「Galaxy Buds2 Pro」と最新の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!


2022年9月29日に発売されるサムスン「Galaxy Buds2 Pro」と最新の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!価格や機能、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット・評価を紹介します。

※現在、予約販売中です。

「Galaxy Buds2 Pro」の特徴

Galaxy Buds2 Pro」の特徴をまとめてみました。

24bit Hi-Fiオーディオ&360オーディオ対応・18時間バッテリ

Galaxy Buds2 Pro」は新たに「24bit Hi-Fiオーディオ」に対応(※One UI 4.0以上のGalaxy端末のみ)。16bitオーディオに比べて、約256倍の情報量となる重厚サウンドで、音の細部まで忠実に再生できます。また、臨場感のある立体サウンドが楽しめる「360オーディオ」に対応。ダイレクトマルチチャンネル(5.1ch/7.1ch/Dolby Atmos)と「Dolby Head Tracking」を採用し、全方位からの音が流れてくるような立体的なサウンドを再生します。

そのほか、ANCオンで約5時間、ANCオフで約8時間駆動できるバッテリーを内蔵。充電ケースとの併用で、ANCオンで最大18時間、ANCオフで最大29時間駆動できます。

強化されたANC機能・音声検出機能・LE Audio対応

Galaxy Buds2 Pro」はアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能を搭載。高いSNR(信号対雑音比)を備えた3つのマイクを内蔵したことで、ノイズをよりきれいに排除することが可能になり、従来機種よりも約40%性能が向上しています。また、新たに「音声検出機能」を搭載。会話を検出すると、自動的に周囲の音を取り込む「アンビエントモード」に切り替えることが可能で、イヤホンを外すことなくにスムーズに会話できます。

そのほか、Bluetooth 5.3に対応し、2022年後半にBluetoothオーディオの次世代規格「LE Audio」に対応する予定。対応後はより低遅延になるほか、テレビなどの1つの音声ソースから複数のイヤホンに音声を送ることが可能になります。

3つのマイクで通話・オートスイッチング・SmartThings Find

Galaxy Buds2 Pro」は雑音に強い3つのマイクを搭載。様々なノイズサンプルで訓練されたDNN(ディープニューラルネットワーク)も採用し、ノイズを除去したクリアな音声を届けることができます。また、オートスイッチング機能を搭載し、使用中のデバイスを自動で検出して切り替えることが可能。本体を紛失しても、SmartThings Findアプリの地図上で紛失した場所を特定することができます。

公式ページ  Galaxy Buds2 Pro|Galaxy公式(日本)

価格を比較

Galaxy Buds2 Pro」と「Pixel Buds Pro」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」、「Sony LinkBuds S」の価格を比較してみました。

「Galaxy Buds2 Pro」

Galaxy Buds2 Pro」は、Amazonで31,000円(国内正規品・SM-R510NLVAXJP)、楽天市場で34,100円 (税込・送料無料・国内正規品)、ヤフーショッピングで34,100円 (税込・送料無料・国内正規品)、ビックカメラで34,100円 (税込・送料無料・国内正規品)、米国 Amazon.comで$229.99で販売されています。

「Pixel Buds Pro」

Pixel Buds Pro」は、Amazonで23,326円、楽天市場で23,800円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで24,795円、AliExpressでUS $249.99、Googleストアで23,800円(税込・送料無料)で販売されています。

「HUAWEI FreeBuds Pro 2」

HUAWEI FreeBuds Pro 2」は、Amazonで26,800円、楽天市場で26,800円(税込・送料無料・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで26,800円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $135.99で販売されています。

「Sony LinkBuds S」

Sony LinkBuds S」は、Amazonで21,582円、楽天市場で21,343円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで20,988円(税込・送料無料)、ビックカメラで26,400円 (税込・送料無料)、米国 Amazon.comで$198で販売されています。

機能を比較

Galaxy Buds2 Pro」と「Pixel Buds Pro」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」、「Sony LinkBuds S」の機能を比較してみました。

「Galaxy Buds2 Pro」

24bit Hi-Fi、360オーディオ、ダイレクトマルチチャンネル(5.1ch/7.1ch/Dolby Atmos)、音声検出機能、SmartThings Find(端末を探す・ケースなしでも可)、オートスイッチング(端末の自動切換え)、IPX7防水、Bluetooth 5.3(「LE Audio対応予定)、ビームフォーミング

