これで完全復活なるか?! ブラックベリーファンのために生まれた最新機種「BlackBerry Classic」

W800Q100_5BlackBerry Classic

BlackBerry Classic」は発売される前から話題になっており、現在米国では人気機種になっている。

注目は旧機種から格段にグレードアップした中身にあるだろう。

CPUにはSnapdragon 1.5GHzプロセッサ、RAMには2GBを搭載。

バッテリー容量は 2,515mAhでBlackBerry Bold の比べて 50% もバッテリーの持ちが向上。

そしてOSにBlackBerry 10を採用したことで、さらに快適に動作できるようになっている。

もちろん、Amazon AppstoreでダウンロードしたAndroid用のアプリやゲームは使用可能だ。

それから忘れてはならないのは、「トラックパッド」が復活したことだろう。

実はQWERTYキーボードを使う際にはこの「トラックパッド」が非常に役に立つのだ。

メニューの選択はもちろん、文字を打つ際にカーソルをすばやく移動させることができる。

すでに発売されているBlackberry Q10 、Blackberry Q5にはこのトラックパッドがないために、ブラックベリーらしい文字の打ちやすさを体現できなかった。

今回発売された「BlackBerry Classic」はそうした反省を踏まえて見事に改善してきたといえるだろう。

なお、一部の報道で「QWERTYキーボードが復活」という表記が見られるが、それは誤り。

たしかにブラックベリーはQWERTYキーボードを取り去った「Z30」や「Z10」を発売していたが、それは定番デザインでは全くなかった。

定番デザインは「BlackBerry Q10」 や「BlackBerry Q5」のようにトラックパッドのないものだった。

そして「BlackBerry Classic」が発売されたのは、最新機種「BlackBerry Passport」で大きく変更されたデザインを好まなかった熱烈なブラックベリーファンのためでもあったのだ。

 

この続きはこちらから読めます。

通信面も大幅にグレードアップ&気になるのは日本語入力?

その他のおすすめブラックベリー製スマホ