アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー 2018 まとめ


アウトドアでも使えるBluetoothスピーカーの人気が高まってきている。小型軽量で屋外にも持ち出しやすく、音質も予想以上にクオリティが高い。ハンズフリー通話やモバイルバッテリー機能に対応するものも増えてきている。

実は防水だけじゃないアウトドア用 Bluetoothスピーカーの魅力

アウトドア用のBluetoothスピーカーといえば、防水対応で雨でも安心に使えるというイメージを持つ人も多いことだろう。たしかに従来までは防水重視のために音質が室内用にやや劣る製品も少なくはなかった。しかし、最新モデルは本格的なドライバーや高音質な技術を駆使して音質が大幅に向上している。

また、360度サウンドに対応し、周囲に広がるようなクリアなサウンドが聴けるモデルも登場。Bluetoothで2台のスピーカーにワイヤレス接続することで本格的なステレオサウンドが聴けるものも登場している。アウトドア用 Bluetoothスピーカーは今、室内でも十分に活用できるほど音質が改善されてきているといっていいだろう。

意外と便利なハンズフリー通話&モバイルバッテリー機能

アウトドア用のBluetoothスピーカーの中にはハンズフリー通話に対応するものも増えてきている。スマートフォンと接続しておけば、たとえ周囲が騒がしくてもはっきりと聴こえるため、突然の着信にも余裕を持って対応できる。

また、スマートフォンのバッテリーを充電する機能をもつBluetoothスピーカーも増加。持参したモバイルバッテリーを使いきったときなど、いざというときに役立つ機能だ。なお、一部のモデルにはiPhoneやAndroidスマートフォンと Bluetooth接続することでSiriやGoogle Nowなどの「音声アシスタント」機能が利用できる。手が使えないとき、音声での操作や検索、ナビゲーションなどの機能が利用できて非常に便利だ。

目次

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー まとめ  パートⅠ

Anker「Soundcore Motion Q」「JBL GO 2」「TRAVELER」「NEWPORT」BOSE「SoundLink Micro Bluetooth speaker」

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー まとめ  パートⅡ

Anker「Soundcore Mini 2」「JBL TRIP」「Beoplay P2」「PLAYFUL BASE LANTERN SPEAKER BOTTLE.」クリエイティブ「Metallix」

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー まとめ パートⅢ

Sony「SRS-XB10」JBL「CHARGE3」Panasonic「SC-MC20」「Anker SoundCore Pro+」「Anker SoundCore 2」「TT-SK03」

完全ワイヤレスイヤホンのまとめ記事はこちら

ネックバンド型イヤホンのまとめ記事はこちら

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー まとめ  パートⅠ

360度サウンドが楽しめる Anker「Soundcore Motion Q」

Anker「Soundcore Motion Q」は360度に音が広がる小型のBluetoothスピーカー。Soundcore独自技術のBassUpテクノロジーによりコンパクトサイズながらも力強い低音が再生できる。

本体にはフルレンジスピーカーとパッシブラジエーターを2つずつ搭載し、360度の全方向に奥行きのあるサウンドを実現。ワイヤレスでのペアリングにも対応し、2台のSoundcore Motion Qを用意することでより臨場感のあるサウンドが楽しめる。バッテリー容量は2,600mAhで最大10時間駆動。本体はIPX7の防水性能も備え、アウトドアでも利用できる。Bluetoothのバージョンは4.2+EDR。出力は8W×2。

Amazonで「Soundcore Motion Q」をチェックする

楽天で「Soundcore Motion Q」をチェックする

ヤフーショッピングで「Soundcore Motion Q」をチェックする

ハンズフリー通話もできる「JBL GO 2」

JBL GO 2」は防水対応の小型軽量Bluetoothスピーカー。本体に直径40mmのフルレンジスピーカーとパッシブラジエーターを搭載し、奥行きあるサウンドが楽しめる。

