「Samsung Galaxy S10」高評価レビュー続出の次世代スマホ


AmazonでAndroid 9.0を搭載した6.1型のスマートフォン「Samsung Galaxy S10」が販売されている。5G通信やWi-Fi 6レディ(第6世代無線LAN)に対応する次世代型のハイスペックスマホとして注目の製品。新たにDynamic AMOLED液晶や超広角、広角、望遠のトリプルカメラが搭載されている。

「Samsung Galaxy S10」 の概要

Dynamic AMOLED液晶&5G対応の次世代スマホ

Samsung Galaxy S10」はAndroid 9.0を搭載した6.1型のスマートフォン。IP68の防水防塵ボディにSamsung Exynos 9820 Octa(or Qualcomm SDM855 Snapdragon 855)と8GB RAMを搭載。19:9のDynamic AMOLED液晶、超広角、広角、望遠のトリプルカメラ、3000mAhバッテリー、128 (or 512GB)を備えるほか、ディスプレイ内指紋認証(超音波式)、WPC/PMA準拠のワイヤレス充電、Fast Wireless Charging 2.0による急速充電、4×4 MIMO、Wi-Fi 6レディ(第6世代無線LAN)にも対応している。

公式製品紹介ページはこちら

Samsungスマホのまとめ記事こちら

非公式レビュー動画 ディスプレイやボディの質感・写真撮影の様子が分かる

Amazonで「Samsung Galaxy S10」をチェックする

「Samsung Galaxy S10」 スペック  一覧

  • ディスプレイは6.1インチ、解像度1440 x 3040ピクセルの液晶
    ※19:9 / Curved Dynamic AMOLED / Infinity-O Display / Quad HD+ / 画面占有率 93.1%
  • プロセッサはExynos 9820 Octa or Qualcomm SDM855 Snapdragon 855
    ※出荷される国と地域によって異なる
  • GPUはMali-G76 MP12 or Adreno 640
  • RAMは8 GB
  • ストレージ容量は128 or 512GBで、micro SDカードで最大512GBまで増設可能
  • バッテリー容量は3000mAh
  • カメラは背面1200+1200万画素+1600万画素、前面1000万画素
  • OSはAndroid 9.0

「Samsung Galaxy S10」 スペック  詳細

以下、「Samsung Galaxy S10」 の詳細なスペック情報を掲載していきます。

ディスプレイはどうなってる?

ディスプレイは6.1インチ、解像度1440 x 3040ピクセルの液晶を搭載。アスペクト比19:9のDynamic AMOLED液晶で、画面占有率 93.1%を実現。HDR10+認証とダイナミックトーンマッピング、デジタルシネマ規格のDCI-P3などの技術により、美しい映像を再現する。

プロセッサやメモリ、グラフィックはどうなってる?

プロセッサはSamsung Exynos 9820 Octa(Qualcomm SDM855 Snapdragon 855) 、RAM(メモリ)は 8 GB を搭載。8nmプロセスで製造された64ビット対応のプロセッサで、前世代のExynos 9810と比較してCPUが20%の性能向上と40%の電力効率改善グラフィック(GPU)はARM Mali-G76 を12コアを搭載し、40%の性能向上と35%の電力効率改善を実現している。

ベンチマークのスコアは?

(Exynos 9820)

AnTuTu アプリによるベンチマークスコアは、総合で「321413」、CPUで「97784」、GPUで「144219」、UXで「67301」、MEMで「12109」。

バッテリー容量・充電は?

バッテリー容量は 3000mAh。USB Type-CによるQuick Charge 2.0/AFCやWPC/PMA互換のワイヤレス充電に対応。Fast Wireless Charging 2.0によって、充電速度は30%高速化している。また、デバイスへのワイヤレス給電「ワイヤレスパワーシェア」が利用可能。Qi対応のスマートフォンやサムスン製のフルワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds」などの対応ウェアラブルデバイスにも給電できる。

ストレージ容量はどれくらい?

ストレージ容量は128 or 512GB で、micro SDカードで最大512GBまで増設できる。

カメラはどうなってる?