インテリジェントANC(アクティブノイズキャンセリング機能)、アンビエントサウンド(外部音取り込み)、周囲の音モード(声をはっきりと聞き取れる)、ボイスピックアップ(声を鮮明にさせる)、風防ソリューション(風の音を遮断)、AKGのサウンドテクノロジー、「マルチマイク録音機能」(動画撮影でユーザーの声を録音しつつスマホで背景音の録音もできる・One UI 3.1以上)、3種類のイヤーチップ、音声アシスタント「Bixby」

※注意事項:24bit Hi-FiオーディオはOne UI 4.0以上を搭載したGalaxy端末が必要で、アプリによって利用できない場合がある。「360オーディオ」および「Dolby Head Tracking」は、One UIバージョン3.1以上のGalaxyスマートフォンとタブレット端末でのみ対応する。ダイレクトマルチチャンネルは、Android One UIバージョン4.1.1以降に対応

「Pixel Buds Pro」

アクティブノイズキャンセリング(ANC)機能、「Silent Seal」テクノロジー、外音取り込み機能、空間オーディオ(2022年内に対応予定)、Googleアシスタント、リアルタイム翻訳、「ボリューム EQ」、タッチ操作(スワイプ、長押しでモード切り替え)、「ファストペアリング」、「マルチポイント接続」、デバイスの「自動切り替え」、「ビームフォーミング」

「HUAWEI FreeBuds Pro 2」

アクティブノイズキャンセリング(ANC)、インテリジェント・ダイナミックANC 2.0 (ウルトラ・標準・くつろぎを自動切り替え)、外部音取り込み(アウェアネスモード)、LDAC再生、Devialetチューニング、ポップアップペアリング対応、マルチポイント、デジタルクロスオーバー技術、アダプティブEQ、

通話ノイズリダクション、低遅延モード、2Wワイヤレス充電(Qi規格)、IP54防水防塵、スマートセンサーコントロール(スワイプ操作、長押し、つまむ操作)HUAWEI AI Life(EQのカスタマイズ、ファームウェア更新、イヤーチップの適合テスト)、ハイレゾ オーディオ ワイヤレス

「Sony LinkBuds S」

アクティブノイズキャンセリング(ANC)、外音取り込み機能、LDACコーデック、「DSEE Extreme」、「デュアルノイズセンサーテクノロジー」、「統合プロセッサーV1」、風ノイズの低減構造、「アダプティブサウンドコントロール」、「スピーク・トゥ・チャット」、ボイスピックアップテクノロジー、

「Auto Play」(ベータ版)、Sound ARアプリ「Locatone」、イコライザー調整、音声アシスタント(Google アシスタント、Amazon Alexa)、Fast Pair(ファストペアリング)、「デバイスを探す」、マルチペアリング、「エルゴノミック・サーフェース・デザイン」(耳の複雑な凹凸にも干渉しにくい形状)、360 Reality Audio

スペックを比較

Galaxy Buds2 Pro」と「Pixel Buds Pro」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」、「Sony LinkBuds S」のスペックを比較してみました。

「Galaxy Buds2 Pro」のスペック

  • チップ:なし
  • ドライバー:なし
  • スピーカー:2wayスピーカー ※5.3mmツイーター+10mmウーファー
  • 音質:24bit Hi-Fi、360オーディオ、ダイレクトマルチチャンネル(5.1ch/7.1ch/Dolby Atmos)対応
  • コーデック:SBC、AAC、サムスンシームレスコーデック HiFi(Samsung独自)
  • バッテリー:イヤホン部で61mAh、充電ケースで500mAh
  • 再生時間:約5時間(ANCオン)、約8時間(ANCオフ)、ケース併用で最大18時間
  • 充電:急速充電に非対応
  • Bluetooth: 5.3
  • マイク:3つの高いSNR(信号対雑音比)のマイク
  • 防水:IPX7
  • サイズ:約19.9(幅)×21.6(高さ)×18.7(奥行)mm
    ※充電ケースは約50.1(幅)×50.2(高さ)×27.7(奥行)mm
  • 重量:片方5.5g
    ※充電ケースは約43.4g
  • カラー:ボラパープル、グラファイト、ホワイト
  • 対応OS:Android、iOS

関連記事【2022年最新】完全ワイヤレス どれが一番いい? 機能・スペックを徹底 比較!

