「MeLE Quieter3Q」極小サイズで最強コスパ!人気ミニPCと徹底 比較!


セール販売されている「MeLE Quieter3Q」と人気ミニPCと徹底 比較!価格やスペック、ベンチマークスコアの違いに加えて、メリット・デメリット、評価を紹介します。

「MeLE Quieter3Q」の特徴

MeLE Quieter3Q」の特徴をまとめてみました。

N5105&8GBメモリ・Windows 11 Pro

MeLE Quieter3Q」はCeleron N5105 クアッドコアプロセッサを搭載。Passmarkによるベンチマークスコアは「4124」(CPU)を記録し、第6世代のCore i5に近いスコアになっています。また、8GB LPDDR4xメモリを搭載し、スムーズに動作。OSはWindows 11 Proで、bitlocker(ドライブ別にロック)、Hyper-V(仮想OS)などの機能が利用できます。

eMMC 128GB・M.2 SSD拡張スロット・4つのUSB3.0

MeLE Quieter3Q」はeMMC 128GB/256GBストレージを内蔵。microSDカードで容量を増やすこともできます。また、M.2 SSDの拡張スロットを搭載。メモリのような形状で、気軽にストレージ容量を増やすことができます。そのほか、4つのUSB3.0ポートを搭載。最大4TBの外付けSDD/HDDを接続することもできます。

Wi-Fi 6・2つのHDMIポート・静音ファンレス設計

MeLE Quieter3Q」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応。Bluetooth 5.2にも対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。また、2台同時の映像出力が可能な2つのHDMIポートを搭載。4K動画も再生できます。そのほか、厚さ1.83cmで重さ203gの薄型軽量デザインを採用。ファンレス設計で静音で動作します。

公式ページ MeLE-Technology Enriches Life

価格を比較

MeLE Quieter3Q」と「GMK NucBox5」、「TENKU BOX PC PRO mini」、「CHUWI LarkBox Pro」の価格を比較してみました。

「MeLE Quieter3Q」

MeLE Quieter3Q」は、Amazonで27,199円(セール特価)、ヤフーショッピングで54,900 円、AliExpressでUS $259.99、米国 Amazon.comで$259.99で販売されています。

「GMK NucBox5」

GMK NucBox5」は、Amazonで34,980円(8000円OFFクーポン付き)、米国 Amazon.comで$239.99で販売されています。

「TENKU BOX PC PRO mini」

TENKU BOX PC PRO mini」は、Amazonで30,800円(1540円OFFクーポン付き)、楽天市場で42,621円 (税込)、ヤフーショッピングで33,615円で販売されています。

「CHUWI LarkBox Pro」

CHUWI LarkBox Pro」は、Amazonで15,770円、楽天市場で20,573円 (税込)、ヤフーショッピングで18,857円、AliExpressでUS $179.99で販売されています。

スペックを比較

MeLE Quieter3Q」と「GMK NucBox5」、「TENKU BOX PC PRO mini」、「CHUWI LarkBox Pro」のスペックを比較してみました。

「MeLE Quieter3Q」のスペック

  • モデル Quieter 3Q 81E
  • プロセッサ Celeron N5105 クアッドコア
    ※10nm/64bit/4コア/4スレッド/最大2.90GHz
  • GPU インテル® Core UHD グラフィックス
  • RAM(メモリ) 8GB LPDDR4x
  • ストレージ eMMC 128GB / 256GB
  • 拡張ストレージ M.2 2280 NVMe SSDスロットをサポート、最大4TBの外付けSDD/HDDをサポート
  • 電源 ACアダプター 12V / 2A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 6、Bluetooth 5.2、MU-MIMO
  • インターフェース USB3.0 ×4、HDMI ×2、microSDカードスロット、有線LAN端子(RJ-45)、3.5mmオーディオジャック、ケンジントンスロット、DCポート
  • 冷却ファン なし・ファンレス設計
  • VASAマウント 対応
  • OS Windows 11 Pro
  • サイズ 13.1 × 8.1× 1.83 cm
  • 重量 203 g
  • カラー ブラック
  • 発売日 2022年前半

