「UMIDIGI A11 Pro MAX」(上位版)と最新の海外スマホを徹底 比較!


2021年8月に発売された「UMIDIGI A11 Pro MAX」と最新の海外スマホを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」の特徴

UMIDIGI A11 Pro MAX」の特徴をまとめてみました。

Helio G80&最大8GBメモリ&Android11

UMIDIGI A11 Pro MAX」はMediaTek Helio G80 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で200,000点を記録し、「UMIDIGI A11」よりも2倍高いスコアになっています。また、4/8GB LPDDR4Xメモリを搭載。OSはカスタマイズされていないピュアなAndroid 11で新機能も使えるようになっています。

6.8液晶・128GBストレージ・5150mAh

UMIDIGI A11 Pro MAX」は6.8インチのフルHD+液晶を搭載。アスペクト比は20.5:9で画面がより広く見えるようになっています。また、大容量128GB eMMCストレージを搭載。別売のmicroSDカードで最大256GBまで拡張することもできます。そのほか、動画再生で20時間駆動できる5150mAhバッテリーを搭載。10WのType-C充電も利用できます。

Sony48MPカメラ・温度計・ショートカット

UMIDIGI A11 Pro MAX」はSony 48MP+16MP+2MPのトリプルカメラを搭載。129度の超広角撮影&歪み補正、マクロ撮影、ナイトモード、リアルタイムフィルターなどが利用できます。また、体温を測定できる非接触デジタル赤外線温度計2.0を搭載。スクリーンショット、録音、アプリの起動などに割り当てられるショートカットキーも搭載しています。

公式ページ  UMIDIGI A11 Pro MAX

価格を比較

UMIDIGI A11 Pro MAX」と「Blackview A100」、「OUKITEL C21 Pro」、「moto g30」の価格を比較してみました。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」

UMIDIGI A11 Pro MAX」は、AliExpressでUS $225.79 – 299.98(割引後:US $215.79)で販売されています。

「Blackview A100」

Blackview A100」は、Amazonで23,990円、AliExpressでUS $139.99 – 201.59、Banggoodで17,395円 で販売されています。

「OUKITEL C21 Pro」

OUKITEL C21 Pro」は、Amazonで17,900円(1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で25,036円 (税込)、ヤフーショッピングで24,480 円AliExpressでUS $129.99 – 155.99、Banggoodで12,344円 で販売されています。

「moto g30」

moto g30」は、Amazonで21,030円(4GB+128GB)、楽天市場で16,890円 (税込・4GB+128GB)、ヤフーショッピングで21,500円 (税込・4GB+128GB)、ビックカメラで 23,920円 (税込・2,392ポイント)、米国Amazon.comで$211.58 + $32.02(6GB+128GB)で販売されています。

Antutuベンチマーク

UMIDIGI A11 Pro MAX」と「Blackview A100」、「OUKITEL C21 Pro」、「moto g30」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」

Antutu総合で200,000

<CPU> MediaTek Helio G80

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたMediaTek Helio G80 オクタコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で200,000点を記録しています。同じプロセッサは「Xiaomi Redmi 9」にも搭載されています。

Helio P70搭載の「Blackview A100」、Snapdragon 662搭載の「moto g30」と比較すると約2万ほど高いスコアになりますが、動作スピードに大きな違いはありません。

Helio A25搭載の「OUKITEL C21 Pro」と比較すると約10万ほど高いスコアになります。

性能的には3Dゲームもプレイできるレベルです。もちろん、動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などでも快適に動作します。

「Blackview A100」

Antutu総合で約180,000

<CPU> MediaTek Helio P70 MT6771T
※「Blackview BV9800」、「Ulefone T2」と同じプロセッサ

「OUKITEL C21 Pro」

Antutu総合で約93,000

<CPU> MediaTek Helio A25 MT6762D
※「OUKITEL WP5 Pro」と同じプロセッサ

「moto g30」

AnTuTu総合で「179861」、CPUで「68287」、GPUで「34653」、MEMで「38523」、UXで「38398」。

<CPU> Qualcomm Snapdragon 662
※「OPPO A73」、「Redmi 9T」と同じプロセッサ

スペックを比較

UMIDIGI A11 Pro MAX」と「Blackview A100」、「OUKITEL C21 Pro」、「moto g30」のスペックを比較してみました。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」のスペック

