「BMAX i10」と最新の高コスパ タブレットを徹底 比較!


2021年1月に発売された「BMAX i10」と最新の高コスパ タブレットを徹底 比較して紹介!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※021年12月、「BMAX MaxPad i10 Plus」が発売されました。

※2021年8月、「BMAX MaxPad I11」が発売されました。

※2021年6月、「BMAX i9」が発売されました。

※「BMAX i10」の正式名称は「BMAX MaxPad I10」です。

「BMAX i10」の特徴

BMAX i10」の特徴をまとめてみました。

UNISOC Tiger T610&4GBメモリ&64GBストレージ

BMAX i10」はUNISOC Tiger T610 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約200,000点を記録し、3Dゲームもサクサクと動作します。また、4GBメモリを搭載し、遅延なくスムーズに動作。ストレージは64GBで大量の写真や音楽ファイルなどを保存できます。

フルHD液晶・6000mAhバッテリー・フルメタルボディ

BMAX i10」は10.1インチ、解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶を搭載。10点マルチタッチに対応し、スムーズに操作することもできます。また、大容量6000mAhバッテリーを搭載し、長時間動作することが可能。ボディはフルメタルで高級感のある外観に仕上がっています。

4G LET通信・デュアルチャンネルスピーカー・Android 10

BMAX i10」はSIMスロットを搭載し、単体で4G LET通信を利用することができます。また、高速で途切れにくいWi-FiデュアルバンドとBluetooth 5.0をサポート。GPSナビゲーションも利用できます。そのほか、本体に2つのチャンネルスピーカーを搭載し、高音質な音楽再生が可能。

OSはAndroid 10で「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)などの新機能も使えるようになっています。

公式ページ
https://www.bmaxit.com/2021/tablets_0126/46.html

価格を比較

BMAX i10」と、「Alldocube iPlay 40」、「Teclast M30 Pro」、「Blackview Tab 8」の価格を比較してみました。

「BMAX i10」

BMAX i10」は、Amazonで19,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で24,183円 (税込)、ヤフーショッピングで23,578 円 (税込)、AliExpressでUS $148.56 – 157.66、Banggoodで14,189円 で販売されています。

「Alldocube iPlay 40」

Alldocube iPlay 40」は、Amazonで31,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,800円 (税込)、ヤフーショッピングで28,250 円、Banggoodで24,361円、AliExpressでUS $239.99 – 258.99 で販売されています。

「Teclast M30 Pro」

Teclast M30 Pro」は、Amazonで21,900円、楽天市場で 25,980円 (税込)、ヤフーショッピングで29,570円 (税込)、AliExpressでUS $177.65、GearBestで21299 円、Banggoodで17,967円 で販売されています。

「Blackview Tab 8」

Blackview Tab 8」は、Amazonで21,999円(3000円OFFクーポン付き・本体のみ)、楽天市場で 21,999円(税込)、ヤフーショッピングで18,800 円、Banggoodで14,796円(セール販売中・専用キーボードは5,254円)、AliExpressでUS $161.99 – 192.37、Gearbestで19159 円 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

BMAX i10」と、「Alldocube iPlay 40」、「Teclast M30 Pro」、「Blackview Tab 8」のAntutuベンチマークを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「BMAX i10」

Antutu総合で「190411」、CPUで「66002」、GPUで「30979」、MEMで「55227」、UXで「38203」。

<CPU> UNISOC Tiger T610

<プロセッサ性能を解説>

UNISOC Tiger T610を搭載し、今回比較した機種の中で最も高いスコアを記録していました。

メモリも8GBあるので、かなり負荷が高い3Dゲームでもサクサクとプレイできるでしょう。もちろん、動画視聴、画僧の編集、ネットでの調べものも超快適で不満に感じることはあり得ません。

これだけでの性能があれば、ZoomなどのWeb会議、オンライン授業でもかなり快適です。

とにかく性能の高いタブレットが欲しい人、あるいはゲーム専用のタブレットが欲しい人におすすめです。

「Alldocube iPlay 40」

Antutu総合で「220666」、CPUで「71443」、GPUで「41733」、MEMで「65415」、UXで「42075」。

<CPU> Unisoc Tiger T618

「Teclast M30 Pro」

Antutu総合で約150,000

<CPU> MediaTek Helio P60

「Blackview Tab 8」

Antutu総合で「104635」、CPUで「39169」、GPUで「10148」、MEMで「36271」、UXで「19047」。

<CPU> Unisoc SC9863A
※「Teclast P10HD」「Teclast P10S」「Vankyo S30」「Alldocube iPlay 20」「Binai M11」と同じプロセッサ

