Huawei タブレット 2023 最新モデルを徹底 比較


2023最新のHuawei タブレットを徹底 比較して紹介! 価格、Antutuベンチマーク、スペックの違いやおすすめモデルの選び方も含めて紹介していきます。

※2023年5月、「HUAWEI MatePad Air」(11.5インチ)が発売されました。

※2022年11月から「Honor Pad 8」(12インチ)がグローバル発売されました。

※2022年11月以降に「Huawei MatePad SE」(2022)が発売されます。

※2022年9月15日、「HUAWEI MatePad T 8 2022」が発売されました。

※2022年7月28日、10.4型「HUAWEI MatePad」(2022・BAH4-W09)が発売されました。

Huawei タブレット 最新モデルの特徴

Huawei タブレット 最新モデルの特徴についてまとめてみました。

高解像で見やすい液晶ディスプレイ

Huawei タブレット 最新モデルはフルHD以上の高精細な液晶ディスプレイを搭載しています。ベゼル幅が狭いためによりワイドで迫力ある映像が楽しめるほか、ブルーライトカットモードにも対応。独自の映像最適化技術 ClariVuや画面分割機能などの機能にも対応しています。

Hisilicon Kirinプロセッサ搭載で高速動作

Huawei タブレット 最新モデルはよりパワフルに進化したHisilicon Kirinプロセッサを搭載しています。日本で発売されているモデルはAntutuベンチマークスコアで10万点前後を記録。海外で販売されている最新モデルは35万点以上を記録するなど、AppleのiPad Proにも負けないほど高速に動作するようになっています。

高音質スピーカー&Harman Kardonで音がいい

Huawei タブレット 最新モデルは複数の高音質スピーカーを搭載しています。また、HUAWEI Histen 5.0ステレオ オーディオとHarman Kardonによるチューニングにも対応。中には4つのスピーカーを搭載するものや臨場感のあるサウンドが聴けるドルビーアトモスに対応するものもあります。

価格を比較

Huawei タブレット 2022 最新モデルの価格比較してみました。

「HUAWEI MatePad T 8 2022」

HUAWEI MatePad T 8 2022」は、Amazonで19,800円~、楽天市場で22,800円 (税込・送料無料・32GBモデル・ポイント10倍あり)、ヤフーショッピングで21,800円(税込・送料無料・32GBモデル)で販売されています。

「HUAWEI MatePad T8」

HUAWEI MatePad T8」は、Amazonで15,290円、楽天市場で15,290円、ヤフーショッピングで15,290円、ビックカメラで15,290円で販売されています。

「HUAWEI MatePad Air」

HUAWEI MatePad Air」は、AliExpressでUS $549.57 (日本円で約75,800円)、中国ファーウェイVMALLで2799.00元(日本円で約5万5千円)で販売されています。

「MatePad T10/T10s」

MatePad T10」はAmazonで23,980円(1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で23,980円(税込)、ヤフーショッピングで23,980円、ビックカメラで23,980円 (税込・2,398ポイント)で販売されています。

MatePad T10s」はAmazonで27280円(1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,280円(税込)、ヤフーショッピングで27,280円、ビックカメラで27,280円 (税込・2,728ポイント)で販売されています。

「Huawei MatePad SE」(2022)

Huawei MatePad SE」は、Amazonで31,636円(4GB/64GB/Wi-Fi)、楽天市場で31,800円 (税込・送料無料・ポイント10倍あり・3000円OFFクーポンあり)、ヤフーショッピングで31,800円 (税込・送料無料)、ファーウェイ公式ストアで31,801円、AliExpressでUS $241.99で販売されています。

「HUAWEI MatePad」(2022)

HUAWEI MatePad」(2022)は、Amazonで41,800円、楽天市場で41,800円 (税込・送料無料)、ヤフーショッピングで41,800円 (税込・送料無料)で販売されています。

「Huawei MatePad」(2021)

Huawei MatePad」(2021)は、Amazonで31,111円(1000円OFFクーポン付き)、楽天市場で33,880円(税込)、ヤフーショッピングで33,880円(税込)、で販売されています。

「Huawei MatePad 10.4」(2020)

Huawei MatePad 10.4」は、日本のAmazonで41,757円(4400円OFFクーポン付き)、楽天市場で32,780円 (税込)、ヤフーショッピングで32,780円 (税込)、AliExpressでUS $325.99 – 501.99 で販売されています。

