「Rakuten Hand」と人気の格安スマホを徹底 比較!


2020年12月12日に発売された「Rakuten Hand」と人気の格安スマホを徹底 比較して紹介! 価格やAntutuベンチマーク、スペック、カメラ性能の違いに加えて、メリット・デメリットも紹介します。

※2021年5月中旬以降に「Rakuten BIG s」が発売されます。

※2020年1月23日から「Rakuten Mini」も発売中です。

「Rakuten Hand」の特徴

Rakuten Hand」の特徴をまとめてみました。

有機EL液晶で色鮮やか・握りやすいスリムデザイン

Rakuten Hand」は約5.1インチ、解像度720 × 1,520 pxの有機EL液晶を搭載。画質はHD+ですが、高コントラストで発色に優れる有機ELパネルを採用しているため、より美しい映像で動画・写真が楽しめます。また、スリムで握りやすいデザインを採用。重さは約129gで他のスマートフォンよりも50g以上軽くなっています。

Snapdragon 720G&4GBメモリ&4×4 MIMOで高速

Rakuten Hand」はQualcomm Snapdragon 720G オクタコアプロセッサを搭載。Antutuベンチマーク総合で約250,000点を記録し、高速に動作します。また、4GBメモリを搭載し、スムーズに動作。4×4 MIMO対応でダウンロード速度が通常よりも1.5倍高速になっています。

おサイフケータイ&ディスプレイ指紋認証・eSIM

Rakuten Hand」はNFC(Felica)対応でおサイフケータイを利用した電子マネー決済が利用できるようになっています。また、ディスプレイ認証に対応し、画面をタッチするだけでロック解除することが可能。物理的なSIMを必要としないeSIMにも対応しています。

公式ページ
https://network.mobile.rakuten.co.jp/product/smartphone/rakuten-hand/

価格を比較

Rakuten Hand」と、「AQUOS sense4 basic」、「OPPO A73」、「Xperia 8 Lite」の価格を比較してみました。

「Rakuten Hand」

Rakuten Hand」は、楽天市場で17,800円 (税込・ほぼ新品) で販売されています。

また、楽天モバイルでは、一括払いで18,182円、24回払いで757円/月、48回払いで378円/月で販売されています。

「AQUOS sense4 basic」

AQUOS sense4 basic」は、Amazonで4280円(※Y!mobile回線契約が必須)、楽天市場で19,800円(ほぼ新品・SIMロック解除)、ヤフーショッピングで17,800円(未使用)、ワイモバイル公式オンラインストアで月額2,838円~で販売されています。

「OPPO A73」

OPPO A73」は、Amazonで225,989円、楽天市場で25,940円 (税込・新品未開封品)、ヤフーショッピングで20,900円(※OCNモバイルONEセット)、ビックカメラで30,800円 (税込・3,080ポイント)で販売されています。

「Xperia 8 Lite」

Xperia 8 Lite」は、Amazonで23,760円(※UQモバイル契約必須)、楽天市場で 25,370円(中古Aランク)、ヤフーショッピングで38,000 円(新品・SIMフリー)で販売されています。

また、格安スマホとして、UQモバイルで分割 月額2,178円〜、IIJmioで一括 26,800円(税抜)・分割 月額 1,120円(税抜/24回払い)、mineoで一括 32,880円・分割 月額 1,370円(24回払い)、nuroモバイルで一括 29,800円 ・分割月額1,400円(税込) で販売されています。

Antutuベンチマークを比較

Rakuten Hand」と、「AQUOS sense4 basic」、「OPPO A73」、「Xperia 8 Lite」のAntutuベンチマークを比較してみました。

※Antutuスコアとは3D性能、UX速度、CPU性能、RAM性能を総合した評価点のこと。

「Rakuten Hand」

Antutu総合で「251886」、CPUで「98568」、GPUで「50951」、MEMで「48178」、UXで「54189」。

<CPU>Qualcomm Snapdragon 720G
※「AQUOS Sense4」と同じプロセッサ

<プロセッサ性能を解説>

Antutuベンチマークスコアは2万円台のスマホにしてはかなり高いほうでしょう。この性能なら重い3Dゲームもサクサクと遊べます。有機ELパネルを採用しているので動画視聴もかなり快適です。

