「KOSPET Prime S」が大ヒット中? 一万円スマートウォッチと徹底 比較!


2021年6月にBanggoodで発売された「KOSPET Prime S」と一万円スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること、機能、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年7月、「KOSPET Optimus 2」が発売されました。

「KOSPET Prime S」の特徴

KOSPET Prime S」の特徴をまとめてみました。

1.6インチ液晶・Android 9.1・デュアルCPU

KOSPET Prime S」は1.6インチ、解像度400 x 400 ドットの液晶を搭載しています。OSにはAndroid 9.1を採用し、Google Playストアから豊富なアプリをダウンロードできます。また、SC9832E + nRF52832のデュアルプロセッサを搭載。シングルプロセッサ搭載の前モデル「KOSPET Prime 」よりも高速に動作します。

血中酸素・8MPカメラ・1050mAhバッテリー

「KOSPET Prime S」は血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応。運動後やウイルスによる体の異変をすばやく確認することができます。また、側面に8MPカメラ、前面に5MPカメラを搭載。16GBストレージ内蔵で大量の写真も保存できます。

4G通信・Wi-Fi・GPSナビ

KOSPET Prime S」はSIMスロットを搭載し、4G LET通信が利用できます。また、Wi-Fi(2.4GHz)通信に対応し、単体で通知やSNS、メッセージなどを確認することもできます。そのほか、Bluetooth 4.1をサポートし、ワイヤレスイヤホンとも接続可能。GPSナビゲーションも利用できます。

公式ページ    KOSPET PRIME S – kospet-official

価格を比較

KOSPET Prime S」と「Mi Watch」、「realme Watch S」、「OPPO Watch」の価格を比較してみました。

「KOSPET Prime S」

KOSPET Prime S」は、Amazonで14,200円、Banggoodで11,128円、AliExpressでUS $109.99 – 119.99、GearBestで11339 円 で販売されています。

「Mi Watch」

Mi Watch」は、Amazonで12,980円、ヤフーショッピングで16,980円(税込)、Banggoodで14,467円、AliExpressでUS $144.19、GearBestで16102 円 で販売されています。

「realme Watch S」

realme Watch S」は、Amazonで11,800円、楽天市場で11,800円 (税込)、ヤフーショッピングで11,800円、Banggoodで7,455円、AliExpressでUS $56.32、Gearbestで7030 円で販売されています。

「OPPO Watch」

OPPO Watch」は、Amazonで16,200円(シルバーミスト)、楽天市場で18,330円 (税込)、ヤフーショッピングで19,980円、ビックカメラで19,980円 (税込・1,998ポイント)、Banggoodで54,086円、AliExpressでUS $176.25 – 374.21 で販売されています。

計測できること・機能を比較

KOSPET Prime S」と「Mi Watch」、「realme Watch S」、「OPPO Watch」の計測できること・機能を比較してみました。

「KOSPET Prime S」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数、睡眠、歩数、消費カロリー、移動距離・ペース・ルート(GPSセンサー搭載)

9種類のスポーツモード(屋外ランニング、屋外ウォーキング、屋内ランニング、屋外サイクリング、バスケットボール、サッカー、卓球、バドミントン、縄跳び))

機能

Google Playストア(アプリの追加)、4G LET通信、Wi-Fi(2.4GHz)、16GBストレージ保存、音楽同期(音楽再生)、側面8MPカメラ&前面5MPカメラ撮影、通話、SMS、リマインダー、天気予報、地図、アラーム、、サウンドレコーダー、カレンダー、音声検索、計算機、Bluetooth 4.1、GPS (GPS/GLONASS/A-GPS/Beidou)

「Mi Watch」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、バイタルサインモニタリング(健康数値を総合的に分析)、心拍数(アルゴリズム採用・24時間モニタリング)、睡眠(浅い、深い、REM急速な眼球運動を計測)、ストレス、消費カロリー、歩数、距離・ペース・ルート(GPSセンサーあり)

117種類のワークアウトモード

機能

自動ワークアウト検出、呼吸トレーニング(1 ~ 5 分間呼吸運動)、心拍アラート、ウォッチフェイスの変更(100種類以上)、常時表示、スマートフォンの通知受信、音楽コントロール、アラーム、タイマー、ストップウォッチ、天気、スマホ探索、懐中電灯、コンパス、高度計と気圧計、マナーモード

「realme Watch S」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、心拍数(自動・24時間・休息時・アラート)、睡眠、歩数、消費カロリー、移動距離