Amazonで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

ビックカメラで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

「Pixel Buds Pro」のスペック

  • チップ:6コア構成のSoC (機械学習ニューラルプロセッサー、独自アルゴリズム)
  • ドライバー:11mmスピーカードライバー
  • コーデック:SBC、AAC
  • 再生時間:ノイキャンなし音楽再生時で11時間、ありで7時間、充電ケース利用で31時間
  • 充電:ワイヤレス充電(Google Pixel Stand、Qi認証充電器)
    ※Type-Cの充電ケーブルは別売
  • Bluetooth: 5.0
  • マイク:左右にそれぞれ3つ搭載 ※風切り音を軽減するメッシュカバー付き
  • 防水:IPX4防水 ※ケースはIPX2 防水性能に準拠
  • サイズ:22.33×22.03×23.72mm ※ケースは25×50×63.2mm
  • 重量:6.2g ※ケースは62.4g
  • カラー:Coral、Lemongrass、Fog、Charcoal
  • 対応OS:Android端末、iOS端末 ※Bluetooth 4.0以降のデバイス

関連記事「Pixel Buds Pro」と超人気の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!

Amazonで「Google Pixel Buds Pro」をチェックする

楽天市場で「Pixel Buds Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Pixel Buds Pro」をチェックする

ビックカメラで「Pixel Buds Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Google Pixel Buds Pro」をチェックする

「HUAWEI FreeBuds Pro 2」のスペック

  • チップ:なし
  • ドライバー:φ 11 mmダイナミックドライバー + 独自開発のマイクロ平面振動板ドライバー
    ※再生周波数帯域:14 Hz ~ 48 KHz
  • コーデック:LDAC / AAC / SBC
  • 再生時間:イヤホン単体で6.5時間(ノイズキャンセリングOFF時)、4時間(ノイズキャンセリングON時)
    ※充電ケース使用で30時間(ノイズキャンセリングOFF時)、18時間(ノイズキャンセリングON時)
  • バッテリー容量:各イヤホン:55mAh(min.)
    ※充電ケースは580 mAh (min.)
  • 充電:有線充電:USB Type-C(5V/0.5A以上)、ワイヤレス充電:Qi規格(2 W)対応
  • 充電時間:約40分(充電ケースに入っている時)、充電ケース 約1時間(有線でイヤホンが入っていない時)、約2時間(無線でイヤホンが入っていない時)
  • Bluetooth: 5.2 ※ポップアップペアリング対応、マルチポイント対応
  • センサー:骨伝導センサー / 加速度センサー / ジャイロセンサー / 赤外線センサー
  • マイク:4つ搭載・ノイズリダクション対応
  • 防水:IP54
  • サイズ:29.1×21.8×23.7 mm
    ※充電ケースは67.9×24.5×47.5mm
  • 重量:約5.8 g
    ※充電ケースは約52.1 g
  • カラー:シルバーブルー,シルバーフロスト(※Amazon限定モデル),セラミックホワイト
  • 対応OS:Android、iOS、PC

関連記事「HUAWEI FreeBuds Pro 2」と注目の完全ワイヤレスイヤホンを徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI FreeBuds Pro 2」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI FreeBuds Pro 2」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI FreeBuds Pro 2」をチェックする

「Sony LinkBuds S」のスペック

  • チップ:統合プロセッサーV1
  • ドライバー:5 mm
  • コーデック:SBC, AAC, LDAC
  • 再生時間: NCオンの連続音声再生が最大6時間、NCオフで最大9時間
    ※ケース使用のNCオンで20時間、NCオフで30時間
  • 充電:急速充電 (5分充電で60分再生可能)
  • Bluetooth: 5.2 (A2DP,AVRCP,HFP,HSP)
  • マイク:MEMS 全指向性
  • 防水:IPX4相当
  • サイズ:不明
  • 重量:約4.8 g x2
  • カラー:W)ホワイト (B)ブラック (C)エクリュ
  • 対応OS:Android端末:Android OS ver. 6.0以降、Windows、iOS

