「OPPO Watch Free」と最新の高コスパ スマートウォッチを徹底 比較!


2021年12月10日から発売される「OPPO Watch Free」と最新の高コスパ スマートウォッチを徹底 比較!価格や計測できること・機能、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2021年4月から「OPPO Band Style」も発売中です。

※2020年8月から「OPPO Watch」も発売中です。

「OPPO Watch Free」の特徴

OPPO Watch Free」の特徴をまとめてみました。

1.64有機EL・AIコーディネート・ライトペイント

OPPO Watch Free」は約1.64インチで解像度280 x 456 pxの有機ELスクリーンを搭載。豊かな色再現が可能なDCI-P3対応で最大108文字を表示することができます。また、「AIコーディネート」機能を搭載。その日の服装にあわせた文字盤のパターンを自動で生成することができます。そのほか、美しい光の軌跡を表示するライトペイント機能に対応。写真を文字盤に表示することもできます。

睡眠Osleep・血中酸素・いびき

OPPO Watch Free」は就寝前から睡眠中、起床後まで眠りを総合的にモニタリングする「Osleep」機能に対応。就寝をうながすリマインダーのほかに、睡眠中血中酸素も計測することができます。また、心拍数をリアルタイムに測定しつつ、スマートフォン経由でいびきもモニタリングすることが可能。専用の健康管理アプリ「HeyTap Health」も用意されています。

100種スポーツ・自動認識・14日バッテリ

OPPO Watch Free」は100種類のスポーツ(ワークアウト)モードに対応。そのうちのランニング、ウォーキング、エリプティカル、ローイングマシンの自動認識にも対応しています。また、14日間駆動するバッテリーを搭載。5分の充電で1日使用することもできます。そのほか、5気圧防水に対応。水泳やシャワーでも使用できます。

公式ページ OPPO Watch Free

価格を比較

OPPO Watch Free」と「Redmi Watch 2 lite」、「HUAWEI Band 6」、「Amazfit Bip U」の価格を比較してみました。

「OPPO Watch Free」

OPPO Watch Free」は、Amazonで9,980円、楽天市場で9,980円(税込)、ヤフーショッピングで9,980円(税込)、AliExpressでUS $75.14、で販売されています。

「Redmi Watch 2 lite」

Redmi Watch 2 lite」は、Amazonで8,980円、楽天市場で8,980円 (税込)、ヤフーショッピングで8,980 円、AliExpressでUS $42.49 – 77.69で販売されています。

「HUAWEI Band 6」

HUAWEI Band 6」は、Amazonで6,945円、楽天市場で8,150円 (税込・100円OFFクーポン付き)、ヤフーショッピングで8,580円 (税込)、ビックカメラで8,580円 (税込・858ポイント)、AliExpressでUS $60.67で販売されています。

「Amazfit Bip U」

Amazfit Bip U」は、Amazonで10,500円、楽天市場で11,880円 (税込・1180ポイント)、ヤフーショッピングで11,880円、AliExpressでUS $50.99、米国Amazon.comで$59.99 + $10.41 shipping で販売されています。

計測できること・機能を比較

OPPO Watch Free」と「Redmi Watch 2 lite」、「HUAWEI Band 6」、「Amazfit Bip U」の計測できること・機能を比較してみました。

「OPPO Watch Free」

計測できること

血中酸素(睡眠時リアルタイムを含む)、睡眠(OSleepで就寝前、睡眠中、起床後をモニタリング)、いびき、心拍数、歩数、消費カロリー、呼吸運動

スポーツモード 100種類以上 (イージーランニング、脂肪燃焼ランニング、耐久ランニング、インターバルランニングなど)

機能

AIコーディネート機能、ライトペイント機能、アクティビティの自動認識・検出(屋内/屋外ランニング、屋内/屋外ウォーキング、エリプティカル、ローイングマシン)、ランニングコース(「イージーランニング」「脂肪燃焼ランニング」「耐久ランニング」 「インターバルランニング」の4コースを用意)、

