「Lenovo Tab B10 3rd Gen」高品質で安い? 高コスパな海外製タブレットと徹底 比較!


2023年6月に発売された「Lenovo Tab B10 3rd Gen」と高コスパな海外製タブレットを徹底 比較!価格やAntutuベンチマーク、スペックの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

※2023年4月から「Lenovo Tab P11 (2nd gen)」(Helio G99)も発売中です。

※2022年8月から「Lenovo Tab M10 Plus (3rd Gen)」(Snapdragon 680)も発売中です。

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」の特徴

Lenovo Tab B10 3rd Gen」の特徴をまとめてみました。

フルHDのIPS液晶・エンターテインメント・5000mAhバッテリ

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのワイド IPS ディスプレイを搭載。高精細な フルHD 画質で、10点マルチタッチ 操作や目の負担を軽減するアイケアモード(ブルーライトカット機能)も利用できます。また、Google エンターテイメントスペースに対応。個々のユーザーに合わせて、おすすめの映画やビデオ、ゲームなどのコンテンツをまとめて確認できるようになっています。

そのほか、5000mAhバッテリー搭載で約9時間の駆動が可能。Type-C ポートを介した10Wの充電も利用できます。

Unisoc T610・3GB+32GB・Android 12

Lenovo Tab B10 3rd Gen」はUnisoc T610 オクタコア プロセッサを搭載。12nmプロセスで製造された8コア最大2.0GHz 駆動のCPUで、Antutuベンチマーク総合で約18~20万前後を記録しています。また、3GB LPDDR4X メモリ搭載でスムーズに動作。ストレージは 32GB eMCP で、別売の microSDカード で拡張することもできます。

そのほか、OSに Android 12 を搭載し、3年間のセキュリティアップデートと2回のOSアップグレードを提供。ダイナミックカラー(壁紙に合わせてUIカラーも変化)、会話ウィジェット(特定の人専用のウィジェット)、プライバシーダッシュボード(権限にアクセスしたアプリを一覧表示)、エクストラディム(画面の明るさを自動調整)などの新機能も利用できます。

8MP/5MPカメラ・ドルビーアトモス・Google キッズスペース

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は背面にオートフォーカス対応の8MPカメラを搭載。前面には5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やWeb会議、チャットなどに活用できます。また、本体にデュアルスピーカーを搭載。ドルビーアトモスに対応した臨場感のあるサウンドを楽しめます。

そのほか、子供用のコンテンツを豊富に収めた「Google キッズスペース」と子供が使うアプリを管理できる「Google ファミリーリンク」に対応。本体は厚さ8.5mm、重さ約460gの薄型軽量デザインで、アルミニウム合金製でデュアルトーン仕上げの高級感のあるボディになっています。

公式ページ: Lenovo Tab B10 3rd Gen | レノボ・ ジャパン

価格を比較

Lenovo Tab B10 3rd Gen」と「CHUWI HiPad XPro」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「DOOGEE T20」の価格を比較してみました。

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は、Amazonで23,600円 (税込・4000円OFFクーポン付き)、楽天市場で24,350円(送料無料・ZAAE0115JP)、ヤフーショッピングで24,350円(税込・送料無料)、レノボ公式サイトで23,870円(税込・送料無料)で販売されています。

「CHUWI HiPad XPro」

CHUWI HiPad XPro」は、Amazonで23,900円(4900円 OFFクーポン付き)、楽天市場で17,900円 (税込・送料無料・ポイント5倍あり)、ヤフーショッピングで27,798円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $179.99(セール価格)、米国 Amazon.comで$149.99で販売されています。

「Alldocube iPlay 50 Pro」

Alldocube iPlay 50 Pro」は、Amazonで26,999円 (税込・5000円OFFクーポン付き)、楽天市場で27,825円(税込・送料無料)、ヤフーショッピングで29,600円(税込・送料無料)、AliExpressでUS $161.16、Banggoodで24,857円、米国 Amazon.comで$199.99で販売されています。

「DOOGEE T20」

DOOGEE T20」は、Amazonで34,800円(6000円 OFFクーポン付き)、楽天市場で23,800円(送料無料・中古品)、AliExpressでUS $178.96、米国 Amazon.comで$259.99で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Lenovo Tab B10 3rd Gen」と「CHUWI HiPad XPro」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「DOOGEE T20」のAntutuベンチマーク スコアを比較してみました。

