「Alldocube iPlay 40」と超人気Android 10 タブレットを徹底 比較!


2021年1月10日に発売された「Alldocube iPlay 40」と超人気Android 10 タブレットを徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2021年7月、新OS版「Alldocube iPlay 40H」、上位版「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」が発売されました。

※2021年5月、「Alldocube iPlay 20S」が発売されました。

※2020年10月から「Alldocube iPlay 30 / Pro」、7月から「Alldocube iPlay 20 Pro」も発売されています。

「Alldocube iPlay 40」の特徴

Alldocube iPlay 40」の特徴を紹介します。

UNISOC T618 & 8GBメモリで高速動作

Alldocube iPlay 40」はAI対応のUnisoc Tiger T618 オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約200,000点を記録し、前モデル「Alldocube iPlay 30」よりも60000点ほどスコアが向上しています。また、大容量8GBメモリを搭載。4GBメモリ搭載だった前モデル「Alldocube iPlay 30」よりも2倍の容量となり、よりスムーズに動作するようになっています。

2K画質のフルビュー液晶が見やすい

Alldocube iPlay 40」は10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶を搭載。2k画質になったことで、フルHD画質だった前モデル「Alldocube iPlay 30」よりもさらに高精細になっています。また、極細ベゼルを採用し、画面をよりワイドに表示することが可能。ガラスとパネルを一体化したフルラミネーション採用でより色鮮やかな映像で動画を楽しめます。

クアッドスピーカー・4G LET通信・2TBまで拡張

Alldocube iPlay 40」は本体に4つのスピーカーを搭載。デュアルスピーカーだった前モデル「Alldocube iPlay 30」よりも迫力あるサウンドが楽しめるようになっています。また、前モデル同様に4G LET通信に対応。Wi-FiデュアルバンドやBluetooth5.0にも対応しています。そのほか、大容量128GBストレージを搭載。microSDカードで最大2TBまで拡張することもできます。

公式ページ  Alldocube iPlay 40

価格を比較

Alldocube iPlay 40」と、「Teclast M40」、「Blackview Tab 8」、「Dragon Touch NotePad 102」の価格を比較してみました。

「Alldocube iPlay 40」

Alldocube iPlay 40」は、Amazonで31,999円(2000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,800円 (税込)、ヤフーショッピングで28,250 円、Banggoodで24,361円、AliExpressでUS $239.99 – 258.99 で販売されています。

「Teclast M40」

Teclast M40」は、Amazonで23,900円、楽天市場で21,580円 (税込)、ヤフーショッピングで21,250 円(税込)、Banggoodで17,405円、AliExpressでUS $179.99 – 183.39、Gearbestで19169 円 で販売されています。

「Blackview Tab 8」

Blackview Tab 8」は、Amazonで21,999円(3000円OFFクーポン付き・本体のみ)、楽天市場で 21,999円(税込)、ヤフーショッピングで18,800 円、Banggoodで14,796円(セール販売中・専用キーボードは5,254円)、AliExpressでUS $161.99 – 192.37、Gearbestで19159 円 で販売されています。

「Dragon Touch NotePad 102」

Dragon Touch NotePad 102」は、Amazonで19,999円(6000円OFFクーポン付き)、楽天市場で24,999円 (税込)、ヤフーショッピングで23,211 円、米国Amazon.comでUS$ 139.99 (日本発送は+ 15.34)で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Alldocube iPlay 40」と、「Teclast M40」、「Blackview Tab 8」、「Dragon Touch NotePad 102」のAntutuベンチマークスコアを比較してみました。

「Alldocube iPlay 40」

Antutu総合で「205549」、CPUで「64944」、GPUで「41250」、MEMで「58201」、UXで「41154」。

<CPU> UNISOC T618

<プロセッサ性能を解説>

プロセッサ性能はかなり高い方で、負荷が高めの3Dゲームもサクサクとプレイできます。AI対応なのでゲーム用としても十分なパフォーマンスを発揮するでしょう。もちろん、動画視聴、画僧の編集、ネットでの調べものも快適です。これだけでの性能があれば、ZoomなどのWeb会議、オンライン授業でもかなり快適です。ただし、本当にAntutuベンチマーク20万ほどの性能が必要なのかどうかはよく確認する必要があります。ライトな使い方であればAntutuベンチマーク10万ほどでもかなり快適です。負荷が高めの3Dゲームや作業をガンガンやる方にはおすすめします。

