プログラミングで遊べるトイ玩具&ロボット まとめ


プログラミングで動かして遊べるトイ玩具が続々と登場している。最新モデルはBluetooth通信に対応し、スマホやタブレットなどのアプリから操作が可能に。子どもだけでなく、大人でも遊べる本格的な小型ロボットに仕上がっている。

誰でも簡単にプログラミング小型ロボット

最近の小型ロボットは主にブロック型の言語で簡単にプログラミングできるようになっている。難しいコード入力などは一切不要でグラフィカルなブロックを動かすだけで完成できる。もちろん、小学生程度の子どもでも簡単にでき、道具もスマホやタブレットがあれば十分だ。Bluetooth通信に対応したものであれば、完成したプログラムでそのままスマホやタブレットから直接操作することも。ブロック型言語に慣れてきたら、テキストベースの言語に切り替えて本格的なプログラムを組むことも可能だ。

大人でもはまる面白さが魅力

プログラミング用の小型ロボットの中には大人でも十分に楽しめる本格的なものもある。例えば、Bluetoothや赤外線に対応した「Ozobot Evo」。近接センサー搭載で周囲の物体の検知が可能になっているほか、ロボット本体からの音声出力(英語のみ)も可能になっている。また、ボール型ロボットの「Sphero SPRK+」では水中での動作も可能に。迷路を探索したり、多角形を描くプログラム作ったり、太陽系の惑星の動きをシュミレーションしたりと熟練プログラマーでも十分に楽しめるロボットになっている。

目次

プログラミングが学べるトイ玩具&ロボット まとめ パートⅠ

「Sphero SPRK+」「Ozobot Bit」「Ozobot Evo」「Sphero Mini」

プログラミングが学べるトイ玩具&ロボット まとめ パートⅡ

Sony「KOOV」「Piper-J」「Makeblock mBot 」「Sphero Droid BB-8」「Sphero BB-9E」

プログラミングが学べるトイ玩具&ロボット まとめ パートⅢ

「レゴブースト クリエイティブ・ボックス」「alilo」「micro:bit」「Vortex」

シングルボードPC(Raspberry Pi)のまとめ記事はこちら

プログラミングが学べるトイ玩具&ロボット まとめ パートⅠ

ここでは最新のトイ玩具&ロボットを紹介する。すべてプログラミングで操作できる。

水中でも動かせる「Sphero SPRK+」

Sphero SPRK+」はプログラムで動かせるボール型ロボット。直径約76.2mmのコンパクトボディに透明なポリカーボネート製シェル、基板、LED、モーターなどを搭載。専用のスマホアプリ「Sphero Edu」とブロック型言語(テキストベースも可)で移動させたり、LEDを発光させたりできる(※水中でも使用可)。バッテリー駆動時間は最大1時間。通信はBluetooth 4.0に対応。アプリの対応OSはAndroid 4.4以上、iOS 9.0以上対応。ボディには傷から守る頑丈なUVコーティングが施されている。

Amazonで「Sphero SPRK+」をチェックする

楽天で「Sphero SPRK+」をチェックする

ヤフーショッピングで「Sphero SPRK+」をチェックする

紙に描いた線で動かせる「Ozobot Bit」

Ozobot Bit」はプログラミングで動かせる小型ロボット。「ライントレース」機能で紙やタブレット上に書かれた線を辿って自動走行できる。また、色を組み合わせたカラーコードを読み取らせることで、「右に曲がる」「一時停止」など自在に制御することが可能。さらに、ブロックプログラミング環境「OzoBlockly」を用いることで、タブレットやPC上で作成したプログラムを読み込ませてより複雑な操作が行える。そのほか、「JavaScript プレビューモード」を搭載。テキスト型言語の参照可能で、Mac OS X、Windows、Linux、iOS、Androidに対応)に対応する。

Amazonで「Ozobot Bit」をチェックする

楽天で「Ozobot Bit」をチェックする

ヤフーショッピングで「Ozobot Bit」をチェックする

Bluetooth&赤外線に対応した「Ozobot Evo」

Ozobot Evo」はプログラミングで動かせる小型ロボット。前モデル「Ozobot Bit」搭載されていたLED の数を1つから6つに変更。起動させたり、アプリを通してメッセージを送ったりすると、「Evo」独自の音声で教えてくれる。

また、新たに赤外線センサーを搭載。使えるプログラムの種類が増えたほか、「Evo 」に手を追わせたり、手から逃げさせたりといった遊びもできるように改善された。そのほか、通信はBluetoothに対応。アプリからのリモコン操作、他の Evo へのメッセージ送信、OzoBlocklyからのプログラム送信も可能になっている。

Amazonで「Ozobot Evo」をチェックする

楽天で「Ozobot Evo」をチェックする

ヤフーショッピングで「Ozobot Evo」をチェックする

顔の表情でコントロールできる「Sphero Mini」

Sphero Mini」はブロックベースのプログラミングで操作できる円型ロボット。スマートフォンとBluetoothで接続し、アプリで操作したりスマートフォンを傾けたりしてSphero Miniをコントロールできる。機能面では顔の動きや表情でコントロールできる「フェイスドライブ」機能を搭載。顔を右に傾けると右へ走行、口を尖らせると加速、眉を動かすと後進、といった操作が可能になっている。

また、Sphero Miniをゲームコントローラーにして、シューティングゲームやレースゲームなどをプレイすることも可能。バッテリー駆動時間は約45分間。直径は約4cmで、重量は約113g。カラーはブルー、グリーン、オレンジ、ピンク、ホワイトの5種類をラインナップする。

Amazonで「Sphero Mini」をチェックする

楽天で「Sphero Mini」をチェックする

ヤフーショッピングで「Sphero Mini」をチェックする

目次

プログラミングが学べるトイ玩具&ロボット まとめ パートⅠ

プログラミングが学べるトイ玩具&ロボット まとめ パートⅡ

プログラミングが学べるトイ玩具&ロボット まとめ パートⅢ

シングルボードPC(Raspberry Pi)のまとめ記事はこちら

<関連記事>

<Raspberry Pi / シングルボードPC>

シングルボードPCはRaspberry Piよりも高性能なモデルを選べ!

Raspberry Piで使いたくなる便利なSBC製品 まとめ

Raspberry Pi Zero で使える便利なガジェット まとめ

<ドローン>

激安でも楽しさ十分! スマホと連携できるミニドローン まとめ

小さくても大満足! ちびちびサイズのミニドローン まとめ

<スマートスピーカー>

スマートスピーカーのオススメは? 最新モデル全機種を比較

<IoT製品>

生活を劇的に便利にするIoT製品 実はこんなに増えていた