「Blackview Oscal Pad 8」が特別セール!人気一万円タブレットと徹底 比較!


2021年8月に発売された「Blackview Oscal Pad 8」と人気一万円タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年11月、「Blackview Tab 11」が発売されました。

※2021年11月、8型「Blackview Tab 6」が発売されました。

※2021年6月に「Blackview Tab10」、4月に「Blackview Tab 9」が発売されました。

※2020年12月から「Blackview tab 8E」、6月から「Blackview Tab 8」も発売中です。

「Blackview Oscal Pad 8」の特徴

Blackview Oscal Pad 8」の特徴をまとめてみました。

フルHD液晶・64GB・6000mAh

Blackview Oscal Pad 8」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶を搭載。画質は高精細なフルHDで画面比率は78.5%になっています。また、64GBストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。そのほか、大容量6000mAhバッテリーを搭載。Type-C充電にも対応しています。

SC9863A・4GBメモリ・Android 11

Blackview Oscal Pad 8」はUnisoc SC9863A オクタコアプロセッサを搭載。「Blackview Tab 8」と同じプロセッサでAntutu総合100,000点以上を記録しています。そのほか、4GBメモリを搭載。OSはAndroid 11ベースのDoke OS_P1.0で、ゲームモードや3本指ジェスチャー、オートディスクデフラグなどの機能が使えるようになっています。

4G通信・キーボード・顔認証

Blackview Oscal Pad 8」はSIMスロットを搭載し、単体で4G LET通信を利用することができます。また、マグネットで接続できる専用キーボードを用意。製品には専用のカバーケースが付属します。そのほか、顔認証に対応。背面5MPカメラと前面2MPカメラも利用できます。

公式ページ: Pad8 | Blackview

価格を比較

Blackview Oscal Pad 8」と「Alldocube iPlay 20S」、「BMAX i9」、「Vastking Kingpad Z10」の価格を比較してみました。

「Blackview Oscal Pad 8」

Blackview Oscal Pad 8」は、Amazonで18,999円(2500円OFFクーポン付き)、楽天市場で24,797円 (税込)、Banggoodで16,233円、AliExpressでUS $147.99 – 184.99、米国 Amazon.comで$189.99 + $41.65 shipping で販売されています。

「Alldocube iPlay 20S」

Alldocube iPlay 20S」は、Amazonで16,999円(3000円OFFクーポン付き)、楽天市場で18,950円 (税込)、ヤフーショッピングで18,480円 (税込)、AliExpressでUS $139.99 – 169.99、Banggoodで15,671円 で販売されています。

「BMAX i9」

BMAX i9」は、Amazonで9,499円(セール特価)、楽天市場で12,699円 (税込)、ヤフーショッピングで11,488 円、Banggoodで11,753円、AliExpressでUS $109.99 – 128.99 で販売されています。

「Vastking Kingpad Z10」

Vastking Kingpad Z10」は、Amazonで11,699円(セール特価)、楽天市場で14,819円 (税込)、ヤフーショッピングで15,502 円(税込)、米国Amazon.comで$109.99 (日本発送は+$13.75) で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Blackview Oscal Pad 8」と「Alldocube iPlay 20S」、「BMAX i9」、「Vastking Kingpad Z10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Blackview Oscal Pad 8」

Antutu総合で約100,000

<CPU> Unisoc SC9863A

<プロセッサ性能を解説>

Unisoc SC9863A オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約10万以上を記録しています。同じプロセッサは「Blackview Tab 8」、「Alldocube iPlay 20S」など多数のタブレットに搭載されています。

Allwinner A133搭載の「BMAX i9」と比較すると約4万ほどスコアが高くなります。ただし、OSにAndroid Goエディッションを搭載しているモデルは軽量に動作するため、動作スピードにそれほど大きな差はありません。

3Dゲームはプレイ可能ですが、負荷の高いものには適していません。動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などは快適に動作します。