<CPU> Unisoc Tiger T618

「Teclast M40」

Antutu総合で「205549」、CPUで「64944」、GPUで「41250」、MEMで「58201」、UXで「41154」。

<CPU> UNISOC T618

「Blackview Tab 8」

Antutu総合で「104635」、CPUで「39169」、GPUで「10148」、MEMで「36271」、UXで「19047」。

<CPU> Unisoc SC9863A
※「Teclast P10HD」「Teclast P10S」「Vankyo S30」「Alldocube iPlay 20」「Binai M11」と同じプロセッサ

「Dragon Touch NotePad 102」

AnTuTu総合で約94,000

<CPU> Unisoc SC9863A
※「VANKYO S20」と同じプロセッサ

スペックを比較

Alldocube iPlay 40」と、「Teclast M40」、「Blackview Tab 8」、「Dragon Touch NotePad 102」のスペックを比較してみました。

「Alldocube iPlay 40」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶
    ※2Kフルビュー/極細ベゼル/フルラミネーション
  • プロセッサ Unisoc Tiger T618 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • CPU 2xA75 + 6xA55  Octa Core
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 6000mAh /3.8V
  • 充電 Type-C充電に対応
  • 背面カメラ 8MP  ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(Beidou/Galileo/Glonass)
  • インターフェース Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • オーディオ クアッドBOXステレオスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 248.1 x 157.9 x 8.3mm
  • 重量 474g
  • カラー ブラック
  • SIMカード NanoSIM(デュアルSIM)
    ※DSDS対応・VoLTE対応
  • 対応バンド ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G FDD:B1/2/3/5/7/8/20/28AB TDD: B38/39/40/41
    3G WCDMA:B1/2/5/8
    2G GSM:B2/3/5/8

関連記事ALLDOCUBE タブレット 激安コスパで独走! 最新 全機種を比較

Amazonで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 40」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

GearBestで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

米国Amazon.comで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

「Teclast M40」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※10点マルチタッチ操作
  • プロセッサ UNISOC T618 オクタコア
    ※12nm
  • CPU 2xA75 + 6xA55
  • GPU ARM Mali-G52
  • RAM(メモリ) 6GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 充電 Type-C充電に対応
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n ( 2.4GHz/5GHz )、Bluetooth 5.0、GPS
  • インターフェース Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー Gセンサー
  • スピーカー ステレオスピーカー
  • OS Android 10
  • サイズ 243 x 163 x 9.3mm
  • 重量 529g
  • カラー ブラック

関連記事「Teclast M40」と超人気タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Teclast M40」をチェックする

楽天市場で「Teclast M40」をチェックする

ヤフーショッピングで「Teclast M40」をチェックする

Banggoodで「Teclast M40」をチェックする

AliExpressで「Teclast M40」をチェックする

Gearbestで「Teclast M40」をチェックする

「Blackview Tab 8」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶
    ※16:10 / 輝度自動調整(目の保護)/ FHD+
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア 1.6 GHz
  • GPU PowerVR GE8322
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大128GBまで
  • バッテリー 6580 mAh
  • 駆動時間 連続スタンバイで408時間、連続通話で20時間、連続動画再生で8時間、連続ゲームプレイで8時間、連続音楽再生で28時間
  • 充電 節電機能・OTGリバースチャージ機能
  • 背面カメラ 13MP
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac (2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS(GLONASS BEIDOU)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、SIMカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 近接、光、重力
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • 生体認証 顔認証
  • 専用キーボード あり
  • レザーケース 付属・自立可能
  • OS Android 10.0
  • サイズ 243.6 x 162.4 x 8.9mm
  • 重量 600g
  • カラー シルバー、ゴールド

関連記事「Blackview Tab 8」とAndroid 10タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Blackview Tab 8」をチェックする

楽天市場で「Blackview Tab 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Blackview Tab 8」をチェックする