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」

Antutu総合で約180,000 ~ 200,000

<CPU> Unisoc T610

<プロセッサ性能を解説>

12nmプロセスで製造されたUnisoc Tiger T610 オクタコアプロセッサを搭載し、Antutu総合で約18~20万前後を記録しています。

同じプロセッサは、「Lenovo Tab M10 (3rd Gen)」、「LAVIE Tab T10」、「Alldocube Smile X」、「BMAX MaxPad i10 Plus」、「ALLDOCUBE kPad」、「Blackview Tab 9」などにも搭載されています。

Unisoc T616搭載の「CHUWI HiPad XPro」と比較すると、スコアが約2万低くなります。

MediaTek Helio G99搭載の「Alldocube iPlay 50 Pro」と比較すると、スコアが約15万低くなります。

Unisoc T616搭載の「DOOGEE T20」と比較すると、スコアが約8万低くなります。

性能的には動画視聴、ネットでの調べもの、音楽再生(ストリーミングを含む)、電子書籍、写真撮影などで快適に動作します。

Androidの3Dゲームは負荷が非常に高いアプリを除いて、ほとんど快適に動作します。また、PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターも快適に動作します。

「CHUWI HiPad XPro」

Antutu総合で「224,426」

例:総合で「248279」、CPUで「72574」、GPUで「39143」、MEMで「62798」、UXで「73764」。

<CPU> Unisoc T616

「Alldocube iPlay 50 Pro」

Antutu総合で約350,000前後

例:AnTuTu総合で「353545」、CPUで「92904」、GPUで「85090」、MEMで「84809」、UXで「不明」。

<CPU> MediaTek Helio G99

「DOOGEE T20」

Antutu総合で「287,663」

例:総合で「257688」、CPUで「69433」、GPUで「37265」、MEMで「79767」、UXで「71223」。

<CPU>Unisoc T616

スペックを比較

Lenovo Tab B10 3rd Gen」と「CHUWI HiPad XPro」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「DOOGEE T20」のスペックを比較してみました。

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」のスペック

  • ディスプレイ 10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのワイドIPS
    ※FHD/10点マルチタッチ/アイケアモード(ブルーライト低減)
  • プロセッサ Unisoc T610 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア/最大2.0GHz
  • GPU ARM Mali-G52 MP2
  • RAM(メモリ) 3GB LPDDR4X (オンボード)
  • ストレージ 32GB eMCP
  • 外部ストレージ microSDカードで拡張可能
  • バッテリー 5000 mAh 1 セル リチウムイオンポリマー
  • 駆動時間 約9時間
  • 充電 Type-C (10W)
  • 背面カメラ 8MP ※オートフォーカス対応
  • 前面カメラ 5MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0
  • インターフェース USB 2.0 Type-C ポート(OTG機能付き)、microSDカードスロット、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • センサー 加速度センサー、光センサー、近接センサー、GPS、GLONASS
  • スピーカー デュアルスピーカー
  • オーディオ ドルビーアトモス 対応
  • マイク 内臓
  • 筐体 アルミニウム合金製、デュアルトーン仕上げ
  • Google キッズスペース 対応(Google ファミリーリンクにも対応)
  • Google エンターテイメントスペース 対応
  • Google Playストア対応
  • OS Android 12 ※3年間のセキュリティアップデートと2回のOSアップグレードを提供
  • サイズ 約 239.8 x 158.6 x 8.5mm
  • 重量 約 460g
  • カラー ストームグレー

