「Alldocube iPlay 7T」のスペック、対応バンド、特徴、機能、価格


Android9.0を搭載した6.98型のタブレット「Alldocube iPlay 7T」のスペック 、特徴、機能、価格、対応バンドを紹介!お得なセール&クーポン情報も合わせて掲載していきます。

※日本のAmazon、楽天市場、ヤフーショッピングでも発売されました。GearBest、Banggood、AliExpressでも販売中です。

「Alldocube iPlay 7T」

Alldocube iPlay 7T」はAndroid9.0を搭載した6.98型のタブレット。厚さ9.9mmのボディにUNISOC SC9832E クアッドコアCPUと2GBメモリを搭載。HD画質のIPS液晶や16GBストレージ、2800mAhバッテリー、背面200万画素、前面30万画素カメラを備えるほか、

AI機能(プロセッサ内蔵)、AIによる電源管理機能、スマートブロッキング機能(通話・SMS)、4G LET通信、USB Type-C、GPS、OTG、256Gメモリカードの拡張、VoLTE 通話にも対応している。

公式製品紹介ページはこちら
https://www.alldocube.com/en/android/iplay7t/

非公式レビュー動画 ディスプレイの見え方やボディの質感・特徴が分かる

Amazonで「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 7T」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 7T」をチェックする

「Alldocube iPlay 7T」のスペック 一覧

  • ディスプレイ 6.98インチ、解像度1280×720のIPS液晶
  • プロセッサ UNISOC SC9832E Quad Core ARM Cortex-A53 1.4GHz
  • GPU Mali-450
  • RAM(メモリ) 2GB
  • ストレージ 16GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大256GBまで
  • バッテリー 2800mAh
    ※3.7V/10.35Wh
  • 背面カメラ 200万画素
  • 前面カメラ 30万画素
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.0、GPS、4G、3G、2G
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmジャック
    ※OTG対応
  • OS Android 9.0
  • サイズ 190×98×9.9mm
  • 重量 345g
  • SIMカード Micro SIM×2
  • 対応バンド 4G FDD-LTE:B1/3/7/8/20,B2/4/17/28 TDD-LTE:B40
    3G WCDMA:B1/8,B2/5
    2G GSM:B3/8,B2/5

「Alldocube iPlay 7T」のベンチマークのスコア

Alldocube iPlay 7T」のベンチマークのスコアはまだ公開されていませんが、 UNISOC SC9832Eのベンチマークスコアが公開されています。

AnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「74,668」。Snapdragon 450やHelio P22などと同等の性能を発揮するようです。

ゲームは快適にプレイできるの?

Alldocube iPlay 7T」はゲームを快適にプレイできる程度のベンチマークスコアはクリアしています。ベンチマークスコアが総合で「74,668」なので、3Dゲームを含めてほとんどのゲームはスムーズに動作するほずです。負荷が非常に高いゲームには向いていません。

「Alldocube iPlay 7T」の特徴・機能

Alldocube iPlay 7T」の特徴機能をまとめてみました。

AIプロセッサでパワフル動作

Alldocube iPlay 7T」はAI機能を内蔵したUNISOC SC9832E クアッドコアプロセッサ を搭載し、パワフルに動作します。AnTuTuアプリによるベンチマークスコアは、総合で「74,668」。エンジニアによる数か月間の最適化動作により、Qualcomm Snapdragon 439 8コアプロセッサと同等の性能を発揮します。

AI機能で動画視聴も快適・起動も高速

Alldocube iPlay 7T」はAI機能を内蔵したプロセッサとMali T820 MP1 GPU グラフィックスにより、ビデオデコード機能が向上し、ストリーミング動画にも快適に視聴できます。また、AIによるサポートを受けることで、起動時間が短縮され、わずか22秒しかかかりません。

AIによるインテリジェントな電源管理機能が使える

Alldocube iPlay 7T」にはAIによるインテリジェントな電源管理機能が搭載されており、バッテリー寿命を延長させることができます。具体的にはAIによってアプリケーションのスタンバイの最適化、ロック画面のクリーニング、自動起動管理、およびその他の機能によって無駄なバッテリー消費を削減することができます。

スマートブロッキング機能で迷惑な電話・SMSをシャットアウト

Alldocube iPlay 7T」にはスマートブロッキング機能が搭載されており、事前に登録しておいた迷惑な電話・SMSをブロックすることができます。この機能は迷惑な電話・SMSに邪魔されずに静かに作業するときに便利です。

SIMフリーで VoLTE 通話も利用できる

Alldocube iPlay 7T」はSIMスロットを搭載し、単体で4G、3G、2Gの通信が可能になっています。また、高音質な通話が可能な VoLTE に対応し、クリアな音声で通話できるようになっています。

「Alldocube iPlay 7T」の価格は?

