Sony「WF-1000X」は レビュー以上に音質がいいイヤホン


ソニーの完全ワイヤレスイヤホン「WF-1000X」のスペック、性能、機能、価格を紹介!。アップルAirPodsを凌ぐ魅力もじっくりと解説していきます。

※Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングで販売中です。

「WF-1000X」はどんなイヤホンなの?

WF-1000X」はケーブルが一切ない左右分離型のイヤホンでありながら、「ノイズキャンセル」機能に対応している完全ワイヤレスイヤホン。ソニー独自の「アダプティブサウンドコントロール」機能も搭載しており、ノイズキャンセリング機能のモードを、ユーザーの行動に合わせて自動的に切り替えられる。

例えば、止まっている時はノイズキャンセルをONに、走っているときはノイズキャンセルをOFFにといったふうに、自動で切り替えられるので、自分で操作する手間が省ける。

また、本体の物理ボタンでスマホの音楽アプリを操作できることも特徴的。音楽再生機の曲送り・戻し、再生・一時停止のほか、ノイズキャンセリング・外音取り込みの切り替え、電話の着信・終話などの操作が行える。最近流行りのSiriや Googleアシスタントなどの音声アシスタント機能も起動できる。

ノイキャン&自動切り替え対応の完全ワイヤレスイヤホン  Sony「WF-1000X」

WF-1000X」は左右分離型のノイズキャンセリング対応イヤホン。「Sony | Headphones Connect」アプリに対応するほか、自動的にノイズキャンセリングや外音取り込んでを切り替える機能「アダプティブサウンドコントロール」にも対応している。

公式ページ
https://www.sony.jp/headphone/products/WF-1000X/

公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・操作・特徴が分かる

Amazonで「WF-1000X」をチェックする

楽天市場で「WF-1000X」をチェックする

ヤフーショッピングで「WF-1000X」をチェックする

ソニー「WF-1000X」のスペック

  • 型式 密閉ダイナミック型
  • ドライバーユニット 口径6mm(CCAWボイスコイル採用)マグネット ネオジウム
  • 質量 本体のみ(左右各)約6.8g、充電ケース約70g
  • 電源 DC3.7V : 内蔵充電式リチウムイオン電池
  • 充電時間 本体約1.5時間、充電ケース約3時間(フル充電)
  • 充電方法 USB充電(ケース使用)
  • 電池持続時間(連続音声再生時間) 最大3時間(NC ON)/最大3時間(NC OFF)
  • 電池持続時間(連続通話時間) 最大3.5時間
  • 電池持続時間(待受時間) 最大8時間(NC ON)/最大35時間(NC OFF)
  • 型式 エレクトレットコンデンサー型
  • 指向特性 全指向性
  • 有効周波数帯域 50 Hz-8,000 Hz
  • イヤーピース ハイブリッドイヤーピースロングSS,S,M,L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS,M,L(各2)、フィッティングサポーターM,L(各2)
  • キャリングケース ●(充電ケース)
  • 通信方式 Bluetooth標準規格 Ver.4.1
  • 出力 Bluetooth標準規格 Power Class 1
  • 最大通信距離 見通し距離 約10m
  • 使用周波数帯域 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
  • 変調方式 FHSS
  • 対応Bluetoothプロファイル *3 A2DP(Advanced Audio Ditribution Profile),AVRCP(Audio Video Remote Control Profile),HFP(Hands-free Profile),HSP(Headset Profile)
  • 対応コーデック SBC, AAC
  • 対応コンテンツ保護 SCMS-T方式
  • 伝送帯域(A2DP) 20Hz-20,000Hz(44.1kHzサンプリング時)

ソニー「WF-1000X」の性能・機能

ソニー「WF-1000X」の性能・機能についてまとめてみました。

「WF-1000X」の音質

WF-1000X」の本体には6mm径のドーム型ユニットを搭載。業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を備え、ノイズを気にせず、こだわりの高音質が楽しめる。

「WF-1000X」の音質についての口コミ・レビュー情報

「WF-1000X」の音質についての口コミ・レビュー情報を調べると、高音はBluetoothのワイヤレス接続にはしては完成度の高く、のびやかな感じであると記載されている。また、低音にはついては、締りのあるタイトな低音との感想あり。6mmドライバーのため、低音はあまり出ないのだろうと予想されていましたが、想像以上の音質で満足するユーザーが多いようです。

