「Samsung Galaxy Z Flip」スペック、ベンチマーク、特徴、価格、比較


折りたたみ式のハイスペックなスマートフォン「Samsung Galaxy Z Flip」のスペック、ベンチマーク、特徴、価格、対応バンドを紹介! 「Motorola RAZR」との比較・違いやお得なセール&クーポン情報も合わせて掲載しています。

※日本のAmazonでも発売されました。au KDDI からは2020年2月18日から予約を開始し、2月28日に発売開始です。

このページ内の目次

「Samsung Galaxy Z Flip」の概要

Samsung Galaxy Z Flip」はAndroid 10を搭載した折りたたみ型のスマートフォン。厚さ7.2mm、重さ183 gのボディにQualcomm Snapdragon 855 Plus オクタコア プロセッサと8GB メモリを搭載。6.7インチのダイナミックAMOLED液晶、1.1インチのカバーディスプレイ、256GB UFS 3.0 ストレージ、3300 mAhバッテリー、背面12 MP + 12 MPのデュアルカメラ、前面10 MPのフロントカメラを備えるほか、

15Wの急速充電、ブルーライト軽減、フリーストップ折りたたみ機構(角度調整も可)、ワイヤレスパワーシェア、音声アシスタントBixby、Bixby Vision、4K UHD 動画撮影、顔認証、指紋認証、マイフィルター、Knox(セキュリティ)、Wi-Fiデュアルバンド、Bluetooth 5.0、USB Type-Cにも対応している。

公式ページ 「Samsung Galaxy Z Flip」
https://www.galaxymobile.jp/galaxy-z-flip/

公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・デザイン・特徴が分かる

日本のAmazonで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

au KDDIで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

AliExpressで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

米国 Amazon.comで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

「Samsung Galaxy Z Flip」 スペック 一覧

  • モデル SM-F700, SM-F700F, SM-F700F/DS, SM-F700U/DS, SM-F700U1/DS, SM-F700N, M-F7000
  • ディスプレイ 6.7インチ、解像度1080 x 2636 pxのダイナミックAMOLED液晶
    ※425 ppi / HDR10 + / ブルーライト軽減 / マルチ・アクティブ・ウィンドウ
  • カバーディスプレイ 1.1インチ、解像度112 x 300 pxのSuper AMOLED液晶
    ※タッチ操作に対応
  • プロセッサ Qualcomm SM8150 Snapdragon 855 Plus オクタコア
    ※7 nm / 64bit / 8コア / 最大2.96 GHz
    ※ 1×2.95 GHz Kryo 485 & 3×2.41 GHz Kryo 485 & 4×1.78 GHz Kryo 485
  • GPU Adreno 640 (700 MHz)
  • RAM(メモリ) 8GB
  • ストレージ 256GB UFS 3.0 ※拡張不可
  • バッテリー 3300 mAh
  • 充電 15Wの急速充電
  • 背面カメラ 12 MP + 12 MP
    12 MP= f/1.8, 27mm (wide), 1/2.55″, 1.4µm, Dual Pixel PDAF, OIS
    12 MP= f/2.2, 12mm (ultrawide), 1.12µm
  • 前面カメラ 10 MP
    10 MP= f/2.4, 26mm (wide), 1.22µm, PDAF, HDR
  • カメラの機能 スーパー手振れ補正 / 約123°の超広角撮影 / 背景ぼかし / 4K UHD 動画撮影 / ナイトハイパーラプス機能
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS)、NFC
  • インターフェース USB Type-C
  • センサー 指紋(サイドマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス、気圧計
  • OS Android 10.0 + One UI 2
  • サイズ 展開時:167.3 x 73.6 x 7.2 mm / 折り畳み時:87.4 x 73.6 x 17.3 mm
  • 重量 183 g
  • 付属品 AKGチューニングマイク付き高音質イヤホン (USB Type-C) (試供品)/SIM取り出し用ピン (試供品)/USB Type-Cケーブル (試供品)/OTG対応USB変換アダプタ (試供品)/クリアケース (試供品)
  • カラー ミラーブラック、ミラーパープル、ミラーゴールド、トムブラウンエディション
  • SIMカード Nano SIM
  • 対応バンド
    4G LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 14(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 29(700), 30(2300), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 46(5200), 66(1700/2100), 71(600)
    3G HSDPA 850(B5) / 900(B8) / 1700(AWS/B4) / 1900(B2) / 2100(B1)
  • 発売日 au KDDI 2020年2月28日