関連記事Lenovoタブレットが新モデル登場で再び人気! 全機種を比較

Amazonで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

レノボ公式サイトで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

「CHUWI HiPad XPro」のスペック

  • ディスプレイ 10.51インチ、解像度1920 x 1200 ドットのIPS液晶
    ※FHD+/16:10/輝度360cd m2/In-cell/マルチウィンドウ/目の保護モード
  • プロセッサ Unisoc T616 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU Mali-G57-3EE
  • RAM (メモリ) 6GB LPDDR4
  • ストレージ 128GB
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで ※550MBls
  • バッテリー 7000mAh /3.8V
  • 背面カメラ 13MP+0.3MP ※AF、背景ぼかし対応
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS,GALILEO、BDS)
  • インターフェース USB Type-C (OTG)
  • スピーカー クアッドスピーカー (サラウンドサウンド対応)
  • マイク 内蔵
  • Widevine L1 サポート (Disney+、Amazon、Hulu)
  • マルチユーザーモード 対応(家族間で使用可)
  • Googleキッズスペース 対応
  • FMラジオ サポート
  • 生体認証 顔認証
  • 筐体の素材 メタル(金属)
  • OS Android 12
  • サイズ 246.4 X 161.51 X 7.3mm
  • 重量 510g
  • カラー グレー
  • 4G LET通信 対応

関連記事:「CHUWI HiPad XPro」とコスパに優れる10型タブレットを徹底 比較!

Amazonで「CHUWI HiPad XPro」をチェックする

楽天市場で「CHUWI HiPad XPro」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI HiPad XPro」をチェックする

AliExpressで「CHUWI HiPad XPro」をチェックする

米国 Amazon.comで「CHUWI HiPad XPro」をチェックする

「Alldocube iPlay 50 Pro」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200ドットのフルビューIPS
    ※2K/10点マルチタッチ/in-Cell/7.8mmベゼル/目の保護
  • プロセッサ MediaTek Helio G99 (MT6789)
    ※6nm/64bit/8コア/最大2.2GHz
  • CPU 2x 2.2 GHz ARM Cortex-A76, 6x 2.0 GHZ ARM Cortex-A55
  • GPU Arm Mali-G57 MC2
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X
  • ストレージ 128GB UFS2.1
  • 外部ストレージ microSDカードで最大2TBまで
  • バッテリー 6000mAh
  • 駆動時間 7時間
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 8MP ※AF対応
  • 前面カメラ 5MP ※ビデオ通話に対応
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.2、GPS (A-GPS,GLONASS,BeiDou,Galileo)
    ※Wi-Fi Direct, Wi-Fi Display対応
  • インターフェース Type-C (OTG/USB2.0)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 重力センサー、ホールエフェクター、3軸ジャイロ
  • スピーカー デュアルBOXスピーカー
  • オーディオ スマートPA、ステレオサウンド
  • マイク あり
  • 筐体の材質 メタル(金属)
  • 生体認証 顔認証
  • OS Android 12
  • サイズ 248 x 157.8 x 8.4 mm
  • 重量 466g
  • カラー ブラック
  • 4G通信 対応・DSDS、VoLTE通話が利用可能

関連記事:「Alldocube iPlay 50 Pro」(Helio G99)と最新の高性能タブレットを徹底 比較!

Amazonで「Alldocube iPlay 50 Pro」をチェックする

楽天市場で「Alldocube iPlay 50」をチェックする

ヤフーショッピングで「Alldocube iPlay 50 Pro」をチェックする

AliExpressで「Alldocube iPlay 50 Pro」をチェックする

Banggoodで「Alldocube iPlay 50 Pro」をチェックする

米国 Amazon.comで「Alldocube iPlay 50 Pro」をチェックする

「DOOGEE T20」のスペック

  • ディスプレイ 10.4インチ、解像度2000 x 1200 ドットのTDDI
    ※2k/16:10/輝度360nit/DCI-P3/画面比率81%/テュフラインランド認証/画面分割
  • プロセッサ Unisoc T616 オクタコア
    ※12nm/64bit/8コア
  • GPU ARM Mali-G57
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4X
  • メモリ拡張 +7GBで最大15GBまで
  • ストレージ 256GB UFS 2.2
  • 外部ストレージ microSDカードで最大1TBまで
  • バッテリー 8300mAh
  • 駆動時間 スタンバイで833時間、音楽再生で10時間、ストリーミングで5.4時間、ゲームで4.2時間、Webで8.9時間
  • 充電 18W急速充電
  • 背面カメラ 16MP ※AI対応/Samsung S5K3P9SP
  • 前面カメラ 8MP ※AI対応
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 ac/a/b/g/n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS (GLONASS/Galileo/Beidou/A-GPS)
    ※Miracast対応
  • インターフェース  Type-C (OTG)、microSDカードスロット、3.5mmイヤホンジャック
  • スピーカー クアッドBOXスピーカー
  • オーディオ ステレオスマートPA、ハイレゾ音源再生
  • スタイラスペン 筆圧2048段階の専用スタイラスペン
  • キーボード 専用ワイヤレスキーボード(マグネット着脱可・Bluetooth接続も可)を用意
    ※PCモード対応
  • FMラジオ 対応
  • Widevine L1 対応・デジタル著作権保護
  • OS Android 12
  • サイズ 245.8×155.6×7.9mm
  • 重量 470g
  • カラー スペースグレー、ミントグレー、アイスブルー
  • 4G LET通信 対応

関連記事:「DOOGEE T20」で超進化? 最新の高性能タブレットと徹底 比較!