Banggoodで「Blackview Tab 8」をチェックする

AliExpressで「Blackview Tab 8」をチェックする

Gearbestで「Blackview Tab 8」をチェックする

「Dragon Touch NotePad 102」のスペック

  • ディスプレイ  10.1インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶
    ※読書モード(ブルーライト軽減)
  • プロセッサ Unisoc SC9863A オクタコア
  • CPU Octa-core CortexTM A55 1.6GHz
  • GPU IMG8322
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 32GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大最大128GBまで
  • バッテリー 6000mAh 3.7V
  • 駆動時間 動画再生で8〜9時間、読書で15時間
  • 充電 5V/2A
  • 背面カメラ 8MP
  • 前面カメラ     5MP
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GH)、Bluetooth 5.0、GPS (Wi-Fi)
  • インターフェース USB Type-C、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • FMラジオ 対応・利用できます
  • 材質 金属(フルメタル)
  • OS Android 10.0
  • Google Playストア 対応
  • Googleアプリ・GMS認証 対応
  • 言語 日本語を含むマルチ言語に対応
    ※デフォルト言語は英語。日本語に変更するには設定で日本語を選択する必要あり
  • サイズ 24.36cm x 16.24cm x 0.79cm
  • 重量 458.5g
  • カラー シルバー

関連記事「Dragon Touch NotePad 102」と高コスパAndroid タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Dragon Touch NotePad 102」をチェックする

Amazonで「Dragon Touch Notepad 102 専用ドッキングキーボード」をチェックする

楽天市場で「Dragon Touch NotePad 102」をチェックする

ヤフーショッピングで「Dragon Touch NotePad 102」をチェックする

米国Amazon.comで「Dragon Touch NotePad 102」をチェックする

「Alldocube iPlay 40」のメリット・デメリット

Alldocube iPlay 40」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・2K画質のIPS液晶・極細ベゼル&フルラミネーション採用

Alldocube iPlay 40」は10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのIPS液晶を搭載しています。画質は2Kで非常に高精細。極細ベゼルやフルラミネーション採用で画面がよりワイドで色鮮やかです。

一方、「Teclast M40」は10.1インチで解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶(フルHD・10点マルチタッチ)を搭載、 「Blackview Tab 8」は 10.1インチで解像度1920 x 1200ドットのIPS液晶(フルHD・ブルーライト軽減)を搭載、「Dragon Touch NotePad 102」は10.1インチ、解像度1280×800ドットのIPS液晶(HD・ブルーライト軽減)を搭載しています。

・8GBメモリ&128GBストレージ搭載で快適に使える

Alldocube iPlay 40」は大容量8GB LPDDR4メモリを搭載し、遅延なくスムーズに動作します。また、128GBストレージ搭載で、microSDカードで最大2TBまで拡張することもできます。

一方、「Teclast M40」は6GB LPDDR4メモリ&128GBストレージを搭載、「Blackview Tab 8」は4GBメモリ&64GBストレージ搭載、「Dragon Touch NotePad 102」は3GBメモリ&32GBストレージ搭載になっています。

・6000mAhバッテリーでType-C充電に対応

Alldocube iPlay 40」は6000mAhバッテリー搭載で一日充電なしで使用できます。また、Type-C充電も利用できます。

一方、「Teclast M40」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応、「Blackview Tab 8」は6580 mAhバッテリー搭載でType-C充電&リバースチャージ機能に対応、「Dragon Touch NotePad 102」は6000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。

・背面8MP&前面5MPカメラが使える

Alldocube iPlay 40」は背面に800万画素カメラを搭載し、鮮明な写真を撮影することができます。また、前面に500万画素カメラを搭載しているため、Zoomやオンライン授業でも鮮明な映像でやり取りできます。

一方、「Teclast M40」は背面8MP&前面8MPカメラを搭載、「Blackview Tab 8」は背面13MP&前面5MPカメラを搭載、「Dragon Touch NotePad 102」は背面8MP&前面5MPカメラを搭載しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応

Alldocube iPlay 40」は高速で途切れづらいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。また、SIMスロットを搭載しているため、タブレット単体でGPS(Beidou/Galileo/Glonass)ナビゲーションも利用できます。

一方、「Teclast M40」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPSに対応「Blackview Tab 8」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS(GLONASS BEIDOU)に対応、「Dragon Touch NotePad 102」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&GPS (Wi-Fi)に対応しています。

・厚さ8.3mmで重さ474gの薄型軽量ボディ・フルメタルで高級感あり

Alldocube iPlay 40」は厚さ8.3mmで重さ474gの薄型軽量デザインを採用しています。また、フルメタル(金属素材)を採用しているため、高級感もあります。

