爆安Androidタブレットはどっちがお買い得? BLUEDOT「BNT-71W」vs. アマゾン「Fire」(2015モデル)

BLUEDOTから7型Androidタブレット「BNT-791W」が発表された。

Android 5.1とクアッドコアプロセッサ、IPS液晶を搭載しながらも価格が税込7,980円になるという。

低価格なAndroidタブレットはAmazonから7インチ「Fire」タブレットが発売されたばかり。

こちらは最新のFire OS 5 Belliniを搭載し、KindleストアやAmazonビデオなどに最適化されているうえに、英書向けの速読機能「Word Runner」などの独自機能も搭載されている。

価格は税込みで8,980円。(プライム会員は4,980円)

どちらの機種も完成度が高いので、どちらを買うべきか非常に悩んでしまうところだ。

悩み過ぎてどちらか決められない人は、OSと機能性、インターフェースの拡張性など、両者の違いをじっくり比較してから購入しよう。

BLUEDOT「BNT-71W」 公式製品紹介ページ
https://www.bluedot.co.jp/products/bnt-71/

 

この続きはこちらから読めます。

Android 5.1&Mini HDMI出力端子搭載 BLUEDOT「BNT-71W」

最新Fire OS 5 Bellini&多彩な独自機能搭載 Amazon「Fire」タブレット 2015モデル

その他のおすすめAndroidタブレット

 

<関連記事>

電子書籍が快適なタブレット「BLUEDOT BNT-791W」

4,980円の新型「Amazon Fire 7」 買った方がいい?

進化を遂げたAmazonの新型8型タブレット「Fire HD 8」

激安情報をTwitterでチェック!