また、本体内にマイクを内蔵し、スマートフォンの着信に応答することが可能。クリアな音質のスピーカーフォン「エコーキャンセリング」機能により、快適なハンズフリー通話も利用できる。本体はIPX7相当の防水性能を備え、重さはわずか184g。バッテリーはリチウムイオン充電池を内蔵し、5時間ほど再生できる。Bluetoothのバージョンが4.1、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、HSP、対応コーデックがSBCをサポート。最大出力が3W。

Amazonで「JBL GO 2」をチェックする

楽天で「JBL GO 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「JBL GO 2」をチェックする

ハンズフリー&モバイルバッテリー対応「TRAVELER」

TRAVELER」はハンズフリー通話とモバイルバッテリー機能を備えた小型のBluetoothスピーカー。独自のサウンドテクノロジーにより開発した36mmフルレンジスピーカーユニット2基を搭載し、クリアかつ重厚なサウンドが楽しめる。

本体に内蔵されたデュアルマイクと「エコー&ノイズキャンセレーション」機能で高品位なハンズフリー通話が可能。バッテリー(リチウムイオン充電池)は約10時間の連続ワイヤレス再生が可能なほか、2500mAhのモバイルバッテリーとしても使用できる。重量は約300gで防水には非対応。Bluetoothのバージョンが4.2、対応プロファイルがA2DP、AVRCP、HFP、最大出力が10W(5W×2)。製品には専用キャリングポーチが付属する。

Amazonで「TRAVELER」をチェックする

楽天で「TRAVELER」をチェックする

ヤフーショッピングで「TRAVELER」をチェックする

Fenderサウンドが楽しめる「NEWPORT」

NEWPORT」はFender製のBluetoothスピーカー本体内にフルレンジ×2基、ツイーター×1基を搭載し、全帯域にわたるバランスのよいサウンドが楽しめる。

バッテリー容量は5200mAhで最大12時間の連続再生が可能。背面にUSBポートを備え、スマートフォンなどへ充電するモバイルバッテリー機能も利用できる。また、3.5mmミニ入力端子も装備し、スマートフォンなどと有線接続して再生できる。Bluetoothのバージョンは4.2で、コーデックがapt X、AAC、SBC、プロファイルがHSP(1.2)、HEP(1.6)、A2DP(1.3)。最大出力が30W。重量は1.5kg。

Amazonで「NEWPORT」をチェックする

楽天で「NEWPORT」をチェックする

ヤフーショッピングで「NEWPORT」をチェックする

BOSEの良質サウンドが聴ける「SoundLink Micro Bluetooth speaker」

BOSE「SoundLink Micro Bluetooth speaker」は手のひらサイズのミニBluetoothスピーカー。IPX7の防水性能を持つ小型軽量ボディに、トランスデューサーと小型デュアル・パッシブラジエーターを搭載。小型ながら、クオリティの高い本格的なサウンドが楽しめる。

続きを読む

Amazonで「SoundLink Micro Bluetooth speaker」をチェックする

楽天で「SoundLink Micro Bluetooth speaker」をチェックする

ヤフーショッピングで「SoundLink Micro Bluetooth speaker」をチェックする

目次

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー まとめ  パートⅠ

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー まとめ  パートⅡ

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー まとめ パートⅢ

完全ワイヤレスイヤホンのまとめ記事はこちら

ネックバンド型イヤホンのまとめ記事はこちら

<関連記事  音楽>

<スマートスピーカー>

スマートスピーカーのオススメは? 最新モデル全機種を比較

<オーディオプレーヤー>

オーディオプレーヤーは2万円前後がおすすめ 全機種を比較

ソニーのウォークマンが再び人気に! 全種類を比較

ハイレゾ対応オーディオプレーヤー ベストな一台はどれ?

<イヤホン>

完全ワイヤレスイヤホン 最強コスパはどれだ? 

ネックバンド型イヤホンに高コスパモデルが続々 全機種を比較