ソニーが放つGoogleアシスタント搭載スマートスピーカー「Sony LF-S50G」


楽天にソニーのGoogle アシスタント搭載スマートスピーカー「Sony LF-S50G」が入荷している。ソニー独自の機能を搭載したスマートスピーカーとして注目の製品。他のスマートスピーカーよりも音質に優れている。発売開始は12月9日。

「Sony LF-S50G」と「Google Home」との違いは?

まず音質が大きく違う。「Sony LF-S50G」は新開発の対向配置2ウェイスピーカーシステムを採用するなど徹底的に音質にこだわっており、本格的なスピーカーとして使用できる。

また、ボディは防水対応になっており、台所などの水場でも使用可能。音声操作以外にもジェスチャー操作にも対応している。

そのほか、NFCによるBluetootペアリングにも対応。「Google Home」とは違い、NFC対応スマホなどから簡単にBluetooth設定/音楽出力が行なえる。

なお、他のGoogleアシスタント対応家電との連携も可能。Android TV機能搭載の「ブラビア」と接続すれば、声で検索したYouTubeの映像を流したり、再生中のYouTubeのコンテンツのボリュームを声でコントロールしたりできるようになる。

Sony LF-S50G」の価格は?

楽天では26,870円 (税込・送料無料)で販売。

音質に優れたソニー製のスマートスピーカーを探している人におすすめだ。

公式製品紹介ページはこちら

ジェスチャー操作&防水対応のスマートスピーカー「Sony LF-S50G」

Sony LF-S50G」はソニー製のGoogleアシスタント搭載のスマートスピーカー。「OK Google」と話しかけて指示するだけで、音楽再生や天気・ニュースなどの情報取得など操作が行える。

また、Googleアシスタントに対応した家電製品と連携が可能。NFCによるワンタッチ接続、防水、ジェスチャー操作にも対応している。

どんなことができるの?

Googleアシスタントを利用して「知りたいことを調べる」、「タスクをこなすお手伝い」、「音楽再生」、「スマートデバイスの操作」などが行える。

具体的にはSpotifyやGoogle Play Musicなどの音楽・ラジオ再生、Web検索や、天気・交通情報の取得、カレンダー読み上げ、タイマー、電卓などが利用できる。

音楽再生はどうなってる?

音楽ストリーミングサービス(Spotify・Google Play Musicなど)再生時に、好きなアーティストの曲やプレイリストの再生が行える。

どんな対応機器と連携できるの?

Google アシスタントに対応した機器と連携が可能で、「Google Home」アプリで音声操作が可能。

Sony製品ではサウンドバー「HT-ST5000」、「HT-MT500」、ワイヤレススピーカー「SRS-ZR7」、Android TV機能搭載の「ブラビア」。

特定の機器から同じ音楽を同時に流すマルチルーム再生に加え、声で検索したYouTubeの映像を流したり、再生中のYouTubeのコンテンツのボリュームを声でコントロールしたりできる。

サウンドはどうなってる?

新開発の対向配置2ウェイスピーカーシステムを採用し、部屋の全方向にバランス良く広がる360度サウンドを実現。

2つのフルレンジユニットとディフューザー、本体上部のダンプ材を充填したバスレフダクト、ボイスコイルボビンにセンターキャップを直接結合したスピーカーユニットにより、音の劣化を抑え、ボーカルの中高域もクリアに再生する。

操作性はどうなってる?

音声操作だけでなく、本体に触れずに操作できる「ジェスチャーコントロール」機能を搭載。

前方から手元に戻すと「音声アシスタント起動」し、後方から前方に手を動かすことで再生/停止、右で曲送り、左で曲戻し、手を右回しするとボリュームアップ、左回りでボリュームダウンが行える。

ボディはどうなってる?

IPX3の防滴性能を搭載。カバーも防滴仕様となっており、汚れた際に水洗いできる。

また、LEDで時刻を表示。タイマーの残り時間も表示可能で、ボリュームレベルの表示にも対応。明るさは3段階で調節可能で、OFFも選択できる。

カバー部はファブリック素材を採用。インテリアに馴染むようデザインされている。

通信はどうなってる?

Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/nに対応。

NFCによるBluetootペアリングに対応し、NFC対応スマホなどから簡単にBluetooth設定/音楽出力が行なえる。

対応コーデックはSBCで、対応プロファイルはA2DP、AVRCP。

電源はどうなってる?

電源はACアダプタを使用。バッテリーは内蔵していない。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは110(直径)×162(高さ)mmで、重量は約750g。

カラーは、ブラック、ホワイト、ブルーの3色をラインナップする。

楽天で「Sony LF-S50G」をチェックする

ヤフーショッピングで「Sony LF-S50G」をチェックする

ビックカメラで「Sony LF-S50G」をチェックする

「Sony LF-S50G」のスペック

Sony LF-S50G

  • 通信:Wi-Fi 802.11a/b/g/n、Bluetooth:Ver4.2(A2DPAVRCP/SBC)、NFC
  • スピーカー方式:360°サークルサウンド
  • 実用最大出力:18W
  • スピーカーユニット:53mm(サブウーファー)+48mm(サテライト)
  • 周波数帯域:-
  • マイク部:MEMS型、全指向性
  • 防水レベル:IPX3相当生活防水
  • 電源:AC電源
  • サイズ:約(直径)110×(高さ)162
  • 重量:約750g
  • 付属品:ACアダプター

楽天で「Sony LF-S50G」をチェックする

ヤフーショッピングで「Sony LF-S50G」をチェックする

ビックカメラで「Sony LF-S50G」をチェックする

<関連製品>

ソニー家電(Googleアシスタント対応)

スマートスピーカー

上質サウンドで音楽が快適になるスマートスピーカー オンキヨー「G3 VC-GX30」

音声で対話できる多機能なスピーカー「Google Home」

LINEが劇的に楽しくなるスマートスピーカー「Clova WAVE」

使うたびに快適さを感じる Boseのスマートヘッドホン「QuietComfort 35 II」

3種類もある「Amazon Echo」 買うならDot それともPlusの方がいい?

スマート家電

スマホ操作で多彩な明かりが楽しめるLED照明「Philips Hue」

生活を劇的に便利にするIoT製品 実はこんなに増えていた

<関連記事>

買うならAmazon? それともGoogle? 一度使うと癖になるスマートスピーカー まとめ

1万3千円台で買えるBOSEの超高音質スピーカー「SoundLink Micro Bluetooth speaker」

癒やし効果抜群! 一晩中ぐっすりと熟睡できる枕「PILO」

つなぐだけでOK! スピーカーをワイヤレス化する音楽用デバイス Google「Chromecast Audio」

ベストな一台はどれ? コンパクトに持ち歩ける最新ハイレゾ対応オーディオプレーヤー まとめ

やっぱり音が一番いい ソニーのウォークマン・ヘッドホンで秋の音楽ライフを満喫する

最新の音楽製品をチェックする