心拍アラート、座りすぎ防止リマインダー、水分補給リマインダー、リアルタイムお天気情報、スマートフォンからのメッセージ通知機能、着信通知機能、通話拒否機能、ストップウォッチ、アラーム、音楽コントロール、スマホを探す(iOS非対応)、5分間のストレッチ

「Redmi Watch 2 lite」

計測できること

血中酸素飽和度(SpO2)、ストレスレベル、呼吸数・心拍数(24時間・PPGセンサー)、睡眠(24時間)・女性の健康・消費カロリー、歩数、距離・ペース・ルート(GPSセンサーあり)

100種以上のフィットネスモード(ワークアウトモード)

機能

ウォッチフェイスの変更(100種以上)、心拍アラート、着信通知(LINE、SMS、Twitter、Facebook、Instagramなど)、音楽コントロール、天気予報、メッセージアラート、マナーモード、無操作アラート、スマホ探索、アラーム、タイマー

「HUAWEI Band 6」

計測できること

血中酸素濃度(SpO2・24時間モニタリング)、心拍モニタリング(HUAWEI TruSeen™ 4.0)、睡眠モニタリング(HUAWEI TruSleep™ 2.0)、ストレスモニタリング(HUAWEI TruRelax™)、歩数、消費カロリー、活動時間、中~高強度の活動、月経周期トラッキング

最大96種類のワークアウトモード(ランニング、水泳、サイクリングなど)

機能

ウォッチフェイスの変更(HUAWEI Watch Face Store)、心拍アラート、血中酸素アラート、リマインダー、スマートフォンの通知受信、着信やメッセージの確認、天気情報、音楽再生コントロール(Androidのみ)、遠くから写真撮影ができるリモートシャッター機能

「Amazfit Bip U」

計測できること

血中酸素濃度(SpO2)、消費カロリー、距離・速度・ペース(Pro版はGPS内蔵)、心拍数(24時間リアルタイム)、睡眠(浅い、深い、レムなど)、ストレス、月経周期

スポーツモード(60種類)

機能

PAI健康評価システム、ウォッチフェイスの変更(50種類から選択可能)、ウォッチフェイスモジュラー(カスタマイズ可能・ホーム画面に時刻、日付、天気、心拍数など、時計などの情報を選択して表示)

メッセージ通知機能、タイマー機能、スマートフォンミュージックコントロール機能、スマートフォンカメラリモートコントロール機能、ストップウォッチ機能、世界時計・アラーム機能、スマホ探索機能、カウントダウン機能、天気予報機能

スペックを比較

OPPO Watch Free」と「Redmi Watch 2 lite」、「HUAWEI Band 6」、「Amazfit Bip U」のスペックを比較してみました。

「OPPO Watch Free」のスペック

  • ディスプレイ 約1.64インチ、解像度280 x 456 pxの有機ELスクリーン
    ※326ppi/DCI-P3/2.5D曲面ガラス/最大108文字の表示
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ  不明
  • バッテリー 230mAh
  • 駆動時間 14日間
  • 充電 5分で1日使用可能、マグネット式、入力: 5V以上かつ500mA以上
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0
  • NFC 非対応・利用できません
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 6軸モーションセンサー、 光学式心拍数センサー、 光学式血中酸素レベルセンサー、 環境光センサー
  • ストラップ シリコン、幅 約19mm、長さ約130-205mm、手首回り約130-205mm
  • 防水 5 ATM (5気圧防水)
  • アプリ 健康管理アプリ「HeyTap Health」(就寝前・睡眠中・起床後の3段階で睡眠をサポート)
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 6.0以上 / iOS 10.0以上
  • サイズ 約46.0 × 29.7 × 10.6 mm
  • 重量 約20.9 g (本体のみ), 約32.6 g (ストラップあり)
  • カラー ブラック、バニラ
  • 付属品 シリコン製ストラップ x1、充電台 x1、クイックガイド&セキュリティガイド x1