スペックを比較

BMAX i10」と、「Alldocube iPlay 40」、「Teclast M30 Pro」、「Blackview Tab 8」のスペックを比較してみました。

「BMAX i10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ
  • プロセッサ  UNISOC Tiger T610  オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 6000mAh /3.8V
  • 充電    PD充電に対応
  • 背面カメラ    5MP
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Galileo)
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー 2つのチャンネルスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 245mm x 164mm x 8.8mm
  • 重量 550g
  • カラー グレイ
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G FDD:B1+B3+B5+B7+B8+B20 TDD:B34+B39+B40+B41
    3G W:B1+B5+B8
    2G GSM:B2+B3+B5+B8/

関連記事高品質でも爆安! BMAX ノートPC & 小型PC 全機種を比較

Amazonで「BMAX i10」をチェックする

楽天市場で「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

AliExpressで「BMAX i10」をチェックする

Banggoodで「BMAX i10」をチェックする

Gearbestで「BMAX」をチェックする

「Alldocube iPlay 40」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶
    ※極細ベゼル/フルラミネーション
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU 2xA75 + 6xA55  Octa Core
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 6000mAh /3.8V
  • 充電 PD充電に対応
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Beidou/Galileo/Glonass)
  • インターフェース Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • オーディオ クアッドBOXステレオスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 248.1 x 157.9 x 8.3mm
  • 重量 474g
  • カラー ブラック

関連記事「Alldocube iPlay 40」と超人気Android 10 タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 40」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

GearBestで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

米国Amazon.comで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

「Teclast M30 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度 1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※FHD/ブルーライト低減
  • プロセッサ MediaTek Helio P60 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU Arm Cortex-A53,  Arm Cortex-A73
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 7500mAh
  • 駆動時間 9時間
  • 充電 PD充電に対応
  • 背面カメラ  8MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信  WiFi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5.0GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • 材質 金属(フルメタル)
  • OS Android 10.0
  • サイズ 24.15 x 16.81 x 0.95 cm
  • 重量 597g
  • カラー シルバー

関連記事「Teclast M30 Pro」と最新10.1型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast M30 Pro」をチェックする

楽天市場で「Teclast M30 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast M30 Pro」をチェックする

AliExpressで「Teclast M30 Pro」をチェックする

GearBestで「Teclast M30 Pro」をチェックする

Banggoodで「Teclast M30 Pro」をチェックする

米国Amazon.comで「Teclast M30 Pro」をチェックする

「Blackview Tab 8」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 輝度自動調整(目の保護)/ FHD+
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア 1.6 GHz
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6580 mAh
  • 駆動時間 連続スタンバイで408時間、連続通話で20時間、連続動画再生で8時間、連続ゲームプレイで8時間、連続音楽再生で28時間
  • 充電 節電機能・OTGリバースチャージ機能
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac (2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS BEIDOU)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、SIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、重力
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認証
  • 専用キーボード あり
  • レザーケース 付属・自立可能
  • OS Android 10.0
  • サイズ 243.6 x 162.4 x 8.9mm
  • 重量 600g
  • カラー シルバー、ゴールド

関連記事「Blackview Tab 8」とAndroid 10タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Blackview Tab 8」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

米国Amazon.comで「Blackview Tab 8」をチェックする

「BMAX i10」のメリット・デメリット

BMAX i10」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・フルHDのIPS液晶・10点マルチタッチ

BMAX i10」は10.1インチ、解像度1920 x 1080ドットのIPS液晶を搭載。視野角が広く、高精細な液晶になっています。また、10点マルチタッチ操作に対応。スムーズに操作できます。

一方、「Alldocube iPlay 40」は10.4インチで解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶を搭載、「Teclast M30 Pro」は10.1インチで解像度 1920 x 1200ドットのIPS液晶(ブルーライト低減)を搭載、「Blackview Tab 8」は10.1インチで解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶(輝度自動調整)を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージで快適に使える

BMAX i10」は4GBメモリを搭載しているため、複数のタスクでも遅延なくスムーズに動作します。また、大容量64GBストレージ搭載で、microSDカード容量を増やすこともできます。

