「Blackview Tab10」は新OSで安い? 1.5万円タブレットと徹底 比較!


2021年6月に発売された「Blackview Tab10」と 1.5万円タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年11月、「Blackview Tab 11」が発売されました。

※2021年11月、8型「Blackview Tab 6」が発売されました。

※2021年8月に「Blackview Oscal Pad 8」、4月に「Blackview Tab 9」が発売されました。

※2020年12月から「Blackview tab 8E」、6月から「Blackview Tab 8」も発売中です。

「Blackview Tab10」の特徴

Blackview Tab10」の特徴をまとめてみました。

Helio P22T & Android 11

Blackview Tab10」はMediaTek Helio P22T MT8768T オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約92,000点を記録し、「Blackview Tab8」とほぼ同じスコアになっています。また、OSはAndroid 10からAndroid 11にアップグレード済み。新機能も使えるようになっています。

4GBメモリ&64GB ROM・13MPカメラ

Blackview Tab10」は4GBメモリを搭載し、遅延なくスムーズに動作します。また、64GBストレージを内蔵。別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。そのほか、背面13MPのメインカメラで高精細な写真を撮影可能。前面は8MPカメラでWeb会議でも鮮明な映像を映し出すことができます。

7480mAh・Type-C・4G通信

Blackview Tab10」は大容量7480mAhバッテリーを搭載。「Blackview Tab8」よりも900mAh容量が増えてスタンバイで600時間、通話で25時間駆動することができます。また、Type-C充電が利用可能。通信面では単体での4G LET通信に対応するほか、Wi-FiデュアルバンドやBluetooth 5.0にも対応しています。

公式ページ  Blackview
https://www.blackview.hk/products/all

価格を比較

Blackview Tab10」と「Fire HD 10」(2021)、「VASTKING KingPad K10」、「VIVIMAGE E10」の価格を比較してみました。

「Blackview Tab10」

Blackview Tab10」は、Banggoodで16,772円、AliExpressでUS $159.99 – 199.99 で販売されています。

「Fire HD 10」(2021)

Fire HD 10」(2021)は、Amazonで15,980円(※純正キーボードは5,980円)、ヤフーショッピングで17,756 円 で販売されています。

「VASTKING KingPad K10」

VASTKING KingPad K10」は、Amazonで18,299円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で23,700円 (税込)、ヤフーショッピングで21,900円、米国Amazon.comで$142.99 (日本発送は+ $27.99)で販売されています。

「VIVIMAGE E10」

VIVIMAGE E10」は、Amazonで17,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で16,999円 (税込)、ヤフーショッピングで20,798 円 で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Blackview Tab10」と「Fire HD 10」(2021)、「VASTKING KingPad K10」、「VIVIMAGE E10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Blackview Tab10」

Antutu総合で約92,000

<CPU> MediaTek Helio P22T MT8768T
※「HUAWEI MatePad T8」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたMediaTek Helio P22T MT8768T オクタコアプロセッサを搭載し、Antutu総合で約約9万2千点を記録しています。

Blackview Tab8」はUnisoc SC9863A搭載で約10万のスコアだったのでほぼ同じ性能であるといえます。MediaTek MT8168搭載の「VIVIMAGE E10」も同じくらいの性能です。「Fire HD 10」(2021)も同じくらいの性能でしょう。

ちなみに、「Blackview Tab9」はUnisoc Tiger T618搭載で約17万ほどのスコアです。このプロセッサは「VASTKING KingPad K10」にも搭載されており、プロセッサ性能が比較的高いといえます。プロセッサ性能重視ならUnisoc Tiger T618搭載モデルを選んだ方がいいかもしれません。

「Fire HD 10」(2021)

Antutu総合で約120,000

<CPU> MediaTek Kompanio 500 (MT8183) 2.0GHz オクタコア
※「Fire HD 10 Plus」、2019版「Fire HD 10」と同じプロセッサ