「Samsung Galaxy Z Flip」のベンチマーク

Samsung Galaxy Z Flip」のベンチマークスコアを紹介します。

Antutu


Samsung Galaxy Z Flip」のAntutuベンチマークスコアは、総合で「478175」、CPUで「139580」、GPUで「178916」、MEMで「85586」、UXで「74093」。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

なお、同じプロセッサ(Qualcomm Snapdragon 855 Plus オクタコア)は、「OPPO Reno Ace」「Red Magic 3S」「OnePlus 7T」「ROG Phone II 」「Black Shark 2 Pro」などにも搭載されています。

Geekbench


Samsung Galaxy Z Flip」のGeekbench によるベンチマークスコアは、

シングルコアで「725」、マルチコアで「2610」。

参考資料「Motorola RAZR」のベンチマーク

参考資料として「Motorola RAZR」のベンチマーク スコアを紹介します。

Motorola RAZR」のGeekbenchによるベンチマークのスコアは、

シングルコアで「392」、マルチコアで「1505」。

「Samsung Galaxy Z Flip」の特徴

Samsung Galaxy Z Flip」の特徴を、「Motorola RAZR」との違いをふまえてまとめてみました。折りたたみ式なので、これまでにない使い方が可能になっています。

革新的な折りたたみ式デザインを採用・ポケットに入るほどコンパクトサイズに

Samsung Galaxy Z Flip」は本体を折りたたむことで、手のひらにすっぽりと収まるサイズになります。サイズは折り畳み時で87.4 x 73.6 x 17.3 mm。従来のガラケー携帯とほぼ同じ大きさになるため、胸ポケットやズボンのポケットに入れておくこともできます。

一方、「Motorola RAZR」のサイズは展開時:172 x 72 x 6.9 mm、 折り畳まれた状態:94 x 72 x 14mmのサイズになります。「Samsung Galaxy Z Flip」 よりやや縦長になり、横幅もスリムな形状です。厚さも展開時、折り畳み時、どちらも薄くなるのが特徴的です。

なお、最近では6インチ級のスマホが数多く販売されていますが、携帯性はあまり良くありません。「Samsung Galaxy Z Flip」は折りたたみ式を採用することで、その弱点を克服しているといえます。

開くと6.7インチの有機EL液晶に・HDR10 +にも対応

Samsung Galaxy Z Flip」は展開時に6.7インチの大型液晶になるように設計されています。解像度は1080 x 2636 pxで、ピクセル密度 425 ppi の明るく色鮮やかなダイナミックAMOLED(有機EL)パネルを採用。広い明るさの幅(ダイナミックレンジ)を表現できるHDR10 +も採用し、Netflix、YouTube、Huluなどの動画も迫力ある映像で楽しめます。また、明るさを自動調整し、目に有害なブルーライトを軽減。Webや電子書籍の閲覧などでも目が疲れにくくなっています。

一方、「Motorola RAZR」のディスプレイは6.2インチ、解像度876 x 2142 pxのフレックスビューディスプレイ液晶(アスペクト比21:9)を採用しています。展開時においてサイズが0.5インチ小さくなりますが、解像度はそれほど大きな違いはありません。また、「Samsung Galaxy Z Flip」 と同じく、メインディスプレイとカバーディスプレイは連携させることができます。

閉じた状態で通知をチェック・ポートレート写真撮影も

Samsung Galaxy Z Flip」には閉じた状態でも通知が確認できるようにカバーディスプレイが搭載されています。サイズは1.1インチで、解像度112 x 300 pxSuper AMOLED液晶(タッチ対応)を採用。電話の着信通知やメール、SNS、カレンダー・リマインダーの通知などもチェックできるほか、日付や時間、バッテリー残量の確認もできます。なお、電源ボタンを2回押すことでカメラが起動。カバーディスプレイをファインダー代わりにして、閉じた状態でもポートレート写真が撮影できるようになっています。