Alldocube iPlay 7T」は現在、

日本のAmazonで10,100円(2000円OFFのクーポン付き)、

楽天市場で8,480円 (税込)、

ヤフーショッピングで1万1千円〜、

Banggoodで7,608円、

AliExpressでUS $79.64、

で販売されています。

Amazonで「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

楽天市場で「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

ヤフーショッピングで「ALLDOCUBE IPlay 7T」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 7T」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 7T」をチェックする

他の Alldocube タブレットと比較

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「ALLDOCUBE iPlay8 Pro」(8.0インチ)

★「ALLDOCUBE M8」(8.0インチ)

★「ALLDOCUBE M5X」(10.1インチ)

★「ALLDOCUBE X」(10.1インチ)

★「ALLDOCUBE iPlay10 Pro」(10.1インチ)

★「Alldocube M5X Pro」(10.1インチ)

★「Alldocube iPlay 20」(10.1インチ)

AliExpressで「Alldocube iPlay 20」をチェックする

★「Alldocube X Neo」(10.5インチ)

Banggoodで「Alldocube X Neo」をチェックする

Alldocube タブレットをまとめてチェック!

その他のおすすめ Alldocube タブレットについては、以下のページにまとめてあります。8インチ〜10.1インチのタブレットもあるので、ぜひ比較してみてください。

ALLDOCUBE タブレット 激安コスパで独走! 2019 全機種を比較

「Alldocube iPlay 7T」のセール・クーポン情報

Banggoodで「Alldocube iPlay 7T」が激安価格に!

Banggoodでは 8,270円 の 8% Off で7,608円で販売されています。

セール期間中に値下げされてさらに安くなるときがあります。また、セールに合わせてお得なクーポンが発行されることもあるので、こまめにサイトをチェックしておくことをおすすめします。

 

AliExpressでAlldocubeタブレットが大幅値下げセール!

AliExpressでAlldocubeタブレットが大幅値下げセールが開始されています。

AliExpressで「Alldocubeタブレット」(セール)をチェックする

 

「Alldocube iPlay 7T」の対応バンドを詳細にチェック!

Alldocube iPlay 7T」の対応バンドは以下の通り。

4G FDD-LTE:B1/3/7/8/20,B2/4/17/28 TDD-LTE:B40
3G WCDMA:B1/8,B2/5
2G GSM:B3/8,B2/5

SIMカードは Micro SIM×2 を採用しています。

以下、「Alldocube iPlay 7T」の対応バンドを詳細に紹介していきます。

「Alldocube iPlay 7T」のドコモ回線対応状況

Alldocube iPlay 7T」の4G LTE通信は日本全国で利用できるバンド1、 東京・名古屋・大阪の高速通信バンド3。3G通信は日本全国で使えるバンド1に対応していますが、極一部の山岳地帯や農村地区をサポートするFOMAプラスエリアには非対応なので該当地域へ行くときは注意が必要です。

Alldocube iPlay 7T」はドコモLTE通信のバンドにほぼすべて対応し、3Gも主なバンドに対応しているので大部分のエリアで快適な通信が可能です。

主なドコモ回線SIM:楽天モバイル、LINEモバイル、BIGLOBE、DMMモバイル、OCNモバイル、IIJmio、イオンモバイルなど

「Alldocube iPlay 7T」のソフトバンク回線、ワイモバイル回線の対応状況

※ソフトバンクとワイモバイルは同じ回線を利用しています。

Alldocube iPlay 7T」の4G LTEは、メインとなる バンド1、エリアが広い元Emobile回線のバンドの3、通信エリアを広くカバーするプラチナバンドの8に対応。3Gも通信に必要なバンド1および8に対応しています。

Alldocube iPlay 7T」はソフトバンクやワイモバイルのスマホと同じように通信できる対応バンドを持っています

「Alldocube iPlay 7T」のau回線対応状況

Alldocube iPlay 7T」はau VoLTE SIMのバンドに対応していません。試しにテストする必要すらないので無駄な努力はやめましょう。

その他のおすすめAndroid タブレットは?

その他のおすすめAndroid タブレットは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

Android 9.0で使えるタブレット 最新 まとめ

Android 9.0のタブレットをまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランド の激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。