「WF-1000X」の機能

WF-1000X」は「アダプティブサウンドコントロール」機能でノイズキャンセリング機能のモードを、ユーザーの行動に合わせて、自動的に切り替えることが可能。雑音を大幅に減らしてクリアな音を再現する「ノイズキャンセリングモード」、人の声にフォーカスして取り込む「外音取り込みボイスモード」、「外音取り込みノーマルモード」の3つのモードから好きなものを選択し、ユーザー自身で割り当てられる。

そのほか、イコライザ設定をアプリから行うことが可能 (※10月中旬以降のアップデート後)。9種類のプリセットから好みのモード選択・記録できる。

スマホとの連携機能

WF-1000X」はスマホ専用アプリ「Sony | Headphones Connect」に対応。本体の物理ボタンで、音楽再生、曲送り・戻し、再生・一時停止、ノイズキャンセリング・外音取り込みの切り替え、電話の着信・終話などの操作が行える。

また、SiriGoogle アシスタントなどペアリングしたスマートフォンの音声アシスタント機能の起動も行える。

「WF-1000X」のバッテリー性能・駆動時間

WF-1000X」は本体に充電式リチウムイオン電池を内蔵。音楽再生時の駆動時間最大3時間。本体の充電時間約1.5時間(※付属の充電ケースは約3時間)となっている。

「WF-1000X」の通信性能・Blutooth

WF-1000X」はBluetooth 4.1をサポート。対応プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP。使用周波数帯域は2.4GHz帯で、最大通信距離 は約10mとなっている。また、NFCもサポート。対応スマートフォンをタッチすることですばやくペアリングできる。

「WF-1000X」のボディ性能

WF-1000X」は本体に左右それぞれに物理ボタンを搭載。左チャンネルのボタンを長押しすることで電源がON/OFFとなるほか、短く押すことでノイズキャンセリング機能の切り替えが作動。右チャンネルでは電源ONのほか、短く押した回数で音楽の再生/一時停止、曲送り/曲戻し、受話などの操作が行える。

なお、「WF-1000X」のサイズは27Wm×17H×30Dmm程度(イヤーピース装着時)。重量は本体が左右各約6.8g、充電ケースが約70g。カラーは、ブラック、シャンパンゴールドの2種類をラインナップしている。

「WF-1000X」の付属品

WF-1000X」の付属品は充電ケース、ハイブリッドイヤーピースロングSS、S、M、L(各2)、トリプルコンフォートイヤーピースS、M、L(各2)、フィッティングサポーターM、L(各2)。

Sony「WF-1000X」の魅力

Sony「WF-1000X」にはいったいどんな魅力があるのだろうか?スペックや機能をふまえつつ、その魅力を明らかにしてみよう。

煩わしいケーブルなしで音楽が楽しめる

WF-1000X」はケーブルなしの完全ワイヤレスな状態で快適に音楽が楽しめる。やはりケーブルがあると何かに引っかかってしまったり、収納時にからまってしまったりして非常に不便。ケーブルなしの方が見た目もよい。

ノイズキャンセリングを自動切り替えできる

WF-1000X」はノイズキャンセリングの自動切り替え機能が非常に便利。周囲の音も聞いておきたいときに、自分で操作する手間が省けて楽ちんだ。特にサイクリングなど外の音も聞いておきたいときに便利。必要なときにさっと切り替えて外の音を取り込める。

スマホ連携で音声アシスタントが使える

WF-1000X」はスマホと連携することで、音声アシスタント機能が使える。AndroidはGoogleアシスタント、iPhoneなどのiOS端末はSiriが使えるので非常に便利だ。手を使わなくても、音声で天気やニュースなど必要な情報を引き出すことができる。

操作が簡単でラク

WF-1000X」には物理ボタンでスマホの音楽アプリを操作できる。音楽再生機の曲送り・戻し、再生・一時停止のほか、ノイズキャンセリング・外音取り込みの切り替え、電話の着信・終話など多彩な操作が行えるので非常にラクだ。

ボディが美しい

WF-1000X」のボディはSonyらしい高級感のある仕上がりなので、XperiaシリーズなどのAndroidスマホにもよく似合う。ワイヤレスのため、ケーブルがない分、見た目がスマートで人からの視線がまったく気にならない。

「WF-1000X」はどんな人に最適なの?