一方、「Motorola RAZR」は2.7インチ(アスペクト比4:3)のサブディスプレイ「クイックビューディスプレイ」を搭載。「Samsung Galaxy Z Flip」 よりも1.6インチ大きく、通知も見やすくなっています。

好きな角度に調整できるカメラ・低角度からの撮影も可能に

Samsung Galaxy Z Flip」は背面に 12 MP + 12 MPのデュアルカメラ、前面に10 MPのフロントカメラを搭載。本体を角度調整して一定の角度で固定できるため、好きな角度で自由に撮影できるようになっています。

例えば、本体を地面に置いて低角度から撮影したり、本体を高く持ち上げて上斜めの角度から見下ろすような写真も簡単に撮影できます。また、約123°の超広角撮影スーパー手振れ補正背景ぼかし機能に対応。一定の角度で固定するフリーストップフォールディングを三脚代わりに使用し、ナイトハイパーラプス機能で美しい夜景を撮影することもできます。

一方、「Motorola RAZR」は背面16 MPのメインカメラ、前面5 MPフロントカメラを搭載。開いたときは通常のスマートフォンと同じように使用できますが、閉じた状態では、背面の16MPメインカメラがQuick Viewディスプレイを利用したポートレート用のカメラになるようになっています。

90°角度調整でGoogle Duoビデオ通話も快適

Samsung Galaxy Z Flip」は90°に角度調整することで、Google Duo(ユーザー同士がデータ通信量だけで通話できるアプリ)によるビデオ通話も快適に行えます。一定の角度で固定してテーブルなどに置けるため、通常のスマートフォンと違い、ブレる心配はなし。スマホを持つ必要もないので、通話しながら手も自由に使えます

一方、「Motorola RAZR」は業界初の 「ゼロギャップ・ヒンジ」 を採用。完全に折りたたんで、ディスプレイの両面を互いにピッタリ重ねられるようになっています。動画で確認したところ、「Motorola RAZR」は一定の角度で固定できないようで、「Samsung Galaxy Z Flip」のように90°に角度調整することができないようです。この点で「Samsung Galaxy Z Flip」の方が角度を自由に変えて使えるという幅広い用途で使えることが分かります。

フリーストップフォールディング機能&フレックスモードでアプリ操作も快適

フリーストップフォールディング機能とは自由な位置で固定する機能のことです。一般的な折りたたみ機構はヒンジを回転させる仕組みを採用しているため、角度がズレてしまうという欠点がありますが、「Samsung Galaxy Z Flip」の場合は、一定の角度で固定することができます。

また、「Samsung Galaxy Z Flip」にはフレックスモードという独自の画面分割機能が搭載されており、上半分を映像領域に、下半分をアプリの使用領域に分割して表示することができます。この機能を利用することで、映像を見ながら、メモを取ったり、メールや通知などをチェックしたりできます。

なお、前述したとおり、「Motorola RAZR」の場合は「Samsung Galaxy Z Flip」のようなフリーストップフォールディング機能がありません。閉じるか、開くかの二者択一で、途中で止めて使うという使い方はできません。ただし、「Samsung Galaxy Z Flip」のフレックスモードのように、2つの画面で異なるアプリを起動させることはできます。

マルチ・アクティブ・ウィンドウ機能で複数アプリを同時に使える

Samsung Galaxy Z Flip」にはマルチ・アクティブ・ウィンドウ機能という最大3つのアプリを同時に起動できる機能が搭載されています。この機能を利用することで、メインディスプレイの上下に別々の内容を表示でき、Webページの閲覧、画像編集、SNSの投稿などがいちいち画面を閉じることなく、同時に行えるようになります。

3300mAhのデュアルバッテリーで長持ち動作・ワイヤレスパワーシェア機能も

Samsung Galaxy Z Flip」は本体の上下それぞれにバッテリーを搭載した3300mAhのデュアルバッテリーを搭載。一日充電なしで使用することができます。また、15Wの急速充電に対応し、短時間で充電を完了させることが可能。ワイヤレスパワーシェア機能で、サムスンの完全ワイヤレスイヤホン「Buds+」やスマートウォッチ「Galaxy Watch」にワイヤレスで給電することができます。

