超リアリティのある現実が楽しめるMRヘッドセット「Acer AH101」

AmazonにWindows Mixed Reality対応のMRヘッドセット「Acer AH101」(エイサー製)が入荷している。従来の製品よりリアリティのある仮想現実が楽しめるHMDとして注目の製品。これまで、開発者向けのヘッドセットを販売していたものを一般ユーザー向けに正式販売する。

発売開始は10月17日。なお、この日にはマイクロソフトの「Windows 10 Fall CreatorsUpdate」も提供される。これにより、Microsoftストアで2万を超えるアプリが利用可能となるほか、Windows MRに対応したゲーム「Halo」の一部も公開される。

「Acer AH101」の魅力は?

単なる仮想現実(VR)ではなく、拡張現実(AR)を組みわさせた複合現実(※Windows Mixed Realityのこと。略して「MR」という。)が楽しめるところ。従来の製品では完全な仮想の現実(VR)と現実に仮想的な要素を取り入れた拡張現実(AR)は別々のものとして取り扱われていたが、複合現実ではその両方をごちゃまぜにして楽しめるようになる。これにより、完全な仮想現実(VR)の中に、アバターのような拡張現実(AR)的な要素を取り込めるようになる。

また、インサイドアウト方式のトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵していることも画期的。これにより、これまで部屋の工事や複雑な設定を必要とした仮想現実の世界をより手軽に楽しめるようになった。スイッチを入れれば、体と頭の細かい動きを敏感にキャッチする「6自由度(6DOF)」の位置トラッキングで自由度の高い複合現実の世界が楽しめる。

Acer AH101」の価格は?

Amazonでは59,184円。高性能なVRヘッドセットは10万円前後なので、この製品はコストパフォーマンスが高い。売り切れないうちに、予約注文しておいた方がいいだろう。

公式製品紹介ページはこちら

エイサーが放つWindows Mixed Reality対応のMRヘッドセット「Acer AH101」

Acer AH101」はWindows Mixed Reality対応のMRヘッドセット。外部センサーを必要としないインサイドアウト方式のトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵。視界の広い複合現実の体験を手軽に楽しめる。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは2.89インチ液晶(2基)で、解像度は2,880×1,440ドット(単眼で1,440×1,440ド
ット)。最大90Hzのリフレッシュレートで表示できる。

そのほか視野(FOV)は95度、リフレッシュレートは60Hz(HDMI 1.4)/90Hz(HDMI 2.0)。ソフトウェアにより個人差のあるIPD(瞳孔間距離)を63mm±8mmの範囲で調節できる。

リアルな仮想現実が楽しめるの?

6自由度(6DOF)の自由度の高い位置トラッキングで体と頭の細かい動きを検出。前後、左右、上下の移動、傾き、回転といった視点の変更が可能で、高い自由度の位置トラッキングを実現している。

なお、付属のモーションコントローラーを動かすことで、それに応じてWindows Mixed Reality内の空間がインタラクティブに反応。これまで以上にリアルな仮想現実の体験が楽しめる。

メガネをつけたまま使用できるの?

個人差のあるIPD(瞳孔間距離)は、ソフトウェアにより、63mm±8mmの範囲での調節に対応。メガネを着けている状態でも違和感なく装着でき、MRの映像を楽しめる。

どうやって使うの?

ヘッドセットをWindows 10搭載パソコンにHDMIとUSBケーブルで接続して使用する。

対応コンテンツはどうなってる?

Windows Mixed Reality対応コンテンツはWindowsストアから入手可能。様々なジャンルのWindows Mixed Realityの世界を楽しめる(※英語を含む)。

ヘッドフォンは接続できるの?

サイドには3.5mmオーディオジャックを装備しており、ヘッドホンを接続することができる。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースにはHDMI端子(入力)、USB 3.0ポート(入力)、3.5mmオーディオジャックを搭載。

そのほか、トラッキングカメラ×2(フロント)、ジャイロスコープセンサー、加速度計、磁力計を備える。

ボディはどうなってる?

