlay 40H」は8GB LPDDR4メモリと128GBストレージを搭載しています。「MatePad T10s」は2GB LPDDR4メモリと32GBストレージを搭載しています。「Fire HD 10 Plus」は4GBメモリと32/64GBストレージを搭載しています。

・10000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

OUKITEL RT1」は10000mAhバッテリー搭載でスタンバイで350時間、通話で21時間、ゲームで7時間、動画で22時間駆動できます。また、Type-C充電も利用できます。

一方、「Alldocube iPlay 40H」は6200mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「MatePad T10s」は約5100mAhバッテリー搭載でType-C高速充電に対応しています。「Fire HD 10 Plus」は最大12時間駆動するバッテリー搭載でType-C充電&ワイヤレス充電に対応しています。

・背面16MP&前面16MPカメラが使える

OUKITEL RT1」は背面16MP(1600万画素)&前面16MPカメラが使えるようになっています。

一方、「Alldocube iPlay 40H」は背面8MP&前面5MPカメラを搭載しています。「MatePad T10s」は背面5MP(オートフォーカス対応)&前面2MPカメラを搭載しています。「Fire HD 10 Plus」は背面5MP&前面2MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

OUKITEL RT1」はWi-Fiデュアルバンド(2.4Ghz+5GHz)&Bluetooth 5.0&GPSに対応しています。

一方、「Alldocube iPlay 40H」と「MatePad T10s」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS (Beidou/Galileo/Glonass)に対応しています。

「Fire HD 10 Plus」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。

・SIMフリーで4G LET通信に対応

OUKITEL RT1」はSIMスロットを搭載し、単体で4G LET通信が利用できます。

一方、「MatePad T10s」と「Fire HD 10 Plus」は4G LET通信に対応していません。「Alldocube iPlay 40H」は4G LET通信に対応しています。

・IP68/IP69K防水防塵に対応

OUKITEL RT1」は高温・高水圧・スチームジェットでも耐えられるほか、粉塵の内部侵入を完全に防ぐことができます。

一方、「Alldocube iPlay 40H」、「MatePad T10s」、「Fire HD 10 Plus」は防水防塵に対応していません。

・クアッドスピーカー搭載で音がいい

OUKITEL RT1」はHi-Fiサウンド対応のクアッドスピーカーを搭載し、高音質なサウンドが楽しめます。

一方、「Alldocube iPlay 40H」は4つのBOXステレオスピーカーを搭載しています。「MatePad T10s」は2つのステレオスピーカーを搭載しています。「Fire HD 10 Plus」はDolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカーを搭載しています。

・Android 11の新機能が使える

OUKITEL RT1」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。

Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの機能が追加されています。

一方、「Alldocube iPlay 40H」はAndroid 11を搭載しています。「MatePad T10s」はEMUI 10.1 (Android 10ベース)を搭載しています。「Fire HD 10 Plus」はFire OSを搭載しています。

デメリット

・専用キーボードが用意されていない

OUKITEL RT1」は専用キーボードが用意されていません。

一方、「Fire HD 10 Plus」は専用キーボード(別売)が用意されています。

「Alldocube iPlay 40H」と「MatePad T10s」は専用キーボードが用意されていません。

・キッズモードがない

OUKITEL RT1」は子供の利用を制限するキッズモードが利用できません。

一方、「MatePad T10s」と「Fire HD 10 Plus」はキッズモードを搭載しています。「Alldocube iPlay 40H」はキッズモードを搭載していません。

「OUKITEL RT1」の評価

OUKITEL RT1」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

OUKITELから発売されたタフネス仕様のタブレットです。OUKITELからはすでに「OUKITEL OKT1」が発売されていましたが、今回発売された「OUKITEL RT1」はアウトドアや工事現場でも使えるタフで頑丈な仕様になっています。

具体的にはIP68/IP69K防水防塵に対応し、グローブタッチにも対応。背面はゴムラバーで保護されており、落下の衝撃にも耐えられるようになっています。また、10000mAhバッテリー、背面と前面の両方にサムスン製の16MPカメラを搭載しており、スマホと同じく4G LET通信にも対応しています。

価格は$244.79。一般的なタブレットと同じような価格になっていますが、「タフネスタブレット」としては異常なほど安いです。

実は海外ではTRIPLTEK タブレットシリーズやGalaxy Tab Activeシリーズが販売されており、いずれも10万前後の高額になるのが一般的になっています。中には7インチの安いモデルもありますが、それでも300ドル以上はするので、「OUKITEL RT1」の価格はずば抜けて安いといえます。

なお、日本ではエイサーから「Android 9」搭載の8型モデル「ET108-11A-A14P」も発売されていますが、8万円台とかなり高額です。タフネス仕様のタブレットの需要が上がっていることから、「OUKITEL RT1」が日本で発売されたら必ず売れることでしょう。頑丈なタフネスタブレットを探している人におすすめです。

「OUKITEL RT1」の販売・購入先

OUKITEL RT1」は、

Amazonで31,900円(2600円OFFクーポン付き)、

楽天市場で42,470円 (税込)、

ヤフーショッピングで44,319 円、

AliExpressでUS $244.79、

Banggoodで27,780円、

で販売されています。

Amazonで「OUKITEL RT1」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL RT1」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL RT1」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL RT1」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL RT1」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Jumper EZpad M10

Alldocube iPlay 40H

MatePad T10s

Fire HD 10 Plus

+Style タブレット

CHUWI HiPad Air

Teclast M40 Pro

ALLDOCUBE kPad

VASTKING KingPad M10」(専用キーボードあり)

Teclast T40 Plus

BMAX MaxPad I11

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボード付きのAndroidタブレットを紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。