「AQUOS sense4 basic」

Antutu総合で約278,000

<CPU> Qualcomm SM7125 Snapdragon 720G
※Xiaomi「Redmi Note 9S」と同じプロセッサ

「OPPO A73」

Antutu総合で「172430」、CPUで「64193」、GPUで「32067」、MEMで「43252」、UXで「32918」。

<CPU> Qualcomm Snapdragon 662

「Xperia 8 Lite」

Antutu総合で約105,000

<CPU> Qualcomm Snapdragon 630
※「AQUOS sense 3」と同じプロセッサ

スペックを比較

Rakuten Hand」と、「AQUOS sense4 basic」、「OPPO A73」、「Xperia 8 Lite」のスペックを比較してみました。

「Rakuten Hand」のスペック

  • ディスプレイ 約5.1インチ、解像度720 × 1,520 pxの有機EL液晶
    ※19.5:9/ HD+ / 330 ppi
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 720G オクタコア 2.3GHz + 1.8GHz
    ※8nm/64bit/8コア/最大2.3 GHz
  • CPU  Qualcomm Kryo 465 , Octa-core
  • GPU Adreno 618
  • RAM(メモリ)4GB
  • ストレージ 64GB
    ※microSDカードでストレージ拡張はできない
  • バッテリー 2,750mAh
  • 駆動時間 スタンバイで約420時間、通話で約18.3時間
  • 充電 PD充電に対応
  • 背面カメラ 48MP+2MP
    48MP= 広角/f1.8/ISO 2,400
    2MP= 深度測位/f2.4/ISO 2,400
  • 前面カメラ 16MP
    16MP=f2.0/4,800/HDR
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz+5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • おサイフケータイ / NFC   対応・利用できます
  • デザリング 対応・10台まで
  • インターフェース USB Type-C
  • センサー 指紋認証(画面内蔵)、顔認証、加速度センサ、近接センサ、ジャイロ、コンパス
  • 防水防塵 IPX2 / IP5X
  • 生体認証 顔認証、ディスプレイ指紋認証
  • OS Android 10
  • サイズ 約138 x 約63 x 約9.5 mm
  • 重量 約129g
  • カラー ブラック / ホワイト / クリムゾンレッド
  • 付属品 ACアダプタ / USB Type-Cケーブル / クイックスタートガイド(保証書) / 安全上のご注意
  • VoLTE(Rakuten, docomo, au, SoftBank) 対応 / 非対応 / 非対応 / 非対応
  • SIMカード   eSIM(SIMスロットは非搭載)
  • 対応バンド   楽天モバイル、ドコモ、ソフトバンク、ワイモバイル、au回線に対応
    4G FDD-LTE
    Band 1 (2.1GHz) / Band 2 (1.9GHz) / Band 3 (1.8GHz) / Band 4 (1.7GHz / 2.1GHzAWS) / Band 5 (850MHz) / Band 7 (2.6GHz) / Band 18 (800MHz) / Band 19 (800MHz) / Band 26 (800MHz) / Band 28 (700MHz APT) TD-LTE
    Band 38 (2.6GHz) / Band 41 (2.5GHz) / Band 42 (3.4GHz)
    3G WCDMA
    Band I (2.1GHz) / Band II (1.9GHz) / Band IV (1.7GHz / 2.1GHz AWS) / Band V (850MHz) / Band VI (800MHz) / Band XIX (800MHz)
    2G GSM非対応
    ※5G NR(Sub6・ミリ波)に非対応

関連記事2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

楽天市場で「Rakuten Hand」をチェックする

ヤフーショッピングで「Rakuten Hand」をチェックする

楽天モバイルで「Rakuten Hand」をチェックする

Amazonで「Rakuten Hand」をチェックする

「AQUOS sense4 basic」のスペック

  • ディスプレイ 約5.8インチ、解像度2,280×1,080 pxのIGZO液晶
    ※19:9/フルHD+
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 720G(オクタコア)2.3GHz+1.8GHz
  • GPU Adreno™ 618 GPU
  • RAM(メモリ) 3GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDXCカードで最大1TBまで
  • バッテリー 4,570mAh
  • 背面カメラ 12MP+8MP
  • 前面カメラ 8MP
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1
  • NFC 対応・FeliCa・おサイフケータイに対応
  • インターフェース USB Type-C、3.5mmイヤホンジャック
  • 防水/防塵 IPX5,IPX8 / IP6X
  • OS Android™ 10
  • サイズ 約W71×H148×D8.9mm
  • 重量 約176g
  • カラー ライトカッパー、ブラック、シルバー
  • SIMカード Nano SIM

関連記事「AQUOS sense4」と3万円ハイスペックスマホと徹底 比較!