16種類のスポーツモード(屋外ランニング、ウォーキング、屋内ランニング、屋外サイクリング、有酸素運動、ウエイトトレーニング、サッカー、バスケットボール、卓球、バドミントン、屋内サイクリング、エリプティカル、ヨガ、ローイングマシン、エアロバイク、クリケット)

機能

自動明るさ調整、瞑想モード、心拍アラート、水分補給リマインダー、運動リマインダー、ウォッチフェイスの変更(100種類の文字盤)音楽コントロール、カメラコントロール、端末を探す(スマホ探索)、ストップウォッチ、天気予報、Cloudマルチ文字盤、カスタム文字盤、多言語対応、着信通知、メッセージ通知、アラーム、不正ペアリング防止機能、省エネモード、おやすみモード、クイック設定

「OPPO Watch」

計測できること

歩数、消費カロリー、距離、ルートトラッキング、心拍数、睡眠(睡眠の深さ・時間計測・AI提案)

機能

アプリの追加(Wear OS)、急速充電「VOOC Flash Charge」(75分でフルチャージ)、スマートパワーセーブモード(最大で2週間 駆動できる)、
水泳時の距離やストロークを検出する機能、体脂肪の燃焼状況を画面に表示しながら音と振動でランニングをサポートする機能、5分間で可能な運動を音声ガイダンスで案内する機能、スマートフォンと連携(通話やメッセージを本体上で確認)、スポーツモード(ランニング、水泳、5分間フィットネスなど)、NFC、Google Pay、Wi-Fi通信、Bluetooth 4.2など

スペックを比較

KOSPET Prime S」と「Mi Watch」、「realme Watch S」、「OPPO Watch」のスペックを比較してみました。

「KOSPET Prime S」のスペック

  • ディスプレイ 1.6インチ、解像度400 x 400 ドットのIPS液晶
    ※タッチ対応
  • プロセッサ SC9832E + nRF52832/ PAR2822
  • RAM(メモリ) 1GB
  • ストレージ 16GB
  • バッテリー 1050 mAh
  • 駆動時間 Androidモードで1〜2日間、スポーツモードで5〜7日間
  • 側面カメラ  8MP
  • 前面カメラ      5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 4.1 +BLE、GPS (GPS/GLONASS/A-GPS/Beidou)
  • インターフェース 充電端子、カメラボタン、操作ボタン
  • 防水防塵 IP67
  • OS Android 9.1
  • 対応OS Android 5.1 以上、 iOS 9.0 以上
  • サイズ 時計の直径:約54mm ケース厚さ:約17mm 全長:約265mm
  • 重量 70g
  • カラー シルバー
  • 付属品 充電ケーブル、ユーザーマニュアル
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G FDD LTE: B1(2100), B2(1900), B3(1800),B5(850),B7(2600), B8(900), B12(700), B17(700), B20(800) TDD LTE: B38(2600MHz), B39(1900), B40(2300), B41(2500)
    3G B1(2100),B5(850),B2(1900) TD-SCDMA: B34(2100), B39(1900)
    2G GSM: B2(1900),B3(1800),B5(850),B8(900)

関連記事3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ

Amazonで「KOSPET Prime S」をチェックする

Banggoodで「KOSPET Prime S」をチェックする

AliExpressで「KOSPET Prime S」をチェックする

GearBestで「KOSPET Prime S」をチェックする

楽天市場で「KOSPET」をチェックする

ヤフーショッピングで「KOSPET」をチェックする

「Mi Watch」のスペック

  • ディスプレイ 1.39 インチ、解像度454×454 pxのAMOLED液晶
    ※326ppi/常時表示/直射日光下で時間表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ  不明
  • バッテリー 420mAh
  • 駆動時間 通常使用で16日間、ロングバッテリーモードで22日間、屋外スポーツモードで50時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • センサー 心拍数センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、地磁気センサー、気圧センサー、環境光センサー
  • GPS  A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou
  • インターフェース 充電端子
  • 防水 5ATM(5気圧防水・50m防水)
    ※水仕事や水上スポーツ(水泳・ヨット・釣りなど)に耐えられるレベル
  • ストラップ  熱可塑性ポリウレタン、調節可能な長さ:130-220mm
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
  • アプリ Xiaomi Wear / Xiaomi Wear Lite
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 5.0 および iOS 10 以降
  • サイズ 45.9 × 53.35 × 11.8mm(ストラップおよび突起部を除く)
  • 重量  32 g
  • カラー ブラック / ネイビーブルー / ベージュ
  • 付属品  磁気充電ドック × 1、取扱説明書 × 1

関連記事「Mi Watch」と最新スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Mi Watch」をチェックする

