「Google Pixel 3a」スペック、Antutu、性能、比較、価格、バンド


2019年5月に発売された5.6型のスマートフォン「Google Pixel 3a」(日本版)のスペック、Antutu、性能、価格、対応バンドを紹介! 「Xiaomi Mi 9 SE」との比較・違いも紹介します。

※2020年8月20日、「Pixel 4a」が発売されます。

「Google Pixel 3a」が4万円以下で販売中?!

「Google Pixel 3a」は廉価版のため、上位モデルの「Google Pixel 3」よりもスペックが低い。

プロセッサはSnapdragon 845からSnapdragon 670へ、防水防塵はIP68からIP52へ変更。インターフェースは USB Type-C(3.1 Gen 1)からUSB Type-C(2.0)に、ボディはソフトタッチガラス(背面)からポリカーボネイト製ユニボディに変更されている。

その他にも、128GBモデルがない、カメラの画像処理チップ「Pixel Visual Core」が非搭載、デュアルSIMではない(シングルSIM・eSIM非対応)といった違いもある。

しかし、廉価版とはいえ、ピュアなAndroid 9.0 OSで動作はサクサク。FeliCa対応で、「Googleレンズ」、「360度パノラマ」、「夜景モード」などの充実したカメラ機能が使えるなどのメリットもある。

また、非常に魅力的なのが上位モデルの「Google Pixel 3」よりぐんと下がった「価格」だ。発売時は48,600円だった価格は 現在 4万円以下で販売されていることも。同じ廉価版の「Xiaomi Mi 9 SE」よりも安くなり、手頃な価格で購入できるGoogle Pixelスマホとして大注目だ。

「Google Pixel 3a」

Google Pixel 3a」はAndroid 9.0を搭載した5.6型のスマートフォン。厚さ 8.2 mmのボディに Qualcomm Snapdragon 670 オクタコアCPUと4GB RAMを搭載。18.5:9 のフルスクリーン有機EL液晶、3000 mAhバッテリー、64GBストレージ、背面1220万画素、前面800万画素カメラを備えるほか、

指紋認証、NFC、IP52相当の防水、「Google アシスタント」、「Google レンズ」、「ARCore」(ARプラットフォーム)、FeliCa(日本版のみ)、Wi-Fiデュアルバンド、最新OS・セキュリティのアップデート、急速充電にも対応している。

公式製品紹介ページはこちら
https://store.google.com/jp/product/pixel_3a

公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・特徴が分かる

Amazonで「Google Pixel 3a」をチェックする

楽天市場で「Google Pixel 3a」をチェックする

ヤフーショッピングで「Google Pixel 3a」をチェックする

AliExpressで「Google Pixel 3a」をチェックする

「Google Pixel 3a」のスペック

  • ディスプレイ 5.6インチ、解像度1080 x 2220 の有機EL液晶
    ※OLED / 18.5:9 / 441 ppi / 画面比率 75.0% / Asahi Dragontrail Glass
  • ※「Pixel 3a XL」 6.0インチ、解像度は2160×1080(FHD+) / 18:9
  • プロセッサ Qualcomm SDM670 Snapdragon 670 Octa-core 2×2.0 GHz & 6×1.7 GHz
  • GPU Adreno 615
  • RAM(メモリ)  4GB
  • ストレージ容量 64GB
    ※外部ストレージ は非対応
  • バッテリー容量 3000 mAh
    ※ワイヤレス充電(Qi) 非対応
    ※「Pixel 3a XL」のバッテリー容量は3700mAh
  • 背面カメラ  1220万画素
  • 前面カメラ  800万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmジャック
  • ボディの素材 ポリカーボネート製のユニボディー構造
  • 防水性能 IP52相当
  • NFC & Google Pay  対応
  • おサイフケータイ 日本版は対応
  • OS Android 9.0
    ※発売から3年間のOSアップデートとセキュリティアップデートが保証
  • サイズ 151.3 x 70.1 x 8.2 mm
  • 重量  147 g
  • カラージャストブラック、クリアホワイト、パープリッシュ
  • 発売日  2019年5月17日
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド
    4G LET   1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 8 / 12 / 13 / 17 / 18 / 19 / 21 / 26 / 28 / 38 / 41
    3G  1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
    2G GSM  / EDGE クアッドバンド(850、900、1,800、1,900 MHz)