  • ディスプレイ 6.8インチ、解像度1080 x 2460 pxの液晶
    ※20.5:9/FHD+
  • プロセッサ MediaTek Helio G80 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • CPU Cortex-A75+6xCortex-A55, up to 2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G52 MC2, up to 950MHz
  • RAM(メモリ) 4/8GB LPDDR4X Dual Channel
  • ストレージ 128GB eMMC
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 5150mAh (Typical Capacity)
  • 駆動時間 通話で39時間、動画再生で20時間、ゲームで15時間、音楽再生で169時間
  • 充電  10WのType-C充電
  • 背面カメラ 48MP+16MP+2MP
    48MP=ソニーメインカメラ、F / 1.79、6要素レンズ
    16MP=超広角カメラ、FOV 120°、F / 2.2
    2MP=マクロカメラ
  • 前面カメラ    24MP
    24MP=F /1.8絞り AI美化 顔認識 セルフィーカウントダウン
  • 動画撮影 (背面)1080P、720Pビデオ録画、30 fps (前面)1080P、720P、480Pビデオ録画、30fps
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (Glonass/Galileo)
  • NFC&Google Pay 非対応・利用できません
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 赤外線温度センサー、サイド指紋センサー、近接センサー、環境光センサー、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス
  • スピーカー 底面スピーカー
  • ショートカットキー あり・指紋センサー長押しで スクリーンショット、録音、アプリの起動など
  • 温度計 非接触デジタル赤外線温度計2.0
  • 生体認証 サイド指紋認証、AI顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 167.8 x 75.6 x 8.58mm
  • 重量 225g
  • カラー ミストブルー、フロストグレイ
  • 付属品 1xスクリーンプロテクター(事前適用) 1x電話ケース 1xType-Cケーブル 1x電源アダプター 1xSIMトレイエジェクター 1xクイックスタートガイド
  • SIMカード NanoSIM(デュアルSIM/トリプルスロット)
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G:FDD: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/B66  TDD: B34/38/39/40/41
    3G:WCDMA: B1/2/4/5/6/8/19 TDSCDMA: B34/39 CDMA: BC0 /BC1
    2G GSM: B2/B3/B5/B8

関連記事UMIDIGIスマホがデザイン良すぎて人気! 日本の全機種を比較

AliExpressで「UMIDIGI A11 Pro MAX」をチェックする

Amazonで「UMIDIGI A11」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI A11」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI A11」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI A11」をチェックする

「Blackview A100」のスペック

  • ディスプレイ 6.67インチ、解像度1080 x 2400 pxのIPS液晶
    ※20:9/395ppi/ブラインドホールスクリーン
  • プロセッサ MediaTek Helio P70 MT6771T オクタコア
    ※12nm​/64bit/8コア/最大2.1GHz/AI対応
  • CPU Arm Cortex-A53,  Arm Cortex-A73
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 6GB DDR4+UMCP
  • ストレージ 128GB eMMC5.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 4680 mAh
  • 駆動時間 スタンバイで480時間、通話で19時間、HD動画で6時間、音楽で24時間、ゲームで6時間、Webで6.5時間
  • 充電     18W急速充電に対応・9V 2A   (Type-C)
  • 背面カメラ 12MP+Depth ※Sony IMX362+GC032A+GC032A/F1.75
  • 前面カメラ 8MP ※Samsung S5K4H7
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(GLONASS+Beidou+Galileo)
  • NFC&Google Pay 対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、Gセンサー、ジャイロスコープ、指紋
  • FMラジオ 対応
  • 生体認証 サイド指紋認証
  • OS Android 11+ Doke OS 2.0
  • サイズ 166.3 x 77.6 x 8.8
  • 重量 195g
  • カラー  グレー、グリーン、ブルー、ピンク

関連記事「Blackview A100」でハイスペック化? 2万円 高性能スマホと徹底 比較!