Amazonで「Y!mobile AQUOS sense4 basic」をチェックする(※Y!mobile回線契約が必須)

楽天市場で「AQUOS sense4 basic」をチェックする

ヤフーショッピングで「AQUOS sense4 basic」をチェックする

ワイモバイル公式オンラインストアで「AQUOS sense4 basic」をチェックする

ビックカメラで「AQUOS sense4」をチェックする

「OPPO A73」のスペック

  • ディスプレイ 6.44 インチ、解像度2400×1080 pxの有機EL液晶
    ※20:9/画面占有率90.7%/FHD+/リフレッシュレート最大60Hz//スクリーン素材:Corning®Gorilla®Glass 3
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 662 オクタコア 4×2.0GHz+4×1.8GHz
  • GPU Adreno 610
  • RAM(メモリ) 4GB LPDDR4X
  • ストレージ 64GB UFS 2.1
  • 外部ストレージ microSDXCカードで最大256GBまで
  • バッテリー 4000mAh
  • 充電 急速充電:QuickCharge 3.0(9V/2A)
  • 背面カメラ 16MP+8MP+2MP+2MP
  • 前面カメラ 16MP
  • 動画撮影 アウトカメラ:1080P/720P@30fps, 電子式手ブレ補正 / インカメラ:1080P/720P@30fps / スローモーション: 720P@120fps (アウトカメラのみ)
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4Ghz/5GHz)、Bluetooth 5.0 (オーディオコーデック: SBC, AAC, APTX)、GPS(Beidou / GLONASS / GALILEO / QZSS)
  • NFC 非対応・利用できません
  • インターフェース USB Type-C 2.0(OTG)、3.5mmイヤホンジャック
  • センサー 磁気センサー、近接センサー、光センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、ステップカウント機能対応
  • 生体認証 ディスプレイ指紋認証、顔認証
  • FMラジオ 対応(有線イヤホン装着時)
  • OS Android 10.0ベースの ColorOS 7.2
  • サイズ 約159.8 x 約72.9 x 約7.45mm
  • 重量 約162g
  • カラー ネービー ブルー、ダイナミック オレンジ

関連記事「OPPO A73」と人気の高コスパ スマホを徹底 比較! 

Amazonで「OPPO A73」をチェックする

楽天市場で「OPPO A73」をチェックする

ヤフーショッピングで「OPPO A73」をチェックする

ビックカメラで「OPPO A73」をチェックする

「Xperia 8 Lite」のスペック

  • ディスプレイ 約6.0インチ、解像度2520×1080 pxの液晶
    ※21:9 / フルHD+ / トリルミナスディスプレイ for mobile / FHD+
  • プロセッサ Qualcomm Snapdragon 630 オクタコア
    ※14 nm / 64bit / 8コア / 最大2.2 GHz
  • CPU 8x ARM Cortex A53
  • GPU Qualcomm Adreno 508
  • RAM(メモリ) 4GB
  • ストレージ 64GB
  • 外部ストレージ microSDカード(microSDHC/microSDXC)で最大512GBまで
  • バッテリー 2870mAh(内蔵電池)
  • 充電 STAMINAモードに対応・「いたわり充電」で劣化を抑える
  • 背面カメラ 12MP + 8MP
    12MP=有効画素数約1200万画素/F値1.8
    8MP=有効画素数約800万画素/F値2.4
  • 前面カメラ 8MP
    有効画素数約800万画素/F値2.0
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.0、GPS
  • NFC & Google Pay 対応
  • おサイフケータイ 対応
  • インターフェース  USB Type-C、3.5㎜オーディオジャック
  • 防水防塵 防水(IPX5/IPX8)、防塵(IP6X)
  • 生体認証 指紋認証(側面)
  • Google アシスタント 対応(ホームボタン長押しで起動)
  • OS Android 9.0
  • サイズ 約69㎜x約158㎜×約8.1㎜
  • 重量 約170g
  • カラー ブラック、ホワイト

関連記事「Xperia 8 Lite」と人気 格安スマホを徹底 比較!