ボディはフリップ式バイザーを採用。中断したいときにバイザー部分を本体を上げるだけで現実世界へに戻れる。

また、ヘッドセットのバンドはダブルパッド付き。頭にやさしくフィットするほか、ダイヤルを回すだけでホールド感を調節できる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは195.8(幅)×143.4(高さ)×384.2(奥行)mm。重量は440g(ケーブル含まず)。

コントローラーはどうなってる?

製品にはモーションコントローラーが2つ付属。

内蔵の6軸加速度センサーとヘッドセットのセンサーカメラにより位置や動き、操作などをヘッドセット内空間に反映する。

電源には単3形乾電池×2本を使用。接続はBluetoothを利用する。モーションコントローラーのサイズは152.7(幅)×119.1(高さ)×119.1(奥行)mmで、重量は125.6g(電池なし)。

Amazonで「Acer AH101」をチェックする

楽天で「Acer AH101」をチェックする

ヤフーショッピングで「Acer AH101」をチェックする

「Acer AH101」のスペック

Acer AH101

視野 (FOV)  95° (フレネルレンズ)

  • ディスプレイサイズ  2.89 インチ ×2
  • 解像度  2,880×1,440 (単眼:1,440×1,440)
  • PPI (Pixel Per Inch) 706
  • 液晶モジュール(LCM) Impulse BL LCD
  • リフレッシュレート 60 Hz (HDMI 1.4) / 90 Hz (HDMI 2.0)
  • IPD (Interpupillary Distance) 63 mmに固定 (ソフトウェアにより ±8 mmまで調整可能)
  • トラッキングセンサー ジャイロスコープ、加速度計、磁力計、近接センサー
  • トラッキングカメラ B+W VGA カメラ
  • オーディオ 3.5 mm オーディオジャック
  • ケーブル HDMI 1.4/2.0 + USB 3.0 ケーブル (4 m)
  • カラー クリアブルー
  • 本体サイズ 195.8 (W)×143.4 (H)×384.2 (D) mm
  • 本体質量 440 g (ケーブル含まず)
  • 付属品 モーションコントローラー ×2、保証書
  • 保証期間 1年間センドバック保証
  • モーションコントローラー (1基)
  • 電源 単三電池 ×2 ※別途お買い求めください
  • PC接続 Bluetooth®
  • 本体サイズ 152.7 (W)×119.1 (H)×119.1 (D) mm
  • 本体質量 125.6 g (電池なし)

Windows Mixed Reality動作推奨PC要件

  • CPU 第7世代 インテル® Core™ i5 プロセッサー (2コア)インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー 対応
  • システムメモリ 8GB DDR3 デュアルチャネル
  • ストレージ 10GBの空き
  • グラフィックス インテル® HD グラフィックス 620以上のDX12対応GP
  • グラフィックドライバ Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2
  • ディスプレイ 外部または内蔵VGA (800×600) ディスプレイ
  • 映像出力 HDMI 1.4
  • USB USB 3.0 Type-A
  • Bluetooth® Bluetooth® 4.0

Amazonで「Acer AH101」をチェックする

楽天で「Acer AH101」をチェックする

ヤフーショッピングで「Acer AH101」をチェックする

<関連記事  一覧>

人気のVRヘッドセットをまとめて紹介!

一度味わったら病みつきになる! バーチャルな世界が存分に楽しめるVRヘッドセット まとめ

最新のVRヘッドをチェック!

プレステソフトが仮想空間でプレイできるVRシステム ソニー「プレイステーションVR」

高い没入感で付け心地も抜群! サムスンのVRヘッドセット「Galaxy Gear VR」

ブラウザだけでOK! アプリ不要で360度映像が楽しめるVRヘッドセット Google「Daydream View」

視野角100度で歪みなし ピント位置調整も不要のカールツァイス製 VRヘッドセット「ZEISS VR ONE Plus」

激安でも使い心地がいい軽量VRグラス「Xiaomi Mi VR Play2」

スマホ PCなしでOK! 単体で動作するAndroid搭載 VRヘッドセット「docooler Magicsee M1」

スマホ画面を眼鏡に映し出すウェアラブル端末「Vufine+」