Amazonで「Blackview A100」をチェックする

AliExpressで「Blackview A100」をチェックする

Banggoodで「Blackview A100」をチェックする

楽天市場で「Blackview A」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview A」をチェックする

「OUKITEL C21 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 6.39インチ、解像度 720×1560 pxの液晶
    ※19.5:9/輝度450nit / 10点マルチタッチ / HD+
  • プロセッサ MediaTek Helio A25 MT6762D オクタコア 1.5GHz
    ※12nm/64bit/8コア/最大1.8GHz
  • GPU PowewVR GE8320
  • RAM(メモリ) 4 GB
  • ストレージ   64 GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 4000 mAh
  • 駆動時間 約2日間
  • 充電 Type-C充電に対応・5V2A
  • 背面カメラ 21MP+2MP+0.3MP  ※Sonyセンサー
  • 前面カメラ    8MP
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 4.2、GPS (GLONASS+Beidou+Galileo)
  • NFC&Google Pay 非対応・利用できません
  • インターフェース  USB Type-C 、3.5mmイヤホンジャック
  • 生体認証 サイド指紋認証、顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 162 x 75 x 9 mm
  • 重量 不明
  • カラー ミントグリーン、スペースブラック、ガラクティック、パープル

関連記事「OUKITEL C21 Pro」と最新の激安コスパ スマホを徹底 比較!

Amazonで「OUKITEL C21 Pro」をチェックする

楽天市場で「OUKITEL C21 Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL C21 Pro」をチェックする

AliExpressで「OUKITEL C21 Pro」をチェックする

Banggoodで「OUKITEL C21 Pro」をチェックする

「moto g30」のスペック

  • ディスプレイ 6.5インチ、解像度720 x 1600 pxのIPS液晶
    ※20:9 / Max Vision /90Hzリフレッシュレート / IPS TFT LCD / HD+ / 269 ppi
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 662 オクタコア
    ※11nm
  • CPU Qualcomm® Kryo™ 260 CPU, Octa-core
  • GPU  Qualcomm Adreno 610
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大512GBまで
  • バッテリー 5000mAh
  • 駆動時間 約2日間(48時間)、音楽のストリーミングで159時間、動画視聴で18時間、ネットサーフィンで16時間
  • 充電 20W急速充電に対応(※20W TurboPower チャージャー同梱)
  • 背面カメラ 64MP+8MP+2MP+2MP
  • 前面カメラ 13MP
  • 動画撮影 (背面) FHD (60/30fps) 超広角: FHD (30fps) マクロビジョン: HD (30fps) フロント: FHD (30fps) 、(前面)タイムラプス動画、ハイパーラプス動画
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS、LTEPP、SUPL、GLONASS、Galileo)
  • NFC 対応
  • インターフェース USB Type-C 2.0 (OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 指紋認証、近接センサー、加速度計、環境照度センサー、ジャイロスコープ
  • 生体認証 指紋認証、顔認証
  • スピーカー 底面スピーカー
  • Googleアシスタント 起動ボタンあり
  • OS Android 11
  • サイズ 165.22 x 75.73 x 9.14mm
  • 重量 約200g
  • カラー ダークパール、パステルスカイ

関連記事「moto g30」と注目の最新スマホを徹底 比較!

Amazonで「moto g30」をチェックする

楽天市場で「moto g30」をチェックする

ヤフーショッピングで「moto g30」をチェックする

ビックカメラで「moto g30」をチェックする

米国Amazon.comで「moto g30」をチェックする

カメラ性能を比較

UMIDIGI A11 Pro MAX」と「Blackview A100」、「OUKITEL C21 Pro」、「moto g30」のカメラ性能を比較してみました。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」

