「Wiko Tommy3 Plus」レビュー評判通りの格安スマホか?


AmazonでAndroid 8.1を搭載した5.45型のスマートフォン「Wiko Tommy3 Plus」が販売されている。1万4千円台という高コスパなスマホとして話題になっているが、果たしてどれほどの実力があるのだろうか? 同価格帯のスマホと比較して、その性能と実力を検証する。

注目のWiko 第3段スマホは「スマホ初心者」がターゲット

Wikoは2013年に創業したフランスメーカーで、国内シェア2位、ヨーロッパ全体でもシェアトップ5を獲得したことがある有名ブランド。日本では日本では2017年2月に「Wiko Tommy」、12月に「Wiko View」、2018年2月に、「goo g08」として投入。今回の「Wiko Tommy3 Plus」は日本向けスマホとして第3段として投入され、「Wiko Tommy」の後継モデルとなる。

報道によれば、Wikoは品質要求が高い日本市場向けに慎重に検討して投入されたモデルで、スマホ初心者向けに「価格面」と「シンプルな操作性」を全面に打ち出して販売するモデルのようだ。

「Wiko Tommy3 Plus」の価格は本当に安いのか?

たしかに1万4千800円とい「Wiko Tommy3 Plus」の価格にはインパクトがある。しかし、1万5千円前後の低価格なスマホは他にもあり、「Wiko Tommy3 Plus」が唯一コスパの高いスマホであるとはいえない。特に1万4千円台の「Covia FLEAZ BEAT」、そして1万7千円程度で購入できる「ASUS ZenFone Live L1」と比べてみたとき、どのくらいの差があるのかは気になるところだ。「Covia FLEAZ BEAT」、「ASUS ZenFone Live L1」と比較して、「Wiko Tommy3 Plus」がどのくらいコスパが高いのかを詳しく検証してみよう。

公式製品紹介ページはこちら

目次

「Wiko Tommy3 Plus」の概要について

「Wiko Tommy3 Plus」の詳細なスペック情報

「Covia FLEAZ BEAT」との比較について

「ASUS ZenFone Live L1」との比較について

1万5千円前後のスマホ  まとめ記事こちら

顔認証&18:9液晶の5.45型 格安スマホ「Wiko Tommy3 Plus」

Wiko Tommy3 Plus」はAndroid 8.1を搭載した5.45型のスマートフォン。厚さ8.6の薄型軽量ボディにMediatek MT6739WAクアッドコアCPUと2GB RAMを搭載。18:9のフルスクーンIPS液晶、1300万画素カメラを備えるほか、顔認証(※指紋認証は非対応)、VoLTE(au&ソフトバンク接続性試験IOTクリア)、SIMカードを2枚同時に使える「DSDV」、トリプルスロット(SIMスロットとは別にmicroSDスロットあり)、Launche(Eazyモード)に対応している。

続きを読む

「Wiko Tommy3 Plus」のスペック

  • ディスプレイは5.45インチ、解像度720×1440ピクセルのIPS液晶
    ※18:9 / HD+ / 295ppi / 5点タッチ
  • プロセッサはMediatek MT6739WA クアッドコア 1.3GHz
  • GPUはPowerVR GE8100
  • RAMは2GB
  • ストレージ容量は16GBで、micro SDカードで最大128GBまで増設可能
  • バッテリー容量は 2900mAh
  • カメラは背面1300万画素、前面500万画素
  • 通信はWiFi 802.11 b/g/n(2.4GHz)、Bluetooth 4.2、GPS(A-GPS
    インターフェースは Micro USB(2.0)、microSDスロット、3.5mmステレオジャック
  • OSはAndroid 8.1
  • 付属品は ACアダプター、 電池 ヘッドセット、マイクロUSBケーブル、クイックスタートガイド

Amazonで「Wiko Tommy3 Plus」をチェックする

楽天で「Wiko Tommy3 Plus」をチェックする

ヤフーショッピングで「Wiko Tommy3 Plus」をチェックする

「Covia FLEAZ BEAT」との比較について

「Wiko Tommy3 Plus」は現在1万4千円台で販売されている「Covia FLEAZ BEAT」(Amazon)と比較してどのようなメリット・デメリットがあるのだろうか? スペックを比較すると、次のようなメリットが浮かび上がってくる。

続きを読む

Amazonで「Covia FLEAZ BEAT」をチェックする

ヤフーショッピングで「Covia FLEAZ BEAT 【OCNモバイルONE SIM付】」をチェックする

「ASUS ZenFone Live L1」との比較について

Wiko Tommy3 Plus」は、現在1万7千円程度で購入できる「ASUS ZenFone Live L1」と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのだろうか? 「ASUS ZenFone Live L1」の価格が約2千円ほど高い分、スペックや機能が高いと予想されるが、どれくらいの差があるのかを明らかにしてみたい。

続きを読む

Amazonで「ASUS ZenFone Live L1」をチェックする

楽天で「ASUS ZenFone Live L1」をチェックする

ヤフーショッピングで「ASUS ZenFone Live L1」をチェックする

目次

「Wiko Tommy3 Plus」の概要について

「Wiko Tommy3 Plus」の詳細なスペック情報

「Covia FLEAZ BEAT」との比較について

「ASUS ZenFone Live L1」との比較について

1万5千円前後のスマホ  まとめ記事こちら

<関連記事>

<コスパのいいスマホ>

一流ブランドの低価格スマホが続々! 全機種を比較

一万円以下で買えちゃう?! SIMフリーで使える通話専用ガラケー/スマホ まとめ

2万円台で買えるリッチなスマホ 全機種を比較 

<ハイスペックなスマホ>

注文殺到で売れまくり! 3万円台で買えるハイスペックスマホ まとめ

選ばれし者だけが使う究極のハイスペックスマホ まとめ