「Google Pixel 3a」のAntutuベンチマーク

Google Pixel 3a」のAntutuベンチマークスコアを紹介します。

Google Pixel3a」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「154932」、CPUで「58096」、GPUで「44265」、UXで「39935」、MEMで「12636」。

Pixel 3a XL」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「288402」、CPUで「92373」、GPUで「123437」、UXで「57034」、MEMで「15558」。

参考資料「Xiaomi Mi 9 SE」のAnTuTuベンチマーク

Xiaomi Mi 9 SE」のAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「179113」、CPUで「68260」、GPUで「55795」、UXで「46108」、MEMで「8950」。

「Google Pixel 3a」の性能

「Google Pixel 3a」の性能を、「Xiaomi Mi 9 SE」との違いをふまえてまとめてみました。

ディスプレイの性能

ディスプレイは5.6インチ解像度1080 x 2220 ピクセルの有機EL液晶を搭載。アスペクト比 18.5:9 のフルスクリーン液晶で、画面比率 75.0%を実現。ピクセル密度 441 ppiの色鮮やかな液晶で、画面オフでも日時、通知などを表示できる「Always-on display」も利用できる。また、液晶表面は堅牢な Asahi Dragontrail Glass で保護されている。

※「Pixel 3a XL」 のディスプレイは 6.0インチ、解像度2160×1080の有機EL液晶(18:9 / FHD+)になる。

「Xiaomi Mi 9 SE」の ディスプレイは5.97インチ、解像度1080 x 2340ピクセルのSuper AMOLED液晶(19.5:9 / 432 ppi / Corning Gorilla Glass 5 / HDR)だった。

プロセッサ・メモリ・グラフィックの性能

プロセッサはQualcomm SDM670 Snapdragon 670 Octa-core 2×2.0 GHz & 6×1.7 GHz 、RAM(メモリ)は4GB を搭載。10 nmプロセスで製造された64ビット対応の8コアプロセッサで、最大2.0 GHzの周波数で駆動。グラフィック(GPU)はAdreno 615 を採用し、動画やゲームを滑らかに再生する。

「Xiaomi Mi 9 SE」のプロセッサ Qualcomm SDM712 Snapdragon 712 Octa-core 2×2.3 GHz & 6×1.7 GHzで、RAM (メモリ)は6GB。GPUはAdreno 616を採用していた。

バッテリー&充電の性能

バッテリー容量は3000 mAh。AI機能により利用していないアプリを学習し、無駄なバッテリー消費を抑える「自動調整バッテリー機能」が利用できる。また、15分充電すると7時間の連続使用が可能な急速充電にも対応する。

連続駆動時間(輝度50%でLAB501アプリを利用してWEBページ表示・スクロール・リロードを繰り返し、満充電からバッテリーが切れるまでの時間)は、「Google Pixel3a」で1178分(19時間38分)、「Pixel 3a XL」で1475分(24時間35分)。

※「Pixel 3a XL」のバッテリー容量は3700mAhになる。

「Xiaomi Mi 9 SE」のバッテリー 容量は3070 mAhだった。

ストレージの性能

ストレージ容量は64GB。外部ストレージ は非対応となるため、microSDカードでストレージ容量を拡張することはできない。

「Xiaomi Mi 9 SE」のストレージ 容量は 64/128 GBだった。

カメラ性能

カメラは背面1220万画素、前面800万画素

AI機能を搭載するほか、上位モデル「Google Pixel3」と同等のモジュールを採用し、夜景モードなどの撮影機能も利用できる(※上位モデルの画像処理専用チップ「Pixel Visual Core」は省略)。

