「OUKITEL Z32」4G LET対応のAndroidスマートウォッチ


2020年3月発売の4G LET対応のスマートウォッチ「OUKITEL Z32」の特徴、スペック、性能、価格、対応バンドを紹介! 他のAndroidスマートウォッチとの比較・違いやお得なセール&クーポン情報も合わせて紹介していきます。

※GearBest、日本のAmazonで発売されました。AliExpressでは10周年記念セールが開催中です。

「OUKITEL Z32」の特徴

OUKITEL Z32」の特徴をまとめてみました。

88時間の超ロング駆動とワイヤレス充電に対応

OUKITEL Z32」は1800 mAhバッテリーを搭載していますが、そのうち900mAhは内蔵バッテリーで、残りの900mAhはワイヤレス充電専用の外付けバッテリーになっています。900mAhの内蔵バッテリーだけで48時間 駆動でき、ワイヤレス充電の900mAhバッテリーでさらに40時間駆動できるようになり、合計で88時間の駆動を実現しています。

3GBメモリ&32GBストレージ搭載・800万画素カメラも使える

OUKITEL Z32」は本体に3GBメモリと32GBストレージ搭載しています。Android 7.1搭載でGoogle Playストアも利用できるため、Android アプリを本体にインストールして使用できます。また、本体の側面に800万画素のメインカメラ、前面に200万画素のフロントカメラを搭載。高画質なメモ写真も快適に撮影できます。

Google アシスタントで心拍数を確認・ 顔認証にも対応

OUKITEL Z32」は音声認識のGoogle アシスタントにも対応しています。この機能を使うことで、スマートウォッチ上で計測した活動量(アクティビティ)や心拍数などを音声だけで確認することができます。また、顔認証にも対応。本体のカメラに顔をかざすだけですばやくロック解除することができます。

4G LETに対応・Wi-FiやGPS通信も使える

OUKITEL Z32」は本体にSIMスロットを搭載し、単体で4G LET通信することができます。一般的なWear OS搭載スマートウォッチは、通信する際にスマートフォンやモバイルルーターが必要になりますが、「OUKITEL Z32」はそれらを必要とせずに通信できます。また、Wi-Fi通信やGPS通信に対応。GPS通信を使った移動距離やルートの確認も単体で行うことができます。

「OUKITEL Z32」

OUKITEL Z32」はAndroid 7.1を搭載したスマートウォッチ。厚さ1.50 cm、重さ70gのボディにMediaTek MTK6739 クアッドコア プロセッサと3GBメモリを搭載。1.6インチのIPS液晶、32GBストレージ、1800 mAhバッテリー、背面800万画素のメインカメラ、前面200万画素のフロントカメラを備えるほか、ワイヤレス充電、顔認証、Googleアシスタント、Google検索、心拍数モニタリング、9つのスポーツモード、活動量(アクティビティ)の計測、GPS通信、VoLTE、ウォッチフェイスの変更にも対応している。

公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・操作・特徴が分かる

GearBestで「OUKITEL Z32」をチェックする

Amazonで「OUKITEL Z32」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL W1」をチェックする

「OUKITEL Z32」 のスペック 一覧

  • ディスプレイ 1.6インチ、解像度400 x 400 pxのIPS液晶
    ※画面比率 70%
  • プロセッサ MediaTek MTK6739 クアッドコア
  • CPU Arm Cortex-A53 4コア 1.5GHz
  • GPU ARM Mali-T760 MP2
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32GB
  • バッテリー 1800 mAh
  • 背面カメラ 8MP ※側面に搭載
  • 前面カメラ 2MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi、Bluetooth 4.0 、GPS
  • OS Android 7.1.1
  • Google Playストア 対応
  • ストラップ 22mm標準(交換可能)
  • サイズ 26.00 x 5.00 x 1.50 cm
  • 重量 70g
  • カラー ブラウン
  • SIMカード NanoSIM(シングルスロット)
  • 対応バンド
    4G LTE-FDD:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B20 LTE-TDD:B38 / B39 / B40 / B41(100MHz)
    3G WCDMA:B1 / B2 / B5; TD-SCDMA:B34 / B39;
    2G GSM:850/900/1800/1900;

