スマートリモコンで家電を操作! Alexa Google全機種を比較


スマートスピーカー「Amazon Echo 」や「 Google Home」を手に入れれば、家の家電を音声で操作できる。そう考える人は意外と多い。たしかに、「Amazon Echo 」や「 Google Home」には音声による家電コントロール機能がそなわっており、実際に利用している人も多い。

家電コントロールにはスマートリモコンが必須

しかし、手持ちの家電製品がネットにつながっていなければ、スマートスピーカーと通信することができないのは当然のこと。家の家電を音声で操作するためには「スマートスピーカー」という別の機器が必要になるのだ。

ラインナップが充実したスマートリモコン

現在、スマートスピーカーは日本メーカーからも販売されており、ラインナップを充実してきた。通常は1万5千円前後で、海外のものは5千円以下のものもある。設定自体はそれほど難しくなく、スマホやタブレットにインストールすれば勝手に設定が完了になる。

対応する家電は赤外線通信に対応するもので、主に照明器具やテレビ、エアコン、ロボット掃除機などが音声もしくはアプリで操作できる。音声操作の他にも、スマホ・タブレットを「リモコン化」する機能もあるので想像以上に便利。スマートスピーカーと連携させて自宅の家電を操作したいという人は早速手に入れて試してみることをおすすめする。

スマートスピーカーのまとめ記事はこちら

スマートリモコンをまとめて紹介!

最新のスマートリモコンを紹介する。どれも「Amazon Alexa」、「Google Home」対応でスマートスピーカーと連携できる。価格は1万5千円前後で、海外のものは5千円以下のものもある。

スマートリモコン「Nature Remo」

Nature Remo」は家電をインターネットにつなげるスマートリモコン。テレビやエアコン、照明器具、掃除ロボットなどの赤外線リモコン対応の家電製品をアプリ上から操作できる。

また、Amazon EchoやGoogle Home など音声アシスタント機能を備えたスマートスピーカーと連携が可能。音声だけでテレビや照明などの家電製品を操作することができる。アプリはiOS/Android(iOS 10.0以降、Android 5.0以降の機種)に対応。通信はWi-Fi 802.11 b/g/nと赤外線通信をサポートする。

Amazonで「Nature Remo」をチェックする

Amazonで「Nature Remo mini」をチェックする

スマホと連携できる スマートリモコン「eRemote mini」

eRemote mini」は、スマートフォンと連携できる次世代型の学習リモコン。室内からはもちろん、外出先、旅行先からも、さまざまな家電を操作することができる。

続きを読む

Amazonで「eRemote mini 」をチェックする

SOCINNO「sRemo-R」

sRemo-R」は家電をインターネットに接続するスマートリモコン。テレビやエアコン、照明、ロボット掃除機などの赤外線対応の製品をアプリ上から操作できる。また、AmazonAlexa、Google Homeなどのスマートスピーカーと接続し、音声で操作することも可能。IFTTTのWebHooksと連携することでGmail、Twitter、Lineなどとも連携することもできる。

そのほか、141ボタンを搭載し、さまざまな家電の赤外線信号を学習できるほか、最大16ステップのマクロ登録も可能。独自のクラウドサービスも用意し、赤外線信号のプリセットをユーザー間で共有できる。なお、温度や湿度、照度をグラフで一目で状態をアプリ上で管理することが可能。設定した温度、湿度、照度でリモコン制御やIFTTT連携が可能でメール通知も利用できる。

Amazonで「sRemo-R」をチェックする

ラトックシステム「RS-WFIREX3」

RS-WFIREX3」は家電製品をインターネットにつなげるスマートスピーカー。赤外線リモコン対応の各種家電製品をWi-Fi経由で操作できる。また、「Amazon Alexa」、「Google Home」と連携し、音声で家電を操作することも可能。外出先から家電をコントロールすることもできる。

専用アプリはiOS8.4以降またはAndroid 4.4以降に対応。通信はWi-Fi 802.11 b/g/n、赤外線通信をサポートする。そのほか、スマホを家電・AV機器のリモコンにする機能を搭載。登録済みリモコン(プリセットデータ)も豊富に用意されている。

Amazonで「RS-WFIREX3」をチェックする

Broadlink 「RM mini3」

RM mini3」は家電製品をネットにつなげるスマートリモコン。専用アプリ「IHC」で赤外線通信に対応する家電と接続することで、スマートフォンやタブレットから操作することができる。

また、Google Home(Googleアシスタント対応製品) に正式対応し、音声で家電を操作することが可能。日本語版のアプリ「eHome」も利用可能で、Amazon Alexa 対応製品とも連携できる。

Amazonで「RM mini3 」をチェックする

この続きはこちら!

2019 最新 IoT家電 スマート化に役立つガジェット まとめ

 

<関連記事>

<スマートスピーカー>

スマートスピーカーのオススメは? 最新モデル全機種を比較

<IoT製品>

生活を劇的に便利にするIoT製品 実はこんなに増えていた

<Google / スマートスピーカー / VRヘッドセット>

Google ガジェットで遊び倒す! 全製品を総チェック

<周辺機器>

スマホ・タブレットが劇的に快適になるモバイルガジェット まとめ