SSD&HDDは持ち歩く時代へ 最新ストレージ製品 まとめ


小型で軽量なポータブルSSD/HDDが続々と登場している。最新モデルはより小型軽量化し、データ転送速度も大幅にアップ。ネットワーク機能を搭載し、スマホやタブレットとデータを共有できるものもある。

ポータブルSSD/HDDのメリット

ネット上ではウイルスやハッキングなどで大切なデータが盗まれることがある。クラウド上のデータも完全に情報が漏洩しないとは言い切れないので、やはり大切なデータはポータブルSSD/HDDに入れて持ち歩いた方がいいだろう。

最新のSSD/HDDは小型化が進んでおり、重さも100〜200gほど。容量もUSBメモリーよりも多い128GBや256GBなどがあり、大量のデータもらくらくと保存できる。また、USB 3.1(Gen1)に対応しているモデルも多く、データの転送速度も大幅にアップ。無料のセキュリティソフトでより安全に保てるのがメリットだ。

スマホやタブレットの容量不足を補える

ポータブルSSD/HDDの中にはWi-Fi対応でスマホやタブレットとデータを共有できるものがある。専用アプリで簡単に操作できるので、保存した画像や文書ファイルもスムーズに見られる。また、本体に接続したSDカードを利用して、スマホやタブレットから動画を観ることも。モバイルバッテリー機能でスマホ・タブレットへ給電することもできる。

目次

ストレージ製品 まとめ パートⅠ

エレコム「ESD」シリーズ 「ADATA HV300」「ineo」シリーズ「HDW-PDU3-C」シリーズ Sony「WG-C20 B」

ストレージ製品 まとめ パートⅡ

グリーンハウス「GH-SSDU3B」「Plextor EX1」Samsung「Portable SSD T3」ASUS「Travelair AC」エレコム「MR-WI04WH」ラトックシステム「REX-SD1D」

ストレージ製品 まとめ パートⅢ

「ポケドラ WFS-SR03」「HDL-TA」シリーズ「Soundgenic HDL-RA2HF」「WD Cloud」「ポケドラCloud」

ストレージ製品 まとめ パートⅠ

ここでは最新のポータブルSSDやポータブルHDD製品を紹介する。

410MB/sの高速転送に対応したエレコム「ESD」シリーズ

エレコム「ESD」シリーズはケーブル一体型のポータブルSSD。最大読み込み速度410MB/s、最大書き込み速度400MB/sを実現している。インターフェイスはUSB 3.1(Gen1)を採用。セキュリティ対策としてパスワード自動認証機能付きセキュリティソフト「PASS(Password Authentication Security System)」が利用できる。サイズは113(幅)×11(高さ)×48.5(奥行)mm(ケーブル収納時)で、重量は約44g。ボディカラーは、レッド、ホワイト、ブラックの3色を用意する。

Amazonで「ESD」をチェックする

楽天で「ESD-EC0240GBK」をチェックする

ヤフーショッピングで「ESD-EC0240GBK」をチェックする

衝撃で自動停止するポータブルHDD「ADATA HV300」

ADATA HV300」は衝撃センサーを搭載したポータブルHDD。本体に強い衝撃や振動が加わったとき、HDDを自動で停止させ、破損を防ぐができる。インターフェイスはUSB 3.1 Gen 1。セキュリティ対策としてWindows用ソフト「HDDtoGO」(無料ダウンロード)が利用可能。AES256による保存データの強固な暗号化や、簡単バックアップ機能、Webブラウザのお気に入りの同期機能を備えている。本体サイズは80.5(幅)×10.3(高さ)×125.7(奥行)mmで、重量は139.8g。カラーは、黒と白の2色を用意する。

