「LUCA TE101N1-B」(国内メーカー)とコスパ高タブレットを徹底 比較!


アイリスオーヤマ「LUCA TE101N1-B」(国内メーカー)とコスパ高タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違い、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「LUCA TE101N1-B」の特徴

LUCA TE101N1-B」の特徴をまとめてみました。

HD液晶・32GBストレージ・4080mAhバッテリ

LUCA TE101N1-B」は10インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶を搭載。視野角の広いIPSパネル採用でどの角度からも見やすく表示できます。また、32GBストレージを内蔵。別売のmicroSDカードで最大128GBまで拡張できます。そのほか、4080mAhバッテリを搭載。Type-C充電も利用できます。

MT8167B&2GBメモリ&Android 10

LUCA TE101N1-B」はMediaTek MT8167B クアッドコアプロセッサと2GBメモリを搭載。動画や電子書籍、音楽などのアプリも快適に動作します。また、OSにAndroid 10を搭載。目の負担の少ない黒を基調とした「ダークテーマ」やアプリごとに位置情報を制御できる「プライバシーコントロール」、タッチせずに操作できる「ジェスチャー ナビゲーション」が利用できます。

上位モデルも用意・TVチューナーセットも

LUCAタブレットには上位モデルの「TM101N1-B」も用意されています。プロセッサはMediaTek MT8768E オクタコアでメモリは3GB。バッテリー容量は8000mAhになっています。また、背面8MPカメラと前面5MPカメラを搭載。「LUCA TE101N1-B」と同じように「テレビが見られるLUCAステーションセット」も販売されています。

公式ページ LUCA TE101N1-B

価格を比較

LUCA TE101N1-B」と「Fire HD 10 Plus」、「ALLDOCUBE kPad」、「VASTKING KingPad M10」の価格を比較してみました。

「LUCA TE101N1-B」

LUCA TE101N1-B」は、Amazonで16,750円、楽天市場で17,380円 (税込)、ヤフーショッピングで17,380円 (税込)、ビックカメラで19,318円 (税込・1,932ポイント)で販売されています。

「Fire HD 10 Plus」

Fire HD 10 Plus」は、Amazonで18,980円~(※純正キーボードは5,980円、Ankerワイヤレス充電スタンドは5,980円)、楽天市場で18,980円 (税込)、ヤフーショッピングで18,980円で販売されています。

「ALLDOCUBE kPad」

ALLDOCUBE kPad」は、Amazonで23,999円(6000円OFFクーポン付き)、楽天市場で20,980円 (税込)、ヤフーショッピングで20,980円 (税込)、AliExpressでUS $175.71、米国Amazon.comで$199.99(日本発送は合計で$241.69)で販売されています。

「VASTKING KingPad M10」

VASTKING KingPad M10」は、Amazonで20,999円 (1000円OFFクーポン付き)、米国Amazon.comで$189.99 (日本発送は合計で$231.29)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

LUCA TE101N1-B」と「Fire HD 10 Plus」、「ALLDOCUBE kPad」、「VASTKING KingPad M10」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「LUCA TE101N1-B」

Antutu総合で約40,000

<CPU> MediaTek MT8167B
※「Alcatel 1T 10 2020」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

28nmプロセスで製造されたMediaTek MT8167B クアッドコアプロセッサを搭載し、Antutuベンチマーク総合で約4万点を記録しています。同じプロセッサは「Alcatel 1T 10 2020」にも搭載されています。

MT8183搭載の「Fire HD 10 Plus」と比較するとスコアが約10万低くなります。

Unisoc Tiger T618搭載の「ALLDOCUBE kPad」、「VASTKING KingPad M10」と比較するとスコアが約16万低くなります。

性能的には軽めの作業に向いており、負荷の高い作業には向いていません。

ネット検索は問題なく利用できますが、とりわけ速いわけではありません。スマホなどで高速でサクサク動作することが当たり前になっている人からすると「やや遅い」と感じるかもしれません。

動画視聴や音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍などは問題なく利用できます。3Dゲームには向いていないので気をつけましょう。

「Fire HD 10 Plus」

Antutu総合で約140,000

<CPU> MediaTek Kompanio 500 (MT8183) 2.0GHz オクタコア

「ALLDOCUBE kPad」

Antutu総合で約200,000

<CPU> Unisoc Tiger T618
※「CHUWI HiPad Air」、「Alldocube iPlay 40」と同じプロセッサ

「VASTKING KingPad M10」

Antutu総合で約200,000

<CPU> Unisoc Tiger T618
※「VASTKING KingPad K10」、「ALLDOCUBE kPad」、「CHUWI HiPad Air」、「Alldocube iPlay 40」と同じプロセッサ