カメラは背面1200+1200万画素+1600万画素前面1000万画素

背面には超広角と広角、望遠の3つのカメラを搭載。カメラ構成は超広角(16Mピクセル、画素ピッチ1.0μm、1/3.1インチのイメージセンサー、F2.2レンズ、123度の画角)、広角(12Mピクセル、画素ピッチ1.4μm、1/2.55インチのSuperSpeedデュアルピクセルイメージセンサー、F1.5/F2.4、絞り可変レンズ、77度の画角)、望遠(12Mピクセル、画素ピッチ1.0μm、1/3.6インチのイメージセンサー、F2.4のレンズ、45度の画角、光学式手ぶれ補正)。

カメラ機能は0.5/2倍の光学ズーム、10倍のデジタルズーム、光学式手ぶれ補正、AI&NPUによる最大30シーンの自動認識(人物、ステージ、クルマ、猫、犬、赤ちゃんなど)が利用可能。

PDAF、デュアルLEDフラッシュ、顔認識、タッチフォーカス、オートHDR、パノラマ、ジオタグなどの機能も利用できる。

前面カメラにはF1.9のレンズを搭載。広角80度の画角で、オートフォーカスも利用できる。

通信・対応バンド・Wi-Fi・Bluetooth は?

通信は4G、3G、2Gに対応(※5Gにも対応予定)。

最大7つのバンドを束ねる7CA。エンハンスド4×4 MIMOに対応したCat.20 LTEを採用し、受信時最大2.0Gbps、送信時最大150Mbpsを実現(※出荷される国と地域によって対応バンドや最大通信速度の仕様は異なるので注意が必要)。

対応バンド(周波数)は 4G LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 32(1500), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 66(1700/2100)、3G HSDPA 850 / 900 / 1700(AWS) / 1900 / 2100 MHz、2G Network GSM 850 / 900 / 1800 / 1900

SIMカードサイズはNano SIM+Nano SIM

Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac/ax (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS/GLONASS/BDS/GALILEO)もサポートする。

格安SIMは使えるの?

ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、 au の通信網に対応。楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなどの格安SIMも利用できる。

インターフェースはどうなってる?

インターフェースはUSB Type-C。搭載センサーは指紋(ディスプレイ下)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス、気圧計、心拍数、SpO2。

ボディはどうなってる?

ボディはIP68準拠の防水防塵に対応。ディスプレイの左右を湾曲させた形状を採用し、厚さ7.8 mmで手にもフィットしやすくなっている。

セキュリティはどうなってる?

セキュリティ面では顔認証指紋認証を搭載。顔認証は2Dでの認証のみ対応。指紋認証は米クアルコムなどが推進していた超音波式を採用し、高速にロック解除できる。

サイズや重さ、色はどうなってる?

サイズは149.9 x 70.4 x 7.8 mmで、重量は157 g。カラーはプリズムホワイト、プリズムブラック、プリズムグリーン、プリズムブルー、カナリーイエロー、フラミンゴピンクをラインナップする。

前モデル「Samsung Galaxy S9」との違いについて

Samsung Galaxy S10」は前モデルの「Samsung Galaxy S9」と比べてどのように違っているのだろうか?スペックと機能をふまえつつ、「液晶ディスプレイ」、「カメラ性能」、「指紋認証」、「通信性能」、「充電性能」の5項目に分けて、その違いを徹底的に検証してみよう。

液晶ディスプレイについて

「Samsung Galaxy S10」の液晶ディスプレイはアスペクト比19:9のDynamic AMOLED液晶で、解像度は1440 x 3040。それに対して「Samsung Galaxy S9」の液晶ディスプレイは18.5:9のInfinity Display液晶で、解像度は1440 x 2960。

解像度だけを見るとあまり変わっていないように見えるが、「Samsung Galaxy S10」の液晶ディスプレイはHDR10+認証に対応しており、明暗差のバランスが非常に優れている。それに加えて白飛びや黒つぶれの少ない「ダイナミックトーンマッピング」、映画撮影のカラーフィルム色域に対応する「デジタルシネマ規格のDCI-P3」にも対応しており、映像の美しさが格段に上がっている。

カメラ性能について

「Samsung Galaxy S10」には超広角、広角、望遠の3つのカメラ(背面1200+1200万画素+1600万画素)が搭載されており、シングルカメラ(背面1200万画素)だった「Samsung Galaxy S9」と大きく異なっている。

また、「Samsung Galaxy S10」では3つのカメラを活かして0.5/2倍の光学ズーム、10倍のデジタルズームが使えるほか、光学式手ぶれ補正にも対応する。その他にも、AI機能(NPU)による最大30シーンの自動認識も可能になっており、カメラの使い勝手は「Samsung Galaxy S9」を大きく上回っている。