「VASTKING KingPad K10」

Antutu総合でAntutu総合で約173,194

<CPU> Unisoc Tiger T618
※「Blackview Tab 9」、「Teclast M40 /SE」、「BMAX i10」、「VASTKING KingPad K10 Pro」と同じプロセッサ

「VIVIMAGE E10」

Antutu総合で「107272」、CPUで「30804」、GPUで「17615」、MEMで「36272」、UXで「22581」。

<CPU > MediaTek MT8168
※「Fire HD 8 /Plus」と同じプロセッサ

スペックを比較

Blackview Tab10」と「Fire HD 10」(2021)、「VASTKING KingPad K10」、「VIVIMAGE E10」のスペックを比較してみました。

「Blackview Tab10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 輝度自動調整(目の保護)/ FHD
  • プロセッサ MediaTek Helio P22T MT8768T オクタコア 1.8GHz
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.3GHz
  • CPU Arm Cortex-A53 @ Up to 2.3GHz+Arm Cortex-A53 @ Up to 1.8GHz
  • GPU IMG GE8320
  • RAM(メモリ)4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GB
  • バッテリー 7480 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで600時間、通話で25時間、Webで7.5時間、ゲームで5.5時間、音楽で30時間
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/GALILEO/BEIDOU)
  • インターフェース Type-C x1、3.5mmイヤホンジャック x1
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認証
  • 専用キーボード あり・マグネットで接続
  • レザーケース 付属・自立可能
  • 技適認証 対応 予定
  • OS Android 11
  • サイズ 243 x 162 x 8.4mm
  • 重量 523g
  • カラー グレイ、ゴールド、シルバー
  • 付属品 1×充電器 1×ケースカバー 1 x アダプター (アダプターは購入者の国によって異なります)
  • SIMカード NanoSIM
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル回線に対応
    4G FDD:B1/B3/B7/B8/B20/B40
    3G WCDMA:B1/B8
    2G GSM 850/900/1800/1900(B2/B3/B5/B8)

関連記事2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Banggoodで「Blackview Tab10」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab10」をチェックする

Amazonで「Blackview Tab」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab」をチェックする

GearBestで「Blackview Tab」をチェックする

「Fire HD 10」(2021)のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶
    ※フルHD / 224ppi / 強化アルミノシリケートガラスのスクリーン / 前モデルよりも10%明るく色鮮やか
  • プロセッサ 2.0GHz オクタコア
  • GPU 不明
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32/64GB (使用可能領域 24.2/55.0GB)
  • 外部ストレージ   microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー駆動時間 最大12時間
  • 充電 Type-C充電・時間:約4時間(同梱のType-Cケーブル、9W充電アダプタを使用した場合)
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ     2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー アクセロメータ、環境光センサー
  • スピーカー Dolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカー
  • マイク 2つのマイク
  • 機能 2画面表示機能、バッテリーセーバー(低電力モード)
  • 音声認識 Alexa
  • キーボード 対応・専用のMade for Amazonキーボード付きカバー(別売・5,980円)
  • カバー 対応・スタンドになるスリムなAmazon純正カバー(別売)
  • OS Fire OS
  • Google Playストア 非対応 ※Google系アプリを除いて、スマホなどから他のアプリを移すことは可能です。
  • サイズ 247 x 166 x 9.2mm ※前モデルより7%薄く、8%軽い
  • 重量 465 g
  • カラー ブラック、デニム、オリーブ
  • 付属品 USB-C(2.0)ケーブル、9W電源アダプタ、スタートガイド
  • 世代 第11世代

関連記事「Fire HD 10」(2021)はやっぱり買うべき? 1万円タブレットと徹底 比較!