Amazonで「DOOGEE T20」をチェックする

楽天市場で「DOOGEE T20」をチェックする

AliExpressで「DOOGEE T20」をチェックする

ヤフーショッピングで「DOOGEE T20」をチェックする

米国 Amazon.comで「DOOGEE T20」をチェックする

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」のメリット・デメリット

Lenovo Tab B10 3rd Gen」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・10.1インチのフルHD IPS液晶・10点マルチタッチとブルーライト低減に対応

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は10.1インチ、解像度1920 x 1200 ドットのワイドIPSディスプレイを搭載。高精細なフルHD画質で、10点マルチタッチ操作や目の負担を軽減するアイケアモード(ブルーライトカット機能)も利用できます。

一方、「CHUWI HiPad XPro」は10.51インチで解像度1920×1200ドットのIPSディスプレイを搭載しています。「Alldocube iPlay 50 Pro」は10.4インチで解像度2000×1200ドットのフルビューディスプレイを搭載しています。「DOOGEE T20」は10.4インチで解像度2000×1200ドットの2Kフルビューディスプレイを搭載しています。

・3GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作する

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は3GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。

一方、「CHUWI HiPad XPro」は6GB LPDDR4メモリ搭載でスムーズに動作します。「Alldocube iPlay 50 Pro」は8GB LPDDR4Xメモリ搭載でスムーズに動作します。「DOOGEE T20」は8GBメモリ搭載で最大15GBまで拡張できます。

・32GB eMCPストレージ搭載・microSDカードで拡張できる

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は32GB eMCPストレージ搭載で、別売のmicroSDカードで拡張できます。

一方、「CHUWI HiPad XPro」は128GBストレージ搭載で、microSDカードで最大1TBまで拡張できます。「Alldocube iPlay 50 Pro」は128GB UFS2.1ストレージ搭載で最大2TBまで拡張できます。「DOOGEE T20」は256GB UFS2.2ストレージ搭載で最大1TBまで拡張できます。

・5000mAhバッテリー搭載で約9時間動作・Type-C充電にも対応

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は5000mAhバッテリー搭載で約9時間 駆動できます。また、Type-Cポートを介した10Wの充電も利用できます。

一方、「CHUWI HiPad XPro」は7000mAhバッテリー搭載でType-C充電に対応しています。「Alldocube iPlay 50 Pro」は6000mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。「DOOGEE T20」は8300mAhバッテリー搭載で18W急速充電に対応しています。

・背面8MPカメラ(AF対応)と前面5MPカメラが使える

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は背面にオートフォーカス対応の8MPカメラを搭載しています。また、前面に5MPのフロントカメラを搭載し、ビデオ通話やWeb会議、チャットなどに活用できます。

一方、「CHUWI HiPad XPro」は背面13MP+0.3MPの2眼カメラ(AF対応)と前面8MPカメラが使えるようになっています。「Alldocube iPlay 50 Pro」は背面8MP(AF対応)カメラと前面5MPカメラを搭載しています。「DOOGEE T20」は背面16MPカメラ(AI対応)と前面8MPカメラが使えるようになっています。

・Wi-Fi 5のデュアルバンドとBluetooth 5.0に対応

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は高速で途切れづらいWi-Fi 5のデュアルバンドに対応しています。また、Bluetooth 5.0に対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「CHUWI HiPad XPro」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「DOOGEE T20」はWi-Fi 5のデュアルバンド、Bluetooth 5.0、GPSに対応しています。

・デュアルスピーカー搭載でドルビーアトモスに対応

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は本体にデュアルスピーカーを搭載し、ドルビーアトモスに対応した臨場感のあるサウンドを楽しめます。