デュアルピクセルによる位相差AF(全画素)、デジタルズーム(AIによりデジタル処理を補完する)、パノラマ、動画、360度パノラマ、フォトブース、スローモーション録画、タイムラプス、Playground、Googleレンズなどの機能が利用できる。

前面カメラにはf/2.0 、広角84°レンズを搭載する(※上位モデルは標準レンズと広角レンズの2つを搭載していたが、「Google Pixel3a」は標準レンズのみを搭載。)。

「Xiaomi Mi 9 SE」のカメラは背面4800万画素+800万画素+1300万画素、前面2000万画素だった。

通信の性能

通信は4G、3G、2Gに対応。

対応ネットワーク(周波数)は 4G LTE:Band 1、2、3、4、5、8、12、13、17、18、19、21、26、28、38、41、3G:Band1、2、4、5、6、8、19、2G:850/900/1800/1900MHz

SIMカードサイズはNano SIM(※シングルSIM仕様)。

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO)もサポートする。

インターフェースの性能

インターフェースは USB Type-C(2.0)、3.5mmジャック。ステレオスピーカーも備える。搭載センサーはActive Edge、近接/周囲光、加速度、ジャイロ、磁力、気圧。

「Xiaomi Mi 9 SE」のインターフェースはUSB Type-C (2.0)だった。

ボディ・筐体の性能

サイズは 151.3 x 70.1 x 8.2 mm で、重量は147 g 。カラーはジャストブラック、クリアホワイト、パープリッシュをラインナップする。

「Xiaomi Mi 9 SE」のサイズ は147.5 x 70.5 x 7.5 mmで、重量 は155 gだった。

「Google Pixel 3a」 と「Xiaomi Mi 9 SE」の違い

Google Pixel 3a」は、同じ廉価版の「Xiaomi Mi 9 SE」とどのように違っているのだろうか? スペックや機能を比較しながら、その違いを明らかにしてみよう。

IP52の防水に対応

「Google Pixel 3a」はIP52の防水に対応し、本体が濡れた場合でも故障することなく使用できる。「Xiaomi Mi 9 SE」は防水に対応していないため、水に濡れた場合に故障する可能性がある。

FeliCa に対応

「Google Pixel 3a」の日本版はFeliCaに対応し、交通系ICカードをタッチしたり、コンビニエンスストアで電子マネーとして使用したりできる。「Xiaomi Mi 9 SE」はFeliCaに対応していないため、交通系ICカード・電子マネー支払いなどに利用することはできない。

「Google レンズ」などのカメラ機能が充実

「Google Pixel 3a」はカメラ機能が充実しており、カメラを向けるだけで検索できる「Googleレンズ」や「360度パノラマ」写真を撮影できる機能、強力な「夜景モード」が利用できる。また、「スローモーション録画」や「タイムラプス」などの動画撮影に役立つ機能も利用できる。

ディスプレイサイズがやや小さい

「Google Pixel 3a」は5.6インチ、解像度1080 x 2220 の有機EL液晶を搭載している。一方、「Xiaomi Mi 9 SE」は 5.97インチ、解像度1080 x 2340ピクセルのSuper AMOLED液晶を搭載。解像度と有機EL液晶を搭載している点はほぼ同じになるが、ディスプレイサイズは「Google Pixel3a」の方が0.37インチ小さい。ただし、「Pixel 3a XL」 は6.0インチ(解像度2160×1080)となり、「Xiaomi Mi 9 SE」とほぼ同じ大きさになる。

プロセッサのパワーがやや劣る

「Google Pixel 3a」はQualcomm SDM670 Snapdragon 670 と4B メモリを搭載し、AnTuTuベンチマークスコアは、総合で「154932」、CPUで「58096」、GPUで「44265」、UXで「39935」、MEMで「12636」。一方、「Xiaomi Mi 9 SE」はQualcomm SDM712 Snapdragon 712 と6GBメモリを搭載し、AnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「179113」、CPUで「68260」、GPUで「55795」、UXで「46108」、MEMで「8950」。「Xiaomi Mi 9 SE」のベンチマークスコアが全体的に「Google Pixel3a」を上回り、より高速に動作することが分かる。