指紋認証について

「Samsung Galaxy S10」は前モデルの「Samsung Galaxy S9」と同様に指紋認証に対応している。しかし、「Samsung Galaxy S10」は「Samsung Galaxy S9」とは違い、ディスプレイ内に指紋センサーを搭載。米クアルコムが推進する超音波式で高速にロック解除できるというメリットがある。

なお、「Samsung Galaxy S9」は顔認証の他に目でロック解除する「虹彩認証」にも対応していたが、「Samsung Galaxy S10」では対応しておらず、指紋認証と顔認証のみに対応している。

通信性能について

「Samsung Galaxy S10」は4G LET通信よりも高速な5G通信対応モデルも販売される予定になっている。また、Wi-Fi 6レディ(第6世代無線LAN)にも対応しており、前モデル「Samsung Galaxy S9」の性能を大きく上回っている。

5G通信やWi-Fi 6レディはこれから普及するサービスだが、通信速度が飛躍的に向上することから「次世代スマホ」の必須条件となる。これからの時代はいかにハイスペックであっても、通信速度が遅くては意味がない。「ハイスペック」と呼べるスマホは、5Gなどのずば抜けた通信速度が出せるものに限られるようになる。そういう意味で両者の違いは計り知れないほど大きいと言える。

充電性能について

「Samsung Galaxy S10」のバッテリー容量は3000mAhで、前モデルの「Samsung Galaxy S9」のバッテリー容量も3000 mAh。一見全く変わらないように見えるが、実は充電性能が異なっている。「Samsung Galaxy S10」はUSB Type-CによるQuick Charge 2.0/AFCやWPC/PMA互換のワイヤレス充電に対応し、充電速度も非常に速い。

また、他のスマホやデバイスへワイヤレス給電する「ワイヤレスパワーシェア」にも対応するなど充電性能が飛躍的に向上している。「Samsung Galaxy S10」はバッテリー駆動時間よりも充電性能に磨きをかけ、前モデル「Samsung Galaxy S9」の使い勝手を大きく上回っていることが分かる。

参考資料「Samsung Galaxy S9」 スペック 一覧

  • ディスプレイは5.8 インチ、解像度1440 x 2960 の液晶
  • プロセッサはQualcomm SDM845 Snapdragon 845 Octa-core (4×2.7 GHz & 4×1.7 GHz )
    ※サムスン製Exynos 9810モデルもあり
  • GPUはAdreno 630
  • RAMは 4GB
  • ストレージ容量は64/128/256 GBで、micro SDカードで最大400GBまで増設可能
  • バッテリー容量は3000 mAh
    ※連続通話は22時間、連続ビデオ再生は約16時間
  • カメラは背面1200万画素、前面800万画素
  • OSはAndroid 8.0

次世代を先取りする「Samsung Galaxy S10」の魅力

「Samsung Galaxy S10」の最大の魅力は次世代を先取りする先進性にあるといっていいだろう。10Gbpsの速度になると言われている5G通信に対応し、現在の4G(最大3.5GHz程度)で起こっている通信遅延の問題をいっきに解消する可能性を持っている。加えてWi-Fi 6レディ(第6世代無線LAN)にも対応し、最大速度9.6Gbpsのワイヤレス通信が可能。消費電力を少なくしつつ、現在の4倍~10倍ほどの通信速度が利用できるようになる。

これらの点をふまえると、「Samsung Galaxy S10」は前モデルの「Samsung Galaxy S9」とは全くの別物であるといえる。しかも、それは通信性能においてだけではなく、「液晶ディスプレイ」、「カメラ性能」、「充電性能」においても同様のことが言える。

19:9のDynamic AMOLED液晶や超広角・広角・望遠のトリプルカメラ、強力なワイヤレス充電機能を備えたことで「Samsung Galaxy S10」は確実に今の時代を飛び越えている。一度使ってしまえば、二度とこれまでのスマホに戻れなくなることだろう。

「Samsung Galaxy S10」の価格は?

Amazonでの「Samsung Galaxy S10」の価格は 127,800円。19:9のDynamic AMOLED液晶やトリプルカメラ、強力ワイヤレス充電機能を備えたハイスペックなスマホを探している人におすすめだ。

Amazonで「Samsung Galaxy S10」をチェックする