関連記事激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ

Amazonで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

楽天市場で「MeLE」をチェックする

ヤフーショッピングで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

AliExpressで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

米国 Amazon.comで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

「GMK NucBox5」のスペック

  • プロセッサ Intel Celeron N5095 クアッドコア 2.00 GHz
    ※10nm/4コア/4スレッド/最大2.90 GHz
  • GPU Intel UHD Graphics
  • RAM(メモリ) 8GB DDR4
  • 拡張メモリ 最大12GBまで
  • ストレージ SSD 256/512GB (SATA/PCle)
  • 拡張ストレージ SSDで最大1TBまで、microSDカードで最大128GBまで
  • 電源 ACアダプター
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11ac/a/b/g/n/ax(2.4GHz/5GHz/Wi-Fi 6対応)、Bluetooth 5.2
  • 有線LAN 対応
  • インターフェース Type-C (12V/3A・電源用のみ) x1、USB3.2 x3、HDMI 2.0 x2、microSDカードスロット x1、有線LAN端子 x1、3.5mmヘッドホンジャック
  • 4K映像出力 対応
  • 冷却システム ヒートパイプ内蔵
  • OS Windows 11 Home 64bit ※Linux/Ubuntuサポート
  • サイズ 72 × 72 × 44.5mm
  • 重量 204g
  • カラー ブラック&グレー

関連記事「GMK NucBox5」と人気の超小型ミニPCを徹底 比較!

Amazonで「GMK NucBox5」をチェックする

米国Amazon.comで「GMK NucBox5」をチェックする

楽天市場で「GMK NucBox」をチェックする

ヤフーショッピングで「GMK NucBox」をチェックする

AliExpressで「GMK NucBOX」をチェックする

Banggoodで「GMK NucBOX」をチェックする

「TENKU BOX PC PRO mini」のスペック

  • プロセッサ  Gemini Lake Refresh世代のCeleron J4125 クアッドコア
    ※14nm/64bit/4コア/4スレッド
  • GPU インテル UHD グラフィックス 600
  • RAM(メモリ) 8GB DDR ※交換不可
  • ストレージ M.2 SSD 256GB (2242)
  • 電源 ACアダプター(100-240V)、DC 12V/2A
  • カメラ なし
  • ワイヤレス通信 Wi-Fi 802.11a/b/g/n (2.4GHz+5.0GHz)、Bluetooth 4.2
  • 有線LAN   対応
  • インターフェース 2×USB 3.0、1×HDMI、1×RJ45 LANポート、1×micro SDカードスロット(SDXC対応)、1×ケンジントンロック、1×電源、1×3.5mmイヤホンジャック
  • 筐体の素材 プラスチック
  • 冷却ファン なし ※大型ヒートシンクによるファンレス仕様
  • Office なし ※無料Office互換アプリ「LibreOffice」が使用可能
  • OS Windows 11 Pro
  • サイズ 63mm(W)×63mm(D)×58mm(H)
  • 重量 176g
  • カラー ブラック

関連記事「TENKU BOX PC PRO mini」と最新の超小型パソコンを徹底 比較!