WF-1000X」は、スマホを取り出していちいち操作するのが面倒だと感じている人に最適だ。特に満員の通勤電車でポケットやバックからスマホを取り出しづらいと考えている人に最適。完全ワイヤレスなのでケーブルがひっかかることもなくなり、より快適に音楽が楽しめる。また、通話用に活用したいと考えている人にもおすすめ。スマホを取り出すことなく、スムーズにハンズフリー通話できる。

Sony「WF-1000X」はなぜ人気なの?

現在、イヤホン市場は「左右分離型」が大人気。火付け役はアップルの「AirPods」でしばらく一人勝ち状態が続いていたが、続いてBOSEが「SoundSport Free」を引っさげて参戦。ソニーも(慌てて?)新製品を投入することになった。「WF-1000X」に注文が殺到したのは、こうした「左右分離型イヤホン」への人気が下地としてあったことが原因だろう。

もちろん、「WF-1000X」が単に完全ワイヤレス化した製品ではなく、クオリティの高い音質を追求し、「ノイズキャンセル」機能を搭載している点も大きい。しかし、ハイレゾ、LDAC、DSEE(ソニー独自のアップサンプリング+ビット拡張技術)に対応していないことを考えると、「音質重視」でこの製品に人気が集まったとは考えづらい。

むしろ、この製品は「スマートフォンでより快適に音楽を楽しみたい」と考えている層にヒットしたのではないだろうか。「スマホを取り出して、いちいち操作するのが面倒」と感じている人にとって、「物理ボタンでの操作」や「ノイズキャンセリングの自動切り替え機能」は非常に魅力的に感じるはず。ハンズフリー通話にも対応するので、音楽だけでなく「通話」用に活用したいと考えている層も多いはずだ。「WF-1000X」の人気の秘密は、「音質」だけでない、不便さを解消する便利な機能にあるに違いない。

「WF-1000X」の価格は?

WF-1000X」は、

Amazonで12,400円、

楽天市場で11,800円〜 (税込)、

ヤフーショッピングで11,800円〜 (税込)、

で販売されています。

Amazonで「WF-1000X」をチェックする

楽天市場で「WF-1000X」をチェックする

ヤフーショッピングで「WF-1000X」をチェックする

ノイキャン&外音取り込みが使えるSony「WF-SP700N」も発売中!

Sony 「WF-SP700N」はノイキャンとBluetooth 4.1に対応した完全ワイヤレスイヤホン。IPX4防滴性をもつボディに6mm径のダイナミック型ユニットを搭載。量感のある重低音を正確なリズムで再現する「EXTRABASSサウンド」にも対応し、迫力あるサウンドが楽しめる。

関連記事を読む

Amazonで「WF-SP700N」をチェックする

楽天市場で「WF-SP700N」をチェックする

ヤフーショッピングで「WF-SP700N」をチェックする

「WF-1000X」のセール・クーポン情報は?

WF-1000X」のセール・クーポン情報はまだありませんが、大規模なセール期間中にクーポンが配布され、さらに安くなることがあります。頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。

 

楽天市場に激安の完全ワイヤレスイヤホンが入荷!

楽天市場に激安の完全ワイヤレスイヤホンが入荷しています。

楽天市場で「完全ワイヤレスイヤホン」をチェックする

 

ヤフーショッピングで完全ワイヤレスが大幅値下げ中!

ヤフーショッピングに完全ワイヤレスが大幅値下げされています。

ヤフーショッピングで「完全ワイヤレスイヤホン」をチェックする

 

その他のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンは?

その他のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2020年最新】 絶対欲しいリッチな完全ワイヤレスイヤホン まとめ

2020年最新の完全ワイヤレスイヤホンをまとめて紹介しています。

完全ワイヤレスイヤホン 最強コスパはどれだ? 

2019年までに発売されたコスパのいい完全ワイヤレスイヤホンをまとめて紹介しています。