Amazonで「Fire HD 10」(2021)をチェックする

Amazonで「Made for Amazonキーボード付きカバー」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10」をチェックする

米国Amazon.comで「Fire HD 10」をチェックする

「VASTKING KingPad K10」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※ブルーライト低減
  • プロセッサ UNISOC Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで拡張可能
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 通常使用で最大12時間、動画再生で9時間、スタンバイで20日間
  • 充電  Type-C充電に対応
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS)
    ※Wi-Fiディスプレイに対応
  • インターフェース USB Type-C
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • スタイラスペン なし ※サードパーティ製のものが使用できます
  • キーボード 別売・専用キーボードカバーを用意
  • 生体認証 顔認証
  • 音声認識 Googleアシスタント
  • OS Android 10.0
  • サイズ 250 x 150 x 8 mm
  • 重量 550 g
  • カラー グレー

関連記事「VASTKING KingPad K10」と10.1激安タブレットを徹底 比較!

Amazonで「VASTKING KingPad K10」をチェックする

楽天市場で「VASTKING KingPad K10」をチェックする

ヤフーショッピングで「VASTKING KingPad K10」をチェックする

米国Amazon.comで「VASTKING KingPad K10」をチェックする

「VIVIMAGE E10」のスペック

「VIVIMAGE E10」は買うべき? 激安タブレットと徹底 比較!

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※目の保護モード/読書モード
  • プロセッサ MediaTek MT8168 クアッドコア
    ※12nm / 4コア / 64bit
  • CPU  quad-core 4xARM Cortex-A53 2.0 GHz
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 3GB DDR3
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 最大10時間
  • 充電 Type-C充電
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ    5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS)
  • インターフェース USB Type-C、Micro HDMI、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
    ※ミラーリング(ワイヤレスで外部出力)対応
  • FMラジオ 対応
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • キーボード 専用キーボードあり・マグネット接続・オートスリープ対応
  • Googleアシスタント 対応
  • Google Playストア 対応・Google Mobile Service (GMS) 認証
  • OS Android 10
  • サイズ 24.3 x 16.2 x 0.8 cm
  • 重量 527 g
  • カラー グレイ
  • 発売日 2021/2/23

関連記事「VIVIMAGE E10」は買うべき? 激安タブレットと徹底 比較!

Amazonで「VIVIMAGE E10 タブレット」をチェックする

楽天市場で「VIVIMAGE E10」をチェックする

ヤフーショッピングで「VIVIMAGE E10」をチェックする

「Blackview Tab10」のメリット・デメリット

Blackview Tab10」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・フルHDのIPS液晶・ブルーライト低減

Blackview Tab10」は10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶を搭載しています。画質は高精細なフルHDで、ブルーライトを低減できる輝度調整機能が利用できます。

一方、「Fire HD 10」(2021)は10.1インチで解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶(強化ガラス)を搭載しています。「VASTKING KingPad K10」は 10.1インチで解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶(ブルーライト低減)を搭載しています。「VIVIMAGE E10」は10.1インチで解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージ搭載で快適に使える

Blackview Tab10」は4GBメモリ搭載でスムーズに動作します。また、64GBストレージ搭載でmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。

一方、「Fire HD 10」(2021)は3GBメモリ&32/64GBストレージを搭載しています。「VASTKING KingPad K10」は3GBメモリ&32GBストレージを搭載しています。「VIVIMAGE E10」は3GB DDR3メモリと32GBストレージを搭載しています。

・7480mAhバッテリーでPD充電に対応

Blackview Tab10」は7480mAhバッテリーを搭載し、スタンバイで600時間、通話で25時間、Webで7.5時間駆動することができます。また、Type-C端子搭載で高速なPD充電が利用できます。

一方、「Fire HD 10」(2021)は最大12時間駆動するバッテリー搭載でPD充電に対応しています。「VASTKING KingPad K10」と「VIVIMAGE E10」は6000mAhバッテリー搭載でPD充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

Blackview Tab10」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS (GLONASS/GALILEO/BEIDOU)に対応しています。

一方、「Fire HD 10」(2021)はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。「VASTKING KingPad K10」と「VIVIMAGE E10」ははWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS(A-GPS)に対応しています。