Amazonで「TENKU BOX PC PRO mini」をチェックする

楽天市場で「TENKU BOX PC PRO」をチェックする

ヤフーショッピングで「TENKU BOX PC PRO mini」をチェックする

「CHUWI LarkBox Pro」のスペック

  • プロセッサ Gemini Lake世代のインテル  Celeron J4125
  • GPU  インテル  UHDグラフィックス600、750MHzz
  • ビデオ出力 4K60Hz
  • RAM(メモリ)  6GB  LPDDR4
  • ストレージ  128G  eMMC
  • 拡張ストレージ SSD M.2 2242スロットあり(底面)・最大2TBのSSDを増設可能
  • 電源 ACアダプター・接続用のUSB Type-C(12V/2A専用)あり
  • 充電 24W(12V / 2A)DC
  • ワイヤレス通信  Wi-Fi 802.11a / ac / b / g / n (2.4GHz/5GHz)、Bluetooth 5.1
    ※Intel Wireless-AC 9461で433Mbpsの速度で通信可能
  • 有線LAN  非対応・利用できません
  • インターフェース  USB-C x 1(電源用のみ)、USB-A 3.0  x 2、microSDカードスロット、HDMI  x 1、3.5mmオーディオジャック
    ※USB PD非対応
  • 冷却ファン 超小型ファン内蔵・ヒートシンクを強制冷却
  • 静音動作 対応
  • VESAマウント 対応・モニター背後に設置可能
  • 4K出力 対応
  • 材質 Al-Mgアロイ&ポリカーボネート
  • 消費電力 10W
  • OS  Windows 10 Home 64bit
    ※Linux、Chrome OS (CloudReady)をサポート
  • サイズ 61  x  61  x  43(H)mm
  • 重量 127g
  • カラー ブラック

関連記事「CHUWI LarkBox /Pro」と超小型デスクトップPCを徹底 比較!

Amazonで「CHUWI LarkBox Pro」をチェックする

楽天市場で「CHUWI LarkBox Pro」をチェックする

ヤフーショッピングで「CHUWI LarkBox Pro」をチェックする

AliExpressで「CHUWI LarkBox Pro」をチェックする

米国Amazon.comで「CHUWI LarkBox Pro」をチェックする

Banggoodで「CHUWI LarkBox」をチェックする

ベンチマークを比較

MeLE Quieter3Q」と「GMK NucBox5」、「TENKU BOX PC PRO mini」、「CHUWI LarkBox Pro」のベンチマークスコアを比較してみました。

※PassMark、Geekbench、3DMarkとは、主にCPUとビデオカード(以下、グラボ)の性能を数値化したベンチマークスコアの参考値を表したものです。

「MeLE Quieter3Q」

<CPU> Celeron N5105

Passmarkによるベンチマークスコアは「4124」(CPU)。

<GPU> インテル Core UHD グラフィックス

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1428」。

<プロセッサ性能を解説>

10nmプロセスで製造されたIntel Celeron N5095 クアッドコアプロセッサを搭載し、Passmarkにベンチマークスコアで「4124」(CPU)を記録しています。このスコアは第6世代のCore i5に近いスコアです。同じプロセッサは「GMK NucBox5」にも搭載されています。

Celeron J4125搭載の「TENKU BOX PC PRO mini」、「CHUWI LarkBox Pro」と比較するとPassmarkスコアが約1千高くなります。

また、3DMark Fire Strikeによるグラフィックスコアは約3.6倍高くなります。

性能的にはOffice文書作成、ネットでの調べもの、音楽や動画の再生、画像の編集、テレワーク、オンライン授業で快適に動作する性能を持っています。グラフィック性能が比較的高いので動画編集も利用できます。PCゲームは軽めの2Dゲームなら快適に動作します。PSP、PS1、SFC、DC、N64、MD、FCなどのエミュレーターは快適に動作します。

「GMK NucBox5」

<CPU> Celeron N5095

Passmarkによるベンチマークスコアは「4090」(CPU)。

<GPU> Intel UHD Graphics

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「1428」。

「TENKU BOX PC PRO mini」

<CPU> Celeron J4125

Passmarkによるベンチマークスコアは「3041」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「432」、マルチコアで「1404」。

<GPU> インテル UHD グラフィックス 600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「CHUWI LarkBox Pro」