関連記事【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

Amazonで「OPPO Watch Free」をチェックする

楽天市場で「OPPO Watch Free」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Watch Free」をチェックする

AliExpressで「OPPO Watch Free」をチェックする

「Redmi Watch 2 lite」のスペック

  • ディスプレイ 1.55インチ、解像度320 x 360 ドットのTFTスクリーン
    ※311ppi/正方形/薄膜トランジスタ(TFT)スクリーン/画面比率はMi Watch Liteから10%増加
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ  なし
  • バッテリー 262 mAh
  • 駆動時間 通常使用で10日間、最大使用で5日間
  • 充電 磁気(マグネット)充電
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0(Bluetooth Low Energy)
  • GPS 対応 (GLONASS / Galileo / BeiDou)
  • インターフェース 充電端子
  • センサー 光学式心拍センサー、加速度計、ジャイロスコープ、電子コンパス、GPS
  • ストラップ TPU / 140-210mm / アイボリー、ブラック、ブルー、ピンク、オリーブ、ブラウン
  • 防水 5 ATM ・5気圧防水
  • アプリ Xiaomi Wear / Xiaomi Wear Lite
  • 筐体の材質 プラスチック
  • 対応OS Android6.0以降、iOS10.0以降
  • OS 独自OS (Proprietary OS)
  • サイズ 41.2 x 35.3 x 10.7 mm
  • 重量 35 g
  • カラー アイボリー、ブラック、ブルー

関連記事「Redmi Watch 2 lite」と注目の低価格スマートウォッチを徹底 比較!

Amazonで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

楽天市場で「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

AliExpressで「Redmi Watch 2 lite」をチェックする

「HUAWEI Band 6」のスペック

  • ディスプレイ 1.47インチ、解像度194 x 368 pxのAMOLED(有機EL)液晶
    ※282PPI/画面占有率64%/4WAYタッチスクリーン(直観的に操作)/画面表示領域148%拡大
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー駆動時間 通常使用で14日間
  • 充電 5V 0.5A/1A/1.5A/2A ※マグネット式充電器によるわずか5分の充電で2日間使用可能
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE
  • NFC 非対応・利用できません
  • インターフェース 充電端子(磁気充電ポート)
  • ボタン スクリーンタッチ+サイドボタン
  • センサー 加速度センサー、ジャイロセンサー、光学式心拍センサー
  • 材質 耐久性のあるポリマー
  • 防水 5 ATM(5気圧防水・50m防水) ※プール、海の浅瀬で使用可能
  • OS 独自OS
  • 対応OS Android 6.0以上、iOS 9.0以上
  • サイズ 約25.4(W)x 約43(H)x 約10.99(D、最薄部)mm
  • 重量 約18 g(ベルトを含まず)
  • カラー グラファイトブラック,フォレストグリーン,アンバーサンライズ,サクラピンク

関連記事「HUAWEI Band 6」の実力は? 新世代スマートバンドと徹底 比較!

Amazonで「HUAWEI Band 6」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI Band 6」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI Band 6」をチェックする

ビックカメラで「HUAWEI Band 6」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI Band 6」をチェックする

米国Amazon.comで「HUAWEI Band 6」をチェックする

「Amazfit Bip U」のスペック

  • ディスプレイ 1.43インチ、解像度320×302 pxのフルカラーTFT液晶
    ※タッチスクリーン / 2.5Dガラス / 指紋防止コーティング
  • プロセッサ 不明
  • RAM(メモリ) 不明
  • ストレージ 不明
  • バッテリー 230mAh リチウムイオンポリマー電池
  • 駆動時間 通常使用で9日間
  • 充電時間 約2時間
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Bluetooth 5.0 BLE
  • GPS 搭Amazfit Bip U Proのみ搭載
  • インターフェース クリップ/ 2ピンPOGOピン
  • センサー BioTracker ™2PPG生体光学センサー、加速度センサー、 ジャイロスコープセンサー、地磁気センサー(Amazfit Bip U Proのみ)
  • 防水 5 ATM・5気圧防水・50m防水
  • マイク ※Amazfit Bip U Proのみ搭載
  • 素材 ポリカーボネー
  • ストラップ シリコーンゴム、ストラップ幅:20mm、長さ118mm(ロングバージョン)、76mm(ショートバージョン)
  • OS RTOS
  • 対応OS Android5.0以上またはiOS10.0以降
  • サイズ 40.9×35.5×11.4mm
  • 重量 31g(ストラップ付き)
  • カラー ブラック、ピンク、グリーン