スペックを比較

LUCA TE101N1-B」と「Fire HD 10 Plus」、「ALLDOCUBE kPad」、「VASTKING KingPad M10」のスペックを比較してみました。

「LUCA TE101N1-B」のスペック

  • ディスプレイ 10インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶
    ※「TM101N1-B」は解像度1920×1200
  • プロセッサ MediaTek MT8167B クアッドコア 1.3GHz
    ※28 nm/64bit/4コア
    ※「TM101N1-B」はMediaTek MT8768E オクタコア(2.0GHz*4 1.5GHz*4)
  • GPU IMG GE8300 @660MHz
    ※「TM101N1-B」はIMG GE8320 @650MHz
  • RAM(メモリ) 2GB
    ※「TM101N1-B」は3GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカード(Class10)で最大128GBまで ※UHS-II非対応
    ※「TM101N1-B」は最大256GBまで
  • バッテリー 4080 mAh
    ※「TM101N1-B」は8000mAh
  • 背面カメラ 2MP
    ※「TM101N1-B」は8MP
  • 前面カメラ 2MP
    ※「TM101N1-B」は5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.2
    ※「TM101N1-B」はWi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GH)、Bluetooth 5.0に対応
  • インターフェース USB Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー モノラルスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ W243.2×H162.2×D9.5mm
    ※「TM101N1-B」はW241×H158.6×D8.3mm
  • 重量 約450g
    ※「TM101N1-B」は約490g
  • カラー ブラック
  • 付属品 5V1A充電器、USBケーブル
    ※「TM101N1-B」は9V2A専用高速充電器、USBケーブル、静電タッチペン

関連記事2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

Amazonで「LUCA TE101N1-B」をチェックする

楽天市場で「LUCA TE101N1-B」をチェックする

ヤフーショッピングで「LUCA TE101N1-B」をチェックする

ビックカメラで「LUCA TE101N1-B」をチェックする

上位モデルの「TM101N1-B」も発売中!

Amazonで「TM101N1-B」をチェックする

楽天市場で「TM101N1-B」をチェックする

ヤフーショッピングで「TM101N1-B」をチェックする

ビックカメラで「TM101N1-B」をチェックする

「Fire HD 10 Plus」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶
    ※フルHD/224ppi/強化アルミノシリケートガラスのスクリーン/2画面表示機能
  • プロセッサ MediaTek Kompanio 500 (MT8183) 2.0GHz オクタコア
  • GPU Arm Mali-G72 MP3
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 32/64GB (使用可能領域 24.2/55.0GB)
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー駆動時間 最大12時間
  • 充電 Qi規格のワイヤレス充電に対応・USB-Type-C(2.0)ケーブルを使用・9W充電アダプタで約4時間
    ※別売りのAnker製のワイヤレス充電スタンドでワイヤレス充電が可能
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ     2MP
  • 動画撮影 720pのHDビデオ録画
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB Type-C(2.0)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー アクセロメータ、環境光センサー
  • 音声認識 対応 Alexa搭載
  • スピーカー Dolby Atmos対応のデュアルステレオスピーカー
  • キッズモード 設定で機能を制限できます
  • OS Fire OS
  • Google Play 非対応 ※アプリはAmazon アプリストアなどからダウンロード可能
  • サイズ 247 x 166 x 9.2mm
  • 重量 468 g
  • カラー スレート (濃い灰色)

関連記事「Fire HD 10 Plus」を選んで正解? 人気の定番タブレットと徹底 比較! 

Amazonで「Fire HD 10 Plus」をチェックする

楽天市場で「Fire HD 10 Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「Fire HD 10 Plus」をチェックする

米国Amazon.comで「Fire HD 10 Plus」をチェックする

Amazonで「Made for Amazonキーボード付きカバー」をチェックする

Amazonで「Fire HD 10 Plus 用 Anker ワイヤレス充電スタンド」をチェックする

「ALLDOCUBE kPad」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000×1200 pxのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ/In-cell/7.8mmベゼル
  • プロセッサ Unisoc Tiger T610 オクタコア (ARM 2×A75 2.0G and 6×A55 2.0G)
  • GPU Mali G52-3EE-2-core 850MHz
  • RAM(メモリ)4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 充電 5V/2A(Type-C充電)
  • 背面カメラ 5MP
  • 前面カメラ    5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (Beidou/Galileo/Glonass)
  • インターフェース USB Type-C
  • センサー 重力センサー
  • スピーカー BOXスピーカー x2
  • マイク シングルマイク
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • OS Android 11
  • サイズ 248.1 x 157.9 x 8.6mm
  • 重量 476.27 g
  • カラー グレイ

関連記事「ALLDOCUBE kPad」と最新の注目タブレットを徹底 比較!