<CPU> Celeron J4125

Passmarkによるベンチマークスコアは「3073」(CPU)。

Geekbenchによるベンチマークのスコアはシングルコアで「440」、マルチコアで「1437」。

<GPU>  インテル UHDグラフィックス600

3DMark Fire Strike [DX11_1920x1080] によるグラフィックスコアは「391」。

「MeLE Quieter3Q」のメリット・デメリット

MeLE Quieter3Q」のメリット・デメリットを紹介します。

メリット

・8GBメモリ搭載でスムーズに動作

MeLE Quieter3Q」は8GB LPDDR4xメモリを搭載し、スムーズに動作します。

一方、「GMK NucBox5」は8GB DDR4メモリ搭載で最大12GBまで拡張できます。「TENKU BOX PC PRO mini」は8GB DDRメモリを搭載しています。「CHUWI LarkBox Pro」は6GB LPDDR4メモリを搭載しています。

・eMMC 128GB/256GBストレージ搭載

MeLE Quieter3Q」はeMMC 128GB/256GBストレージを搭載しています。

一方、「GMK NucBox5」はSSD 256/512GB (SATA/PCle)ストレージを搭載しています。「TENKU BOX PC PRO mini」はM.2 SSD 256GB (2242)ストレージを搭載しています。「CHUWI LarkBox Pro」はeMMC 128GBストレージを搭載しています。

・M.2 SSDの拡張スロットでストレージ容量を増やせる

MeLE Quieter3Q」は拡張スロット搭載ででM.2 SSDでストレージ容量を増やすことができます。

一方、「GMK NucBox5」はSSDで最大1TBま拡張できます。「TENKU BOX PC PRO mini」は拡張スロットがありません。「CHUWI LarkBox Pro」はM.2 SSDで拡張できます。

・Wi-Fi 6&Bluetooth 5.2に対応

MeLE Quieter3Q」は従来よりも約4〜10倍の速度で通信できる次世代通信規格「Wi-Fi 6」に対応。Bluetooth 5.2にも対応し、ワイヤレス機器ともスムーズに接続できます。

一方、「GMK NucBox5」はWi-Fi 6&Bluetooth 5.2に対応しています。「TENKU BOX PC PRO mini」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2に対応しています。「CHUWI LarkBox Pro」はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 5.1に対応しています。

・4つのUSB3.0ポートが使える

MeLE Quieter3Q」は4つのUSB3.0ポートを搭載し、最大4TBの外付けSDD/HDDを接続することもできます。

一方、「GMK NucBox5」は3つのUSB3.2ポートを搭載しています。「TENKU BOX PC PRO mini」は2つのSB 3.0ポートを搭載しています。「CHUWI LarkBox Pro」は2つのUSB3.0ポートを搭載しています。

・2つのHDMIポートで2台同時の映像出力に対応

MeLE Quieter3Q」は2台同時の映像出力が可能な2つのHDMIポートを搭載し、4K動画も再生できます。

一方、「TENKU BOX PC PRO mini」と「CHUWI LarkBox Pro」は1つのHDMIポートを搭載しています。「GMK NucBox5」は2つのHDMIポートを搭載しています。

・Windows 11 Pro搭載で新機能も使える

MeLE Quieter3Q」はWindows 11 Pro OS搭載で、bitlocker(ドライブ別にロック)、Hyper-V(仮想OS)などの機能が利用できます。

また、Windows 11の新機能も利用できます。

Windows 11には、

タスクバーの中央に配置された新しいスタート画面、スナップ機能の強化(ウィンドウ整理・画面の配置)、エクスプローラーのアイコンデザインの変更(色分け・ボタン採用)、ウィジェット機能(天気予報や株価、最新のニュースなど)、設定画面(カテゴリーごとに切り替え)、タスクバーに統合されたビデオ会議「Teams」、「フォト」アプリの強化(サムネイル表示に対応)、「ペイントアプリ」、クリップボード履歴、音声入力の強化(テキスト入力)認識制度の向上、ゲーム機能の強化(HDR(ハイダイナミックレンジ)対応のディスプレイでは自動で画質向上)、マルチディスプレイ向けの設定追加