「Alldocube iPlay 20S」

Antutu総合で約100,000

<CPU> Unisoc SC9863A

「BMAX i9」

AnTuTu総合で約63,000

<CPU> Allwinner A133
※「Teclast P80」と同じプロセッサ

「Vastking Kingpad Z10」

Antutu総合で約37,000

<CPU> Unisoc SC7731E クアッドコア
※「Vankyo S10」、「Teclast P80H」(2020)と同じプロセッサ

スペックを比較

Blackview Oscal Pad 8」と「Alldocube iPlay 20S」、「BMAX i9」、「Vastking Kingpad Z10」のスペックを比較してみました。

「Blackview Oscal Pad 8」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※FHD/画面比率78.5%/画面分割
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア 1.6 GHz
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで480時間、通話で24時間、HD動画再生で5時間、Web閲覧で7時間、ゲームで5時間、音楽再生で25時間
  • 充電 Type-C充電
  • 背面カメラ 5MP ※フラッシュ対応
  • 前面カメラ     2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/BEIDOU)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー デュアルステレオスピーカー内蔵
  • マイク 内蔵
  • キーボード 専用キーボードを用意
  • ケース 専用カバーケースが付属
  • Office WPS Office プリインストール
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 11ベースのDoke OS_P1.0
  • サイズ 242 x 160.5 x 9.4 mm
  • 重量 547g
  • カラー Android 11
  • SIMカード NanoSIM
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル回線に対応
    4G FDD:B1/B3/B7/B8/B20
    3G WCDMA:B1/B8
    2G GSM:850/900/1800/1900(B2/B3/B5/B8)

関連記事Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

Amazonで「Oscal Pad8」をチェックする

楽天市場で「Oscal Pad8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Oscal Pad 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Oscal Pad 8」をチェックする

楽天市場で「Blackview tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview tab」をチェックする

米国 Amazon.comで「Oscal Pad8」をチェックする

「Alldocube iPlay 20S」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920×1200 ドットのIPS液晶
    ※225ppi/10点マルチタッチ/目の保護モード(ブルーライト軽減)
  • プロセッサ Unisoc SC9863A
  • CPU Octa-core(ARM-A55×8 @ 1.6GHz+1.2GHz)
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 6GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで拡張可能
  • バッテリー 6000mAh
  • 充電 Type-C充電に対応・5V/2A
  • 背面カメラ 5MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ     2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac (2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(BeiDou/Glonass)※4G LET通信に対応
    ※Wi-Fi Displayサポート
  • インターフェース USB Type-C x1(OTG・充電)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルBOXスピーカー (ステレオサウンド)
  • センサー  重力センサー、光センサー
  • OS Android 11
  • サイズ 242 x 168 x 8.7mm
  • 重量 450g
  • カラー ブラック

関連記事「Alldocube iPlay 20S」が新OSでいい? 超お買い得タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Alldocube iPlay 20S」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 20S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 20S」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 20S」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 20S」をチェックする

GearBestで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

米国Amazon.comで「Alldocube iPlay 20S」をチェックする

「BMAX i9」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280 x 800 ドットのIPS液晶
    ※HD
  • プロセッサ Allwinner A133 クアッドコア
  • GPU IMG PowerVR GE8300
  • RAM(メモリ)2GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 5000mAh /3.7V
  • 駆動時間 6~8時間
  • 背面カメラ 5MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.2
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
    ※Wi-Fiディスプレイ対応
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー 2つのチャンネルスピーカー(3Dサラウンドサウンド)
  • 筐体の素材 金属(メタル)
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 10 ※Go Editionである可能性あり
  • Google Playストア 対応・利用できます
  • サイズ 241 x 168 x 8.9 mm
  • 重量 520g
  • カラー シルバー

関連記事「BMAX i9」は超激安か? 低価格10.1タブレットと徹底 比較!