「OUKITEL Z32」で測定できること

OUKITEL Z32」で測定できることは以下の通りです。

日々の活動量(アクティビティ)と心拍数

歩数、消費カロリー、距離・ペース・ルート、心拍数など、一般的な活動量(アクティビティ)は計測できます。ただし、睡眠の質・ストレスの計測には対応していないようです。

9つのスポーツモード

屋外ランニング、屋外ウォーキング、屋内ランニング、サイクリング、バスケットボール、サッカー、卓球、バドミントン、スキップなど9種類のスポーツモードに対応しています。

上記のスポーツ時のアクティビティが計測できます。ただし、ガーミンのスマートウォッチのように自動で計測が始まるのではなく、あらかじめ手動で設定する必要があるようです。

「OUKITEL Z32」の機能

OUKITEL Z32」には上記の測定機能の他に以下のような機能があります。

スマートフォンとの連携・着信通知 機能

「OUKITEL Z32」はスマートフォンとBlutoothでペアリングし、電話やSNS通知の受信・確認ができるようになっています。

Google アシスタント機能

音声認識に対応し、声だけで操作することができます。例えば、音声だけでGoogle検索したり、電話をかけたり、音楽を再生したり、カメラで撮影したりできます。

ワイヤレス充電 機能

付属の充電器を使ってワイヤレス充電することができます。内蔵バッテリーとは別にワイヤレス充電専用のバッテリーを内蔵しています。

カメラ機能

800万画素のメインカメラ、前面に200万画素のフロントカメラを搭載しています。なお、日本で販売されている一般的なスマートウォッチにはカメラが搭載されていません。

通信機能

SIMスロット搭載で単体で4G LET通信に対応しています。また、Wi-Fi通信やGPS通信も利用できます。スマートフォンなしで通知をチェックできるので非常に便利です。

ディスプレイ性能を比較

OUKITEL Z32」は1.6インチで、解像度400 x 400 pxのIPS液晶を搭載しています。画面比率は70%。ダイヤル式のスケール(目盛り)を採用し、ベゼルにはセラミック素材を採用するなど豪華な仕様になっています。

HUAWEI WATCH GT2」・・・・・・(46 mm)1.39インチ、解像度454 × 454 px のAMOLED液晶

Galaxy Watch Active2」・・・・・・(44mm) 1.4インチ (34.5 mm)、解像度360 x 360 pxのCircular Super AMOLED液晶

Kospet Hope」・・・・・・1.39インチ、解像度400 x 400 px のAMOLED液晶

他のスマートウォッチと比べてみると、液晶ディスプレイのサイズが約0.2インチ大きいことが分かります。また、「OUKITEL Z32」はIPSパネルを採用しているのに対し、他のスマートウォッチは有機EL(AMOLED)パネルを採用しており、その点が大きな違いであることが分かります。

バッテリー性能を比較

OUKITEL Z32」は900mAhの内蔵バッテリーを搭載し、48時間 駆動できるようになっています。また、外付けのワイヤレスバッテリー900mAhを利用することで、さらに40時間駆動できるようになり、合計で88時間 駆動 できるようになっています。

HUAWEI WATCH GT2」・・・・・・(46 mm) 通常使用:約2週間 、GPS連続使用:約30時間 / 磁気充電

Galaxy Watch Active2」・・・・・・(44mm) 340mAh / 通常の使用で1日以上 / ワイヤレス充電に対応

Kospet Hope」・・・・・・620mAh / 駆動時間 連続スタンバイで5日間、通常使用で1日

他のスマートウォッチと比べてみると、「OUKITEL Z32」のバッテリー容量がかなり多いことが分かります。他のスマートウォッチと比べて圧倒的に駆動時間が長いのも特徴です。なお、ワイヤレス充電に対応しているのは、「OUKITEL Z32」と「Galaxy Watch Active2」だけでした。

「OUKITEL Z32」のメリット・デメリット

OUKITEL Z32」のメリットデメリットについてまとめてみました。

<メリット>

・バッテリー駆動時間が長い

・Google アシスタントや顔認証が使える

・ワイヤレス充電に対応している

・単体で4G LET通信が利用できる

・液晶ディスプレイが大きくて見やすい

・心拍数の計測や9つのスポーツモードが使える

・Android アプリが使える

<デメリット>

・防水防塵に対応していない

・睡眠やストレス、VO2maxの計測ができない

・MIL-STD-810Gなど高い耐久性を備えていない

・NFCに対応していない

「OUKITEL Z32」の価格は?