Amazonで「ALLDOCUBE kPad」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE kPad」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE kPad」をチェックする

AliExpressで「ALLDOCUBE kPad」をチェックする

米国Amazon.comで「ALLDOCUBE kPad」をチェックする

「VASTKING KingPad M10」のスペック

  • ディスプレイ 10.36インチ、解像度2048 x1080 ドットの液晶
    ※2K
  • プロセッサ UNISOC Tiger T618 オクタコア 2.0GHz
    ※12nm
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6000 mAh
  • 駆動時間 12時間
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ    8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS)
    ※ワイヤレスで外部出力が可能
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
    ※microHDMI端子は搭載されていません
  • 筐体の素材 フルメタル(金属)
  • スピーカー クアッドスピーカー
  • キーボード 専用の着脱式キーボードカバーを用意(別売)、タッチパッド付き
  • 音声認識 Googleアシスタント
  • 生体認証 3D顔認証
  • OS Android 11
  • サイズ 不明
  • 重量 不明
  • カラー ミスティックグレー

関連記事「VASTKING KingPad M10」と高コスパタブレットを徹底 比較!

Amazonで「VASTKING KingPad M10」をチェックする

米国 Amazon.comで「VASTKING KingPad M10」をチェックする

楽天市場で「VASTKING」をチェックする

ヤフーショッピングで「VASTKING」をチェックする

「LUCA TE101N1-B」のメリット・デメリット

LUCA TE101N1-B」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10インチのHD液晶が見やすい

LUCA TE101N1-B」は10インチで解像度1280×800ドットのIPS液晶を搭載。視野角の広いIPSパネルで斜めからの角度からも見やすく表示できます。

一方、「Fire HD 10 Plus」は10.1インチで解像度1920 x 1200 pxのIPS液晶(強化ガラス)を搭載しています。「ALLDOCUBE kPad」は10.4インチで解像度2000×1200 pxのIPS液晶を搭載しています。「VASTKING KingPad M10」は10.36インチで解像度2048 x1080 ドットの液晶を搭載しています。

・2GBメモリ&32GBストレージを搭載

LUCA TE101N1-B」は2GBメモリと32GBストレージを搭載しています。また、別売のmicroSDカード(Class10)で最大128GBまで拡張できます。

一方、「Fire HD 10 Plus」は4GBメモリ&32/64GBストレージを搭載しています。「ALLDOCUBE kPad」は4GBメモリ&64GBストレージを搭載しています。「VASTKING KingPad M10」は4GBメモリ&128GBストレージを搭載しています。

・4080mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応

LUCA TE101N1-B」は4080mAhバッテリー搭載です。また、Type-C充電にも対応しています。

一方、「Fire HD 10 Plus」は最大12時間駆動するバッテリー搭載でワイヤレス充電に対応しています。「ALLDOCUBE kPad」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「VASTKING KingPad M10」は12時間駆動する6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面2MP&前面2MPカメラが使える

LUCA TE101N1-B」は面2MP(200万画素)&前面2MP(200万画素)カメラが使えるようになっています。

一方、「Fire HD 10 Plus」は背面5MP&2MPカメラを搭載しています。「ALLDOCUBE kPad」は背面5MP&5MPカメラを搭載しています。「VASTKING KingPad M10」は背面13MP&8MPカメラを搭載しています。

・厚さ9.5mmで重さ約450gの薄型軽量ボディ

LUCA TE101N1-B」は厚さ9.5mmで重さ約450gの薄型軽量デザインになっています。

一方、「Fire HD 10 Plus」は厚さ9.2mmで重量468 gになっています。「ALLDOCUBE kPad」は厚さ8.6mmで重量476.27 gになっています。「VASTKING KingPad M10」はサイズ・重量が不明です。

・国内サポートが受けられる

LUCA TE101N1-B」はアイリスオーヤマのAIチャットを活用した24時間365日の充実サポートが受けられます。

一方、「Fire HD 10 Plus」はAmazonのサポートが受けられます。「ALLDOCUBE kPad」、「VASTKING KingPad M10」は国内サポートがありません。