背面カメラ 48MP+16MP+2MP
前面カメラ 24MP
超広角 対応・129度
望遠 非対応  ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能
(背面)4800万画素の超高解像度撮影、129度の超広角モード、ナイトモード、マクロモード、ポートレートモード、パノラマモード、HDR、AIビューティ、超広角エッジ歪み補正、デュアルLEDフラッシュ、顔認識、リアルタイムフィルター (前面)顔認識 セルフィーカウントダウン

<カメラ性能を解説>

背面カメラは3眼構成で4800万画素の超高解像度撮影、129度の超広角モード(歪み補正)、ナイトモード、マクロモードなどが利用できるようになっています。前面は2400万画素で顔認識 セルフィーカウントダウンなどの機能が使えるようになっています。

「Blackview A100」

背面カメラ 12MP+Depth ※Sony IMX362+GC032A+GC032A/F1.75
前面カメラ 8MP ※Samsung S5K4H7
超広角 非対応
望遠 非対応  ※ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 (背面)デュアルピクセルAF、ナイトモード、HDR、HDRビデオ撮影、、AIビューティ、フラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、パノラマ、ジオタグ (前面)セルフィーパノラマ

「OUKITEL C21 Pro」

背面カメラ  21MP+2MP+0.3MP  ※Sonyセンサー
前面カメラ  8MP
超広角 非対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 オートフォーカス、背景ぼかし、プロモード(ホワイトバランス、ISO、露出補正、オート)、モノクロ、パノラマ

「moto g30」

背面カメラ   64MP+8MP+2MP+2MP
前面カメラ  13MP
超広角 対応
望遠 非対応 ※ズーム機能あり
マクロ撮影 対応
機能 (背面) 6400万画素の超高解像度撮影、超広角撮影、マクロ撮影、電子式手ブレ補正、PDAF、スローモーション、タイムラプス動画、ハイパーラプス動画、ナイトビジョン(ナイトモード)、背景ぼかし(撮影後にピント調整が可能)、AIシーン認識、ポートレートモード、パノラマ、ビューティーモード、HDR、マニュアルモード、Google レンズ™搭載 (前面) ポートレートモード、ビューティーモード、マニュアルモード、HDR、タイムラプス動画、ハイパーラプス動画、AIシーン認識

「UMIDIGI A11 Pro MAX」のメリット・デメリット

UMIDIGI A11 Pro MAX」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・6.8インチのFHD+液晶が見やすい

UMIDIGI A11 Pro MAX」は6.8インチ、解像度1080 x 2460 pxの液晶を搭載。画質はフルHD+で、アスペクト比は20.5:9を採用しています。

一方、「Blackview A100」は6.67インチ、解像度1080 x 2400 pxのIPS液晶(20:9)を搭載しています。「OUKITEL C21 Pro」は6.39インチ、解像度 720×1560 pxの液晶(19.5:9)を搭載しています。「moto g30」は6.5インチで解像度720 x 1600 pxのIPS液晶(20:9)を搭載しています。

・4/8GBメモリ&128GBストレージ搭載で快適に使える

UMIDIGI A11 Pro MAX」は4/8GB LPDDR4Xメモリを搭載し、スムーズに動作します。また、128GB eMMCストレージを搭載し、microSDカードで最大256GBまで拡張できます。

一方、「Blackview A100」は6GB DDR4メモリと128GB eMMC5.1ストレージを搭載しています。「OUKITEL C21 Pro」は4GBメモリと64GBストレージを搭載しています。「moto g30」は4GBメモリと128GBストレージを搭載しています。

・5150mAhバッテリー搭載で10WのType-C充電に対応

UMIDIGI A11 Pro MAX」は5150mAhバッテリー搭載で通話で39時間、動画再生で20時間、ゲームで15時間、音楽再生で169時間駆動できます。また、10WのType-C充電も利用できます。

一方、「Blackview A100」は4680 mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「OUKITEL C21 Pro」は4000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「moto g30」は5000mAhバッテリー搭載で20W急速充電に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

UMIDIGI A11 Pro MAX」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS (Glonass/Galileo)に対応しています。