Amazonで「Xperia 8」(SIMフリー)をチェックする

Amazonで「【UQ mobile】SONY Xperia8 Lite」をチェックする

Amazonで「Y!mobile SONY Xperia 8」をチェックする

楽天市場で「Xperia 8 Lite」をチェックする

楽天市場で「Xperia 8」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xperia 8 Lite」をチェックする

ヤフーショッピングで「Xperia 8」をチェックする

UQ mobileで「Xperia 8 Lite」をチェックする

カメラ性能を比較

Rakuten Hand」と、「AQUOS sense4 basic」、「OPPO A73」、「Xperia 8 Lite」のカメラ性能を比較してみました。

「Rakuten Hand」

背面カメラ  48MP+2MP
前面カメラ  16MP
超広角  非対応
望遠  非対応・背面4倍・前面2倍デジタルズーム機能はあり
マクロ撮影   非対応
機能 (背面)4倍デジタルズーム、AIカメラ、HDR、オートフォーカス、LEDフラッシュ(前面)HDR、2倍ズーム

<カメラ性能を解説>

4800万画素の超高解像度撮影が利用できるのが大きなメリット写真の一部を拡大してもギザギザのない鮮明な映像です。また、デュアルカメラなので背景をぼかした写真も簡単に撮影できます。前面カメラは1600万画素で自撮り写真もキレイに写せるレベル。4倍ズームやHDR、AI機能など便利な機能も使えます。

「AQUOS sense4 basic」

背面カメラ  12MP+8MP
前面カメラ  8MP
超広角  非対応
望遠 対応(望遠レンズあり)・光学2倍ズーム
マクロ撮影 対応
機能 光学2倍ズーム、電子式手ブレ補正、新画質エンジン、ProPix2、AIオート、AIライブストーリーPro、AIライブシャッター、背景ぼかし

「OPPO A73」

背面カメラ  16MP+8MP+2MP+2MP
前面カメラ  16MP
超広角 対応・119度
望遠 非対応(望遠レンズなし)・ズーム機能はあり
マクロ撮影 非対応
機能  119度の超広角撮影、AIダズルカラー(色味の補正)、フィルター効果、AIビューティー、ナイトモード(前面カメラでも使用可能)、AIシーン認識、背景ぼかし、PDAF、HDR、LEDフラッシュ、、電子式手ブレ補正、スローモーション撮影

「Xperia 8 Lite」

背面カメラ  12MP + 8MP AI対応
前面カメラ 8MP
超広角 非対応 ※21:9撮影モードあり
望遠 非対応 ※光学2倍ズーム機能あり
マクロ撮影 非対応
機能 背景ぼかし、光学2倍ズーム、プレミアムおまかせオート(13種類のシーン×4つのコンディションを自動認識)、21:9での動画撮影、ポートレートセルフィ―(5つの効果)、4K動画撮影、電子式手ブレ補正(Steady Shot)、スローモーション

「Rakuten Hand」のメリット・デメリット

Rakuten Hand」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・有機EL液晶で色あざやか

Rakuten Hand」は約5.1インチ、解像度720 × 1,520 pxの有機EL液晶を搭載。高コントラストで発色に優れる有機ELパネル採用で動画視聴も快適です。

一方、「AQUOS sense4 basic」は約5.8インチ、解像度2,280×1,080 pxのIGZO液晶を搭載、「OPPO A73」は6.44 インチ、解像度2400×1080 pxの有機EL液晶を搭載、「Xperia 8 Lite」は約6.0インチ、解像度2520×1080 pxの液晶を搭載しています。

・4GBメモリ&64GBストレージで快適に使える

Rakuten Hand」は4GBメモリ搭載で遅延なくスムーズに動作します。また、64GBストレージ搭載で大量のアプリ・写真・音楽などのデータを保存できます。

一方、「AQUOS sense4 basic」は3GBメモリ&64GBストレージを搭載、「OPPO A73」は4GB LPDDR4Xメモリ&64GB UFS 2.1ストレージを搭載、「Xperia 8 Lite」は4GBメモリ&64GBストレージを搭載しています。

・2,750mAhバッテリーでPD充電に対応

Rakuten Hand」は2,750mAhバッテリー搭載でスタンバイで約420時間、通話で約18.3時間も駆動できます。また、Type-C端子搭載で高速なPD充電も利用できます。

一方、「AQUOS sense4 basic」は4,570mAhバッテリーでPD充電に対応、「OPPO A73」は4000mAhバッテリー搭載で急速充電 QuickCharge 3.0(9V/2A)に対応、「Xperia 8 Lite」は2870mAhバッテリー搭載でSTAMINAモード(節電)「いたわり充電」(劣化防止)に対応しています。

・Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0&4×4 MIMOに対応

Rakuten Hand」は高速で途切れにくいWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。また、専用アンテナを搭載し、4×4 MIMOにも対応。ダウンロード速度が一般的なスマホよりも1.5倍高速になっています。

