1万5千円前後で買える性能の高いスマホ まとめ


1万5千円前後で買える性能の高いスマホをまとめて紹介!  スペックや特徴、価格がひと目で分かるようにまとめてあります。

プロセッサの性能がアップ・メモリは3GBに

スマホのハイスペック化が進み、低価格でも性能が高いスマホが増えてきた。プロセッサには64bit対応が当たり前になりつつあり、搭載RAMも3GB以上が登場中。液晶はベゼル幅が狭く、アプリや動画を見るのにも十分な画質だ。

また、一眼レフ並みの立体感のある写真を撮影できるデュアルカメラ搭載モデルも急増中。長時間使用できる大容量バッテリー搭載のものやクオリティの高い音質で音楽が楽しめるモデルも増えつつある。

かつての名機と呼ばれるモデルもしだいに値下がり、手の届く価格に。低価格でも性能の高いスマホの実力をぜひ一度チェックしてみてほしい。

目次

1万5千円前後のスマホ パートⅠ

「moto e6s」サムスン「Galaxy A20」ワイモバイル「Libero S10」「Wiko Tommy3 Plus」「FREETEL P6」 ( jetfon P6 )「ASUS ZenFone Live (L1)」「HUAWEI nova lite 3」

1万5千円前後のスマホ パートⅡ

「moto e5」「ZTE Blade V8」「FREETEL Priori 5」「Xiaomi Redmi 4」

1万5千円前後のスマホ パートⅢ

「arrows M02」「arrows M03」「Blade V7lite」「alcatel IDOL4」

1万5千円前後のスマホ パートⅣ

「UMIDIGI Power」「Ulefone P6000 Plus」「Blackview BV5500」「Ulefone Armor X2」

1万円以下のスマホ まとめ記事はこちら

2万円前後のスマホ まとめ記事はこちら

3万円台のスマホ まとめ記事はこちら

超ハイスペックスマホのまとめ記事はこちら

1万5千円前後のスマホ  パートⅠ

ここでは1万5千円前後で販売されている最新スマートフォンをまとめて紹介します。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

ここで紹介する機種は以下の通りです。

「moto e6s」
「Galaxy A20」
「Libero S10」
「Wiko Tommy3 Plus」
「FREETEL P6」 ( jetfon P6 )
「ASUS ZenFone Live L1」(ZA550KL)
「HUAWEI nova lite 3」

<6.1インチ・Android 9.0・2020/9/4 発売 最新モデル>

「moto e6s」

moto e6s」はAndroid 9.0を搭載した6.1型のスマートフォン。厚さ8.5 mm、重さ160 gのボディにMediatek MT6762 Helio P22 オクタコア プロセッサと2GBメモリを搭載。19.5:9のフルスクリーン液晶、3000 mAhバッテリー、背面13MP + 2MPのデュアルカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

5W高速充電、位相差オートフォーカス「PDAF」(カメラ)、DSDV、VoLTE、テザリング、指紋認証、Wi-Fi(2.4GHz)、Bluetooth 4.2にも対応している。

続きを読む

Amazonで「moto e6s」をチェックする

ビックカメラで「moto e6s」をチェックする

<ハイブリットラジオ機能を備えた5.8型スマホ >

 サムスン「Galaxy A20」

サムスン「Galaxy A20」はAndroid9.0を搭載した5.8型のスマートフォン。厚さ 8.1mmのボディに Samsung Exynos 7884B オクタコアプロセッサと3GBメモリを搭載。HD+液晶、32GBストレージ、3000mAhバッテリー、背面 800万画素、前面 500万画素カメラを備えるほか、

IPX5/IPX8の防水、IP6Xの防塵、顔認証、おサイフケータイ、NFC、顔認証、ハイブリットラジオ「ラジスマ」、FMラジオ、健康管理アプリ、かんたんモード、VoLTE、Wi-Fiデュアルバンド、USB Type-C接続にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Galaxy A20」(docomo Galaxy A20 SC-02M)をチェックする