一方、「Alldocube iPlay 40」は8GB LPDDR4メモリ&128GBストレージを搭載、「Teclast M30 Pro」は4GBメモリ&128GBストレージを搭載、「Blackview Tab 8」は4GBメモリ&64GBストレージを搭載しています。

・6000mAhバッテリーでType-C充電に対応

BMAX i10」は大容量6000mAhバッテリーを搭載。Type-C充電にも対応します。

一方、「Alldocube iPlay 40」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応、「Teclast M30 Pro」は7500mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応、 「Blackview Tab 8」は6580 mAhバッテリー搭載でType-C充電&リバースチャージ機能に対応しています。

・Wi-Fi デュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応

BMAX i10」は高速で途切れづらいWi-Fi デュアルバンドとBluetooth 5.0に対応しています。また、GPS(Galileo)ナビゲーションも利用できます。

一方、「Alldocube iPlay 40」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth5.0&GPS(Beidou/Galileo/Glonass)に対応、「Teclast M30 Pro」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth5.0&GPS に対応、「Blackview Tab 8」はWi-Fi デュアルバンド&Bluetooth5.0&GPS(GLONASS BEIDOU)に対応しています。

・厚さ8.8mmで重さ550gの薄型軽量ボディ

BMAX i10」は厚さ8.8mmで重さ550gの薄型軽量デザインになっています。ボディの材質はメタル(金属)で高級感があります。

一方、「Alldocube iPlay 40」は厚さ8.3mmで重さ474g、「Teclast M30 Pro」は厚さ9.5mmで重さ597g、「Blackview Tab 8」は厚さ8.9mmで重さ600gになっています。

・単体で4G LET通信できる

BMAX i10」はSIMスロット搭載で、単体で4G LET通信が利用できます。バンドはドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応しています。

一方、「Alldocube iPlay 40」、「Teclast M30 Pro」、「Blackview Tab 8」も単体で4G LET通信できるようになっています。

・2つのチャンネルスピーカー搭載で音がいい

BMAX i10」は本体に2つのチャンネルスピーカーを搭載し、高音質なサウンドで音楽を楽しむことができます。

一方、「Alldocube iPlay 40」はクアッドBOXステレオスピーカーを搭載、「Teclast M30 Pro」はステレオスピーカー搭載、「Blackview Tab 8」はデュアルスピーカー搭載になっています。

デメリット

・専用キーボードがない

BMAX i10」は専用キーボードが用意されていません。サードパーティー製のものを使うしかありません。

一方、「Blackview Tab 8」は専用キーボードが用意されています。「Alldocube iPlay 40」と「Teclast M30 Pro」は専用キーボードがありません。

・リバースチャージ機能がない

BMAX i10」は他のUSB機器に充電できるリバースチャージ機能が搭載されていません。

一方、「Blackview Tab 8」はリバースチャージ機能に対応し、他のUSB機器を充電することができます。「Alldocube iPlay 40」と「Teclast M30 Pro」はリバースチャージ機能が利用できません。

「BMAX i10」の販売・購入先

BMAX i10」は、

Amazonで19,999円(2000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で24,183円 (税込)、

ヤフーショッピングで23,578 円 (税込)、

AliExpressでUS $148.56 – 157.66、

Banggoodで14,189円、

で販売されています。

Amazonで「BMAX i10」をチェックする

楽天市場で「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX MaxPad I10 タブレット 10.1」をチェックする

AliExpressで「BMAX i10」をチェックする

Banggoodで「BMAX i10」をチェックする

Gearbestで「BMAX」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「BMAX MaxPad i10 Plus

★「BMAX MaxPad I11

★「OUKITEL OKT1」(Android 11)

★「Teclast M40 Pro」(Android 11)

★「Lenovo XiaoXin Pad Plus」(Android 11)

★「+Style タブレット」(Android 11)

★「NEWBRIDGE」(NBTB101・Android 11)

★「BMAX i9

★「Fire HD 10」(2021)

★「Blackview Tab 9

★「LAVIE T11(T1175BAS) 」(11インチ)

★「FFF-TAB10H

★「Alcatel 1T 10 2020」(Android 10)

Alldocube iPlay 40

Teclast M30 Pro

Blackview Tab 8

Teclast M40

Alldocube iPlay 30 / Pro

Chuwi HiPad X

Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)

VANKYO P31」(Android 10・専用スタイラスペンとキーボード付属)

Huawei MatePad 10.4」(筆圧4096段階のHuawei Mペンシルに対応)

Dragon Touch NotePad 102

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。