「Samsung Galaxy Z Flip」と「Motorola RAZR」のスペックを比較

Samsung Galaxy Z Flip」と「Motorola RAZR」のスペック比較してまとめてみました。

ディスプレイの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 6.7インチ、解像度1080 x 2636 pxのダイナミックAMOLED液晶
※425 ppi / HDR10 + / ブルーライト軽減 / マルチ・アクティブ・ウィンドウ

Motorola RAZR」 6.2インチ、解像度876 x 2142 pxのP-OLED液晶
※373 ppi

カバーディスプレイの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 カバーディスプレイ 1.1インチ、解像度112 x 300 pxのSuper AMOLED液晶
※タッチ操作に対応

Motorola RAZR」 2.7インチ、解像度600 x 800 pxのG-OLED

プロセッサの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 Qualcomm Snapdragon 855 Plus オクタコア
※ 7 nm / 64bit / 8コア / 最大2.96 GHz

Motorola RAZR」 Qualcomm SDM710 Snapdragon 710 オクタコア
※ 10 nm /64bit / 8コア / 最大2.2 GHz

GPUの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 Adreno 640

Motorola RAZR」 Adreno 616

RAM(メモリ)の違い

Samsung Galaxy Z Flip」  8GB

Motorola RAZR」  6GB

Geekbench  ベンチマークの違い

Samsung Galaxy Z Flip」シングルコアで「725」、マルチコアで「2610」

Motorola RAZR」シングルコアで「392」、マルチコアで「1505」

ストレージの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 256GB UFS 3.0 ※拡張不可

Motorola RAZR」 128GB  ※拡張不可

バッテリーの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 3300 mAh 15Wの急速充電

Motorola RAZR」 2510 mAh 15Wの急速充電

カメラの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 背面 12 MP + 12 MP、前面 10 MP

Motorola RAZR」 背面16 MP、前面5 MP

ワイヤレス通信の違い

Samsung Galaxy Z Flip」 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, GALILEO, BDS)、NFC

Motorola RAZR」 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth5.0、GPS(A-GPS, GLONASS, LTEPP, SUPL)、NFC

インターフェースの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 USB Type-C

Motorola RAZR」 USB Type-C

OSの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 Android 10.0 + One UI 2

Motorola RAZR」 Android 9.0 (Pie)

サイズ・重量・カラーの違い

Samsung Galaxy Z Flip」 サイズ 展開時:167.3 x 73.6 x 7.2 mm / 折り畳み時:87.4 x 73.6 x 17.3 mm、重量 183 g、カラー ミラーブラック、ミラーパープル、ミラーゴールド、トムブラウンエディション

Motorola RAZR」 サイズ 展開時:172 x 72 x 6.9 mm、 折り畳まれた状態:94 x 72 x 14mm、重量 205 g、カラー ノワールブラック、ブラッシュゴールド

「Samsung Galaxy Z Flip」のメリット・デメリット

Samsung Galaxy Z Flip」のメリットデメリットを、「Motorola RAZR」との違いをふまえてまとめてみました。

<メリット>

「Motorola RAZR」と違い、有機EL液晶ディスプレイを採用している

「Motorola RAZR」よりも展開時のサイズが0.5インチ大きく、解像度も高い

「Motorola RAZR」よりもプロセッサの性能がかなり高く、ベンチマークスコアも高い

「Motorola RAZR」よりもメモリ容量が2GB多い

「Motorola RAZR」よりもストレージ容量が128GB分多い

「Motorola RAZR」よりもバッテリー容量が790mAh分多く、より長く駆動できる

「Motorola RAZR」と違い、背面がデュアルカメラになっている

「Motorola RAZR」よりも前面カメラの画素数が高い

「Motorola RAZR」よりもOSのバージョンが新しい

<デメリット>

「Motorola RAZR」と違い、カバーディスプレイのサイズが1.6インチ小さい

「Motorola RAZR」よりも背面カメラの画素数が低い

「Samsung Galaxy Z Flip」の価格は?