・厚さ8.4mmで重さ523gの薄型軽量ボディ

Blackview Tab10」は厚さ8.4mmで重さ523gの薄型軽量デザインを採用しています。

一方、「Fire HD 10」(2021)は厚さ9.2mmで重さ465 gになっています。「VASTKING KingPad K10」は厚さ8 mmで重さ550 gになっています。「VIVIMAGE E10」は厚さ8 mmで重さ527 gになっています。

・SIMフリーで4G LET通信に対応

Blackview Tab10」はSIMスロットを搭載し、単体で4G LET通信が利用できます。

一方、「Fire HD 10」(2021)、「VASTKING KingPad K10」、「VIVIMAGE E10」は4G LET通信に対応していません。

・純正キーボードが使える

Blackview Tab10」はマグネットで接続できる純正のキーボード(※Tab9と共通)が用意されています。

一方、「Fire HD 10」(2021)、「VASTKING KingPad K10」、「VIVIMAGE E10」も純正キーボードが用意されています。

・Android 11の新機能が使える

Blackview Tab10」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの機能が使えるようになっています。

一方、「Fire HD 10」(2021)はFire OSを搭載しています。「VASTKING KingPad K10」と「VIVIMAGE E10」はAndroid 10を搭載しています。

デメリット

・専用スタイラスペンが用意されていない

Blackview Tab10」は専用スタイラスペンが用意されていません。市販のスタイラスペンは使用できます。

一方、「Fire HD 10」(2021)、「VASTKING KingPad K10」、「VIVIMAGE E10」も専用スタイラスペンが用意されていません。

・HDMI出力に対応していない

Blackview Tab10」はHDMI端子を搭載していないため、有線で外部ディスプレイに出力できません。

一方、「VIVIMAGE E10」はmicroHDMI端子を搭載し、有線で外部ディスプレイと接続できます。「Fire HD 10」(2021)、「VASTKING KingPad K10」はHDMI出力に対応していません。

「Blackview Tab10」の評価

Blackview Tab10」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★★

機能:★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

Blackview Tab10」という名称ですが、実は「Blackview Tab9」の方が性能が高いです。ただし、「Blackview Tab 8」と比較すると、OSがAndroid 10からAndroid 11になり、バッテリー容量も増えています。

プロセッサ性能はほぼ変わらず、メモリ(4GB)やストレージ容量(64GB)、カメラ性能(背面13MP&前面5MP)、ワイヤレス通信性能も同じです。4G LET通信対応で純正キーボードも使える点も同じなので新たに買い替える必要性はないでしょう。Android 11搭載でコスパのいいタブレットを探している人におすすめです。

「Blackview Tab10」の販売・購入先

Blackview Tab10」は、

Banggoodで16,772円、

AliExpressでUS $159.99 – 199.99 、

で販売されています。

Banggoodで「Blackview Tab10」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab10」をチェックする

Amazonで「Blackview Tab」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab」をチェックする

GearBestで「Blackview Tab」をチェックする

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Blackview Tab 11」(10.36インチ・Android 11)

★「Blackview Tab 6」(Android 11)

★「Blackview Oscal Pad 8」(Android 11)

★「Alldocube iPlay 40H」(Android 11)

★「Teclast M40 Pro」(Android 11)

★「Alldocube iPlay 20S」(Android 11)

★「+Style タブレット」(Android 11)

★「NEWBRIDGE」(NBTB101・Android 11)

★「Ulefone Tab A7」(Android 11)

AliExpressで「Ulefone Tab A7」をチェックする

Fire HD 10」(2021)

VASTKING KingPad K10

VIVIMAGE E10

Vastking Kingpad Z10

Lenovo Tab B10

TCL TAB 10 Wi-Fi

MatePad T10s

Lenovo Tab M10 HD」 (2nd Gen)

Teclast P20HD

Alldocube iPlay 20

キーボードが使えるAndroidタブレットと比較

専用のキーボードが使えるAndroidタブレットも販売されています。4G LET通信に対応しているモデルもあり、仕事でも十分に活用できます。ぜひ比較してみてください。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。