ワコムのペンタブレットに新モデル続々! おすすめ 2019 比較


2018年から2019年にかけてワコム製のペンタブレットに新モデルが続々と登場している。筆圧8192レベルに対応するものやフルフラットガラスの4K液晶を採用した大型モデルもあり。専用ソフトが付属するお買い得なモデルも販売されている。

13〜32インチまで勢揃いのワコム液晶ペンタブレット

2018年から2019年にかけてワコム製のペンタブレットを調べてみると、実に多様なサイズの液晶ペンタブレットが販売されていることが分かる。13.3型の「Cintiq 13HD comic」、15.6型の 「Wacom Cintiq 16」、24型の「Wacom Cintiq Pro 24」、32型の「Cintiq Pro 32」と、合計で4種類のサイズから最適なものが選べるようになっている。

また、ほとんどがフルHD以上の高精細なディスプレイを搭載し、筆圧は8192レベルの「Wacom Pro Pen 2」に対応する。24型以上のモデルはAdobe RGBカバー率99%で、ペン先とカーソルとの視差を最小限に抑えたフルフラットなガラス仕上げのディスプレイを採用するなど豪華な仕様になっている。

初心者は液晶なしモデルでも大丈夫?

これからイラスト制作を行いたいと考える人はいったいどのモデルを買えばいいのだろうか? まず、趣味でイラスト制作を行っている人には無理に液晶付きモデルを購入せずに、手軽に始められる液晶なしモデル「Intuos」をおすすめする。ちょっとしたイラストを描く程度なら筆圧1,024〜4096のものを、本格的なイラストを描きたい人はより繊細な線が描ける筆圧8,192に対応したモデルを選択するとよい。

ペンの太さや色の濃さ、エフェクトの効果を調節することもでき、最近ではBluetooth対応の「Wacom Intuos Small」やワイヤレスペン Pro Pen 2に対応した「Intuos Pro」、3Dモデリングが楽しめる「Intuos 3D」、マルチタッチに対応した「Intuos5 touch」まで登場している。大きさも、スモール、ミディアム、ラージの3種類から選択できるのでジャストなサイズを見つけやすい。

プロなら液晶付きモデルが当たり前?!

趣味ではなく、「仕事」としてイラスト制作をしている人には、やはり液晶付きのモデルをおすすめする。液晶付きのモデルは画面に直接線を描けるので、自分の思い描いたような線が描きやすい。画面は通常のタブレットよりも大きく、高精細であるために色や形の細部にわたってこだわり抜くことも可能だ。

ワコムの最新モデル「Wacom Cintiq Pro 24」を見てもらえれば分かる通り、筆圧8192レベルのペンで描けるだけでなく、より滑らかな線が描けるフルフラットのガラスを採用しており、Adobe RGBカバー率99%の広い色域と約10億色の豊かな色表示も可能になっている。これを使って作品作りをするとしないとではやはり大きな差がつくことは間違いない。道具に頼りすぎるのはよくないが、作品作りに最低限必要なものとして液晶付きペンタブレットを手に入れておくに越したことはない。

目次

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅠ

「Cintiq 13HD comic」 「Wacom Cintiq 16」 「Wacom Cintiq Pro 24」 「Cintiq Pro 32」

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅡ

「Wacom Cintiq Pro 13」「Wacom Cintiq Pro 16」「MobileStudio Pro」「Cintiq Companion 2」

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅢ

「Wacom Intuos Small」「Intuos Pro」「Intuos Draw」 「Intuos 3D CTH-690」「Intuos5 touch small / PTH-450/K2」

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅣ

「Bamboo Folio」「Bamboo Slate」「Bamboo Ink」「Bamboo Stylus fineline」「Bamboo Stylus solo」(第3世代)「Intuos Creative Stylus 2」

手書き用Android&WindowsタブレットPC まとめ記事はこちら

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅠ

ここでは最新のワコム製液晶ペンタブレットを紹介する。

角度調整&スタンド付き13.3型液晶ペンタブレット「Cintiq 13HD comic」

Cintiq 13HD comic」は13.3型の液晶ペンタブレット。厚さ14mmの薄型ボディに13.3型フルHD液晶(1920×1080ドット)と左右を回転して使用できるショートカットキーを配置。22度/35度/50度の3段階に画面の傾きを調節できる着脱式のスタンドを備え、スケッチブックのように描ける。また、Cintiq 13HDにマンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX 1年版」をバンドル。下書きからペン入れ、トーン入れ、仕上げまで1つのソフトで行うことができる。付属の「プロペン」は筆圧2048レべル。±60レベルの傾き検出機能も備えている。

「Cintiq 13HD comic」のスペック

  • ディスプレイ 13.3インチ、解像度1920×1080ドットの液晶
  • 機能 ショートカットキー 角度調整 着脱スタンド
  • ペンの筆圧 筆圧2048レべル / ±60レベルの傾き検出機能
  • 付属ソフト マンガ制作ソフト「CLIP STUDIO PAINT EX 1年版」
  • サイズ/重量 375(幅)×14(高さ)×248(奥行)mm / 約1.2kg