「Huawei MatePad Pro」

Huawei MatePad Pro」は、日本のAmazonで74,757円(9,900 OFFのクーポン付き)、楽天市場で65,780円〜 (税込)、ヤフーショッピングで65,780円〜 (税込)、AliExpressでUS $636.29 – 818.99 で販売されています。

「HUAWEI MatePad 11」

HUAWEI MatePad 11」は、Amazonで54,478円(3000円OFFクーポン付き)、楽天市場で54,780円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで54,780円(税込・送料無料)、で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Huawei タブレット 2020 最新モデルのAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「HUAWEI MatePad T 8 2022」

Antutuベンチマーク総合で約170,000前後

<CPU> HiSilicon Kirin 710A
※「HUAWEI MatePad」(2022)と同じプロセッサ

「HUAWEI MatePad T8」

AnTuTu総合で約92,000

<CPU> MediaTek MT8768

「HUAWEI MatePad Air」

Antutu総合で約700,000

<CPU> Qualcomm SM8350 Snapdragon 888

「MatePad T10/T10s」

Antutu総合で約130,000

<CPU> Kirin 710 A
※「HUAWEI P30 lite」、「HUAWEI nova lite 3」とほぼ同じプロセッサ

「Huawei MatePad SE」(2022)

Antutu総合で約270,000

<CPU> Snapdragon 680

「HUAWEI MatePad」(2022)

Antutuベンチマーク総合で約170,000前後

<CPU> HiSilicon Kirin 710A
※「HUAWEI Enjoy Tablet 2」と同じプロセッサ

「Huawei MatePad」(2021)

Antutu総合で375,270

<CPU> HiSilicon Kirin 820

「Huawei MatePad 10.4」(2020)

Antutu総合で約225000

<CPU>   HiSilicon Kirin 810

「Huawei MatePad Pro」

Antutu総合で約384000

<CPU> Hisilicon Kirin 990

「HUAWEI MatePad 11」

Antutu総合で約約540,000

<CPU> Snapdragon 865

スペックを比較

Huawei タブレット  最新モデルのスペック比較してみました。リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

<8インチ・EMUI 10.1.0・Kirin 710A・LETモデル・2022/9/15発売>

「HUAWEI MatePad T 8 2022」

HUAWEI MatePad T 8 2022」はAndroid 10ベースのEMUI 10.1.0を搭載した8型のタブレット。厚さ8.55mmで重さ約310gのボディにHUAWEI Kirin 710A オクタコアプロセッサと2GBメモリを搭載。HD液晶、16GB/32GBストレージ、約5100mAhバッテリ、背面5MP(※AF対応)のメインカメラ、前面2MPのフロントカメラを備えるほか、

4G LET通信(LETモデルのみ)、HUAWEI eBookモード、キッズモード、ペアレンタルコントロール、ダークモード、Eye Comfort Mode(ブルーライトカット)、最大512GBまでのストレージ拡張、microUSB 2.0 (OTG)、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.1、GPSにも対応している。

続きを読む

Amazonで「HUAWEI MatePad T 8 2022」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad T 8 2022」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI MatePad T 8 2022」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI MatePad T 8 2022」をチェックする

<8インチ・EMUI 10.0.1・MT8768・2020/7発売>

「HUAWEI MatePad T8」

HUAWEI MatePad T8」はAndroid 10.0ベースのEMUI 10.0.1を搭載した8.0型のタブレット。厚さ8.6mm、重さ約310 gのボディにMediaTek MT8768 オクタコア プロセッサと2 GB メモリを搭載。画面占有率80%のHD液晶、16GBストレージ、約5100 mAhバッテリー、背面500万画素のメインカメラ、前面200万画素のフロントカメラを備えるほか、顔認証、ダークモード / Eye Comfort Mode(ブルーライトカット)、キッズモード、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0にも対応している。

続きを読む

Amazonで「HUAWEI MatePad T8」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad T8」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI MatePad T8」をチェックする

<11.5インチ・2023/5発売・HarmonyOS 3.1・Snapdragon 888・8GBメモリ・2.8K液晶・40W 超高速充電・最大144H>

「HUAWEI MatePad Air」

HUAWEI MatePad Air」はHarmonyOS 3.1を搭載した11.5型のタブレット。厚さ6.4mmで重さ508gのボディにQualcomm Snapdragon 888 オクタコア プロセッサと8GB/12GB LPDDR5メモリを搭載。2.8K液晶、128GB/256GB/512GBストレージ、8300mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