メモリが2GB分少ない

「Google Pixel 3a」は4B メモリを搭載。一方、「Xiaomi Mi 9 SE」は6GBメモリを搭載。「Xiaomi Mi 9 SE」の方が2GB分「Google Pixel3a」よりメモリ容量が多いため、よりOSやアプリの起動が速いことが分かる。

カメラがシングル仕様

「Google Pixel 3a」は背面1220万画素、前面800万画素。一方、「Xiaomi Mi 9 SE」は背面4800万画素+800万画素+1300万画素、前面2000万画素。「Xiaomi Mi 9 SE」の背面カメラはトリプルカメラで超広角撮影や望遠撮影が可能になっており、前面カメラも高精細なセルフィー写真が撮影できるようになっている。「Google Pixel3a」の背面カメラはシングル仕様で、前面カメラも8MPと画素数が少ない。

参考資料「Xiaomi Mi 9 SE」 スペック 一覧

  • ディスプレイ 5.97インチ、解像度1080 x 2340ピクセルのSuper AMOLED液晶
    ※19.5:9 / 432 ppi / Corning Gorilla Glass 5 / HDR
  • プロセッサ Qualcomm SDM712 Snapdragon 712 Octa-core 2×2.3 GHz & 6×1.7 GHz
  • GPU Adreno 616
  • RAM 6GB
    ※8GBモデルはない
  • ストレージ 64/128 GB
  • バッテリー 3070 mAh
  • カメラ 背面4800万画素+800万画素+1300万画素、前面2000万画素
  • 通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0(A2DP, LE, aptX HD)
  • インターフェース USB Type-C (2.0)
  • OS Android 9.0 Pie + MIUI 10
  • サイズ 147.5 x 70.5 x 7.5 mm
  • 重量 155 g

「Google Pixel 3a」のメリット・デメリット

Google Pixel 3a」は本当に買うべきスマホなのだろうか? メリットやデメリット、同じ廉価版の「Xiaomi Mi 9 SE」との比較を参考にしながら、その是非を明らかにしてみよう。

メリット

・ FeliCa が使える

※交通系ICカード電子マネーとして使用できる
※「Xiaomi Mi 9 SE」はFeliCaに対応していない

・IP52の防水対応で安心

※「Xiaomi Mi 9 SE」は防水に対応していない

カメラ機能が充実

※「Googleレンズ」、「360度パノラマ」、「夜景モード」、「スローモーション録画」、「タイムラプス」などが利用できる

・有機EL液晶で画面がキレイ

※解像度1080 x 2220 ピクセルの高精細な映像。アスペクト比 18.5:9

・「Always-on display」が利用できる

※画面オフでも日時、通知などを表示できる
※※「Xiaomi Mi 9 SE」では利用できない

・3.5mmジャックが使える
※上位版「Google Pixel 3」は非対応

・急速充電に対応

・パープリッシュ(紫)カラーも選べる

デメリット

・ディスプレイサイズがやや小さい

※5.6インチ
※「Xiaomi Mi 9 SE」は 5.97インチ
※「Pixel 3a XL」 は6.0インチ(解像度2160×1080)

・プロセッサのパワーがやや劣る

※Qualcomm SDM670 Snapdragon 670 と4B メモリを搭載
※AnTuTuベンチマークスコアは、総合で「154932」
「Xiaomi Mi 9 SE」はAnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「179113」

・メモリが2GB分少ない
※「Google Pixel3a」は4B メモリ
※「Xiaomi Mi 9 SE」は6GBメモリ

・カメラがシングル仕様
※背面1220万画素、前面800万画素。
※「Xiaomi Mi 9 SE」は背面4800万画素+800万画素+1300万画素、前面2000万画素