一方、「Teclast M40」は厚さ9.3mmで重さ529g、「Blackview Tab 8」は厚さ8.9mmで重さ600g、「Dragon Touch NotePad 102」は厚さ7.9mmで重さ458.5g になっています。

・SIMフリーで4G LET通信に対応・DSDS&VoLTE対応

Alldocube iPlay 40」はSIMスロットを搭載し、4G LET通信も利用できます。もちろん、格安SIMも利用可能です。また、DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)に対応し、2枚のSIMを使った同時待ち受けに対応。高品質な通話が可能なVoLTEにも対応しています。

一方、「Dragon Touch NotePad 102」はSIMスロットを搭載していないため、単体で4G LET通信することはできません。「Teclast M40」と「Blackview Tab 8」はSIMスロット搭載で単体で4G LET通信することができます。

・クアッドBOXスピーカー搭載で音がいい

Alldocube iPlay 40」は本体に4つのスピーカーを搭載しています。ステレオのBOXスピーカーなので重低音がしっかりしたサウンドが楽しめます。

一方、「Teclast M40」はステレオスピーカーを搭載、「Blackview Tab 8」と「Dragon Touch NotePad 102」は デュアルスピーカーを搭載しています。

デメリット

・専用キーボードが用意されていない

Alldocube iPlay 40」は専用キーボードが用意されていません。サードパーティー製のものを使うしかありません。

一方、「Blackview Tab 8」は専用キーボードが用意されています。「Dragon Touch NotePad 102」は2020年9月16日からAmazon.co.jpで専用キーボードが販売されています(※現在、売り切れ中)。「Teclast M40」は専用キーボードが用意されていません。

・ゴリラガラスで保護されていない

Alldocube iPlay 40」は前モデル「Alldocube iPlay 20」のように液晶が堅牢なゴリラガラスで保護されていません。

その点は、「Teclast M40」、「Blackview Tab 8」、「Dragon Touch NotePad 102」も同じです。

「Alldocube iPlay 40」の販売・購入先

Alldocube iPlay 40」は、

Amazonで31,999円(2000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で27,800円 (税込)、

ヤフーショッピングで28,250 円、

Banggoodで24,361円、

AliExpressでUS $239.99 – 258.99、

で販売されています。

Amazonで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 40」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

GearBestで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

米国Amazon.comで「Alldocube iPlay 40」をチェックする

 

 

AliExpressで「Alldocube」(公式ストア)をチェックする

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Alldocube iPlay 40H」(Android 11)

★「ALLDOCUBE iPlay 40 Pro」(Android 11)

★「Alldocube iPlay 20S」(Android 11)

★「+Style タブレット」(Android 11)

★「NEWBRIDGE」(NBTB101・Android 11)

★「LAVIE T11(T1175BAS) 」(11インチ)

★NEC「T1195/BAS」(11.5インチ)

★「Galaxy Tab A7

★「CHUWI HiPad Plus

★「BMAX i10」(UNISOC Tiger T618 )

Teclast M40

Blackview Tab 8

Dragon Touch NotePad 102

Teclast M30 Pro

Chuwi HiPad X

VUCATIMES N20

Dragon Touch MAX10

Lenovo Tab P11 Pro

Alldocube X Neo

Alldocube iPlay 30 / Pro

ALLDOCUBE タブレットをまとめてチェック!

ALLDOCUBE タブレットは以下のページにまとめてあります。

ALLDOCUBE タブレット 激安コスパで独走! 最新 全機種を比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 11で使えるタブレット 2021 最新 まとめ

最新のAndroid 11タブレットをまとめて紹介しています。

2021最新 Android 10 タブレット 全機種を徹底 比較! 

最新のAndroid 10.0タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

microHDMI端子を搭載したAndroidタブレットをまとめて紹介しています。

2in1スタイルで使えるAndroidタブレット まとめ

キーボード付きのAndroidタブレットを紹介しています。

2万円前後で買えるリッチなAndroidタブレット まとめ

2万円前後のAndroid タブレット(国内販売)をまとめて紹介しています。

超激安でゴメン! ノーブランド Androidタブレット まとめ

ノーブランドの激安Androidタブレットをまとめて紹介しています。