「KEIAN KI-Z101E」(日本メーカー)と海外2万円タブレットを徹底 比較!


2021年10月4日に発売される「KEIAN KI-Z101E」(日本メーカー)と海外2万円タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年9月27日から予約販売が始まっています。

「KEIAN KI-Z101E」の特徴

KEIAN KI-Z101E」の特徴をまとめてみました。

HD液晶・明るさ自動調整・32GB

KEIAN KI-Z101E」は10.1インチで解像度1280×800 ドットの液晶を搭載。画質はHDで、10点マルチタッチ操作にも対応しています。また、環境光センサーを搭載。時間帯や環境に合わせて自動的に最適な画面の明るさに調整することができます。そのほか、32GBストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。

SC9863A&3GBメモリ&Android 11

KEIAN KI-Z101E」はUnisoc SC9863A オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約100,000点を記録しています。また、3GBメモリ搭載でスムーズに動作。OSはAndroid 11で「バブル」や「スクリーンレコード」、「メディアコントロール」などの機能が利用できるようになっています。

Type-C・デュアルバンド・1年保証

KEIAN KI-Z101E」は13時間駆動する大容量6000mAhバッテリーを搭載。Type-C充電も利用できます。また、高速で途切れづらいWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)とBluetooth 4.2に対応。Google PlayストアやGoogle系アプリが使える「Google Mobile Serviceの認証」や1年保証にも対応しています。

公式ページ   KI-Z101E | 恵安株式会社

価格を比較

KEIAN KI-Z101E」と「ALLDOCUBE iPlay 20P」、「Teclast M40 Pro」、「BMAX MaxPad I11」の価格を比較してみました。

「KEIAN KI-Z101E」

KEIAN KI-Z101E」は、Amazonで25,000円、楽天市場で25,000円 (税込)、ヤフーショッピングで25,000円 (税込)、ビックカメラで27,780円 (税込・2,778ポイント)で販売されています。

「ALLDOCUBE iPlay 20P」

ALLDOCUBE iPlay 20P」は、Amazonで23999円(4000円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで25,779 円、Banggoodで20,278円、AliExpressでUS $174.45 で販売されています。

「Teclast M40 Pro」

Teclast M40 Pro」は、Amazonで28,900円(7000円OFFクーポン付き)、楽天市場で25,980円 (税込)、ヤフーショッピングで25,980 円、AliExpressでUS $168.35 – 173.99、Banggoodで20,278円 で販売されています。

「BMAX MaxPad I11」

BMAX MaxPad I11」は、Amazonで31,990円(6000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,990円 (税込・1000円OFFクーポン付き)、Banggoodで21,405円、AliExpressでUS $203.39 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

KEIAN KI-Z101E」と「ALLDOCUBE iPlay 20P」、「Teclast M40 Pro」、「BMAX MaxPad I11」のAntutuベンチマークを比較してみました。

「KEIAN KI-Z101E」

Antutu総合で約100,000

<CPU> Unisoc SC9863A
※「Alldocube iPlay 20S」、「TECLAST P20HD」などと同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

Unisoc SC9863A オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約10万点を記録しています。同じプロセッサは「Alldocube iPlay 20S」、「TECLAST P20HD」など多数のタブレットに採用されています。

MediaTek Helio P60搭載の「ALLDOCUBE iPlay 20P」と比較するとスコアが約4万低くなります。

UNISOC T618搭載の「Teclast M40 Pro」、「BMAX MaxPad I11」と比較するとスコアが約10万低くなります。

プロセッサ性能はあまり高くはありませんが、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍などでは快適に動作します。3Dゲームは負荷の高いものは不向きです。軽めのゲームなら問題ありません。

「ALLDOCUBE iPlay 20P」

Antutuベンチマーク総合で約140,000

<CPU>MediaTek Helio P60
※「Chuwi HiPad X」、「ALLDOCUBE iPlay 30」と同じプロセッサ

「Teclast M40 Pro」

Antutuベンチマーク総合で約200,000

<CPU> UNISOC T618
※「Teclast M40 /SE」、「VASTKING KingPad K10」と同じプロセッサ

「BMAX MaxPad I11」

Antutuベンチマーク総合で211,843

<CPU> Unisoc Tiger T618

スペックを比較

KEIAN KI-Z101E」と「ALLDOCUBE iPlay 20P」、「Teclast M40 Pro」、「BMAX MaxPad I11」のスペックを比較してみました。

「KEIAN KI-Z101E」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280×800 ドットの液晶
    ※HD/10点マルチタッチ/明るさ自動調整
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア
    ※Cortex-A55/8コア/最大1.6GHz
  • GPU PowewVR GE8322 MP1
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ   32GB(システムで約7.5GB使用)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6000mAh 3.8V
  • 駆動時間 約13時間
  • 充電 Type-C /5V 2A
  • 背面カメラ 2MP
  • 前面カメラ     0.3MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース USB Type-C x1 (USB2.0、充電兼用)、3.5mm ステレオミニジャック
  • センサー 環境光センサー
  • スピーカー デュアルスピーカー(8Ω 0.8W × 2 内蔵)
  • マイク MIC × 1 内蔵
  • 筐体の素材 メタルハウジング
  • OS Android 11 ※Google Mobile Serviceの認証を取得済み
  • サイズ 約243x 162 x 8.6mm
  • 重量 約 545g
  • カラー ブラック
  • 付属品 充電用ACアダプター、充電用USBケーブル、取扱説明書、保証書
  • 保証 購入日より1年間