・128GBモデルがない
※上位版「Google Pixel3」は128GBモデルがあり

・画像処理チップPixel Visual Core非搭載
※上位版「Google Pixel 3」は搭載している

・デュアルSIMではない
※シングルSIM仕様で、海外版とは異なり「eSIM」も非対応

総合 評価

「Google Pixel 3a」は廉価版であるため、「ハイスペックさは必要ない」と最初から割り切れって考える必要がある。特にディスプレイが5.6インチとやや小さめなこと、プロセッサがそれほど高速でないこと、カメラがシングル仕様であることに納得できるかということをよく考えた方がいいだろう。

「Xiaomi Mi 9 SE」を見れば分かる通り、4万円台の最新スマホは、6インチほどのディスプレイを持ち、プロセッサもパワフルで高速。カメラはトリプル仕様で超広角や望遠も利用できるなど、使い勝手に優れている。ただし、「Google Pixel3a」には防水対応で、FeliCa が使える(※日本版のみ)というメリットがある。

特に交通系ICカードや電子マネーとして利用したい人にとっては非常に便利な機能だ。上位版「Google Pixel3」のようなスペックは必要なく、防水&FeliCa対応のスマホがいいのなら、「Google Pixel3a」は買いだ。

「Google Pixel 3a」の価格は?

Google Pixel 3a」は、

Amazonで38,200円 + 送料¥756 、

楽天市場で38,000円〜 (税込)、

ヤフーショッピングで38,800円〜 (税込)、

AliExpressでUS $264.80 、

で販売されています。

Amazonで「Google Pixel 3a」をチェックする

楽天市場で「Google Pixel 3a」をチェックする

ヤフーショッピングで「Google Pixel 3a」をチェックする

AliExpressで「Google Pixel 3a」をチェックする

その他のGoogle Pixelスマホと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Google Pixel 4a

Google Storeで「Pixel 4a」をチェックする

★「Google Pixel 4

★「Google Pixel 3

★「Google Pixel 2

★「Google Pixel

「Google Pixel 3a」の中古情報

楽天市場には「Google Pixel 3a」 の中古モデルが入荷しています。いずれも1つしか在庫がないため、早めの購入をおすすめします。

中古 【ネットワーク利用制限▲】Google Pixel3a G020H [Just Black 64GB] SoftBank スマホ 白ロム 本体 送料無料【当社3ヶ月間保証】【中古】 【 携帯少年 】

価格:
21,800円

(2020/08/08 09:29時点 )

感想:0件

白ロム SoftBank 【SIMロック解除済】【ネットワーク利用制限▲】Google Pixel3a G020H [Purple-ish 64GB][中古Cランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:
21,800円

(2020/08/08 09:29時点 )

感想:0件

白ロム SoftBank 【ネットワーク利用制限▲】Google Pixel3a G020H [Just Black 64GB][中古Bランク]【当社3ヶ月間保証】 スマホ 中古 本体 送料無料【中古】 【 中古スマホとタブレット販売のイオシス 】

価格:
21,800円

(2020/08/08 09:29時点 )

感想:0件

【中古】【安心保証】 SoftBank Pixel 3a[64G] パープリッシュ

価格:
26,961円

(2020/08/08 09:30時点 )

感想:0件

【中古】【安心保証】 SoftBank Pixel 3a[64G] パープリッシュ

価格:
26,961円

(2020/08/08 09:30時点 )

感想:0件

【中古】【安心保証】 SoftBank Pixel 3a[64G] パープリッシュ

価格:
26,961円

(2020/08/08 09:30時点 )

感想:0件

その他のおすすめAndroid スマホは?

その他のおすすめAndroid スマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台で購入できるハイスペックなスマートフォンをまとめて紹介しています。

5万円台のハイスペックスマホ ラインナップ 機種 一覧

5万円台で購入できるハイスペックなスマートフォンをまとめて紹介しています。