Samsung Galaxy Z Flip」は、販売先によって価格が異なっています。

日本のAmazon

日本のAmazonで202,480円で販売されています。SIMフリー版です。

au KDDI

au KDDIでの価格は、税別16万3054円(税込17万9360円)。2月18日より予約を開始。2020年2月28日に発売開始。なお、auは新たな端末購入補助プログラム「かえトクプログラム」を2月21日より開始予定。同プログラムを適用することで、機種変更後の端末返却を前提として、5万9760円が割り引かれ、11万9600円で購入できます。

https://news.kddi.com/kddi/corporate/newsrelease/2020/02/17/4287.html

AliExpress

AliExpressでUS $2,171.70で販売されています。

米国 Amazon.com

米国 Amazon.comで$2,399.99で販売されています。

日本のAmazonで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

au KDDIで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

AliExpressで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

米国 Amazon.comで「Samsung Galaxy Z Flip」をチェックする

「Samsung Galaxy Z Flip」のセール・クーポン情報は?

Samsung Galaxy Z Flip」のセール・クーポン情報はまだありませんが、大規模なセール期間中にクーポンが配布され、さらに安くなることがあります。頻繁にサイトをチェックすることをおすすめします。

 

 

楽天市場に「Samsung Galaxy」の型落ちモデルが入荷中!

楽天市場で「Samsung Galaxy」の型落ちモデルが入荷しています。

楽天市場で「Samsung Galaxy」(スマートフォン)をチェックする

 

ヤフーショッピングに「Samsung Galaxy」の激安中古品が入荷中!

ヤフーショッピングに「Samsung Galaxy」の激安中古モデルが入荷しています。

ヤフーショッピングで「Samsung Galaxy」(スマートフォン)をチェックする

 

「Samsung Galaxy Z Flip」の対応バンドを詳細にチェック!

Samsung Galaxy Z Flip」(SIMフリーモデル)の対応バンドは以下のようになっています。

4G LTE band 1(2100), 2(1900), 3(1800), 4(1700/2100), 5(850), 7(2600), 8(900), 12(700), 13(700), 14(700), 17(700), 18(800), 19(800), 20(800), 25(1900), 26(850), 28(700), 29(700), 30(2300), 34(2000), 38(2600), 39(1900), 40(2300), 41(2500), 46(5200), 66(1700/2100), 71(600)、
3G HSDPA 850(B5) / 900(B8) / 1700(AWS/B4) / 1900(B2) / 2100(B1)

SIMカードはNano SIMを採用しています。

以下、「Samsung Galaxy Z Flip」の対応バンドを詳細に紹介していきます。

「Samsung Galaxy Z Flip」のドコモ回線対応状況

Samsung Galaxy Z Flip」の4G LTE通信は日本全国で利用できるバンド1、 東京・名古屋・大阪の高速通信バンド3、地下や郊外でも繋がりやすいプラチナバンドの19に対応。3G通信は日本全国で使えるバンド1に対応していますが、極一部の山岳地帯や農村地区をサポートするFOMAプラスエリア(バンド6の800MHz帯と、バンド19の800MHz帯)には非対応なので該当地域へ行くときは注意が必要です。

Samsung Galaxy Z Flip」はドコモLTE通信のバンドにほぼすべて対応し、3Gも主なバンドに対応しているので大部分のエリアで快適な通信が可能です。

主なドコモ回線SIM:楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなど

「Samsung Galaxy Z Flip」のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

※ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しています。

Samsung Galaxy Z Flip」の4G LTEは、メインとなる バンド1、エリアが広い元Emobile回線のバンドの3、通信エリアを広くカバーするプラチナバンドの8に対応。また、モバイルWiFiやSoftbank Airなどに使われる、通信方式の異なるTDD-LTEのバンド41にも対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。

Samsung Galaxy Z Flip」はソフトバンクやワイモバイルのスマホと同じように通信できる対応バンドを持っています

「Samsung Galaxy Z Flip」のau回線対応状況

Samsung Galaxy Z Flip」はau VoLTE SIMのバンドに対応し、通話もデータ通信も行えることになっています。しかし、au回線は対応バンドが合致していても、うまく通信できない場合があります。実機レビューなどでau VoLTE SIMが利用できるのを確かめた上で、購入した方がいいでしょう。