関連記事「Amazfit Bip U」と最新スマートバンドを徹底 比較!

Amazonで「Amazfit Bip U」をチェックする

楽天市場で「Amazfit Bip U」をチェックする

ヤフーショッピングで「Amazfit Bip U」をチェックする

AliExpressで「Amazfit Bip U」をチェックする

米国Amazon.comで「Amazfit Bip U」をチェックする

「OPPO Watch Free」のメリット・デメリット

OPPO Watch Free」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・1.64インチの有機ELスクリーンが見やすい

OPPO Watch Free」は約1.64インチ、解像度280 x 456 pxの有機ELスクリーンを搭載しています。ピクセル密度326ppi、DCI-P3対応の明るく見やすい液晶で、最大108文字まで表示できます。

一方、「Redmi Watch 2 lite」は1.55インチで解像度320 x 360 ドットのTFTスクリーンを搭載しています。「HUAWEI Band 6」は1.47インチで解像度194 x 368 pxのAMOLED(有機EL)液晶を搭載しています。「Amazfit Bip U」は1.43インチで解像度320×302 pxのフルカラーTFT液晶を搭載しています。

・充実した睡眠モニタリング機能が使える

OPPO Watch Free」はレム睡眠の計測のほかに、就寝をうながすリマインダーや睡眠中の血中酸素モニタリング、いびきモニタリングが利用できます。

一方、「Redmi Watch 2 lite」、「HUAWEI Band 6」、「Amazfit Bip U」は24時間の睡眠モニタリングに対応しています。

・血中酸素の計測に対応

OPPO Watch Free」は血中酸素の計測に対応し、運動の体の異常をすばやく検知できるようになっています。

一方、「Redmi Watch 2 lite」、「HUAWEI Band 6」、「Amazfit Bip U」も血中酸素飽和度(SpO2)の計測に対応しています。

・100種スポーツモード&自動認識

OPPO Watch Free」は100種類のスポーツモードを搭載し、さまざまなアクティビティを計測できます。また、ランニング、ウォーキング、エリプティカル、ローイングマシンの自動認識にも対応しています。

一方、「Redmi Watch 2 lite」は100種類以上のフィットネスモード(ワークアウトモード)に対応しています。「HUAWEI Band 6」は最大96種類のワークアウトモード(ランニング、水泳、サイクリングなど)に対応しています。「Amazfit Bip U」は60種類のスポーツモードに対応しています。

・14日間駆動できるバッテリー

OPPO Watch Free」は14日間駆動できるバッテリーを搭載しています。また、5分の充電で一日使用できます。

一方、「Redmi Watch 2 lite」は通常使用で10日間、最大使用で5日間駆動できる262 mAhバッテリーを搭載しています。「HUAWEI Band 6」は通常使用で14日間駆動できるバッテリーを搭載しています。「Amazfit Bip U」は通常使用で9日間駆動できる230mAhバッテリーを搭載しています。

・AIでウォッチフェイスを変更できる

OPPO Watch Free」は「AIコーディネート」機能を搭載し、その日の服装にあわせた文字盤のパターンを自動で生成することができます。

一方、「Redmi Watch 2 lite」はウォッチフェイスの変更(100種以上)に対応しています。「HUAWEI Band 6」はウォッチフェイスの変更(HUAWEI Watch Face Store)に対応しています。「Amazfit Bip U」はウォッチフェイスの変更(50種類から選択可能)に対応しています。