一方、「AQUOS sense4 basic」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1&Massive MIMOに対応、「OPPO A73」と「Xperia 8 Lite」は Wi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.0に対応しています。

・厚さ約9.5 mmで重さ約129gの薄型軽量デザイン

Rakuten Hand」は厚さ約9.5 mm、重さ約129gの薄型軽量デザインになっています。手に握りやすく、圧倒的に軽いという特徴があります。

一方、「AQUOS sense4 basic」は厚さ8.9mmで重さ約176g、「OPPO A73」は厚さ約7.45mmで重さ約162g、「Xperia 8 Lite」は厚さ約8.1㎜で重さ約170gになっています。

・おサイフケータイに対応

Rakuten Hand」はおサイフケータイに対応しています。 ‎Suica(スイカ)、楽天Edy(エディ) · WAON(ワオン) · LINE Pay、QUOカードPay · ‎iD(アイディー) · ‎Pasmo(パスモ) などを利用して電子マネー決済が利用できます。

一方、「AQUOS sense4 basic」と「Xperia 8 Lite」はおサイフケータイに対応しています。「OPPO A73」はおサイフケータイに対応していません。

・IP52防水防塵に対応

Rakuten Hand」はIP52防水防塵に対応しています。雨に濡れても故障の心配は不要です。

一方、「OPPO A73」は防水防塵に対応していません。「AQUOS sense4 basic」と「Xperia 8 Lite」は IP68の防水防塵に対応しています。

・eSIMが使える

Rakuten Hand」は物的なSIMカードが必要ないeSIMに対応しています。SIMを送付してもらい、受け取るまでの時間がかからないので非常に便利です。

一方、「AQUOS sense4 basic」と「Xperia 8 Lite」はeSIMに対応していません。「OPPO A73」は nanoSIMとeSIMに対応しています。

デメリット

・外部ストレージで拡張できない

Rakuten Hand」はmicroSDカードが使えないため、ストレージ容量を64GB以上に増やすことはできません。

一方、「AQUOS sense4 basic」はmicroSDXCカードで最大1TBまで、「OPPO A73」はmicroSDXCカードで最大256GBまで、「Xperia 8 Lite」はmicroSDカード(microSDHC/microSDXC)で最大512GBまで拡張できるようになっています。

・物理的なSIMカードが使えない・格安SIMが使いづらい

Rakuten Hand」は物理的なSIMカードが使えないため、格安SIM(MVNO)が使いづらいというデメリットがあります。現在、eSIMに対応している格安SIM(MVNO)会社はIIJmioのみです。もちろん、楽天モバイルでも対応しています。

一方、「AQUOS sense4 basic」、 「OPPO A73」、「Xperia 8 Lite」はnano SIMカードに対応し、格安SIMカードも使いやすくなっています。

「Rakuten Hand」の販売・購入先

Rakuten Hand」は、

楽天市場で17,800円 (税込・ほぼ新品) 、

で販売されています。

楽天モバイルでは、

一括払いで18,182円、24回払いで757円/月、48回払いで378円/月で販売されています。

楽天市場で「Rakuten Hand」をチェックする

ヤフーショッピングで「Rakuten Hand」をチェックする

楽天モバイルで「Rakuten Hand」をチェックする

Amazonで「Rakuten Hand」をチェックする

他のスマートフォンと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

★「Rakuten BIG s

★「moto g10

★「moto e7 power

★「Redmi 9T

AQUOS sense4 basic

OPPO A73

Xperia 8 Lite

Galaxy A21

AQUOS sense4

moto g9 play

Redmi Note 9S

TCL 10 Lite

AQUOS sense4 plus」(SH-M16)

★「Rakuten Mini

楽天モバイルのプラン、メリット、料金

楽天モバイルのプラン、メリット、料金については以下のページにまとめてあります。ぜひ参考にしてみてください。

【2021】「楽天モバイル」申し込み殺到の超格安SIMサービス

【2021】「楽天モバイル」申し込み殺到の超格安SIMサービス

その他のおすすめAndroidスマホは?

その他のおすすめAndroidスマホは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

【2020年最新】格安スマホ おすすめ機種・選び方・注意点

2020最新の格安スマホをまとめて紹介しています。

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較

2万円前後のAndroidスマホをまとめて紹介しています。

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

3万円台のハイスペックなAndroidスマホをまとめて紹介しています。

【2020年】最強の激安スマホはどれだ? 海外モデル 比較

激安で購入できるAndroidスマホをまとめて紹介しています。