40W 超高速充電、最大144Hzのリフレッシュレート、クアッドスピーカー、HUAWEI Histen 8.0、AIノイズリダクション、クアッドマイク、HUAWEI M-Pencil 第2世代 (筆圧感知4096段階・傾き検知・別売) 、HUAWEI Smart Magnetic Keyboard (別売)、顔認証、Huawei AppGallery、Type-C (OTG/USB 3.2 GEN1)、Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2にも対応している。

続きを読む

AliExpressで「HUAWEI MatePad Air」をチェックする

中国ファーウェイVMALLで「HUAWEI MatePad Air」をチェックする

Amazonで「HUAWEI MatePad Air」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI MatePad」をチェックする

<10インチ~>

「MatePad T10/T10s」

MatePad T10s」はEMUI 10.1 (Android 10ベース)を搭載した10.1型のタブレット。厚さ 7.9 mm、重さ 約450 gのボディにHUAWEI Kirin 710 A オクタコアプロセッサと2 GB LPDDR4メモリを搭載。フルHDのIPS液晶、32GBストレージ、5100mAhバッテリー、背面5MPカメラ(オートフォーカス対応)、前面2MPカメラを備えるほか、

ブルーライト低減、eBookモード、HUAWEIアプリマルチプライヤー(画面2分割)、ステレオスピーカー×2、Harman Kardonチューニング、HUAWEI Histen 6.1サウンドテクノロジー、キッズモード、PD充電、最大512 GBまでのストレージ拡張、USB 2.0 Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth5.0、GPSにも対応している。

続きを読む

Amazonで「MatePad T10s」をチェックする

Amazonで「MatePad T10」をチェックする

楽天市場で「MatePad T10s」をチェックする

ヤフーショッピングで「MatePad T10s」をチェックする

<10.4インチ・HarmonyOS 3・Snapdragon 680・4G通信・2022/11月以降に発売>

「Huawei MatePad SE」(2022)

Huawei MatePad SE」はHarmonyOS 3を搭載した10.4型のタブレット。厚さ7.85mmで重さ440gのボディにQualcomm Snapdragon 680 オクタコアプロセッサと3GB/4GBメモリを搭載。2K画質のIPS液晶、5100mAhバッテリー、32GB/64GB/128GBストレージ、背面5MP(AF対応) のメインカメラ、前面2MPのフロントカメラを備えるほか、

4G通信(型番AGS5-L09のみ対応)、左右対称型のデュアルスピーカー、HUAWEI Histen 8.0によるサラウンドサウンド、MeeTime通話、スーパーデバイス、サービスウィジェット機能(アプリをウィジェットにする)、TÜV認証のブルーライトカット機能、電子書籍用のebookモード、Type-C (OTG/USB 2.0)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPS(型番AGS5-L09のみ対応)にも対応している。

続きを読む

AliExpressで「Huawei MatePad SE」をチェックする

Amazonで「Huawei MatePad SE」をチェックする

楽天市場で「Huawei MatePad SE」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei MatePad」をチェックする

「HUAWEI MatePad」(2022)

HUAWEI MatePad」(2022)はHarmonyOS 2を搭載した10.4型のタブレット。厚さ7.35mmで重さ約450gのボディにHUAWEI Kirin 710Aオクタコアプロセッサと4GBメモリを搭載。フルHD+のIPS液晶、128GBストレージ、最大12時間駆動する7250mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ(※AF対応/LEDライト付き)、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

筆圧4096段階のスタイラスペン(HUAWAI M-Pencil Package (第2世代)、専用キーボードカバー、急速充電、クアッドスピーカー(HUAWEI Histen 7.0、Harman Kardonチューニング)、トリプルマイク(ノイズ除去)、最大512GBまでのストレージ拡張、「HUAWEI AppGallery」Type-C (OTG)、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.1、GPSにも対応している。

続きを読む

Amazonで「HUAWEI MatePad」(2022)をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad」(2022)をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI MatePad」(2022)をチェックする

「Huawei MatePad」(2021)