・5気圧防水に対応

OPPO Watch Free」は5気圧防水に対応し、水泳やシャワーでも使用できるようになっています。

一方、「Redmi Watch 2 lite」、「HUAWEI Band 6」、「Amazfit Bip U」は5気圧防水に対応しています。

デメリット

・GPSを内蔵していない

OPPO Watch Free」はGPSセンサーを搭載していないため、本体のみで距離やペース、ルートを計測できません。

一方、「Redmi Watch 2 lite」はGPSセンサーを搭載しています。「HUAWEI Band 6」はGPSセンサーを搭載していません。「Amazfit Bip U」はPro版のみGPSセンサーを搭載しています。

・ストレスを計測できない

OPPO Watch Free」はストレスレベルの計測にに対応していません。

一方、「Redmi Watch 2 lite」と「HUAWEI Band 6」はストレスレベルの計測に対応しています。「Amazfit Bip U」はストレスレベルの計測にに対応していません。

「OPPO Watch Free」の評価

OPPO Watch Free」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

OPPOから発売された睡眠特化のスマートウォッチです。2021年4月に発売された「OPPO Band Style」にはなかった新機能も豊富に搭載されています。

注目すべき機能はやはり睡眠中の血中酸素やいびきの計測。特にいびきは自分では気づきづらく、深い眠りの妨げにもなるので、睡眠に悩んでいる人にとって重要な機能です。

また、睡眠中の血中酸素の計測は、眠っている間の体の異常を検知できるという点で非常に重要です。よくニュースなどで「夜になって状態が急変した」ということを耳にしますが、「OPPO Watch Free」をつけることでそのリスクを避けることができます。

そのほかにも、「OPPO Watch Free」にはAIコーディネート機能やライトペイント機能などウォッチの「見栄え」をよくするユニークな機能が搭載されています。1.64インチの見やすい有機ELスクリーンや14日間駆動できるバッテリーを搭載するなどスマートウォッチとしての性能も充実しているのも大きなメリットですね。

発売時の価格は税込で9,980円。スポーツ・フィットネスで活用したいと考えている人はもちろん、睡眠の改善に役立てたいと考えている人にもおすすめです。

「OPPO Watch Free」の販売・購入先

OPPO Watch Free」は、

Amazonで9,980円、

楽天市場で9,980円(税込)、

ヤフーショッピングで9,980円(税込)、

AliExpressでUS $75.14、

で販売されています。

Amazonで「OPPO Watch Free」をチェックする

楽天市場で「OPPO Watch Free」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO Watch Free」をチェックする

AliExpressで「OPPO Watch Free」をチェックする

 

 

 

他のスマートウォッチと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報や機能、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Redmi Smart Band Pro

★「realme Watch 2 Pro

Redmi Watch 2 lite

HUAWEI Band 6

Amazfit Bip U

Mi Watch Lite

realme Watch S

TicWatch GTH

Mi Band 6

OPPO Band Style

Apple Watch SE

HUAWEI WATCH FIT new

その他のおすすめスマートウォッチは?

その他のおすすめスマートウォッチは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2021年最新】スマートウォッチに新モデル続々! 全機種 まとめ

最新のスマートウォッチをまとめて紹介しています。

スポーツ&健康管理に使えるスマートバンド 最新 機種 まとめ

最新のリストバンド(活動量計)をまとめて紹介しています。

ガーミンのスマートウォッチ 買うならどれ? 人気モデルを比較 

ガーミンのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

Fitbitスマートウォッチが人気上昇! 全モデルを比較

Fitbitのスマートウォッチをまとめて紹介しています。

<Apple / アップル>

Apple Watchを激安ゲット! 最新モデルと歴代 中古を比較

<3G・4G対応のAndroidスマートウォッチ>

3G・4G対応で通話できるAndroidスマートウォッチ まとめ