関連記事KEIAN タブレット&2in1 PCが激安コスパで人気! 全機種を比較 

Amazonで「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

楽天市場で「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

ヤフーショッピングで「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

ビックカメラで「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

「ALLDOCUBE iPlay 20P」のスペック

「ALLDOCUBE iPlay 20P」とコスパよしタブレットを徹底 比較!

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1200 x 1920 ドットのIPS液晶
    ※疎油性コーティング/10点マルチタッチ/on-cell/フルラミネーション
  • プロセッサ MediaTek Helio P60 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • GPU Arm Mali-G72 MP3 up to 800MHz
  • RAM(メモリ)6GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6000mAh /3.7V
  • 背面カメラ 5MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz+5GHz)、Bleutooth 4.2、GPS(Beidou+Glonass)、4G通信に対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー デュアルステレオスピーカー内蔵
  • マイク 内蔵
  • スタイラスペン 筆圧1024段階に対応(※別売)
  • 筐体の素材 金属(メタル)
  • OS Android 11
  • サイズ 242 x 168 x 8.7mm
  • 重量 527g
  • カラー ブラック

関連記事「ALLDOCUBE iPlay 20P」とコスパよしタブレットを徹底 比較!

Amazonで「ALLDOCUBE iPlay 20P」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE iPlay 20P」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE iPlay 20P」をチェックする

Banggoodで「ALLDOCUBE iPlay 20P」をチェックする

AliExpressで「ALLDOCUBE iPlay 20P」をチェックする

米国Amazon.comで「ALLDOCUBE iPlay 20P」をチェックする

「Teclast M40 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ操作
  • プロセッサ UNISOC T618 オクタコア
    ※12nm
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU  ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 7000mAh
  • 充電 Type-C充電
  • 背面カメラ 8MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS (BDS/GLONASS,GALILEO)、4G LET通信に対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、SIMスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー クアッドスピーカー
  • オーディオ Momentum Ⅱ サウンドシステム
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • OS Android 11
  • サイズ 242 × 163 × 9 mm
  • 重量 555 g
  • カラー グレイ

関連記事「Teclast M40 Pro」上位モデルとAndroid 11タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Teclast M40 Pro」をチェックする

楽天市場で「Teclast M40 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast M40 Pro」をチェックする

AliExpressで「Teclast M40 Pro」をチェックする

Banggoodで「Teclast M40 Pro」をチェックする

米国Amazon.comで「Teclast M40」をチェックする

「BMAX MaxPad I11」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000×1200 ドットのIPS液晶
    ※FHD+/ナローベゼル/10点マルチタッチ/In-Cellフルラミネーション/ブルーライト低減
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
  • GPU G52-3EE-2core @ 850MHz
  • RAM(メモリ) 8GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 6600mAh
  • 充電 Type-C
  • 背面カメラ 13MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ     5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、BLuetooth 5.0、GPS (A-GPS/Beidou/Galileo/Glonass)
  • インターフェース Type-C
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー デュアルスピーカー ※3Dサラウンドサウンド対応
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 247mm x 156mm x 7.7mm
  • 重量 450g
  • カラー シルバー
  • 筐体の素材 アルミ合金

関連記事「BMAX MaxPad I11」(強化版)と人気2万円タブレットを徹底 比較!

Amazonで「BMAX MaxPad I11」をチェックする

楽天市場で「BMAX MaxPad I11」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX MaxPad」をチェックする

Banggoodで「BMAX MaxPad I11」をチェックする

AliExpressで「BMAX I11」をチェックする

「KEIAN KI-Z101E」のメリット・デメリット

KEIAN KI-Z101E」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.1インチのHD液晶・明るさ自動調整&10点マルチタッチ操作に対応

KEIAN KI-Z101E」は10.1インチで解像度1280×800 ドットの液晶を搭載。画質はHDで、10点マルチタッチ操作と明るさ自動調整機能に対応しています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」と「Teclast M40 Pro」は10.1インチで解像度1200 x 1920 ドットのIPS液晶(フルHD・10点マルチタッチ)を搭載しています。「BMAX MaxPad I11」は10.4インチ、解像度2000×1200 ドットのIPS液晶(フルHD・10点マルチタッチ)を搭載しています。

・3GBメモリ&32GBストレージ搭載で快適に使える

KEIAN KI-Z101E」は3GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、32GBストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張することができます。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」は6GBメモリ&128GBストレージを搭載しています。「Teclast M40 Pro」は6GB LPDDR4メモリと128GB eMMCストレージを搭載しています。「BMAX MaxPad I11」は8GBメモリと128GBストレージを搭載しています。