などの機能が追加されています。

一方、「GMK NucBox5」はWindows 11 Home 64bitを搭載しています。「TENKU BOX PC PRO mini」はWindows 11 Proを搭載しています。「CHUWI LarkBox Pro」はWindows 10 Home 64bitを搭載しています。

デメリット

・Type-Cポートがない

MeLE Quieter3Q」はType-Cポートを搭載していません。

一方、「GMK NucBox5」と「CHUWI LarkBox Pro」はType-Cポート(電源用)を搭載しています。

「TENKU BOX PC PRO mini」はType-Cポートを搭載していません。

・SSDストレージを内蔵していない

MeLE Quieter3Q」はeMMCストレージを内蔵しており、SSDストレージは内蔵していません。拡張スロットでは利用できます。

一方、「GMK NucBox5」はSSDストレージを搭載しています。「TENKU BOX PC PRO mini」はM.2 SSDストレージを搭載しています。「CHUWI LarkBox Pro」はeMMCストレージ搭載です。

「MeLE Quieter3Q」の評価

MeLE Quieter3Q」の評価を紹介します。

スペック:★★★★

通信:★★★★★

機能:★★★★

デザイン:★★★

使いやすさ:★★★★★

価格:★★★★

<総合評価>

超小型PCの「MeLE Quieter2」の後継モデルです。2022年の前半から発売されていましたが、最近になってAmazonでセール販売されています。

前モデルとの主な違いはプロセッサと最大ストレージ容量、通信性能です。

プロセッサはCeleron J4125からCeleron N5105に性能が大幅に向上しています。最大ストレージ容量はeMMC 128GBからeMMC 256GBに増強されています。通信はWi-Fiデュアルバンド&Bluetooth 4.2からWi-Fi 6からBluetooth 5.2になり、大幅に高速化しています。

ポート類は大きな変更はありませんが、4つのUSB3.0ポート、2つのHDMIポート、有線LAN端子などかなり充実しています。

現在の価格は27,199円(Amazon・128GB)。高性能な超小型ミニPCを探している人におすすめです。

「MeLE Quieter3Q」の販売・購入先

MeLE Quieter3Q」は、

Amazonで27,199円(セール特価)、

ヤフーショッピングで54,900 円、

AliExpressでUS $259.99、

米国 Amazon.comで$259.99、

で販売されています。

Amazonで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

楽天市場で「MeLE」をチェックする

ヤフーショッピングで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

AliExpressで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

米国 Amazon.comで「MeLE Quieter3Q」をチェックする

 

 

他の小型PCと比較する

リンク先からさらに詳しいスペック情報やベンチマーク、性能、価格などが分かるようになっています。

GMK NucBox5

TENKU BOX PC PRO mini

CHUWI LarkBox Pro

MeLE Quieter2

ZX01 mini PC

Beelink GKmini

Beelink U59

Beelink SER3

CHUWI LarkBox X

その他のおすすめミニPCは?

その他のおすすめミニPCは以下のページにまとめてあります。ぜひ比較してみてください。

激安で買える海外製の小型PC 最新 まとめ 

海外製の小型PCをまとめて紹介しています。

リビングにふさわしい超小型デスクトップPC まとめ

国内で販売されたリビング用の小型PCをまとめて紹介しています。

Amazon整備済み品で買える超激安ミニPC まとめ

Amazon整備済み品の小型PCを紹介しています。

<インテル  NUC>

Intel NUCのミニPCを激安ゲット! 選び方、おすすめ、できること

<UMPC>

超小型UMPCが続々! 最新の極小Windows ノートPC まとめ 

<スティックPC>

大容量メモリ&ストレージの激安スティックPCを探せ! 

<ドッキングステーション>

ノートPCの機能を拡張する最新ドッキングステーション 2021 まとめ