・Android 10の新機能が使える

LUCA TE101N1-B」はAndroid 10の新機能が使えるようになっています。

Android 10には、

目の負担の少ない黒を基調とした「ダークテーマ」やアプリごとに位置情報を制御できる「プライバシーコントロール」、タッチせずに操作できる「ジェスチャー ナビゲーション」が利用できます。

一方、「Fire HD 10 Plus」はFire OSを搭載しています。「ALLDOCUBE kPad」と「VASTKING KingPad M10」はAndroid 11を搭載しています。

デメリット

・Wi-Fiデュアルバンドに対応していない

LUCA TE101N1-B」はWi-Fi(2.4GHz)対応です。Wi-Fiデュアルバンド対応ではないのでやや遅く、途切れやすくなります。

一方、「Fire HD 10 Plus」、「ALLDOCUBE kPad」、「VASTKING KingPad M10」はWi-Fi デュアルバンド(2.4GHz/5GH)に対応しています。

・Android 11の新機能が使えない

LUCA TE101N1-B」はAndroid 11の新機能が使えません。

Android 11には、

「メディアコントロール」(アプリ起動なしで再生などの設定変更)、「バブル」(他のアプリにふきだしでメッセージを表示・返信)、「スクリーンレコード」(操作などを録画)、「デバイスコントロール」(スマート家電のコントロールメニュー)、「アプリ候補」(ホーム画面に頻度の高いアプリを表示)、「ワンタイムパーミッション」(アプリ使用中のみ位置情報などを許可)

などの新機能が追加されています。

一方、「ALLDOCUBE kPad」と「VASTKING KingPad M10」はAndroid 11の新機能が使えるようになっています。「Fire HD 10 Plus」はFire OSでAndroid 11の新機能が使えません。

「LUCA TE101N1-B」の評価

LUCA TE101N1-B」の評価を紹介します。

スペック:★★

通信:★★

機能:★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★

価格:★★★

<総合評価>

日本の家電メーカー「アイリスオーヤマ」から発売されている10型のAndroid10タブレットです。「LUCA TE101N1-B」はエントリーモデルで「TM101N1-B」は上位モデルになります。

LUCA TE101N1-B」の方はスペックが高くはありませんが、ネット検索や動画視聴が問題なく利用できるぐらいの性能は持っています。「TM101N1-B」はフルHD液晶、3GBメモリ、8000mAhバッテリー、背面8MPカメラ&前面5MPカメラ搭載とスペックが高め。Wi-FiデュアルバンドやBluetooth5.0にも対応していますが、価格が32,780円 (税込)と「LUCA TE101N1-B」よりも高くなります。

LUCA TE101N1-B」の通常価格は17,380円 (税込)。スペックのわりにはけっこう高いですが、なんといっても日本メーカーであるアイリスオーヤマのサポートが受けられるのが大きいですね。あまり知られてはいませんが、8インチの「LUCA TE081N1」もすごい人気です。やはり国内メーカー品のタブレットが少ないせいでしょうかね。ソニーなど他の日本メーカーからもタブレットを発売してほしいものです。

「LUCA TE101N1-B」の販売・購入先

LUCA TE101N1-B」は、

Amazonで16,750円、

楽天市場で17,380円 (税込)、

ヤフーショッピングで17,380円 (税込)、

ビックカメラで19,318円 (税込・1,932ポイント)、

で販売されています。

Amazonで「LUCA TE101N1-B」をチェックする

楽天市場で「LUCA TE101N1-B」をチェックする

ヤフーショッピングで「LUCA TE101N1-B」をチェックする

ビックカメラで「LUCA TE101N1-B」をチェックする

上位モデルの「TM101N1-B」も発売中!

Amazonで「TM101N1-B」をチェックする

楽天市場で「TM101N1-B」をチェックする

ヤフーショッピングで「TM101N1-B」をチェックする

ビックカメラで「TM101N1-B」をチェックする

 

 

ビックカメラ.com

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Lenovo Tab B10 HD (2nd Gen)

★「Alldocube Smile X

★「BMAX MaxPad i10 Plus

Fire HD 10 Plus

ALLDOCUBE kPad

VASTKING KingPad M10

Teclast T40 Plus

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro

BMAX MaxPad I11

KEIAN KI-Z101E」(日本メーカー)

FFF-TAB10A3」(日本メーカー)

VANKYO P40」(microHDMI出力)

Blackview Oscal Pad 8

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボードが使えるAndroidタブレットを紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ 

ノーブランドの超激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。