関連記事「Sony LinkBuds S」の特徴、機能、スペック、価格

Amazonで「Sony LinkBuds S」をチェックする

楽天市場で「Sony LinkBuds S」をチェックする

ヤフーショッピングで「Sony LinkBuds S」をチェックする

ビックカメラで「Sony LinkBuds S」をチェックする

米国 Amazon.comで「Sony LinkBuds S」をチェックする

「Galaxy Buds2 Pro」のメリット・デメリット

Galaxy Buds2 Pro」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・24bit Hi-Fiオーディオに対応

Galaxy Buds2 Pro」は新たに「24bit Hi-Fiオーディオ」に対応(※One UI 4.0以上のGalaxy端末のみ)。16bitオーディオに比べて、約256倍の情報量となる重厚サウンドで、音の細部まで忠実に再生できます。

一方、「Pixel Buds Pro」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」、「Sony LinkBuds S」は4bit Hi-Fiオーディオに対応していません。

・立体サウンド「360オーディオ」に対応

Galaxy Buds2 Pro」は臨場感のある立体サウンドが楽しめる「360オーディオ」に対応。ダイレクトマルチチャンネル(5.1ch/7.1ch/Dolby Atmos)と「Dolby Head Tracking」を採用し、全方位からの音が流れてくるような立体的なサウンドを再生します。

一方、「Pixel Buds Pro」は空間オーディオ(※2022年内に対応予定)に対応しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」は空間オーディオに対応していません。「Sony LinkBuds S」は360 Reality Audioに対応しています。

・インテリジェントANC&アンビエントサウンドに対応

Galaxy Buds2 Pro」はインテリジェントANC(アクティブノイズキャンセリング機能)とアンビエントサウンド(外部音取り込み)機能に対応しています。

一方、「Pixel Buds Pro」、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」、「Sony LinkBuds S」もアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能と外音取り込み機能に対応してます。

・18時間バッテリーを搭載

Galaxy Buds2 Pro」はANCオンで約5時間、ANCオフで約8時間駆動できるバッテリーを内蔵。充電ケースとの併用で、ANCオンで最大18時間、ANCオフで最大29時間駆動できます。

一方、「Pixel Buds Pro」はANCなし音楽再生時で11時間、ANCありで7時間、充電ケース利用で31時間駆動できます。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はANCオフ時、イヤホン単体で6.5時間、ケース使用時で30時間駆動できます。「Sony LinkBuds S」はNCオンの連続音声再生が最大6時間、NCオフで最大9時間駆動できます。

・Bluetooth 5.3に対応・LE Audioに対応予定

Galaxy Buds2 Pro」はBluetooth 5.3に対応しています。また、2022年後半にBluetoothオーディオの次世代規格「LE Audio」に対応する予定で、対応後はより低遅延になるほか、テレビなどの1つの音声ソースから複数のイヤホンに音声を送ることが可能になります。

一方、「Pixel Buds Pro」はBluetooth 5.0に対応しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」と「Sony LinkBuds S」はBluetooth 5.2に対応しています。

・雑音に強い3つのマイクで通話も快適!

Galaxy Buds2 Pro」は雑音に強い3つのマイクを搭載。様々なノイズサンプルで訓練されたDNN(ディープニューラルネットワーク)も採用し、ノイズを除去したクリアな音声を届けることができます。

一方、「Pixel Buds Pro」は左右にそれぞれ3つのマイクを搭載し、風切り音を軽減するメッシュカバーも付いています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」は4つのマイクを搭載し、ノイズリダクションにも対応しています。「Sony LinkBuds S」はMEMS 全指向性マイクを搭載しています。

・オートスイッチング機能でデバイスを自動切換え

Galaxy Buds2 Pro」はオートスイッチング機能を搭載し、使用中のデバイスを自動で検出して切り替えることができます。

一方、「Pixel Buds Pro」はデバイスの「自動切り替え」機能を搭載しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はポップアップペアリング機能を搭載しています。「Sony LinkBuds S」はFast Pair(ファストペアリング)機能を搭載しています。

・SmartThings Findアプリで本体を紛失しても見つけられる

Galaxy Buds2 Pro」は本体を紛失しても、SmartThings Findアプリの地図上で紛失した場所を特定することができます。

一方、「Pixel Buds Pro」はファストペアリングでペア設定していた場合に紛失した本体を探すことができます。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」は「イヤホンを探す」機能を搭載しています。「Sony LinkBuds S」は、「デバイスを探す」機能を搭載しています。

