激安iPad miniをMacBookに変える「BRYDGE Mini」

Appleの人気ミニタブレット「iPad mini」の価格がしだいに下がってきた。

現在、iPad mini2のSIMスロットを搭載モデル(Wi-fi+Cellular)の中古が2万円前後ほど。

かつては5万円前後するものだけあったものだけにお買い得は高い。

しかし、最新モデルの「iPad mini4」と比べると、やや動作が遅いなど不便なところがあることも事実。

持ち運びには便利だが、用途が限られるため実際に使用する頻度は少なくなる可能性もある。

しかし、これから日本でも発売される「BRYDGE Mini」という製品を使えば、「iPad mini」はまるでMacBookのように使うことができるようになる。

製品の写真をみればわかるように、iPadとの一体感を重視したこだわりのあるアルミニウムボディを採用し、見た目が非常に美しい。

また、180度開閉可能なヒンジで角度調整が可能なため、Officeを使って文書作成も楽々とこなせる。

SIMスロットを搭載したiPad miniであれば、格安SIMを使って単体で通信することもできて非常に便利だ。

簡単に着脱できるので、自宅ではタブレットとして、外出先ではノートPCとして使用するといった使い分けもできる。

Amazonでの「BRYDGE Mini」の価格は現在 13,979円(iPad mini 1 / 2 / 3 用。iPad mini4用は15,000円)。

iPad miniをMacBookに変えて快適に文書作成をしたいと考えている人におすすめだ。

公式製品紹介ページ

BRYDGE MINI

 

この続きはこちらから読めます。

高純度のアルミニウム&180度開閉無段階ヒンジ搭載のBluetoothキーボード「BRYDGE Mini」

Appleの人気スマホ&タブレットをまとめてチェック!