一方、「CHUWI HiPad XPro」はクアッドスピーカー搭載でサラウンドサウンドに対応しています。「Alldocube iPlay 50 Pro」は本体にBOXスピーカーを2つ搭載。スマートPAアンプフィルター内蔵で高音質なステレオサウンドが楽しめます。「DOOGEE T20」は4つのBOXスピーカーとスマートPAアンプを搭載し、ステレオサウンドやハイレゾ音源再生にも対応しています。

・Google キッズスペースとGoogle ファミリーリンクに対応

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は子供用のコンテンツを豊富に収めた「Google キッズスペース」と子供が使うアプリを管理できる「Google ファミリーリンク」に対応しています。

一方、「CHUWI HiPad XPro」はGoogleキッズスペースに対応し、豊富な子供用のコンテンツを利用できます。「Alldocube iPlay 50 Pro」と「DOOGEE T20」はアプリをインストールすることでGoogle キッズスペースを利用できます。

・Google エンターテイメントスペースに対応

Lenovo Tab B10 3rd Gen」はGoogle エンターテイメントスペースに対応。個々のユーザーに合わせて、おすすめの映画やビデオ、ゲームなどのコンテンツをまとめて確認できるようになっています。

一方、「CHUWI HiPad XPro」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「DOOGEE T20」もGoogle エンターテイメントスペースを利用できます。

・厚さ8.5mmで重さ約460gの薄型軽量デザイン・アルミ合金製でストームグレー カラーを用意

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は厚さ8.5mm、重さ約460gの薄型軽量デザインで、デュアルトーン仕上げでアルミニウム合金製の高級感のあるボディになっています。

一方、「CHUWI HiPad XPro」は厚さ7.3mm、重さ510gの薄型軽量のメタルボディで、グレーカラーを用意しています。「Alldocube iPlay 50 Pro」は厚さ8.4mm、重さ466gの薄型軽量のメタルボディでグレーカラーを用意しています。「DOOGEE T20」は厚さ7.9mm、重さ470gの薄型軽量デザインで、グレーカラーを用意しています。

・Android 12搭載でOSアップグレード提供・新機能も使える

Lenovo Tab B10 3rd Gen」はAndroid 12を搭載し、3年間のセキュリティアップデートと2回のOSアップグレードが提供されます。

また、Android 12の新機能も使えるようになっています。

Android 12には、

「Material You」(新UI・壁紙の色を抽出)、新しいウィジェットデザイン、拡大鏡機能、Extra dim(夜間の輝度を抑制)、盗撮・盗聴の防止機能(マイク&スピーカーの有効化ボタン)、Scrolling Screenshot(ページ・画面全体をスクリーンショット)、スクリーンショットの編集機能、Wi-Fiパスワードのかんたん共有設定、「クイックタップ」(2回タップで撮影)、位置情報の精度を選択(正確・アバウトから選択)

などの機能が追加されています。

一方、「CHUWI HiPad XPro」と「Alldocube iPlay 50 Pro」、「DOOGEE T20」はAndroid 12を搭載し、新機能も使えるようになっています。

デメリット

・4G LET通信やGPSに対応していない

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は4G LET通信やGPSに対応していません。

一方、「CHUWI HiPad XPro」、「Alldocube iPlay 50 Pro」、「DOOGEE T20」は4G LET通信やGPSに対応しています。

・Widevine L1に対応していない

Lenovo Tab B10 3rd Gen」はDRM(デジタル著作権管理)技術「Widevine L1」に対応していないため、対応する動画配信サービス(Hulu、Prime Vedeo、Disney+など)で高画質な映像を視聴できません。

一方、「CHUWI HiPad XPro」と「DOOGEE T20」はWidevine L1に対応しています。「Alldocube iPlay 50 Pro」はWidevine L1に対応していません。

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」の評価

Lenovo Tab B10 3rd Gen」の評価を紹介します。

スペック:★★★

通信:★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★★★

使いやすさ:★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

2022年3月に発売された「Lenovo Tab B10 HD (2nd Gen)」の後継モデルになります。2万円台のエントリー向けAndroid 12タブレットで、最新セキュリティおよび最新OSのアップデートも提供されます。