<3GBメモリ&防水防塵に対応>

ワイモバイル「Libero S10」

Libero S10」はAndroid9.0を搭載した5.7型のスマートフォン。厚さ8.4mmのボディにQualcomm Snapdragon 450 オクタコア プロセッサと3GBストレージを搭載。フルHD+液晶、32GBストレージ、3,100mAhバッテリー、背面1,300万画素 + 200万画素のデュアルカメラ、前面500万画素のインカメラを備えるほか、指紋認証、デザリング、緊急速報メール、国際ローミング、VoLTE、HD Voice(3G)、USB Type-C接続、簡単モード、片手モード、ウェットタッチ、手袋モードにも対応している。

続きを読む

Amazonで「Libero S10」をチェックする

ワイモバイルで「Libero S10」をチェックする

<顔認証&18:9液晶の5.45型 格安スマホ>

「Wiko Tommy3 Plus」

Wiko Tommy3 Plus」はAndroid 8.1を搭載した5.45型のスマートフォン。厚さ8.6の薄型軽量ボディにMediatek MT6739WAクアッドコアCPUと2GB RAMを搭載。18:9のフルスクーンIPS液晶、1300万画素カメラを備えるほか、

顔認証(※指紋認証は非対応)、VoLTE(au&ソフトバンク接続性試験IOTクリア)、SIMカードを2枚同時に使える「DSDV」、トリプルスロット(SIMスロットとは別にmicroSDスロットあり)、Launche(Eazyモード)に対応している。

続きを読む

Amazonで「Wiko Tommy3 Plus」をチェックする

<クラウドSIM対応の5.7型 SIMフリー スマホ>

「FREETEL P6」 ( jetfon P6 )

FREETEL P6」( jetfon P6 )はAndroid 8.1を搭載した5.7型のスマートフォン。厚さ 8.5 mm のボディにSpreadtrum SC9850K クアッドコア CPUと 2GB RAMを搭載。18:9のフルスクリーン LTPS IPS液晶、27時間の連続デザリングが可能な3400mAh バッテリー、16GBストレージ、背面800万画素+200万画素、前面500万画素カメラを備えるほか、クラウドSIM(※事前登録不要)、指紋認証、デュアル VoLTE (NTTドコモ / Softbank)、DSDV(デュアルSIM)、連続最大27時間のテザリング、急速充電(5V/2A)、ミラキャスト(miracast)、緊急速報メール(緊急地震速報、津波警報、特別警報、災害・避難情報)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「FREETEL P6」をチェックする

<顔認証&DSDS対応>

「ASUS ZenFone Live L1」(ZA550KL)

ASUS ZenFone Live (L1)」(ZA550KL)はAndroid 8.0を搭載した5.5型のスマートフォン。厚さ8.1mmの薄型ボディに Qualcomm Snapdragon 430 オクタコアCPUと2GB RAMを搭載。1300万画素カメラやジャイロセンサー、2枚のSIMカードとmicroSDカードが同時に使える「トリプルスロット」を備えるほか、

顔認証、デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)、分かりやすく表示する「簡単モード」、アプリや時間を制限する「キッズモード」も備えている。カラーは、スペースブルー、ミッドナイトブラック、シマーゴールド、ローズピンクの4色。専用アクセサリー「Clear Soft Bumper」も発売される。

続きを読む

ASUSスマホのまとめ記事を読む

Amazonで「ASUS ZenFone Live (L1)」(ZA550KL)をチェックする

ASUS公式ショップで「ASUS ZenFone Live L1」をチェックする

<AIデュアルカメラ&19.5:9液晶の6.21型スマホ>

「HUAWEI nova lite 3」

HUAWEI nova lite 3」はAndroid 9.0を搭載した6.21型のスマートフォン。3D湾曲デザインを採用した美しいボディにHUAWEI Kirin710 オクタコア CPUと3GB RAMを搭載。顔認証機能や指紋認証、2枚の SIMカードで同時に 4G通信の待ち受けができる「DSDV」、グラフィック性能を向上させる「GPU Turbo」機能、カメラでスキャンして検索できる「AI Vision」機能にも対応している。

続きを読む

Amazonで「HUAWEI nova lite 3」をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

1万5千円前後のスマホ パートⅠ

1万5千円前後のスマホ パートⅡ

1万5千円前後のスマホ パートⅢ

1万5千円前後のスマホ パートⅣ

1万円以下のスマホ まとめ記事はこちら

2万円前後のスマホ まとめ記事はこちら

3万円台のスマホ まとめ記事はこちら

超ハイスペックスマホのまとめ記事はこちら