一方、「Blackview A100」と「OUKITEL C21 Pro」ははWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2&GPS(GLONASS+Beidou+Galileo)に対応しています。「moto g30」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS(A-GPS、LTEPP、SUPL、GLONASS、Galileo)に対応しています。

・厚さ8.58mmで重さ225gの薄型軽量デザイン・アルミ合金ボディ

UMIDIGI A11 Pro MAX」は厚さ8.58mmで重さ225gの薄型軽量デザインになっています。また、アルミ合金ボディで高級感ある外観になっています。

一方、「Blackview A100」は厚さ8.8mmで重さ195gになっています。「OUKITEL C21 Pro」は9 mmで重さ180gになっています。「moto g30」は厚さ9.14mmで重さ約200gになっています。

・赤外線温度計が使える

UMIDIGI A11 Pro MAX」は体温を測定できる非接触デジタル赤外線温度計2.0を搭載しています。

一方、「Blackview A100」、「OUKITEL C21 Pro」、「moto g30」は温度計を搭載していません。

・ショートカット機能が使える

UMIDIGI A11 Pro MAX」はショートカットキーを搭載し、スクリーンショット、録音、アプリの起動などに割り当てることができます。

一方、「Blackview A100」、「OUKITEL C21 Pro」、「moto g30」はショートカットキーを搭載していません。

・Android 11の新機能が使える

UMIDIGI A11 Pro MAX」はカスタマイズされていないピュアなAndroid 11 OSを搭載しています。

Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの機能が追加されています。

一方、「Blackview A100」、「OUKITEL C21 Pro」、「moto g30」もAndroid 11を搭載しています。

デメリット

・NFCに対応していない

UMIDIGI A11 Pro MAX」はNFCに対応していないため、Google payによる電子マネー決済も利用できません。

一方、「Blackview A100」と「moto g30」はNFC対応でGoogle Payも利用できます。「OUKITEL C21 Pro」はNFCに対応していません。

・高リフレッシュレートに対応していない

UMIDIGI A11 Pro MAX」は高リフレッシュレートに対応していないため、より滑らかに映像を再生できません。

一方、「moto g30」は90Hzリフレッシュレートに対応しています。「Blackview A100」と「OUKITEL C21 Pro」は高リフレッシュレートに対応していません。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」の評価

UMIDIGI A11 Pro MAX」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2021年4月に発売された「UMIDIGI A11」の後継機になります。プロセッサをHelio G25からHelio G80に変更し、高速化を実現。メモリは3/4GBから4/8GBに、ストレージは64/128GBから128GBのみに変更し、大幅にスペックが向上しています。

また、カメラは背面16MP+8MP+5MP&前面8MPから背面48MP+16MP+2MP&前面24MPに変更し、画素数がかなり向上しています。NFCには対応していませんが、温度計やショートカットキーが使えることでかなり便利に使えるでしょう。2万円前後のAndroid11スマホを探している人におすすめです。

「UMIDIGI A11 Pro MAX」の販売・購入先

UMIDIGI A11 Pro MAX」は、

AliExpressでUS $225.79 – 299.98(割引後:US $215.79)、

で販売されています。

AliExpressで「UMIDIGI A11 Pro MAX」をチェックする

Amazonで「UMIDIGI A11」をチェックする

楽天市場で「UMIDIGI A11」をチェックする

ヤフーショッピングで「UMIDIGI A11」をチェックする

Banggoodで「UMIDIGI A11」をチェックする

 

他のスマートフォンと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

Blackview A100

OUKITEL C21 Pro

moto g30

Realme Narzo 30 5G

OnePlus Nord CE 5G

POCO X3 Pro

Xperia Ace II

Galaxy A42 5G

Redmi 9T

Xiaomi Redmi Note 10 Pro

UMIDIGIスマホをまとめてチェック!

UMIDIGIスマホは以下のページにまとめてあります。

UMIDIGIスマホがデザイン良すぎて人気! 日本の全機種を比較

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2021年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

激安で購入できるAndroidスマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

2万円前後のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2021年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

2021最新の格安スマホをまとめて紹介しています。