Amazonで「BMAX i9」をチェックする

楽天市場で「BMAX i9」をチェックする

ヤフーショッピングで「BMAX i9」をチェックする

Banggoodで「BMAX MaxPad I9」をチェックする

AliExpressで「BMAX MaxPad I9」をチェックする

「Vastking Kingpad Z10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1280 x 800 ドットのIPS液晶
    ※目の保護モード(ブルーライト低減)
  • プロセッサ Unisoc SC7731E クアッドコア 1.3 GHz
  • GPU ARM Mali T820、600MHz
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 通常使用で最大12時間、スタンバイで20日間
  • 充電 Type-C充電に対応・5V/2A(10W)
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ    2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.2、GPS (Wi-Fi・チップ内蔵でオフラインGoogleマップ利用可)
  • インターフェース  USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー  デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認識
  • ボディの素材 金属(フルメタル)
  • 音声認識 Google アシスタント対応
  • OS  Android 11 Go Edition
  • Google Playストア 対応
  • サイズ 240 x 160 x 9 mm
  • 重量 546g
  • カラー グレイ

関連記事「Vastking Kingpad Z10」は超お買い得か? 激安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

楽天市場で「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

米国Amazon.comで「Vastking Kingpad Z10」をチェックする

「Blackview Oscal Pad 8」のメリット・デメリット

Blackview Oscal Pad 8」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・フルHDのIPS液晶が見やすい

Blackview Oscal Pad 8」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶を搭載しています。画質は高精細なフルHDで画面比率78.5%を実現しています。

一方、「Alldocube iPlay 20S」は10.1インチで解像度1920×1200 ドットのIPS液晶(10点マルチタッチ)を搭載しています。「BMAX i9」は10.1インチで解像度1280 x 800 ドットのIPS液晶を搭載しています。「Vastking Kingpad Z10」は10.1インチで解像度1280 x 800 ドットのIPS液晶(ブルーライト低減)を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージ搭載で快適に使える

Blackview Oscal Pad 8」は4GBメモリを搭載しスムーズに動作します。また、64GBストレージを搭載し、別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。

一方、「Alldocube iPlay 20S」は6GBメモリと64GBストレージを搭載しています。「BMAX i9」と「Vastking Kingpad Z10」はは2GBメモリと32GBストレージを搭載しています。

・6000 mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

Blackview Oscal Pad 8」は6000mAhバッテリー搭載でスタンバイで480時間、通話で24時間、HD動画再生で5時間 駆動できます。また、Type-C充電にも対応しています。

一方、「Alldocube iPlay 20S」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「BMAX i9」は5000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Vastking Kingpad Z10」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面5MPカメラと前面2MPカメラが使える

Blackview Oscal Pad 8」は背面5MPカメラと前面2MPカメラが使えるようになっています。

一方、「Alldocube iPlay 20S」と「BMAX i9」は背面5MP(※オートフォーカス対応)&前面2MPカメラを搭載しています。「Vastking Kingpad Z10」は背面8MP&前面2MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

Blackview Oscal Pad 8」は高速で途切れにくいWi-FiデュアルバンドとBluetooth 5.0に対応しています。また、GPS (GLONASS/BEIDOU)ナビゲーションも利用できます。

一方、「Alldocube iPlay 20S」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS (BeiDou/Glonass)に対応しています。「BMAX i9」はWi-Fi(2.4GHz)&Bluetooth 4.2に対応しています。「Vastking Kingpad Z10」はWi-Fi(2.4GHz)&Bluetooth 4.2&GPSに対応しています。

・厚さ9.4mmで重さ547gの薄型軽量ボディ

Blackview Oscal Pad 8」は厚さ9.4mmで重さ547gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Alldocube iPlay 20S」は厚さ8.7mmで重さ450gになっています。「BMAX i9」は厚さ8.9mmで重さ520gになっています。「Vastking Kingpad Z10」は厚さ9mmで重さ546gになっています。