・6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

KEIAN KI-Z101E」は6000mAhバッテリー搭載でUSB Type-C充電に対応しています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Teclast M40 Pro」は7000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「BMAX MaxPad I11」は6600mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2をサポート

KEIAN KI-Z101E」は高速で途切れづらいWi-Fi 802.11 デュアルバンド(2.4GHz/5GHz)に対応しています。また、Bluetooth 4.2をサポートし、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」は Wi-Fi デュアルバンド(2.4GHz+5GHz)&Bleutooth 4.2&GPS(Beidou+Glonass)に対応しています。「Teclast M40 Pro」はWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz+5GHz)&Bleutooth 5.0&GPS (BDS/GLONASS,GALILEO)に対応しています。「BMAX MaxPad I11」はWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz+5GHz)&Bleutooth 5.0&GPS (A-GPS/Beidou/Galileo/Glonass)に対応しています。

・厚さ8.6mmで重さ約545gの薄型軽量ボディ

KEIAN KI-Z101E」は厚さ8.6mmで重さ約545gの薄型軽量デザインを採用しています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」は厚さ8.7mmで重さ527gになっています。「Teclast M40 Pro」は厚さ9 mmで重さ555gになっています。「BMAX MaxPad I11」は厚さ7.7mmで重さ450gになっています。

・日本メーカーで1年間の保証付き

KEIAN KI-Z101E」は日本メーカーの恵安から発売され、1年間の保証も付いています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」、「Teclast M40 Pro」、「BMAX MaxPad I11」は海外製のタブレットで日本メーカーの保証はついていません。

・Android 11の新機能が使える

KEIAN KI-Z101E」はAndroid 11を搭載し、新機能が使えるようになっています。

例えば、「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)などの新機能が使えます。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」、「Teclast M40 Pro」、「BMAX MaxPad I11」もAndroid 11を搭載しています。

デメリット

・4G LET通信に対応していない

KEIAN KI-Z101E」はSIMスロットがないため、単体で4G LET通信を利用することができません。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」、「Teclast M40 Pro」、「BMAX MaxPad I11」は4G LET通信に対応しています。

・カメラの画素数が低い

KEIAN KI-Z101E」は背面2MP(200万画素)カメラと前面0.3MP(30万画素)カメラを搭載しています。

一方、「ALLDOCUBE iPlay 20P」は背面5MP(オートフォーカス対応)&前面2MPカメラを搭載しています。「Teclast M40 Pro」は背面8MP(オートフォーカス対応)&前面5MPカメラを搭載しています。「BMAX MaxPad I11」は背面13MP(オートフォーカス対応)&前面5MPカメラを搭載しています。

「KEIAN KI-Z101E」の評価

KEIAN KI-Z101E」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

日本メーカーの恵安から発売されたAndroid 11タブレットです。全体的なスペックがあまり高くはありませんが、SC9863Aプロセッサ&3GBメモリ搭載でそこそこ快適に動作します。動画視聴や電子書籍、音楽視聴、Webサイトの閲覧程度なら問題なく使えるでしょう。

ただし、同価格帯の海外製Android 11タブレットと比較すると、コスパがあまりよくありません。全体的にスペックが低くなり、動作スピードや通信性能で大きな差があることは否めません。コスパ重視ならやはり海外製タブレットを選ぶべきでしょう。

逆に安心の日本メーカーで保証付きモデルがほしい人は「KEIAN KI-Z101E」の購入を検討した方がいいと思います。ちなみに日本メーカーからは「FFF-TAB10A3」、「+Style タブレット」(PS-TAB-WB01)、「NEWBRIDGE」(NBTB101)なども販売されています。いろいろと比較しながら検討することをおすすめします。

「KEIAN KI-Z101E」の販売・購入先

KEIAN KI-Z101E」は、

Amazonで25,000円、

楽天市場で25,000円 (税込)、

ヤフーショッピングで25,000円 (税込)、

ビックカメラで27,780円 (税込・2,778ポイント)、

で販売されています。

Amazonで「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

楽天市場で「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

ヤフーショッピングで「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

ビックカメラで「KEIAN KI-Z101E」をチェックする

ビックカメラ.com

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

ALLDOCUBE iPlay 20P

Teclast M40 Pro

BMAX MaxPad I11

Teclast T40 Plus

MatePad T10s

Alldocube iPlay 40H」(Android 11)

FFF-TAB10A3」(Android 11)

+Style タブレット」(Android 11)

NEWBRIDGE」(NBTB101・Android 11)

Fire HD 10 Plus

他のKEIANタブレットと比較

その他のKEIANタブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

KEIAN タブレット&2in1 PCが激安コスパで人気! 全機種を比較 

KEIAN タブレット&2in1 PCが激安コスパで人気! 全機種を比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボードが使えるAndroidタブレットを紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。