Android&Windows で使えるモバイルキーボード まとめ


スマホやタブレット、PCでも使えるキーボードが続々と登場している。トレンドはOSを問わずに使えるマルチOS対応タイプ。Androidスマホ・タブレットでもWindows PCでも使えるタイプが人気だ。

ロジクール K380 マルチデバイス Bluetooth キーボードK380」ではボタン一つで接続して簡単にOSを切り替えることが可能だ。また、複数のOSに対応するだけでなく、コンパクトに折りたためるタイプのものにも注目が集まっている。「Microsoft Universal Foldable Keyboard」はその中でも軽量でコンパクトサイズ。屋外でも使用できるモバイル用として完成度が非常に高い。同じく折り畳み式ではスリーイーコーポレーションの「3E-HB066」も打ちやすいキー配列で人気だ。

一方、折り畳み式を使いたくない人には薄型軽量のバッファロー「BSKBB24BK」がおすすめ。厚さがわずか6mmなのでバッグの中にすっぽりと収めて持ち運ぶことが可能だ。そのほか、タブレットを立てかけて使用できるエレコム「TK-FBP067BK」などもおすすめだ。

目次

モバイルキーボード まとめ パートⅠ

「Vortex CORE 47keys」「TK-BT02」「MOBO Keyboard」LG「Rolly Keyboard 2(KBB-710)」

モバイルキーボード まとめ パートⅡ

Logicool「K780」「Microsoft Universal Foldable Keyboard」 「Logicool K380」「3E-HB066」BUFFALO「BSKBB24BK」

モバイルキーボード まとめ パートⅢ(レトロ風)

「Lofree」「Retro Classics」「Qwerkywriter」「Freewrite」「Stream Deck」

スマホ・タブレットの周辺機器 まとめ記事こちら

モバイルキーボード まとめ パートⅠ

スマホ、タブレット、PCで使えるモバイル用キーボードをまとめて紹介する。どれもこだわりの一品で買って後悔することなし。自分にあった最適なモバイルキーボードを見つけよう!

究極のミニマルキーボード「Vortex CORE 47keys」

Vortex CORE 47keys 40%メカニカルキーボード」はフルキーボードから大きさを約60%削ぎ落としたコンパクトなキーボード。ハードウェアマクロ機能によって、キーの配置変更やキー入力パターンをプログラミングできる。

ボディには堅牢性の高いCNC・アルマイト加工のアルミニウムを採用。キーキャップには耐摩耗性・電気特性にすぐれたPBT(ポリブチレンテレフタレート)樹脂を採用し、肉厚キーキャップで、しっかりした打鍵感でタイピングできる。キーボードの配列は英語47キーを採用で、キートップには、摩耗に強い昇華印刷も採用。CHERRY MXスイッチで通常の配列に加えて、Layer 1~3の3つのプロファイルを設定することもできる。

サイズは248(幅)×76.2(高さ)×25.5(奥行)mmで、重量は約410g(ケーブル含まず)。「茶軸」モデル、「青軸」モデル、「赤軸」モデル、「クリア軸」をラインナップする。

Amazonで「Vortex CORE 47keys 40%メカニカルキーボード」をチェックする

楽天で「Vortex CORE 47keys 40%メカニカルキーボード」をチェックする

ヤフーショッピングで「Vortex CORE 47keys 40%メカニカルキーボード」をチェックする

トラックボール付きのBluetoothキーボード「TK-BT02」

TK-BT02」はトラックボール付きのBluetoothキーボード。Bluetooth接続でスマートフォンやタブレット、PCと接続して使用できる。

トラックボールの大きさは直径19mmで、マウスボタン&スクロールホイール付き。Android端末やWindowsタブレットに接続すれば、簡単にマウス操作できる。また、マウスカーソルの移動速度を600CPI/1000CPI/1600CPIの3段階から選択することができる。キーボードには、アイソレーションタイプのキー形状を採用。キーピッチは19mmで快適に入力できる。

Bluetooth接続は最大4台まで。ワンタッチで切り替えられるマルチペアリング機能に対応する。サイズは314(幅)×35(高さ)×170(奥行)mmで、重量は約445g±15g(電池除く)。カラーはブラックのみを用意する。

Amazonで「TK-BT02」をチェックする

楽天で「TK-BT02」をチェックする

ヤフーショッピングで「TK-BT02」をチェックする

コンパクトサイズの3つ折りキーボード「MOBO Keyboard」

MOBO Keyboard」は3つ折り可能な小型Bluetoothキーボード。コンパクトサイズながら、キーピッチ19mm(※一部を除く)を実現している。

バッテリー駆動時間は最大84時間で、充電時間は約4時間。キーボードの開閉で電源のON/OFFが可能になっているため、省電力で使用できる。接続はBluetooth、USBケーブル(有線接続)をサポート。Bluetooth接続は最大2台までの機器とペアリングできる。対応OSはWindows 8.1以降、Android 4.1以降、iOS 9以降(iOSはローマ字入力のみ)。付属品は充電用USBケーブル、専用スタンドカバー、マニュアル(保証書付き)。

スタンドカバーはタブレットやスマートフォンのスタンドとしても使用できる。カラーはブラック(AM-KTF83J-GB)、ホワイト(AM-KTF83J-SW)の2種類をラインナップする。

Amazonで「MOBO Keyboard」をチェックする

楽天で「MOBO Keyboard」をチェックする

ヤフーショッピングで「MOBO Keyboard」をチェックする

くるくる巻いて持ち運べるモバイルキーボード LG「Rolly Keyboard 2(KBB-710)」

rolly-keyboard-2

Rolly Keyboard 2」(KBB-710)はくるくると巻いて持ち運べるロール型モバイルキーボード。Bluetooth 3.0に対応するほか、5段キー&かな入力にも対応している。

キーボードを広げたり、まるめたりすることで自動的にON/OFFすることが可能。自動ペアリング搭載で使いたいときにすぐに使用できるようになっている。搭載可能な端末はスマートフォンから10インチのタブレット。しっかりデバイスを支えて安定した状態でタイピングできる。キーボードはパンダグラフ式でキーピッチが16mm。Bluetooth対応のデバイスを最大3台まで同時にペアリングでき、ワンタッチで切り替えることもできる。

Amazonで「Rolly Keyboard 2」(KBB-710)をチェックする

楽天で「Rolly Keyboard」をチェックする

ヤフーショッピングで「Rolly Keyboard 2」(KBB-710)をチェックする

目次

モバイルキーボード まとめ パートⅠ

モバイルキーボード まとめ パートⅡ

モバイルキーボード まとめ パートⅢ(レトロ風)

スマホ・タブレットの周辺機器 まとめ記事こちら

<関連記事>

スマホ&タブレットを便利なものに変える周辺機器 まとめ

手書きをフル活用できる電子文具ガジェット まとめ

モノクロ電子文具&Eink製品 全機種チェック 

ペンタブレットでイラスト制作が超快適! 人気モデルを比較

手書きに特化したAndroid&WindowsタブレットPC まとめ