楽天市場で「Mi Watch」をチェックする

ヤフーショッピングで「Mi Watch」をチェックする

Banggoodで「Mi Watch」をチェックする

AliExpressで「Mi Watch」をチェックする

GearBestで「Mi Watch」をチェックする

「realme Watch S」のスペック

  • ディスプレイ 1.3インチ、解像度360 x 360 pxの液晶
    ※強化ガラス(Corning Gorilla Glass)/自動明るさ調整/タッチ対応
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 390 mAh ※省エネモードあり
  • 駆動時間 15日間
  • 充電 マグネット
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 3軸加速度、心拍センサー、感光センサー、装着検知センサー
  • 防水防塵 IP68
  • アプリ realme Linkアプリ・Android 5.0以上
  • ストラップ  幅:22mm  調整可能な長さ:164 – 208 mm
  • ケースの素材 アルミ合金
  • OS 独自OS
  • サイズ 259.5 x 47.0 x 12.0 mm(ストラップ含む)
  • 重量 48 g
  • カラー ブラック
  • 付属品 充電台、ユーザーマニュアル

関連記事「realme Watch S」はイケてる? 1万円スマートウォッチと比較!

Amazonで「realme Watch S」をチェックする

楽天市場で「realme Watch S」(RMA207-BK)をチェックする

ヤフーショッピングで「realme Watch S」(RMA207-BK)をチェックする

Banggoodで「realme Watch」をチェックする

AliExpressで「realme Watch」をチェックする

「OPPO Watch」のスペック

  • ディスプレイ 1.6インチ、320 x 360 pxのAMOLED液晶
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon Wear 3100 / Ambiq Micro Apollo 3
  • RAM(メモリ)  1GB
  • ストレージ 8GB
  • バッテリー 300mAh
  • 駆動時間 通常使用で24時間・スマートパワーセーブモード使用時で最大 2週間
  • 充電時間 急速充電技術「VOOC」対応・75分でフルチャージ
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz) 、Bluetooth 4.2、GPS(GLONASS)
  • NFC & Google Pay 対応・利用できます
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、磁気センサー、気圧センサー、光学式心拍センサー、静電容量センサー、調光センサー
  • 防水 3ATM(3気圧・30m防水・雨・汗・水・水泳中でも使用可能)
  • 音楽 オンライン(ストリーミング)ミュージック対応
  • OS Wear OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 12.0以上
  • アプリ 独自アプリ「HeyTap Health」・Google Playから4000以上のアプリをダウンロード可能・健康管理サービス「Google Fit」搭載
  • バンド フッ素ゴム製・交換可能
  • サイズ 41.45 x 36.37 x 11.4 mm
  • 重量 約30.1 g(本体のみ)
  • カラー ブラック、ピンクゴールド、シルバーミスト

関連記事「OPPO Watch」と最新スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「OPPO Watch」をチェックする

楽天市場で「OPPO Watch」をチェックする

ヤフーショッピング「OPPO Watch」をチェックする

ビックカメラで「OPPO Watch」をチェックする

Banggoodで「OPPO Watch」をチェックする

AliExpressで「OPPO Watch」をチェックする

「KOSPET Prime S」のメリット・デメリット

KOSPET Prime S」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.6インチのIPS液晶が見やすい

KOSPET Prime S」は1.6インチ、解像度400 x 400 ドットのIPS液晶を搭載。大画面でアプリを見やすく表示できるほか、タッチ操作にも対応しています。

一方、「Mi Watch」は1.39 インチで解像度454×454 pxのAMOLED液晶を搭載しています。「realme Watch S」は1.3インチで解像度360 x 360 pxの液晶(Gorilla Glass)を搭載しています。「OPPO Watch」は1.6インチで320 x 360 pxのAMOLED液晶を搭載しています。

・16GBストレージ搭載で音楽再生に対応

KOSPET Prime S」は16GBストレージ搭載で音楽アプリやローカルの音楽ファイルも保存できます。また、音楽再生にも対応しています。

一方、「Mi Watch」と「realme Watch S」は音楽ファイルを保存できるストレージを搭載していません。「OPPO Watch」は8GBストレージを搭載し、音楽再生にも対応しています。

・1050mAhバッテリーで最大7日間駆動

KOSPET Prime S」は1050 mAhバッテリー搭載で、Androidモードで1〜2日間、スポーツモードで5〜7日間駆動できます。

一方、「Mi Watch」は通常使用で16日間、ロングバッテリーモードで22日間駆動できます。「realme Watch S」は15日間駆動できる390 mAhバッテリーを搭載しています。「OPPO Watch」は300mAhバッテリー搭載で通常使用で24時間、スマートパワーセーブモードで最大2週間駆動できます。