OUKITEL Z32」は、

GearBestで14624 円、

日本のAmazonで26,800円、

で販売されています。

※AliExpress、Banggoodではまだ販売されていません。

GearBestで「OUKITEL Z32」をチェックする

Amazonで「OUKITEL Z32」をチェックする

ヤフーショッピングで「OUKITEL W1」をチェックする

Banggoodで「Kospet Hope」をチェックする

AliExpressで「Kospet Hope」をチェックする

価格を比較

OUKITEL Z32」は、GearBestで14624 円で販売されていました。

※リンク先から詳しいスペック情報などが分かります。

HUAWEI WATCH GT2」・・・・・・(46mm) Amazon新品で19,610円

Galaxy Watch Active2」・・・・・・(44mm) Amazon新品で28,775円

Kospet Hope」・・・・・・GearBestで14628 円

他のスマートウォッチと比べてみると、「HUAWEI WATCH GT2」よりも5千円ほど安く、「Galaxy Watch Active2」よりも1万4千円ほど安いことが分かります。同じ4G LET通信対応の「Kospet Hope」とは同じくらいの価格でした。

なお、低価格スマートフォンとして有名な「UMIDIGI」からもスマートウォッチが販売されています。

※リンク先から詳しいスペック情報などが分かります。

UMIDIGI Uwatch3」・・・・・・Amazon新品で3,969円

UMIDIGI Uwatch GT」・・・・・・Amazon新品で5,969円

セール&クーポン情報

AliExpressで10周年記念セールが開催中で、OUKITELスマートフォンもかなり安くなっています。

AliExpressで「OUKITEL」(セール)をチェックする

「OUKITEL Z32」の対応バンドを詳細にチェック!

「OUKITEL Z32」の対応バンドは以下のようになっています。

4G LTE-FDD:B1 / B2 / B3 / B5 / B7 / B8 / B12 / B17 / B20 LTE-TDD:B38 / B39 / B40 / B41(100MHz)
3G WCDMA:B1 / B2 / B5; TD-SCDMA:B34 / B39;
2G GSM:850/900/1800/1900;

以下、「OUKITEL Z32」の対応バンドを詳細に紹介していきます。

「OUKITEL Z32」のドコモ回線対応状況

「OUKITEL Z32」の4G LTE通信は日本全国で利用できるバンド1、 東京・名古屋・大阪の高速通信バンド3に対応。地下や郊外でも繋がりやすいプラチナバンドの19には対応していません。3G通信は日本全国で使えるバンド1に対応していますが、極一部の山岳地帯や農村地区をサポートするFOMAプラスエリア(バンド6の800MHz帯と、バンド19の800MHz帯)には非対応なので該当地域へ行くときは注意が必要です。

OUKITEL Z32」はドコモLTE通信バンドのほとんどに対応し、3Gも主なバンドに対応しているので大部分のエリアで快適な通信が可能です。

主なドコモ回線SIM:楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなど

「OUKITEL Z32」のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

※ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しています。

OUKITEL Z32」の4G LTEは、メインとなる バンド1、エリアが広い元Emobile回線のバンドの3、通信エリアを広くカバーするプラチナバンドの8に対応。また、モバイルWiFiやSoftbank Airなどに使われる、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。

OUKITEL Z32」はソフトバンクやワイモバイルのスマホと同じように通信できる対応バンドを持っています

「OUKITEL Z32」のau回線対応状況

OUKITEL Z32」はau VoLTE SIMのバンドに対応し、通話もデータ通信も行えることになっています。しかし、au回線は対応バンドが合致していても、うまく通信できない場合があります。実機レビューなどでau VoLTE SIMが利用できるのを確かめた上で、購入した方がいいでしょう。

その他のおすすめ4G LET対応スマートウォッチは?

その他のおすすめ4G LET対応スマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