Huawei MatePad」(2021)はAndroid 10.0ベースのEMUI 10.1.0を搭載した10.4型のタブレット。厚さ7.4 mm、重さ460 gのボディにHiSilicon Kirin 820 オクタコアプロセッサと4GB LPDDR4Xメモリを搭載。フルHD+のIPS液晶、7250 mAhバッテリー、動画視聴で約12時間駆動するバッテリー、背面背8 MPのメインカメラ、前面8 MPのフロントカメラを備えるほか、

Wi-Fi 6、18W急速充電、筆圧4096段階のHuawei M-Pencil(別売)、USB Type-C (2.0)、4G LET通信(※LETモデルのみ)
Bluetooth 5.1、GPSにも対応している。

続きを読む

Amazonで「HUAWEI MatePad」(2021)をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad 10.4 2021」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei MatePad 10.4」(2021)をチェックする

「Huawei MatePad 10.4」(2020)

Huawei MatePad 10.4」(2022)はAndroid 10.0ベースのEMUI 10を搭載した10.4型のタブレット。厚さ7.4 mm、重さ450 gのボディにHiSilicon Kirin 810 オクタコアプロセッサと3GBメモリを搭載。5:3のフルスクリーンIPS液晶、32GBストレージ、7250 mAhバッテリー、背面8 MPメインカメラ、前面8 MPフロントカメラを備えるほか、

eBook機能、4つのマイク、マルチウィンドウ、Huawei M-Pencil、18Wの急速充電、クワッドスピーカー、Huawei Histen 6.0、Harman Kardonチューニング、USB Type-C 2.0、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.1にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

楽天市場で「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

AliExpressで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

「Huawei MatePad Pro」

Huawei MatePad Pro」はAndroid 10ベースのEMUI 10を搭載した10.8型のタブレット。厚さ7.2mm、重さ460gのボディにHisilicon Kirin 990 オクタコア オクタコア プロセッサと6GBメモリを搭載。画面占有率 90%の2K+液晶、11.6時間駆動する7250mAhバッテリー、128GBストレージ背面13MP、前面8MPカメラを備えるほか、

筆圧4096段階のM-Pencil、スマートワイヤレスキーボード、クアッドスピーカー、HUAWEI Histen 6.0、Harman Kardonチューニング、PCモード、15Wワイヤレス充電、7.5Wワイヤレスリバース充電、USB Type-C、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.1にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Huawei MatePad Pro」をチェックする

楽天市場で「Huawei MatePad Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「Huawei MatePad Pro」をチェックする

AliExpressで「Huawei MatePad Pro」をチェックする

関連記事:Huawei MatePad Proのスペック、ベンチマーク、特徴 M5 Pro 比較

「HUAWEI MatePad 11」

HUAWEI MatePad 11」はHarmonyOS 2を搭載した10.95型のタブレット。厚さ7.25 mmで重さ485gのボディにQualcomm Snapdragon 865 オクタコアプロセッサと6GBメモリを搭載。2K画質ののIPS液晶、128GBストレージ、7250mAhバッテリー、背面13MPのメインカメラ、前面8MPのフロントカメラを備えるほか、

第2世代 HUAWEI M-Pensil(別売)、スマートマジックキーボード(別売)、クアッドスピーカー(Harman Kardon チューニング)、クアッドマイク、最大1TBまでのストレージ拡張、USB Type-C 3.0 (OTG)、Wi-Fi6、2 x 2 MIMO、Bluetooth 5.1、GPSにも対応している。

続きを読む

Amazonで「HUAWEI MatePad 11」をチェックする

楽天市場で「HUAWEI MatePad 11」をチェックする

ヤフーショッピングで「HUAWEI MatePad 11」をチェックする

Huawei タブレット の選び方

Huawei タブレット 最新モデルの選び方を紹介します。

2万円前後のAndroid 9.0モデルがおすすめ

Huawei タブレット は新型コロナによる需要増加によって価格が上がってきています。スペックが高いモデルは高値で販売されることが多いので、とりあえず2万円前後のモデルがおすすめです。特におすすめなのがAndroid 9.0で使えるモデルです。

今回紹介した「MediaPad T5」(10.1インチ)と「MediaPad M5 lite 10.1」は発売時にはAndroid 8.0でしたが、後にAndroid 9.0 にアップグレードが可能になっています。これらのモデルはまだ価格がそれほど高くなっていないので、今のうちに手に入れた方がいいでしょう。

※リンク先からさらに詳しいスペック情報が分かるようになっています。

MediaPad T5」(10.1インチ)

