完全ワイヤレスイヤホン 最強コスパはどれだ?


左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンが売れ続けている。アップルの「AirPods」が発売されて以降、BOSEやSonyといった有名メーカーが続々と新製品を投入。最近では性能・機能が充実した低価格な製品も登場している。

片耳のみ&ケーブルなしで使える「完全ワイヤレスイヤホン」の魅力

「完全ワイヤレスイヤホン」の大きなメリットはケーブルがないことだ。電車内で音楽を聞いているとき、ケーブルがからまることがないので非常に快適に感じる。しかも、左右が独立して機能するため、片耳のみでも使用できる。サイクリングでの移動中などで、音を完全に遮断したくないときには片耳で音楽が聴ける方が有り難い。音楽再生も本体のボタンで楽々と操作できる。

耳からはずれにくく操作も簡単・防水対応で雨の日も快適

「完全ワイヤレスイヤホン」耳から外れにくいので、例えばランニング中でも使用できる。完全に音を遮断したくなければ片耳だけ装着すればOK。ボディは防水対応なので雨の日でも気にすることなく使用できる。もちろん、ケーブルがない分、動作はスムーズだ。本体はわずか数十グラムの軽さで装着していることを思わず忘れてしまうぐらいだ。

性能・機能が充実した激安モデルが登場?!

完全ワイヤレスイヤホンは以前2万円ほどするのが一般的だった。しかし、最近ではわずか数千円程度で買えるものが続々と登場している。しかも、ドライバーユニットを搭載していたり、防水に対応していたりと性能・機能も充実している。

おまけに充電ケースまでもが付属し、ボディもなかなか高級感がある。ただし、高級モデルと比べると音質はどうしても劣る。本格的に音楽を楽しみたいのか、気軽に完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたいのかをよく考えて、自分にあったものを見つけてみよう。

目次

完全ワイヤレスイヤホン まとめ パートⅠ

BOSE「SoundSport Free 」Samsung「Galaxy Gear IconX」Sony「WF-SP700N」「WF-1000X」Anker「Zolo Liberty+」

完全ワイヤレスイヤホン まとめ パートⅡ

Apple「AirPods」「cheero Wireless Earphones」 ONKYO 「W800BT」Jabees「BTwins」「Jabra Elite Sport」 サンワ「400-BTSH008」「Audin sound トゥルーワイヤレスイヤホン TW-02E」

ネックバンド型イヤホンのまとめ記事はこちら

小型モバイル用スピーカーのまとめ記事はこちら

完全ワイヤレスイヤホン まとめ  パートⅠ

人気の完全ワイヤレスイヤホンをまとめて紹介する。有名ブランドの人気の高い製品から低価格でもしっかりと使えるモデルまでさまざまなものがある。性能・機能・コスパのバランスをよく、チェックしてベストなものを選択してほしい。

音質最強か? BOSE「SoundSport Free 」

BOSE「SoundSport Free 」は左右独立型の完全ワイヤレスイヤホン。重さ9gの軽量ボディ(各イヤーピース)に新たなアンテナシステムを搭載。イヤピース同士の通信を安定的に維持しつつ、ペアリングしたスマートフォン、タブレットと最大9mまで接続できる。

続きを読む

Amazonで「SoundSport Free 」をチェックする

楽天で「SoundSport Free」をチェックする

ヤフーショッピングで「SoundSport Free」をチェックする

音楽プレーヤー&活動量計にもなる「Galaxy Gear IconX」

Galaxy Gear IconX」はBluetooth対応の完全ワイヤレスイヤホン。4GBメモリ搭載でスマートフォンなしで音楽プレーヤーとして使用できる。本体には最大1,000曲の音楽を保存することが可能。本体にタッチパッドを備え、タップやスワイプなどで、再生や音量を操作できる。機能面では単体で活動量を計測することが可能。スマホと連携してランニングとウォーキング時に時間や距離、消費カロリーなどを自動で計測するほか、過去の活動量を音声で通知することもできる。

また、ウォーキングやランニング時のペースを音声で知らせる機能「コーチングプログラム」を搭載。ペースを10パターンまでカスタマイズできる。再生できるファイルはMP3/M4A/AAC/WAV/WMA(WMA v9)。バッテリー容量は本体が82mAh、ケース(USB Type-C端子付き)が340mAh。駆動時間は、内蔵の楽曲を再生する場合で最大6時間、Bluetoothのストリーミングモードで最大5時間、通話で最大4時間。専用ケースで充電可能で、約10分間で1時間使用できる。

Amazonで「Galaxy Gear IconX」をチェックする

楽天で「Galaxy Gear IconX」をチェックする

ヤフーショッピングで「Galaxy Gear IconX」をチェックする

ノイキャン&外音取り込みが使えるSony「WF-SP700N」

Sony 「WF-SP700N」はノイキャンとBluetooth 4.1に対応した完全ワイヤレスイヤホン。IPX4防滴性をもつボディに6mm径のダイナミック型ユニットを搭載。量感のある重低音を正確なリズムで再現する「EXTRABASSサウンド」にも対応し、迫力あるサウンドが楽しめる。

また、NFC対応でスマートフォンとワンタッチでペアリングすることが可能。専用アプリ「Sony|Headphones Connect」からはデジタルノイズキャンセリングの調整のほか、イコライザや音質モードの切り替え、再生楽曲の操作などが行える。音楽を聴きながら、周囲の音も聞けるアンビエントサウンド(外音取り込み)モードも搭載。連続再生時間は最大3時間。付属ケースからイヤフォンへ2回分充電できる。コーデックはSBCとAACに対応している。

Amazonで「WF-SP700N」をチェックする

楽天で「WF-SP700N」をチェックする

ヤフーショッピングで「WF-SP700N」をチェックする

充実した機能が魅力! ソニー「WF-1000X」

WF-1000X」は左右分離型のノイズキャンセリング対応イヤホン。「Sony | Headphones Connect」アプリに対応するほか、自動的にノイズキャンセリングや外音取り込んでを切り替える機能「アダプティブサウンドコントロール」にも対応している。

続きを読む

Amazonで「WF-1000X」をチェックする

楽天で「WF-1000X」をチェックする

ヤフーショッピングで「WF-1000X」をチェックする

音が途切れない Anker「Zolo Liberty+」

Anker「Zolo Liberty+」は完全ワイヤレスイヤホン。新設計のBluetoothアンテナ(Bluetooth 5.0対応)と6.0mm径のグラフェン採用のドライバーを採用し、安定した高音質を実現。イヤホン本体で連続最大3.5時間、付属の充電ケースで最大48時間駆動するほか、IPX5防水・防汗性、ボタンで周辺音をON/OFF機能、自動的にペアリングする機能「PUSH AND GO」も利用できる。

Amazonで「Zolo Liberty+」をチェックする

楽天で「Zolo Liberty+」をチェックする

ヤフーショッピングで「Zolo Liberty+」をチェックする

目次

完全ワイヤレスイヤホン まとめ パートⅠ

完全ワイヤレスイヤホン まとめ パートⅡ

ネックバンド型イヤホンのまとめ記事はこちら

小型モバイル用スピーカーのまとめ記事はこちら

<関連記事  音楽>

オーディオプレーヤーは2万円前後がおすすめ 全機種を比較

ハイレゾ対応オーディオプレーヤー ベストな一台はどれ?

ソニーのウォークマンが再び人気に! 全種類を比較

ネックバンド型イヤホンに高コスパモデルが続々 全機種を比較

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー 2018 まとめ