前モデル2nd Genとの違いは主にディスプレイプロセッサメモリ容量です。

ディスプレイはHD画質からフルHD画質に高画質化されており、広視野角のIPSパネルも採用されています。また、プロセッサはMediaTek Helio P22TからUnisoc T610に変更され、Antutuベンチマーク総合のスコアが約10万ほど高くなっています。

メモリは2GBから3GBに強化され、ストレージは32GBのままで変更はされていません。

全体的なスペックはそれほど高くありませんが、9時間動作する5000 mAhバッテリーやオートフォーカス対応の8MPカメラ、ドルビーアトモス対応のデュアルスピーカーなどが搭載されており、やはり「使いやすい」タブレットであることは間違いなさそうです。

また、デュアルトーン仕上げのアルミニウム合金製ボディが非常に高品質でかっこいいのも魅力的。厚さ8.5mm、重さ約460gの薄型軽量で、持ち運びにも適しています。

ただし、最新のコスパの高いタブレットと比べると、メモリ容量やストレージ容量でやや少ない感じもします。6GB+128GB搭載の「CHUWI HiPad XPro」、8GB+128GB搭載の「Alldocube iPlay 50 Pro」、そして最大15GBメモリ+256GB UFS 2.2搭載の「DOOGEE T20」も発売されているので、よく比較・検討してから購入した方がいいでしょう。

Lenovo Tab B10 3rd Gen」の発売時の価格は26,840円(税込・送料無料)。楽天市場では6/4-6/11限定でポイント10倍アップセールもあり。2万円台で買える高品質なレノボ製タブレットを探している人におすすめです。

「Lenovo Tab B10 3rd Gen」の販売・購入先

Lenovo Tab B10 3rd Gen」は、

Amazonで23,600円 (税込・4000円OFFクーポン付き)、

楽天市場で24,350円(送料無料・ZAAE0115JP)、

ヤフーショッピングで24,350円(税込・送料無料)、

レノボ公式サイトで23,870円(税込・送料無料)、

で販売されています。

Amazonで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

楽天市場で「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

ヤフーショッピングで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

レノボ公式サイトで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

米国 Amazon.comで「Lenovo Tab B10 3rd Gen」をチェックする

 

 

 

他のタブレットと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「UMIDIGI G5 Tab」(10.1・T606・128GB UFS2.1・4G LET)

★「Redmi Pad SE」(11インチ・Snapdragon 680)

★「Fire HD 10 (2023)」(10.1型・8コア 2.05GHz・USIペン)

★「Teclast M50 Pro」(10.1インチ・Unisoc T616)

★「aiwa tab AS10 (6)」(MT8788・6GB+128GB)

★「UMIDIGI A13 Tab」(Unisoc T616・最大16GBメモリ)

★「Blackview Tab 11 WiFi」(MT8183・最大14GBメモリ)

CHUWI HiPad XPro

Alldocube iPlay 50 Pro

DOOGEE T20

TECLAST T40S」(最大16GBメモリ)

HeadWolf Wpad 2」(Unisoc T616)

Blackview Tab 11 SE」(UNISOC T606)

N-one NPad Pro」(Android 12・UNISOC T616)

OSCAL Pad 13」(UNISOC T606・256GB UMPC・ペン対応)

Fire Max 11」(11型・2K液晶・USI 2.0ペン)

Google Pixel Tablet」(10.95型・Tensor G2・USI 2.0ペン)

他のLenovoタブレットと比較

他にもLenovoタブレットが販売されています。ぜひ比較してみてください。

Lenovoタブレットが新モデル登場で再び人気! 全機種を比較

その他のおすすめAndroidタブレットは?

その他のおすすめAndroidタブレットは以下のページにまとめてあります。

Android 13で使えるタブレット 2023 最新 機種 まとめ

最新のAndroid 13タブレットをまとめて紹介しています。

Android 12で使えるタブレット 2023 最新 まとめ

最新のAndroid 12タブレットをまとめて紹介しています。

Android 11で使えるタブレット 2022 最新 まとめ

Android 11 OS搭載タブレットをまとめて紹介しています。

HDMI出力できるAndroidタブレット まとめ

HDMI出力できるタブレットをまとめて紹介しています。

一度は手に入れてみたい超ハイスペックなAndroidタブレット まとめ

最強スペックのAndroidタブレットをまとめて紹介しています。