・側面8MPカメラと前面5MPカメラが使える

KOSPET Prime S」は側面8MPカメラ(800万画素)と前面5MPカメラ(500万画素)が使えるようになっています。

一方、「Mi Watch」、「realme Watch S」、「OPPO Watch」はカメラを搭載していません。

・Wi-Fi&Bluetooth&GPSに対応

KOSPET Prime S」はWi-Fi(2.4GHz)に対応し、単体で通知をチェックできます。また、Bluetooth 4.1 +BLEをサポートし、ワイヤレスイヤホンとも接続できます。そのほか、GPS (GPS/GLONASS/A-GPS/Beidou)ナビゲーションも利用できます。

一方、「Mi Watch」はBluetooth 5.0&GPS (A-GPS、GLONASS、Galileo、BeiDou)に対応しています。「realme Watch S」はBluetooth 5.0に対応しています。「OPPO Watch」はWi-Fi(2.4GHz)&Bluetooth 4.2&GPS(GLONASS)に対応しています。

・4G LET通信に対応

KOSPET Prime S」はSIMスロットを搭載し、4G LET通信が利用できるようになっています。

一方、「Mi Watch」、「realme Watch S」、「OPPO Watch」は4G LET通信が利用できません。

・IP67の防水に対応

KOSPET Prime S」はIP67の防水に対応し、30分間の水没に耐えられるほか、粉塵の侵入をブロックすることができます。

一方、「Mi Watch」は5気圧防水に対応しています。「realme Watch S」はIP68に対応しています。「OPPO Watch」は3気圧防水に対応しています。

・Android 9.1搭載でGoogle Playストアに対応

KOSPET Prime S」はAndroid 9.1搭載でGoogle Playストアに対応。豊富なアプリをダウンロード&インストールすることができます。

一方、「Mi Watch」と「realme Watch S」はAndroid OSを搭載していないため、アプリを追加できません。「OPPO Watch」はWear OSを搭載し、アプリの追加にも対応しています。

デメリット

・NFCに対応していない

KOSPET Prime S」はNFCに対応していません。

一方、「OPPO Watch」はNFCに対応し、Google Payによる電子マネー決済も利用できます。「Mi Watch」と「realme Watch S」はNFCに対応していません。

・ストレスを計測できない

KOSPET Prime S」はストレスを計測することができません。

一方、「Mi Watch」はストレスを計測できます。「realme Watch S」と「OPPO Watch」はストレスを計測できません。

「KOSPET Prime S」の評価

KOSPET Prime S」の評価を紹介します。

スペック:★★★★★

通信:★★★★★

機能:★★★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★★

価格 ★★★★★

<総合評価>

一万円ほどの低価格な4Gスマートウォッチです。日本では正式に販売されていませんが、海外ではかなり大人気になっています。人気の秘密はまずAndroid 9.1を搭載し、スマートフォンのようにアプリを自由に追加できることにあります。

しかも、Wear OS搭載スマートウォッチと違い、大容量1050mAhバッテリーを搭載。Androidモードでは1〜2日間しか駆動できませんが、スポーツモードに切り替えることで5〜7日間も駆動できます。しかも、通信面では4G LET通信のほかにWi-Fi通信、Bluetooth通信に対応。1.6インチのIPS液晶、16GBストレージ搭載のほかに、側面8MPカメラや5MPカメラも使えます。

これだけの性能を備えて価格はたったの一万円ほど。もし日本で「KOSPET Prime S」が販売されたら、かなり売れることは間違いないでしょう。必ず手に入れておきたい傑作品です。

「KOSPET Prime S」の販売・購入先

KOSPET Prime S」は、

Amazonで14,200円、

Banggoodで11,128円、

AliExpressでUS $109.99 – 119.99、

GearBestで11339 円 、

で販売されています。

Amazonで「KOSPET Prime S」をチェックする

Banggoodで「KOSPET Prime S」をチェックする

AliExpressで「KOSPET Prime S」をチェックする

GearBestで「KOSPET Prime S」をチェックする

楽天市場で「KOSPET」をチェックする

ヤフーショッピングで「KOSPET」をチェックする

 

他のスマートウォッチと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

★「KOSPET Optimus 2

Mi Watch

realme Watch S

OPPO Watch

HUAWEI WATCH FIT

TicWatch GTH

Mi Watch Lite

HUAWEI WATCH GT 2e

Amazfit Neo」(レトロデザイン)

Garmin VENU SQ

Apple Watch SE

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ

3G・4G通信対応のAndroidスマートウォッチを紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

ガーミンのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。