MediaPad M5 lite 10.1

MediaPad M5 lite 8」(8.0インチ)

最新ハイスペックモデルは海外モデルが中心

Huawei タブレットの中にはまだ日本で販売されていないモデルがあります。今回紹介した8.4インチの「Huawei M6 Turbo Edition」、10.1インチの「Huawei MatePad Pro」の他にも「HUAWEI M6」(10.1インチ&8.0インチ)や「Huawei MatePad 10.4」があり、性能的にも高くなっています。

また、海外ショップのAliExpressでは日本のようにHuawei タブレットが高値で販売されていないので、比較的安く購入できるというメリットがあります。配送に時間がかかる場合がありますが、急いでいないのであれば断然海外ショップのAliExpressで購入した方がお買い得です。

※リンク先からさらに詳しいスペック情報が分かるようになっています。

<12インチ・Android 12 ・Google Playストア対応・Snapdragon 680・2022/11グローバル版 発売>

「Honor Pad 8」

Honor Pad 8」はAndroid 12 + MagicUI 6.1を搭載した12型のタブレット。厚さ6.9mmで重さ520gのメタルボディにQualcomm Snapdragon 680 オクタコアプロセッサと6GB LPDDR4xメモリを搭載。フルビュー2K液晶、128 GB eMMC 5.1ストレージ、7250 mAhバッテリー、背面5MP (AF対応)のメインカメラ、前面5MPのフロントカメラを備えるほか、

8つのスピーカー、HONOR Histen, DTS:X Ultra (3Dサラウンドサウンド)、22.5W急速充電、Google Playストア、マルチウィンドウモード、WideVine L1、USB Type-C (OTG)、Wi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.1にも対応している。

続きを読む

AliExpressで「Honor Pad 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Honor Pad 8」をチェックする

Amazonで「Honor Pad 8」をチェックする

楽天市場で「Honor Pad 8」をチェックする

米国 Amazon.comで「Honor Pad 8」をチェックする

★「Honor Pad 7

Banggoodで「Honor Pad 7」をチェックする

★「Huawei M6 Turbo Edition」(8.4インチ)

AliExpressで「Huawei M6 Turbo Edition」をチェックする

★「Huawei MatePad 10.4」(日本版が2020年6月12日発売

AliExpressで「Huawei MatePad 10.4」をチェックする

★「HUAWEI Honor V6

Banggoodで「HUAWEI Honor V6」をチェックする

★「HUAWEI Enjoy Tablet 2

Banggoodで「HUAWEI Enjoy Tablet 2」をチェックする

★「Huawei MatePad Pro」(10.8インチ)(日本版が2020年6月12日発売

AliExpressで「Huawei MatePad Pro」をチェックする

★「HUAWEI M6」(8.0インチモデル)

AliExpressで「HUAWEI M6 8.4」をチェックする

★「HUAWEI M6」(10.1インチモデル)

GearBestで「HUAWEI M6 10.8」をチェックする

AliExpressで「HUAWEI M6 10.8」をチェックする

激安の中古モデルも狙い目

Huawei タブレットの中には発売から時間が経過してかなり安くなっている中古モデルもあります。

例えば、8インチ台のモデルでは「MediaPad M3 Lite 8」「MediaPad M3」「MediaPad T3」、10インチ台のモデルでは「MediaPad M3 Lite 10」「MediaPad T3 10」がお買い得価格になっています。

ただし、OSがやや古めでAndroid 7.0であるかもしれないので注意が必要です。

なお、OSがAndroid 7.0でも使い勝手が非常に悪くなるわけではありません。通常通りGoogle playストアも使えますし、オンライン授業やテレワークなどでも使えます。

8インチ台のモデル

※リンク先からさらに詳しいスペック情報が分かるようになっています。

MediaPad M3 Lite 8

MediaPad T3」(8.0インチ)

MediaPad M3

MediaPad M5」(8.4インチ)

10インチ台のモデル

※リンク先からさらに詳しいスペック情報が分かるようになっています。

MediaPad M3 Lite 10

MediaPad T3 10

その他のおすすめAndroid タブレットは?

その他のおすすめAndroid タブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

Android 11 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Android 10 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0 OSを搭載したタブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい 超ハイスペックな高級Androidタブレット まとめ

ハイスペックなAndroidタブレットをまとめて紹介しています。