Amazonで「ADATA HV300」をチェックする

楽天で「ADATA HV620S 」をチェックする

ヤフーショッピングで「ADATA HV300」をチェックする

タフネス仕様のポータブルHDD「ineo」シリーズ

ineo」シリーズはIP66防水・防塵に対応したタフネス仕様のポータブルHDD。6方向に設置された耐衝撃バンパーとケース内部のスポンジによりHDDをしっかりと保護できる。インターフェースはUSB 3.0(※Type C モデルもあり)。ボディはタフネス仕様でアメリカ国防総省制定のMIL規格(MIL-STD-810G)に準拠したテストもクリアしている。本体サイズは152.1(幅)×20(高さ)×87mm。カラーはブラック。

Amazonで「ineo」をチェックする

楽天で「ineo」(1TB)をチェックする

ヤフーショッピングで「ineo」(ケースのみ)をチェックする

ネットワークHDDにもなる「HDW-PDU3-C」シリーズ

HDW-PDU3-C」シリーズはWi-Fi接続対応のポータブルHDD。Windows PC やMacのほかにiPhoneやiPadなどのiOS端末、Androidスマートフォン・タブレットなどの外付けHDDとして使用できる。アプリは「Ministation Air 2」(無料)が利用可能で、保存したファイルを、スマートフォン・タブレットから閲覧することが可能。スマートフォンやタブレット同士のデータ共有にも対応するほか、Wi-Fiルーターと無線接続することでネットワーク共有HDDとしても使用できる。

本体にはバッテリーを内蔵し、最大12時間の連続動画再生が可能。スマートフォン・タブレットを充電できるモバイルバッテリーとしても使用できる。そのほか、DLNAサーバー機能を搭載。DLNA対応機器から本機に保存した動画、写真および音楽を再生できる。本体サイズは84(幅)×18(高さ)×145(奥行)mmで、重量は約265g。

Amazonで「HDW-PDU3-C」をチェックする

楽天で「BUFFALO ミニステーション エア」をチェックする

ヤフーショッピングで「BUFFALO ミニステーション エア」をチェックする

nasneの動画を持ち出せるSony「WG-C20 B」

Sony「WG-C20 B」はサーバー機能を備えたポータブルHDD。ワンタッチでスマートフォンと接続できるNFCやモバイルバッテリー機能に対応するほか、DLNAサーバー機能、nasneからのフルHD映像の「おでかけ転送」(スマホから動画視聴が可)にも対応する。

「おでかけ転送」機能は、SDメモリーカードなど、フラッシュメモリを利用した様々なストレージデバイスで利用可能。専用アプリ「File Manager」では動画や写真のほか、PDF/Word/Excelなどのドキュメントファイルも共有できる。
内蔵バッテリの容量は3,000mAhで、連続使用時間は最大10時間。インターフェースはSDカードスロット、USB。通信は無線LAN(IEEE 802.11b/g/n 2.4GHz)。サイズは約144×71×9mm(縦×横×厚さ)で、重量は約135g。カラーはブラック(B)、ホワイト(W)、パープル(V)を用意する。

Amazonで「WG-C20 B」をチェックする

楽天で「WG-C20 B」をチェックする

ヤフーショッピングで「WG-C20 B」をチェックする

目次

ストレージ製品 まとめ パートⅠ

ストレージ製品 まとめ パートⅡ

ストレージ製品 まとめ パートⅢ

<関連製品 周辺機器

スマホ&タブレットを便利なものに変える周辺機器 まとめ

<モバイルルーター>

モバイルルーターが激安価格に値下げ! 全機種を比較 

<モバイル用スピーカー>

アウトドアでも使えるBluetoothスピーカー 2018 まとめ

<モバイル用フォトプリンター>

フォトプリンターでスマホ写真をフル活用! 全機種を比較

<モバイル用キーボード>

Android&Windows で使えるモバイルキーボード まとめ

<モバイルバッテリー>

ないとヤバイ! 災害に役立つ大容量モバイルバッテリー まとめ

モバイルバッテリーは緊急時に必ず役立つ 全機種チェック 

ガッツリ役立つ薄くて超軽量なモバイルバッテリーまとめ

スマホ&タブレットをまとめて充電できるUSB充電器 まとめ