Amazonで「Cintiq 13HD comic」をチェックする

楽天で「Cintiq 13HD comic」をチェックする

ヤフーショッピングで「Cintiq 13HD comic」をチェックする

プロクリエイター向けのペンが使える15.6型液晶ペンタブレット 「Wacom Cintiq 16」

Wacom Cintiq 16」は15.6型の液晶ペンタブレット。内蔵スタンド付きのボディにフルHDのIPS液晶を搭載。AGフィルムディスプレイにより、紙に描くような自然な描き心地を実現している。また、ストロークや手の動きを高精度に再現する筆圧は8192レベルの「Wacom Pro Pen 2」に対応。エルゴノミクスを追求したデザインで、2つのサイドスイッチにカスタマイズ可能なショートカットを割り当てることができる。

「Wacom Cintiq 16」(DTK1660K0D)のスペック

  • ディスプレイ 15.6インチ、解像度1920×1080ドットのIPS液晶
  • 機能 独自のEMR(電磁誘導方式)テクノロジー / AGフィルムディスプレイ
  • ペンの筆圧 8192レベル / Wacom Pro Pen 2テクノロジー
  • 付属ソフト なし
  • サイズ/重量 422(幅)×x285(高さ)×24.5(奥行)mm/ 1.9kg

Amazonで「Wacom Cintiq 16」をチェックする

楽天で「Wacom Cintiq 16」をチェックする

ヤフーショッピングで「Wacom Cintiq 16」をチェックする

4K解像度の24型液晶ペンタブレット「Wacom Cintiq Pro 24」

Wacom Cintiq Pro 24」は23.6型の液晶ペンタブレット。スタンド内臓のボディに4K解像度のIPS液晶を搭載。Adobe RGBカバー率99%の広い色域と約10億色の豊かな色表示で、実物に忠実な色彩を再現する。また、8192レベルの筆圧対応の「Wacom Pro Pen 2」テクノロジーに対応。フルフラットなガラス仕上げのディスプレイにより、ペン先とカーソルとの視差を最小限に抑え、まるで紙に描いているような心地で描ける。

インターフェイスはDisplayPort×1、HDMI 2.0×1、USB 3.0×4、USB Type-Cポート×1、USB-A×2(うち1つはExpressKey Remoteレシーバ用)。プロフェッショナルの専用PC「Wacom Cintiq Pro Engine」とドッキングすることもできる。

「Wacom Cintiq Pro 24」のスペック

  • ディスプレイ 23.6インチ、解像度3840×2160ドットの IPS液晶
  • 機能 4K解像度・Adobe RGBカバー率99%・約10億色・Wacom Pro Pen 2テクノロジー
  • ペンの筆圧 8192レベル
  • インターフェイスはDisplayPort×1、HDMI 2.0×1、USB 3.0×4、USB Type-Cポート×1、USB-A×2(うち1つはExpressKey Remoteレシーバ用)
  • 付属ソフト なし
  • サイズ/重量 677(幅)×47(高さ)×394(奥行)mm / 7.2kg

Amazonで「Wacom Cintiq Pro 24」をチェックする

楽天で「Wacom Cintiq Pro 24」をチェックする

ヤフーショッピングで「Wacom Cintiq Pro 24」をチェックする

4K対応の32型液晶ペンタブレット 「Cintiq Pro 32」

Cintiq Pro 32」は31.5型の液晶ペンタブレット。スタンド付きの大型ボディに4K解像度の大型IPS液晶を搭載。新ペンセンサーによるペンの筆圧、精度、傾き感知機能とディスプレイの表面加工により、紙に描いているような感覚で作品を制作できる。タッチペンは筆圧8192レベルの「Wacom Pro Pen 2」を採用。ショートカットキーを割り当てられる17つのキーとタッチホイールを備えた「ExpressKey Remote」に対応し、最大5台の「ExpressKey Remote」に接続できる。そのほか、ペンタブレット本体の回転機能(別売:Wacom Ergo Stand)に対応。カラーキャリブレーションWacom Color Manager(別売)も利用できる。

「Cintiq Pro 32」のスペック

  • ディスプレイ 31.5インチ、解像度3840×2160ドットのIPS液晶
  • 機能 4K解像度・Adobe RGBカバー率98%・Wacom Pro Pen 2・ExpressKey Remote
  • ペンの筆圧 8192レベル
  • インターフェイスは、USB Type-C×1、DisplayPort×1、HDMI×1
  • 付属ソフト なし
  • サイズ/重量 854(幅)×53.25(高さ)×506(奥行)mm / 13kg

Amazonで「Cintiq Pro 32」をチェックする

楽天で「Cintiq Pro 32」をチェックする

ヤフーショッピングで「Cintiq Pro 32」をチェックする

目次

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅠ

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅡ

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅢ

ワコムのペンタブレット おすすめ パートⅣ

手書き用Android&WindowsタブレットPC まとめ記事はこちら

<関連記事>

<ペンタブレット>

ペンタブレットでイラスト制作が超快適! 人気モデルを比較 

<手書き入力に強いタブレット>

手書きに特化したAndroid&WindowsタブレットPC まとめ

<手書きに強いスマホ>

手書き最強スマホ Galaxy Note 全機種を振り返る

<手書き&モノクロ文具ガジェット>

手書きをフル活用できる電子文具ガジェット まとめ

モノクロ電子文具&Eink製品 全機種チェック 

<スキャナー>

自炊スキャナーでペーパーレス! おすすめ最強モデルを比較