・顔認証が使える

Blackview Oscal Pad 8」は顔認証に対応し、顔をカメラにかざすだけでロック解除することができます。

一方、「Alldocube iPlay 20S」と「Vastking Kingpad Z10」は顔認証に対応していません。「BMAX i9」は顔認証に対応しています。

・デュアルステレオスピーカー内蔵で音がいい

Blackview Oscal Pad 8」は2つのステレオスピーカーを内蔵し、快適に音楽を楽しめます。

一方、「Alldocube iPlay 20S」はデュアルBOXスピーカー(ステレオサウンド)を搭載しています。「BMAX i9」は2つのチャンネルスピーカー(3Dサラウンドサウンド)を搭載しています。「Vastking Kingpad Z10」はデュアルスピーカーを搭載しています。

・Android 11の新機能が使える

Blackview Oscal Pad 8」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)などの機能が搭載されています。

一方、「Alldocube iPlay 20S」はAndroid 11を搭載しています。「BMAX i9」はAndroid 10 (Go Edition)を搭載しています。「Vastking Kingpad Z10」はAndroid 11 Go Editionを搭載しています。

デメリット

・専用スタイラスペンがない

Blackview Oscal Pad 8」は専用スタイラスペンが用意されていません。

一方、「Alldocube iPlay 20S」、「BMAX i9」、「Vastking Kingpad Z10」も専用スタイラスペンが用意されていません。

・防水に対応していない

Blackview Oscal Pad 8」は防水に対応していません。

一方、「Alldocube iPlay 20S」、「BMAX i9」、「Vastking Kingpad Z10」も防水に対応していません。

「Blackview Oscal Pad 8」の評価

Blackview Oscal Pad 8」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

Blackview Tab 8」の後継モデルです。OSをAndroid 10からAndroid 11にアップグレードし、より使いやすくなっています。また、発売時から$119.99の特別セール価格で販売されており、「Blackview Tab 8」や「Blackview Tab 8E」よりもさらに安くなっているのも特徴です。

この価格帯は「BMAX i9」や「Vastking Kingpad Z10」のようなAndroid Go エディッションを搭載したタブレットと同じで、ほぼ同スペック通常のタブレットよりもかなり安いことになります。専用キーボードや4G LET通信が使えるというメリットもあるので低価格のタブレットの中ではかなり人気が出るでしょう。

ただし、プロセッサ性能があまり高くはないので負荷の高い3Dゲーム用には適していません。動画視聴やWeb閲覧、音楽再生などライトな使い方であれば十分に満足できるタブレットです。

「Blackview Oscal Pad 8」の販売・購入先

Blackview Oscal Pad 8」は、

Amazonで18,999円(2500円OFFクーポン付き)、

楽天市場で24,797円 (税込)、

Banggoodで16,233円、

AliExpressでUS $147.99 – 184.99 、

米国 Amazon.comで$189.99 + $41.65 shipping、

で販売されています。

Amazonで「Oscal Pad8」をチェックする

楽天市場で「Oscal Pad8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Oscal Pad 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Oscal Pad 8」をチェックする

楽天市場で「Blackview tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview tab」をチェックする

米国 Amazon.comで「Oscal Pad8」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Blackview Tab 11」(10.36インチ・Android 11)

★「Blackview Tab 6」(8インチ・Android 11)

★「FFF-TAB10A2」(Android 11・HDMI出力)

★「FFF-TAB10A3」(Android 11・HDMI出力)

★「VASTKING KingPad M10」(Android 11)

★「ALLDOCUBE kPad

★「Teclast M40 Pro

★「Teclast T40 Plus

Alldocube iPlay 20S

BMAX i9

Vastking Kingpad Z10

Teclast M40SE

Fire HD 10」(2021)

MatePad T10s

+Style タブレット」(Android 11)

NEWBRIDGE」(NBTB101・Android 11)

Hyjoy HB901」(9インチ・Android 10 Go)

VASTKING KingPad K10

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。