シングルボードPCはRaspberry Piより高性能モデルを選べ!

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅰ

ここでは最新かつ高性能なシングルボードPCを紹介していく。Raspberry Piシリーズやそれ以外のハイスペックなシングルボードPCも紹介する。2019年に発売されるものも順次 追加していく予定。

50%高速化&メモリ選択可能な「Raspberry Pi 4 Model B」

Raspberry Pi 4 Model B」は前モデル「Raspberry Pi 3 Model B+」の性能を大幅に向上させたシングルボードPC(SBC)。手のひらサイズの小型ボディにBroadcom BCM2711 クアッドコア プロセッサとVideoCore VI GPUグラフィックスを搭載。1/2/4 GB から選択できるLPDDR4 SDRAM メモリ、USB Type-Cポートの電源、USB 3.0 ポートを備えるほか、micro HDMI 出力、4Kデュアルディスプレイ出力、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、有線LAN (ギガビットイーサネット)にも対応している。

続きを読む

Amazonで「Raspberry Pi 4 Model B」をチェックする

楽天市場で「Raspberry Pi 4 Model B」をチェックする

ヤフーショッピングで「Raspberry Pi 4 Model B」をチェックする

AliExpressで「Raspberry Pi 4 Model B」をチェックする

ハイレゾ&GNSS対応のSBC ソニー「Spresense」

Spresense」(CXD5602PWBMAIN1)は高い拡張性を備えた超小型サイズのシングルボードPC。ハイレゾオーディオやマルチGNSS(GPS、GLONASS、Galileo、準天頂衛星(QZSS)等の衛星測位システムの総称)などの機能を搭載するほか、低消費電力で動作可能な「CXD5602」を搭載し、さまざまなIoT端末に組み込める。

オプション製品として、ヘッドホン端子などが使用可能になる拡張ボード(CXD5602PWBEXT1)、Bluetooth機能の「SPRESENSE-BLE-EVK-701」、加速度・気圧・地磁気センサーの「SPRESENSE-SENSOR-EVK-701」が用意されている。

プロセッサには6基のCortex-M4Fを搭載した「CXD5602」を採用。SRAM 1.5MB、8MBフラッシュを搭載し、低消費電力で動作できる。また、GPSとGLONASSの同時受信が可能なマルチGNSS(全球測位衛星システム)に対応。192kHz/24bit対応のハイレゾオーディオコーデックも備え、音楽用端末として使用できるようになっている。ソフトの開発環境はArduino IDE、Eclipse IDE、Visual StudioベースのSOLID-IDを採用。基盤のサイズは50×20.6mm。

Amazonで「Spresense」(メインボード)をチェックする

Amazonで「SPRESENSE 拡張ボード」をチェックする

楽天市場で「Spresense」をチェックする

ヤフーショッピングで「Spresense」をチェックする

Arduino互換グリップ&Windows10搭載の小型ボードPC「LattePanda」

LattePanda」はWindows 10を搭載した小型ボードPC(シングルボードコンピュータ)。Raspberry Piサイズでありながら、多彩なインターフェースを装備し、通常のデスクトップPCと同様に使用できる。また、Arduino互換のGPIOヘッダを搭載。Arduinoボード同様に電子工作やIot開発が行える。

続きを読む

Amazonで「LattePanda」をチェックする

楽天市場で「LattePanda」をチェックする

ヤフーショッピングで「LattePanda」をチェックする

AliExpressで「LattePanda」をチェックする

Windows 10も動作するRaspberry Pi互換シングルボードPC「UPボード」

UPボード」はRaspberry Pi互換のシングルボードPC。Raspberry Piと同じ基板サイズ(85.6×56.5mm)をもちつつ、互換性のある40ピンI/Oを搭載。Windows 10、Linux、Android 6.0など多彩なOSもサポートしている。

続きを読む

※Amazonで売り切れ中

AI深層学習に特化したSBC「Jetson Nano」

Jetson Nano」はCUDAコア128基のGPUを搭載したAI深層学習向けのシングルボードPC。128基のCUDAコアを実装したMaxwellアーキテクチャを採用し、高いGPU性能を発揮する。また、4コアで最大1.43GHzのARM Cortex-A57のプロセッサと64bit対応の 4GB LPDDR4 メモリでパワフルに動作。USB 3.0×4、M.2スロットを備えるほか、HDMI、DisplayPort、Gigabit Ethernetも利用できる。

「Jetson Nano」(開発者キット)のスペック 一覧

  • プロセッサ ARM Cortex-A57(4コア/1.43GHz)
  • GPU CUDAコア128基/Maxwellアーキテクチャ/472GFLOPS
  • RAM 4GB/64bit LPDDR4
  • インターフェイス Gigabit Ethernet、USB 3.0×4、Micro USB(おもに電源用)、microSDカードスロット、HDMI、DisplayPort、CSI、GPIO、I2C、I2S、UART、M.2スロット
  • 電源 Micro USB 5V/2Aまたは電源入力5V/最大4A(2.1×5.5×9.5mmプラグ)
  • OS Jetson Nano Developer Kit (※ Ubuntu 18.04 LTSベース)
    サイズ 100×80×29mm

Amazonで「Jetson Nano」をチェックする

楽天市場で「Jetson Nano」をチェックする

ヤフーショッピングで「Jetson Nano」をチェックする

AliExpressで「Jetson Nano」をチェックする

 

この続きはこちら!

目次

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅰ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅱ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅲ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅳ

高性能でコスパのいいシングルボードPC  パート Ⅴ

プログラミングトイ&ロボットのまとめ記事はこちら