・IPX7の防水に対応

Galaxy Buds2 Pro」はIPX7の防水に対応し、雨や汗、水しぶきに耐えることができます。

一方、「Pixel Buds Pro」はIPX4防水に対応しています(ケースはIPX2)。 「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はIP54相当の耐水・耐塵性能に対応しています。「Sony LinkBuds S」はIPX4相当の防水に対応しています。

デメリット

・急速充電・ワイヤレス充電に対応していない

Galaxy Buds2 Pro」は急速充電・ワイヤレス充電に対応していません。

一方、「Pixel Buds Pro」はワイヤレス充電に対応しています。「HUAWEI FreeBuds Pro 2」はQi規格に対応した2Wのワイヤレス充電に対応しています。「Sony LinkBuds S」は急速充電 (5分充電で60分再生可能)に対応しています。

・LDACに対応していない

Galaxy Buds2 Pro」はソニーによって開発された音声圧縮コーデック「LDAC」に対応していません。SBC、AAC、サムスンシームレスコーデック HiFi(Samsung独自)には対応しています。

一方、「HUAWEI FreeBuds Pro 2」と「Sony LinkBuds S」はLDACに対応しています。「Pixel Buds Pro」はLDACに対応していません。

「Galaxy Buds2 Pro」の評価

Galaxy Buds2 Pro」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★

<総合評価>

2021年4月に発売された「Galaxy Buds Pro」の後継モデルになります。従来モデルからANC機能を強化し、約40%性能が向上しています。

また、対応するGalaxy端末で24bit Hi-Fiオーディオ&360オーディオに対応。臨場感のある立体サウンドが楽しめるようになっています。そのほか、音声検出機能を搭載し、声を検出するだけでアンビエントモード(外部音取り込み)に切り替えることが可能。紛失したデバイスを探せる「SmartThings Find」、使用中のデバイスを自動で検出して切り替える「オートスイッチング機能」など便利な機能も豊富に搭載されています。

発売時の価格は31,000円(Amazon)。サムスン製の高性能な完全ワイヤレスイヤホンを探している人におすすめです。

※YouTube動画でも紹介しています。「Galaxy Buds2 Pro」ずば抜けた音質で感動する完全ワイヤレスイヤホンが登場! 性能をざっくり解説

「Galaxy Buds2 Pro」の販売・購入先

Galaxy Buds2 Pro」は、

Amazonで31,000円(国内正規品・SM-R510NLVAXJP)、

楽天市場で34,100円 (税込・送料無料・国内正規品)、

ヤフーショッピングで34,100円 (税込・送料無料・国内正規品)、

ビックカメラで34,100円 (税込・送料無料・国内正規品)、

米国 Amazon.comで$229.99、

で販売されています。

Amazonで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

楽天市場で「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

ビックカメラで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Galaxy Buds2 Pro」をチェックする

 

 

他の完全ワイヤレスイヤホンと比較

他にも完全ワイヤレスイヤホンが販売されています。ぜひ比較してみてください。

★「AirPods Pro(第2世代)

Pixel Buds Pro

HUAWEI FreeBuds Pro 2

Sony LinkBuds S

OPPO Enco Air2 Pro

Amazon Echo Buds (第2世代)

その他のおすすめ音楽製品は?

その他にもおすすめの音楽製品が販売されています。ぜひ比較してみてください。

<完全ワイヤレス>

【2022年最新】完全ワイヤレス どれが一番いい? 機能・スペックを徹底 比較!

究極の完全ワイヤレスはどれだ? 2021 最新 上位モデル 比較

【2020年最新】 絶対欲しいリッチな完全ワイヤレスイヤホン まとめ

<オーディオグラス>

音楽はオーディオグラスで聴け! おすすめモデル、選び方 まとめ  

<ネックスピーカー>

高音質で超快適! 有名ブランドの最新ネックスピーカー まとめ

ネックスピーカーが5千円前後に値下げ! 超激安モデル 比較

<サウンドバー>

低価格でも高音質な極上サウンドバー 2021 最新 まとめ

<ヘッドホン>

高コスパで音質がいいワイヤレスヘッドホン まとめ